毎日小学生新聞で考える力が身につく!内容と口コミ、評判を紹介

毎日小学生新聞は日本で一番歴史の古い子供新聞です。発行部数も99,000部と、多くの家庭で購読されています。新聞の記事は、新鮮なニュースを丁寧にその背景まで解説してくれているので子供も理解を深めることができます。また、楽しんで学ぶことのできる名物コーナーも充実しています。購読を迷っている人や他社の新聞と比較検討したい人は、無料の「お試し購読」で試読をすることもできますよ。

毎日小学生新聞とは?

毎日小学生新聞は、日本で最も歴史の古い子供向け新聞です。1936年の創刊以来、総合教育情報紙として日々のニュースはもちろん、新しい学習指導要領に対応し、子供が考えることのできる記事も多く掲載されています。

低学年の子供でも読みやすいように、漢字すべてに振り仮名がついているのも毎日小学生新聞の特徴です。

毎日小学生新聞を読むことで、考える力をつけながら、私立中学入試でも必要な時事問題にも対応できます。

毎日小学生新聞概要

  • ページ数:タブロイド判 平日8ページ/金・土・日12ページ
  • 価格:1,580円/月

毎日の新鮮なニュースに加え、金曜日には小学生の進路に関わる記事を、土曜日には「15歳のニュース」、日曜日には「こどもしんぶん」(小学校低学年向け)の記事がプラスされています。

小学生新聞は読ませるべき?おすすめ小学生新聞をご紹介します

関連記事:

小学生新聞は読ませるべき?おすすめ小学生新聞をご紹介します

大手新聞社や地方紙が発行する、小学生へ向けて発行されている小学生新聞。…

毎日小学生新聞の強み・特徴

新聞

毎日小学生新聞は、新聞社が発信している総合教育情報紙として、政治経済の問題から時事問題までバランスよく掲載しています。

新鮮なニュースに対してその背景までも詳しく解説してくれているので、子供の考える力を伸ばすのに役立ちます。

また、低学年の子供でも読みやすいように工夫されているので、文章に触れ読み解いていく力を自然に養っていくことができます。

記事の内容が濃い分イラストや漫画は多くはありませんが、お子さんに社会への理解や幅広い知識、文章読解力、思考力を身につけさせたい人にはおすすめです。

毎日小学生新聞の内容

毎日小学生新聞の内容は、どの記事も小学生でも理解しやすいように編集されています。

子供が楽しく新聞を読めるように、また深い知識を得て自ら考えることができるように、日々のニュースや子供が興味を持つようなコラムなどが掲載されています。

特に、池上彰さんやパックン、陰山英男さんなどが執筆する名物コラムは大人が読んでも学ぶことがたくさんあります。また、子供が楽しみながら歴史や化学、地理などに触れることのできるコーナーも人気です。

論語や基本的なマナーを漫画で理解しやすく教えてくれるコーナーもあります。

こちらから記事の一部をご覧になれます

おすすめコーナー

魅力的な記事がたくさん掲載されている毎日小学生新聞ですが、こちらでは特におすすめのコーナーを紹介します。

教えて!池上さん

テレビでも「いろいろな社会問題の解説が分かりやすい」と人気の池上彰さんが、その時話題になっている社会問題を分かりやすく解説してくれるコーナーです。

こちらのコーナーは、毎週第4木曜日に掲載されています。

毎日小学生新聞に掲載された池上彰さんの過去のコラムは、毎日新聞社から書籍化もされています。

陰山式 絶対成績が上がる学習法

鉛筆

毎週木曜日の名物コラムのなかで、池上彰さんのコーナーと同様おすすめなのが、立命館小学校校長顧問の陰山英男さんが連載している「陰山式 絶対成績が上がる学習法」です。
目からウロコの学習方を紹介し、子供の学習をサポートしてくれます。学習法に不安のある子供や親にとって強い味方になっています。

陰山さんのコラムは毎月第2木曜日に掲載されています。

Let'sデータサイエンス

サイエンス

毎週火曜日に掲載されている「Let'sデータサイエンス」では、様々なデータを楽しく分析していきます。連載になることもあり、データを分析するための手順も自然に理解していくことができます。

こちらのコーナーでは、読者がワークを通してデータを読み解いていく力を身につけることもできます。思考力や分析力が養われ、子供の将来に役に立ちそうなコーナーです。

学びや

子供 学ぶ

毎週金曜日には、有名中学や高校の先生が紙面上で特別授業を展開してくれる「学びや」というコラムがあります。授業は多岐にわたり、英語や環境、数学、食文化など様々な分野を分かりやすく解説してくれます。

「もっと知りたい」「もっと学びたい」という子供の知的好奇心を刺激するだけでなく、名門中高校の先生の授業に触れることで子供の進路に対する興味も膨らみます。

毎日小学生新聞を利用している方の口コミをご紹介

こちらでは、毎日小学生新聞を利用している人の口コミをご紹介します。毎日小学生新聞の感想や読み方など参考にしてみてください。

読み始めてから、今までにない話題がでるように

朝、読む習慣は難しい?支度だけで手一杯のお兄ちゃんの時間に新聞を読む余裕はありませんでした
だから放課後家に帰ってから読んでいます
夕刊のような存在

漢字にはフリガナが振ってあるので読みやすいよう
新聞慣れをしていないので、どの順番に読むか分からなかったようですが
すぐに慣れ、土曜~読み始めて4日目の昨日は一人で静かに読んでいました

その間
「バスの転落事故」
「カナダの乱射事件」
「子どもの視力の低下」などなど
今までにない話題が上がるようになりました(*^-^*)

新聞を読むという行為に対する感触は好調です☆
出典: runakasegu.seesaa.net

子供にとって朝は大忙しなので、新聞を読むのは夕方になることもあると思います。子供が読みやすく、すぐに慣れるような作りになっているのも毎日小学生新聞の特徴です。

読み始めてからの子供の変化が実感できると、親としても嬉しいものです。

多彩な内容で面白い!

新聞 

うちは毎日小学生新聞を購読しています。
(朝日は勧誘も記事の内容もあまり。。。なので。)
内容は面白いですよ。
連載の読み物もあったり、ニュースを分かりやすくまとめてくれていたり。
勉強が載っていたり、川柳が載っていたり、多彩です。
出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

毎日小学生新聞は、ニュースの解説が分かりやすく深いところに定評があります。また、コラムなどの様々なコーナーがあるので飽きることなく読むことができます。

記事をスクラップしてまとめていました

毎日 自分で選んだ記事を スクラップに切り貼りして 自分の考えや感想を書き込んでいましたよ
受験前は 勉強の合間に読み替える気分転換に使い 時事ニュースの暗記にもなりました
一般は 仕事柄 日経でしたので こども新聞で 気になった記事は 日経からも拾いだしていましたね 出典: www.inter-edu.com

記事のスクラップをしたり、自分の意見をまとめたりすることは中学入試対策にもなりそうです。時事ネタだけでなく、幅広い内容が掲載されているので、受験勉強の気分転換には最適です。

一週間無料でお試し購読できます

パソコン

毎日小学生新聞の講読を検討している、あるいは他社の小学生新聞と迷っているという場合には一週間無料でお試し購読することができます。

毎日小学生新聞の他にも、毎日新聞(朝刊7日分)、毎日ウィークリー(2回分)も同様に無料で試読することができます。

試読を希望の場合には、専用の申し込みフォームに必要事項を記入して申し込むことができます。また、試読に関するお問い合わせは下記フリーダイヤルでも受け付けています。

  • 毎日新聞お客様センター:0120−468-012

試読の申し込みはこちら

毎日小学生新聞の購読の申し込み方法

毎日小学生新聞の購読は、試読同様、専用の申し込みフォームに必要事項を記入して申し込んでください。

毎日新聞を1年以上購読している人や、これから1年継続して購読する予定のある人は毎日小学生新聞がセット価格で購読できる「ファミリーセット」もあります。

また、パソコンやタブレットで紙面と同じ感覚で読むことができる「毎日小学生新聞デジタル」もあります。こちらも専用フォームから申し込むことができます。

購読の申し込みはこちら

毎日小学生新聞デジタルの申し込みはこちら

毎日小学生新聞は自分で考える力が身につきます

数ある小学生新聞の中でも、毎日小学生新聞はその内容の深さやニュースを分かりやすく解説してくれるところが魅力です。子供が興味を持って読むことのできるコラムなどの名物コーナーは、大人が読んでも面白いものばかりです。

毎日小学生新聞はニュースの背景を解説してくれるほかワーク付きの名物コーナーなどがあるので、毎日読むことで子供が自分で考える力を自然に身につけることができるのです。

子供新聞で迷っている人は、一度無料のお試し購読を申し込んでみてはいかがでしょうか。

「毎日」「小学生新聞」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!