ママの悩みの種、どうにかしたい梅雨のお部屋のイヤ~な臭い!撃退法5選

雨でジメジメな梅雨の時期。湿気も多くお洗濯もなかなか乾かずに、気が付いたらお部屋の中が嫌な臭い…。なんて経験、みなさんもしたことあるんじゃないでしょうか?お天気も悪くて嫌な臭いもあって、梅雨は気分もスッキリしませんよね。一体この臭いはどこからくるのか?なにか手軽に解消できる方法はあるのか?ここではそんな梅雨に負けない、ジメジメお部屋への対処法を5つご紹介します。気持ちのいいお部屋を取り戻しましょう!

梅雨は主婦の大敵!お部屋の臭いが気になります

梅雨時は毎日天気がすぐれずお部屋もジメジメ、洗濯物も室内に干さなければならなくて、気が付いたらお部屋がイヤな臭いに!梅雨は主婦泣かせの季節ですよね。

天気が悪くても室内の臭いを心配しなくて済んだら…!と誰もが思うのではないでしょうか?

Twitterでも悩める声が…

Twitterでもそんな梅雨に苦しむ声がたくさん寄せられています。

つらい…洗濯物の生乾き

洗濯物 生乾き

梅雨だからって洗濯物の量変わりません。せっかく洗濯して、乾いたと思った洗濯物から嫌な臭い…。また洗い直しかぁ、とがっくりする気持ち、よくわかります。

キッチンも湿気でジメジメ

キッチン シンク

キッチンの生臭さは、梅雨になるとさらに強くなる気がしますよね。「むわっ」とした蒸れた空気で不快感が増してきます…。雑菌が発生しやすいのもキッチンなので余計気を付けたいところ。

玄関も臭い倍増!?

玄関 ドア

梅雨の時期は家の中も臭いやすいですが、特に玄関は靴の臭い、湿気で倍増しますよね!帰ってきて早々悪臭を感じるのは避けたいです。

世の中にはファブリーズをはじめとする消臭剤がいろいろありますが、根本から臭いを無くすことは出来るのでしょうか。

梅雨のお部屋の臭いの正体は!?

臭い

そもそも、その憎き梅雨時の臭いの原因はなんなのでしょうか?

それはズバリ雑菌です!

雑菌は湿度があって暖かいところを好みます。そのためジメジメして蒸し暑い梅雨の時期は雑菌にとって最高の環境。あっという間に繁殖してあの特有の臭いを生み出すんです。

湿気の多い季節にお部屋をさっぱりした状態に保つには、この雑菌の繁殖をいかに食い止めるかが鍵となります!

梅雨のお部屋の臭い撃退法5選!

ではその嫌なお部屋の臭いを消すためには何をすればいいのでしょうか?

ここでは簡単にできる臭い解消のコツを5つご紹介します!

1. 洗濯機を清潔に保つ

洗濯物からの雑菌を防ぐために大切なのは、まず洗濯槽をきれいにしておくこと!特に以下の3つを意識することが大事です。

攻略のポイント

  • 洗濯機に直接汚れた服を溜めない
  • 洗ったらすぐに干す
  • 洗濯槽の掃除・除菌

汚れたり濡れたりした衣類をそのまま洗濯機に放り込んで放置しておくと、洗濯槽が蒸れてカビや菌が繁殖してしまいます。同じように、お洗濯が終わったのにそのままにしておくことも良くありません。

汚れた衣類は洗濯カゴに入れ、長く放置しないで小まめに洗い、洗った衣類はすぐに取り出して干しましょう。

さらに臭いの原因を取り除くには、洗濯槽のお掃除も効果的です。市販の洗濯槽の除菌剤なども売られているので、定期的にお掃除するといいですね。

洗濯機の掃除は酵素系漂白剤がおすすめ。洗浄方法とおすすめ洗剤5選

関連記事:

洗濯機の掃除は酵素系漂白剤がおすすめ。洗浄方法とおすすめ洗剤5選

洗濯したばかりのタオルなのに何だか嫌なにおいが…そんなことはありませんか…

2. 扇風機で洗濯物を早く乾かす

洗濯物が湿っている時間が長ければ長いほど雑菌は増えてしまいます。臭いを防ぐためには早く乾かすことが重要です。

攻略のポイント

  • 首ふりモードで満遍なく風をあてる
  • 洗濯物は十分な間隔を開けて干す

扇風機で風をあてると表面に留まっている湿気が吹き飛ばされるので、お洗濯が早く乾きます。

扇風機はエアコンを使うよりも電気代が格段に少なくすみますし、風をピンポイントであてることができるので、効率的に乾かすことができます。

3. 洗濯物の下や窓際に新聞紙

いらなくなった新聞紙、捨てる前にちょっと待った!新聞紙は梅雨時に大活躍してくれます。

攻略のポイント

  • 部屋干し中の洗濯物の下に敷く
  • くしゃくしゃに丸めて窓際に置く
  • くしゃくしゃに丸めてドアの隙間などに置く

新聞紙はよく水気を吸ってくれるので、洗濯物の下に敷くと洗濯物が早く乾きます。さらに窓際の結露した水分を吸ってくれたり、ドアの隙間から入ってくる湿気をブロックしてくれる効果もあります。

使い終えたら捨てるだけなので後片付けも簡単なのもうれしいポイントです。

4. キッチンはクリーン&ドライを心がける

キッチン周りは食べ物のくずや水気で雑菌が繁殖しやすい場所。梅雨のジメジメは雑菌を一層増やして臭いを強くしてしまいます。

あの嫌な生ごみの臭いを防ぐには、以下の3つがポイントです。

攻略のポイント

  • 三角コーナーなどにゴミを溜めずにすぐ捨てる
  • 油流しに捨てず、拭き取る
  • 小まめに水気を拭く

雑菌の好む場所は、生ごみ、水気、油気のあるところです。

三角コーナーなどにゴミを溜めず、毎回捨てるように心がけましょう。油も排水溝に付着して雑菌が増える原因となってしまうので、流しに捨てずにいらない布や新聞紙などで拭き取るといいですよ。

そしてキッチン周りで避けられないのが水気ですが、できるだけ乾燥した状態を保つために作業スペースは小まめに拭き、お皿なども洗ったら拭き上げると臭いのもとを取り除けます。

毎日使うキッチンは、毎回のちょっとしたひと手間で雑菌を食い止めましょう!

5. 玄関には重曹を!

玄関を開けた時のむわっとした臭い、嫌ですよね。あの臭いは靴についた雑菌が湿気で増えて放つもの。梅雨は濡れた靴や傘などを玄関に置いておくことが多いので、あっという間に湿気ってしまいます。

濡れた靴や傘をタオルなどで拭くこともとても効果がありますが、さらにおすすめなのが重曹です!

攻略のポイント

  • 重曹を小皿などにとって、玄関の隅や下駄箱の中に置く
  • 重曹をストッキングに入れたものを靴の中に入れておく

手順はたったこれだけ!これで重曹が湿気と臭いを吸い取ってくれるので、玄関の不快なにおいが抑えられます。

湿気を吸った重曹は、トイレなどのお掃除に利用できるので無駄もありません。

今年の梅雨は臭い知らず!

日差し

いかがでしたか?

雨の日が続いてお部屋もジメジメだと、家事が余計辛く感じますよね。でもこの対策法はどれも少しの手間で効果が得られるので、ぜひ試してみてください!お部屋の空気がサッパリすると、自然と心も軽くなりますよ。

梅雨が明けるまでもう少し。ジメジメしたお天気と上手に付き合って、この季節を乗り切りましょう♪

「部屋」「臭い」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!