意外な魅力たっぷり!子供がいても安心なソイキャンドルとは

モデルや子供がいるママたちの間で今大ブームのソイキャンドルを知っていますか?大豆を原料とした自然素材で、体にも環境にも優しいキャンドルなんです。子供がいるとキャンドルはちょっと抵抗がある、というママでもソイキャンドルなら安心。一度ソイキャンドルの魅力を知ってしまったら、手を出さずにはいられなくなるはず。今回はそんなソイキャンドルの魅力やお家でも簡単に作れる作り方もご紹介します。

ソイキャンドルとは?普通のキャンドルとの違いって?

ソイキャンドルとは、植物由来の大豆を原料としたキャンドルのことです。普通のキャンドルは、パラフィンワックスと呼ばれる石油由来の成分が原料であるため、キャンドルが燃えた後のすすや石油独特のにおいがあります。

また、ソイキャンドルは溶けだす温度(融点)が42~52℃と低いため、火を灯さなくても暖かい部屋に置いているだけでも少しずつ溶けていきます。そのため、お部屋に置いておけばアロマオイルとしての効果も期待できるんですよ♡

そのほか普通のキャンドルにはない、ソイキャンドルならではの魅力はどんな点でしょうか?

1.空気清浄の効果

ソイキャンドルが燃えれば燃えるほど、空気を洗浄して綺麗にしてくれる効果があります。100%ソイワックスが原料であれば有害物質は一切含まれていないため、小さな子供やペットがいても安心して使用することができます。

キャンドルの香りに癒されながらお部屋の空気まで洗浄してくれるなんて一石二鳥ですよね!リフレッシュできる自分好みの香りであれば、リラックス効果は抜群!

2.マッサージ用として肌に塗っても使える

オイル マッサージ

ソイキャンドルは、マッサージのクリームの代用として肌にも使えるキャンドルなんです。そのため、別名「マッサージキャンドル」とも呼ばれアロママッサージで使っているサロンもあります。

また、マッサージだけでなく練り香水のようにソイキャンドルを肌に塗り込んで使うこともできます。保湿効果も期待できるため、火が消えた後にお肌にささっと塗っても問題ありません!

3.子供がいても安心!

ソイキャンドルは、ロウが溶け出す融点が普通のキャンドルに比べて引くため、暖かい部屋では火を点けなくても楽しめるのが特徴です。そのため、火が熱くなりすぎず煙も少ないので子供がいても安心して火を灯すことができます。

また、石油原料の普通のキャンドルに比べて燃焼時間が長いのもソイキャンドルならではの特徴です。ゆっくりと溶けていきながらリラックス効果のある香りを出し、なおかつお部屋の空気まで洗浄してくれるキャンドルなんですよ。

ネットで買える!おすすめのソイキャンドルをご紹介

普通のキャンドルのように、すすや石油独特のにおいがしないため、ソイキャンドルの癒し効果は抜群!また、ソイキャンドルが溶け出す温度が低いため、煙が熱過ぎないのも嬉しいですよね!

ソイキャンドルの魅力を知れたところで、オンラインで手に入る安心安全&見た目も可愛いソイキャンドルをご紹介します。お部屋に置いておくだけでもオシャレなインテリアに見えるものばかりですよ♡

見た目も華やかなフレグランスソイキャンドル

マリーゴールドを贅沢に閉じ込めた見た目も華やかなソイキャンドル。

ハーブの香りと天然のエッセンシャルオイルを配合しているので、香りが強すぎず心地よい香りを感じられます。火を灯さずにリビングや玄関などに置くだけでも、心地よいハーブの香りが広がり癒し効果も抜群♡

自宅用としてだけでなく、プレゼントとしても人気の商品です。

価格:¥3,240(税込)

購入はこちら

気分によって使い分けられるソイキャンドル

カラフルな見た目が可愛らしいソイキャンドルです。値段もお手頃なのでついつい色違いで買いたくなるデザイン!それぞれ色によって香りも全て異なるため、気分や日によって使い分けられるのが嬉しいですね!

100%植物性ソイワックスを使用しているので、安心してお使い頂けます。鮮やかな発色は、部屋の並べて置くなどインテリアにもおすすめです。

価格:1,620円(税込)

購入はこちら

素材だけでなく環境に優しいパッケージ!

植物性100%のソイワックスを原料として作られたソイキャンドル。実はパッケージも再生紙を使用しており、中身だけでなく外身も環境に優しい商品です。

森林ユーカリやミントの爽やかな香りに加えて森林を思わせるようなウッディな香りもブレンドされた癒し度の高い香りです。せっかく使うのなら安全なだけでなく、環境にも優しいものを使いたいですよね♪

価格:2,100円 (税込)

購入はこちら

不純物ゼロ!ピュアなソイキャンドル

不純物ゼロな100%大豆成分のソイキャンドル。有害物質を含んでいないので、アレルギーの心配も少なく子供やペットにも優しいキャンドルです。

癒し効果をもたらす独自の爽やかな香りをブレンド!ベッドルームの睡眠前のリラックスタイムやリビングでのまったりタイムにおすすめな香りです。シンプルなパッケージでお部屋に置いてもオシャレなキャンドルです。

価格:1,998円(税込)

購入はこちら

持ち運びにも便利なソイキャンドル

ハワイの伝統的なお花であるプルメリアがデザインされた見た目も可愛いソイキャンドルです。柑橘系の爽やかな香りやジャスミンの香りがブレンドされた上品かつ優雅な香りを楽しめます。

60gと小さめなので持ち運びにも便利!旅行先のホテルなどで使えば、空気も洗浄できるだけでなく旅の疲れを癒してくれること間違いなし。

価格:1,652円(税込)

購入はこちら

実は手作りもできちゃう!ソイキャンドルの作り方

キャンドル

実はお家でも簡単に作れちゃうソイキャンドル。自分で作るソイキャンドルならではの魅力は、自分好みの香りをブレンドできるだけでなく、缶や瓶などおしゃれな容器を選んでオリジナルのキャンドルが作れることです。

見た目もおしゃれに可愛く作るのなら、ミモザなどの可愛らしいお花を入れるのもおすすめです。溶かしたワックスが固まる時間にもよりますが、おおよそ2時間ほどで作ることができます。

それでは、ソイキャンドルの作り方をご紹介します。

材料

  • 大豆が原料のソイワックス
  • キャンドルの芯
  • 耐熱ガラスもしくは強化ガラス
  • お好きなエッセンシャルオイル

最近では、100均一などでも可愛い耐熱ガラスなども手に入ります。ソイワックスはフレーク状になったものが扱いやすいのでおすすめです。

1.電子レンジまたは湯煎でソイワックスを溶かす

電子レンジで溶かす場合には、30秒ずつ様子を見て溶かしていきます。湯煎で溶かすほうが時間は短縮できますが、その場合に料理用の鍋を使わず、100均などで手に入る小さい鍋を使うと便利です。

完全に液体状に溶けたところで、好みのエッセンスで香りづけをします。自分だけでのオリジナルの香りが作れるので癒し効果も抜群!

2.キャンドルの芯とソイワックスを容器に注ぐ

キャンドルの芯を容器の中心に置き、溶けたソイワックスをゆっくりと注ぎます。この時に気を付けたいのは、芯を溶けたソイワックスにしっかりと漬けます。しっかり漬けることで火が持続的に燃えやすくなります。

割りばしや洗濯バサミで芯を固定するやり方もありますが、もっと簡単なのは写真のようにマスキングテープの中心に小さい穴を開けて固定する方法。容器のフチにしっかり貼り付けることで動く心配もありません!

3.数時間~1日程置き、しっかりと乾かす

グラスのサイズやワックスの量にもよりますが、数時間~1日程置いておくとワックスが固まります。完全に固まったかどうかのサインは、色が白くなっているかどうかです。

長めに固定しておいたキャンドルの芯は、完全に固まってから短くカットすれば完成です。

ソイキャンドルの作り方はこちら

環境にも優しいソイキャンドルを一度お試しあれ♡

癒し効果は抜群!空気も洗浄してくれ環境にも優しいソイキャンドルは、小さい子供がいる家庭でも安心して使うことができます。子育てやお仕事の疲れを癒すひとときにプラスしてみはいかが?

ソイキャンドルの魅力を知ってしまうと普通のキャンドルには戻れなくなるかもしれません。自宅でも簡単に作れちゃうソイキャンドル、ぜひ一度お試しあれ♡

「手作り」「ソイキャンドル」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!