子供たちの大好きなおなじみこどもの国!夏はプールで楽しんでみませんか?

一日沢山遊べるこどもの国ですが、夏はやっぱりプールに入りたいですよね。こどもの国には夏休みのプール遊びにピッタリの7種類のプール、90mと70mのチューブスライダー、22mの滑り台などがあり幅広い年齢の方で楽しめます!今回はこどもの国プールを紹介致しますね。牧場もありソフトクリームが絶品なので、プールでたっぷり遊んでおなかをすかせた後にソフトクリームを食べて帰るのもおすすめです。

7つのプールとチューブスライダーこどもの国屋外プールに遊びに行こう!

暑い夏はお外で遊ぶのは厳しいですよね。夏はやっぱりプールに行きたい!普通のプールでも気持ちいいけど色々なプールがあるともっと楽しめるはず!

なんとこどもの国プールは、オムツのとれていないお子様も水遊びパンツで入れます。大きなプールではめずらしいですよね!「上の子は入れるけど下の子どうしよう…」という悩みにこれは助かりますよね。

そんな家族みんなで楽しめるこどもの国プールで遊んでみませんか?

基本情報

  • 住所:横浜市青葉区奈良町700
  • 電話:045-961-2111
  • 期間:2016年7/16(土)~8/30(火)
  • お休み:水曜日(8/17は開場)
  • 時間:10:00~16:00
  • 授乳施設、おむつ替え台あり

こどもの国プール

こどもの国プールのおすすめポイント

こどもの国プールは小さなお子様向けの浅いプールから、しっかり泳ぎたい方向けの25m、プール噴水プールや子供たちに大人気のスライダー、滑り台などがありいつも沢山の家族連れで賑わっています。

そんな、こどもの国プールのおすすめポイントを紹介したいと思います。

やっぱりこれ!スライダーと滑り台

写真を見るだけでワクワクしますね。子供の頃大好きだったのを思い出します。

チューブスライダーの長い方(青90m)は小4以上一人ずつですが、短い方(緑70m)は、高校生以上と一緒なら3歳から利用できるとのことなので、子供と一緒に滑ることができます。

残念ながらうちの子は怖がりでまだチャレンジ出来ていないのですが、今年あたりやる気にならないかな?と思っています。

お子様を抱えて何度も滑るのは、大変そうだけどとても楽しそうですね。滑り台の方は年齢制限なし(保護者の判断)とのことなので、怖がらなければ小さいうちから楽しめます。

22mの滑り台に年齢制限ないなんてなかなかないですよね。

大きな日よけ用の屋根

屋外のプールは日陰を探すのが大変!子供の国プールはそんな心配が要りません。とても大きな屋根の休憩所があって安心です。お子様がもう目を離しても大丈夫な年齢であれば、ここでゆっくり過ごすことも出来ますね。

いくらプールといえど、真夏の炎天下の中では、特に小さなお子様連れの方は熱中症なども心配ですが、こちらのプールには、とても大きな屋根の休憩所があるので、安心です。

広いので場所も十分確保出来そうですね。

水遊びパンツで入ることが出来る!

なかなか、こういった色々な種類のある広いプールでおむつのとれていないお子様が入れるところってないですよね!水遊びパンツで入れると、上の子がプール遊び大好きだけど、下の子が入れない!なんてことにならなくて助かりますね。

赤ちゃんも、充分楽しめそうですね。プールデビューにピッタリのプールかもしれません。

おまけのおススメ

こどもの国には、牧場もあってソフトクリームがとても美味しいのでプールで沢山遊んでお腹を空かせて帰りにソフトクリームを食べて帰るのはいかがでしょうか?

入り口の近くに出しているソフトクリームは絶品です。こどもの国の牧場でとれた新鮮なミルクを使っているためか、広々とした雰囲気で食べるかわかりませんが、試してください。 出典: www.tripadvisor.jp

入口近くに出しているならば、帰り道に牧場に寄らなくても食べられますよ。ちなみに牧場近くの売店でも食べられるので、お時間のあるときには、是非牧場にも寄ってみて下さい。

夏休みのお出掛けにぴったり!

プールでかなり遊べると思いますが、プールの割と近くにせせらぎもあるので、小さなお子様はプール上がりにまたじゃぶじゃぶしてしまうかもしれません。

「せっかくシャワー浴びたのにな~」なんてことにならないように、見せないように他の道に行くか、覚悟してじゃぶじゃぶするかを考えておくことをおススメします。

こどもの国はプール以外にも沢山遊べる施設があるのでパパママは相当疲れそうですがお子様は大満足で遊べると思います。夏休みのお出掛けの候補にいかがでしょうか?

「こどもの国」「プール」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!