ほっこり優しい気持ちになれる「#妊娠中や育児中に嬉しかったことを語る」の素敵なエピソードをご紹介

つわりやマイナートラブルに悩まされ、毎日の育児に追われ…。何かと大変なことが多い、妊娠育児中。でもそれを吹き飛ばすくらい、優しくてほっこりとした体験をすることもありますよね。これは大変な妊娠中や育児中だからこその体験ではないでしょうか?今回はそんな素敵な体験談が寄せられている、ツイッターの「#妊娠中や育児中に嬉しかったことを語る」からほっこりエピソードをいくつかご紹介いたします。

辛いだけじゃない!妊娠、育児中だからできる優しい体験

妊娠中のトラブル、育児の大変さ。実際に体験して実感している人も、ネットなどの体験談で知っている人もいると思います。確かに子供を産んで育てることは大変です。しかし大変だからこそ、周りの人の温かさに気づけることもあるのではないでしょうか?

実は今、そんな素敵な体験が、ツイッターの「#妊娠中や育児中に嬉しかったことを語る」と言うハッシュタグに続々と寄せられているんです!

妊娠中って、うれしたのしい!

マイナスなイメージばかり目にしがちな妊娠、育児ですが、それだけではありません。

妊娠中、子供が産まれてから電車に乗る機会が多かった筆者ですが、色々な人が声をかけてくれ席を譲ってくれたりしました。友人が安産祈願のお守りを持ってきてくれたり、ヨチヨチ歩きの息子を見ておじいさんが「歩くの上手だな!頑張れ~」と声をかけてくれたり…。

子供を通して人のありがたみを実感できるのはママの特権ではないでしょうか?

ほっこり優しく、思わずうるうる・・・みなさんの素敵な体験をご紹介♪

ここからは、ツイッターの「#妊娠中や育児中に嬉しかったことを語る」に寄せられた、素敵な体験をご紹介したいと思います。最近、涙腺がめっぽう弱くなった筆者は、通勤中の車内で読みながら涙をこらえるのが大変でした。

みなさんもぜひ気をつけてくださいね!

1. 「仕事よりも大事なものがある」上司の優しさが嬉しい

オフィス 腹痛

妊娠中のママのことをきちんと理解してくれて「すぐ病院に行きなさい」と言ってくれる上司。とてもありがたいですよね。こんな風に言ってくれる上司の下でなら、産休に入るまで安心して仕事を頑張れるのではないでしょうか?

妊娠、育児をしながらの仕事は、何かと周りに迷惑をかけてしまうことが多くなります。しかしそれを理解してくれて、働きやすい環境が少しでも増えてくれるとありがたいですよね。

子供を見て優しい言葉も!

優しい

妊娠中の不安なときも子供が産まれたあとも、ぐっと来るような優しい言葉をかけてくれた@fuuuukoさんの上司。きっと素敵な人なのでしょうね。

育児で追われるように終わる毎日ですが、「もっと今を大切にしなくちゃな」と筆者も考えさせられる一言です。

どうしよう…職場への妊娠報告~妊娠報告の体験談~

関連記事:

どうしよう…職場への妊娠報告~妊娠報告の体験談~

妊娠はとても喜ばしいものですが、同時に働く女性にとっては満足に仕事がで…

2. 子供は誰よりもママのことが大好きなんですよ!

女の子 笑顔

育児は思い通りにいかず、時には自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。しかしどんなに怒られても泣いても、子供ってやっぱりママのことが大好きなんですよね。

いろんな育児法があることにもわかるように、育児に正解はありませんし、完璧なママなんていないのではないかと思います。子供がママを見て笑顔になってくれるだけでいいのではないでしょうか?

3. ママの頑張りを周りはきちんと見ていてくれます

祖父母 孫

親は子供のことがいくつになっても心配なのかもしれませんね。そんな親の優しさと、自分のことをちゃんと見ていてくれている旦那さんの優しさが嬉しいですよね。

子供と二人きりの時間が長いとつい一人で抱え込んでしまいがちです。しかしこんな風に心配したり自分の頑張りをきちんと見ていてくれる人が、みなさんの周りにもきっといるのではないでしょうか?

4. 子供に優しい言葉をかけてくれた

まだ小さい息子さんには店員さんの言っていることはわからなかったかもしれませんが、店員さんの優しさは伝わったのではないでしょうか?こんな風に子供に優しく話しかけてくれる店員さん、嬉しいですよね。

子供を通じて国籍関係なしに、人々の優しさに触れられる素敵な体験ができるのも、育児の醍醐味かもしれませんね。

5. 子供の命に勝るものはありません!

子供が素直に手を繋いでくれる子とは限りません。急に走り出して、目的に向かって一直線!なんて子も中にはいます。賛否両論もある迷子紐ですが、このおかげで子供と安心して外出できるママもたくさんいるんですよね。

使う使わないは各ご家庭の判断ですが、子供とのお出かけに困っているママたちがもっと気軽に迷子紐を選択肢に入れることができるようになるといいですよね。

6. 優しさに見た目は関係ない!

電車 ベビーカー

どうしても見かけで判断してしまいがちですが、人は見かけにはよらないんですよね。筆者も見かけは(失礼ですが)すごくチャラそうな若いお兄さんに、笑顔で席を譲ってもらってほっこりしたことがあります。

@chobikororinさんも車内でお子さんが泣いてしまって大変だったかもしれませんが、お兄さんのおかげで最後にほっこりとした気持ちになれたのではないでしょうか?

7. ママは兄弟みんなが可愛いですもんね

兄弟

二人目の出産のときにいちばん心配なのは、上の子の赤ちゃん返りではないでしょうか?最近しっかりしてきたのに、また甘えん坊に戻っちゃって!なんて子もいますよね。

でもやきもちを焼くのはママが大好きだからですし、なんだかんだ言っても、上の子は下の子が可愛くて仕方ないんですよね!

8. どうしたらママが元気になってくれるのか?子供の精一杯の優しさ

ママ 娘

子供は意外と、親のことをちゃんと見ているのかもしれませんね。どうしたらママが元気になってくれるのか?きっと自分が嬉しいことはママも嬉しいに違いない!と思ったのではないでしょうか?

何かと辛いことも多いママ業ですが、子供の成長や優しさをいちばん間近で見ることができます。子供との距離が近い今の時期だからこそできる、特別な体験かもしれませんね。

9. お腹の中の赤ちゃんも一緒に・・・

胎動

ママが仕事を頑張っているとき、お腹の中からの加勢はとても心強いですよね。胎動を感じ始めていると言うことは、お腹も結構大きくなってきてからのお話でしょうか?

ママの感情の変化が、赤ちゃんの胎動にも影響を与えると言われています。ママが楽しいとき、悲しいとき、怒っているとき・・・赤ちゃんといちばん近くで共有できる妊娠期は、ママならではの体験ですよね♪

10. 忘れていたことを思い出させてくれた

赤ちゃん

まだ言葉の話せない赤ちゃんと二人っきりで、息がつまりそう!と言う体験をしたことがあるママも多いのではないでしょうか?そんなときに、たとえ一言でもいいから誰かと話ができると、救われることもありますよね。

みなさんは家事や育児に追われ、心に余裕がなくなっていませんか?そんなときについ忘れてしまいがちですが、自分の産んだ赤ちゃんはとても可愛いんですよね!

11. 子供のおかげでほっこりとした気持ちになれる

バイバイ

通りすがりの人が子供に手を振ってくれたり、抱っこしている子供に笑いかけて少し離れたところからあやしてくれたり・・・。

筆者はネット記事の読みすぎで「子連れで出かけるとみんなが迷惑だと思っているんじゃないか」と思っていた時期もありますが、そうでもないんですよね。

子供のことを見て笑顔になったりかまってくれる人たちもいて、お互いにほっこりとした気持ちになりますよね。

12. 出産は奇跡の連続だと実感できる!

出産

出産って、実は奇跡の連続なんですよね。みんな当たり前のように結婚して出産しているように見えますが、人によってはなかなか妊娠できなかったり、流産や切迫、様々なトラブルに悩まされたり・・・。

産まれたら産まれたで思うように行かずに悩むことも多いと思います。しかし産まれてきてくれて、今こうして一緒にいられることが、何よりも嬉しいことかもしれませんね。

みなさんの「妊娠中や育児中に嬉しかったこと」はなんですか?

赤ちゃん ママ 笑顔

いかがでしたか?筆者はこの記事を書きながら、何度か泣いて執筆を中断したほどです。

この他にも「#妊娠中や育児中に嬉しかったことを語る」には、ほっこりエピソードがたくさん寄せられています。みなさんも家事や仕事の合間、育児の合間に、素敵なエピソードで少し息抜きしてみてはいかがでしょうか?

そして素敵な出来事があったらぜひ、「#妊娠中や育児中に嬉しかったことを語る」のハッシュタグでツイートしてみてくださいね!

「育児」「妊娠」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!