夏休み・冬休みの自由研究に使える実験まとめ!小学生でも簡単にできる、面白い実験ネタ15選

自由研究のテーマ選びで悩んでいる方に、科学の実験がおすすめです。実験は難しそうに思えますが、科学は身近にたくさんあります。普段何気なく遊んでいることにも、実は科学が隠れているかもしれません。せっかく自由に研究できるので、子供が興味を持って楽しめる実験をしたいものです。今回は親子で楽しめるおもしろい実験をご紹介します。家庭にあるもので簡単にできるので、ぜひ参考にしてみてください。

自由研究に迷ったらおもしろ実験にトライ!進め方について

夏休みの自由研究のテーマ選びで悩んでいる方に、科学の実験がおすすめです。実験は難しそうに思えますが、氷が溶けたり、光が鏡に反射したり、科学は身近にたくさんあります。

実験のメリットは短期間で結果が出るものがあり、条件を変えることで何通りもの実験ができることです。不思議だなと日頃から疑問に思っていることを実験するのも面白い自由研究となります。

実験は次のように進めていきましょう。

  1. テーマを決める
  2. 実験の進め方を考える
  3. 結果を予想する
  4. 実験する
  5. 結果をまとめる
  6. 結果から考えたことをまとめる

実験が予想通りの結果にならなかった場合も、データはそのまま残しておきましょう。たとえ失敗したとしても、失敗した理由や次の課題を考え、ありのままをまとめましょう。

実験を成功させることよりも、どうしてそのような結果が出たのかを考えることが大切です。

夏休みの自由研究のネタ探しに困ったらどうする?小学生向けの実験と工作のテーマ12選

関連記事:

夏休みの自由研究のネタ探しに困ったらどうする?小学生向けの実験と工作のテ…

毎年夏休みはどのような自由研究を提出していますか?実験や工作、今年はど…

小学生向け簡単に出来ちゃう実験ネタ15選

実験

夏休み前になると、実験に必要な道具が揃っている実験キットをよく見かけるようになります。しかし、キットを使用した実験はお友達と同じものになってしまう可能性があります。

そこで、今回は家庭にあるものでできる面白い実験をご紹介します。

水中しゃぼん玉を作ろう

しゃぼん玉

光が当たるとキラキラときれいなしゃぼん玉が水の中ではどのようにできるのかを調べる実験です。この実験もさまざまな条件で調べることができます。

ストローの太さを変える、洗剤や絵の具の量を変える、しゃぼん液を落とす高さを変えるなど、条件を変えて調べてみましょう。

  • 対象学年:5~6年
  • 期間:1日
  • 費用:300円程度

水中しゃぼん玉の作り方

植物に塩水をあげてみよう

花

セロリやアスパラガス、切り花などを塩水に一晩浸けて観察実験をします。低学年のお子さんは真水に浸けた場合と比べて、違いを観察してみましょう。

高学年のお子さんは実験の結果について、どうしてそうなったのかを調べてみるとさらに内容が深くなり、良い研究になります。

砂糖水など他の液体でも調べて比較し表にしてみると、より本格的な自由研究が完成します。

  • 対象学年:小学1~6年生
  • 期間:3日
  • 費用:500円程度

植物に塩水をあげてみようの実験方法

カッテージチーズを作ろう

カッテージチーズ

料理は家庭科というイメージがありますが、料理は科学の勉強にもなります。牛乳とお酢を合わせれば科学の力で簡単にチーズができてしまいます。

高学年のお子さんは冷たい牛乳や常温の牛乳など、条件を変えて実験し、チーズができる理由も考えてみましょう。こちらの実験はやけどなどに注意して行ってください。

  • 対象学年:小学1~6年生
  • 期間:1日
  • 費用:100円程度

カッテージチーズの作り方

5円玉でレンズを作ろう

お金

5円玉の穴に水を張ってレンズを作ります。水の量を変えて見え方を調べたり、どうしてレンズになるのかを考えたりしてみましょう。

また5円玉と50円玉では違いがあるのでしょうか?砂糖水や塩水など違う液体でも比べてみましょう。5円玉や50円玉があればすぐにできる実験なので、時間がないときでも大丈夫です。

  • 対象学年:小学3~4年生
  • 期間:1日
  • 費用:55円

5円玉レンズの作り方

打ち水の効果を調べよう

水やり

夏の暑い日に打ち水を行いますが、打ち水をするとどうして涼しくなるのでしょうか。実験する時間や場所を変えたり、天気や日の当たり方での違いや温度を計る高さを変えたりするなどして理由を探してみましょう。

雨水や水遊びのあとの水などを使うと費用がかからず、エコにもなります。

  • 対象学年:5~6年生
  • 期間:1日~1週間
  • 費用:ほぼ0円

打ち水の効果の調べ方

ペットボトルの中に雲を作ってみよう

ペットボトル 

雲は触れるの?雲はどうやってできるんだろう?そんな疑問を持つお子さんにおすすめの実験です。お湯と線香を使うとペットボトルの中でも同じように雲を作ることができます。

この実験では雲ができる様子やしくみを学べます。ペットボトルの代わりに瓶を使うなど条件を変えて違いを調べてみるのも面白いです。雲への知識がさらに深まります。

  • 対象学年:小学4~6年生
  • 期間:1日
  • 費用:200円程度

雲を作る実験方法

氷の溶け方の違いを調べよう

氷

氷は見ているだけで涼しく感じられるので、暑い日におすすめの実験です。水、砂糖水、塩水でそれぞれ氷を作り、溶け方を比べてみましょう。

高学年では塩水、砂糖水、それぞれの濃度を変えたり、どうしてそのような結果になるのかという理由を考えたりすると深い研究になります。

  • 対象学年:小学1~6年生
  • 期間:1日
  • 費用:100円程度

氷の溶け方の実験方法

夏休みの自由研究には氷を使った実験・研究がおすすめ!小学生でも簡単にできる自由研究ネタまとめ

関連記事:

夏休みの自由研究には氷を使った実験・研究がおすすめ!小学生でも簡単にでき…

小学生の夏休みの宿題として出されることが多い自由研究。ネタ決めに時間が…

かたまらないパイナップルゼリー

パイナップルゼリー

ゼリーは寒天やゼラチンで作ることができます。簡単に作ることのできるゼリーですが、パイナップルで作るとどうなるでしょうか。

寒天とゼラチン、それぞれどんなゼリーができたのか、観察してみましょう。見た目や味、硬さなどを比べて表にまとめるとわかりやすいです。

この実験でのポイントは缶詰ではなく生のパイナップルでジュースを作ることです。

  • 対象学年:4~6年生
  • 期間:1~2日
  • 費用:500円程度

パイナップルゼリーの作り方

水あめを作ろう

水あめ

水あめは主に水と砂糖で作られています。甘い水あめを砂糖を使わずにじゃがいもと大根で作ってみましょう。砂糖のように甘くはない野菜で水あめができるのはなぜでしょうか?その理由も合わせて調べてみると良いです。

火を使うので、必ず大人の方と一緒に実験してください。

  • 対象学年:小学5~6年生
  • 期間:1日
  • 費用:200円程度

水あめの作り方

風船ホバークラフト

風船

風船から出る空気で浮かびます。ペットボトルの大きさや形を変えるなど、たくさん作って違いを調べてみましょう。

工作が好きなお子さんにおすすめの実験です。危険な道具を使うので、大人の方と一緒にしましょう。遊び感覚で調べることができ、終わった後も競争などをして楽しむことができます。

  • 対象学年:5~6年生
  • 期間:1日
  • 費用:200円程度

風船ホバークラフトの作り方

網目から漏れない水

溢れる

手品のようにおもしろい実験です。ざるやふるい網など穴の開いているものや、お皿などいろいろなもので調べてみましょう。

網目の形も丸いものや四角いものがあるので、それぞれどのようになるのか比べるのも良い実験になります。網目から水が漏れない理由も考えてみましょう。

  • 対象学年:3~6年生
  • 期間:1日
  • 費用:100円~

網目から漏れない水の実験方法

あめ玉の溶け方

飴玉

小学校高学年で学習するシュリーレン現象をあめ玉を使って観察実験しましょう。水の中に糸でくくりつけたあめ玉を入れると、もやもやと溶けていく様子がわかります。

あめ玉はどのように溶けていくのでしょうか。溶けだしていく様子を観察し、どのように流れていくのか考えてみましょう。

  • 対象学年:小学5~6年生
  • 期間:3日
  • 費用:100円程度

あめ玉の溶け方の実験方法

納豆のねばねばを調べよう

納豆

納豆を食べた後の器はねばねばしていて、食器洗いが大変です。納豆のねばねばを簡単に落とせる方法を調べてみましょう。

水やお湯、洗剤や塩や酢、砂糖などの調味料など、さまざまな方法で実験します。お母さんにも嬉しい実験です。

  • 対象学年:1~3年
  • 期間:1日
  • 費用:200円程度

納豆のねばねばの調べ方

ビー玉の追突実験

ビー玉

ビー玉をぶつけたとき、ぶつけられたビー玉はどんな動きをするのでしょうか。ビー玉を並べてぶつけてみましょう。また、数を変えてどのような動きをするのか調べてみましょう。

強くぶつけたり、弱くぶつけてみたりするなど数を変えずに実験してもおもしろいです。どんな動きをするのか予想しながら楽しく実験ができます。

  • 対象学年:5~6年生
  • 期間:1日
  • 費用:200円程度

ビー玉の追突実験方法

温水器を作ろう

ペットボトル

ペットボトルに入れた水を太陽の光を使って温める実験です。ペットボトルに水を入れ、黒い紙で巻いたり、白い紙を巻いたり、より温まるのはどんな条件のときでしょうか。

新聞紙やアルミホイル、ビニールなどいろいろなものを巻き付けて調べてみてもおもしろいです。どうして水が温められるのか、その理由も考えてみましょう。

  • 対象学年:3~6年生
  • 期間:1~3日
  • 費用:300円程度

温水器を作ろう

夏休み、冬休みの自由研究の参考にしてください

子供

自由研究はテーマ選びから悩む方も多いですが、好きなことを研究できる機会なので子供が興味を持って楽しめる実験をしたいものです。

普段何気なく見ているものも、実験して比較してみると非常に興味深いものとなります。科学を難しく考えているお子さんも身近に感じることができます。

親子で楽しめる面白い実験は家庭にあるもので簡単にできるので、ぜひ参考にしてみてください。

「自由研究」「実験」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!