第1子妊娠を発表した川村ひかるさん提唱のABC妊活とは?

元グラビアアイドルでタレントの川村ひかるさんは、2016年春に一般男性と結婚し、現在、第一子を妊娠していることが分かりました。結婚に妊娠と順風満帆な生活を送っているように思える川村さんですが、妊娠発表までの裏には並々ならぬ苦労と努力がありました。そんな川村さんが自ら考案した、(A)当たり前のことを、(B)バカにせず、(C)ちゃんとする妊活ABC論について取り上げたいと思います。

現在妊娠6ヶ月・川村ひかるさんってどんな人?

人気グラビアアイドルとしてバラエティやドラマなどに数多く出演し、

現在は健康管理士や野菜ソムリエなどの資格を生かしタレントとして活躍している川村ひかるさん(36)。

まずは、川村ひかるさんのプロフィールを簡単に紹介したいと思います。

川村ひかるさんのプロフィール

  • 生年月日:1979年10月18日(36歳)
  • 出身地:東京都
  • 趣味:ゴルフ、料理
  • 10代からグラビアで活躍

2015年秋に40代の一般男性と婚約し、2016年4月に結婚を発表。

そして、2016年7月には第一子の妊娠を発表し、10月に出産予定と明かしています。

「妊娠」までの道のりは長く、険しい苦悩の日々でした

10代からグラビアアイドルとして活躍してきた川村さん。体型をキープするため、ホルモンバランスが乱れるほどの過度なダイエットを行っていたそうです。

その影響もあってか、20代後半で子宮の内側にしか存在しないはずの細胞が子宮以外の場所にできる子宮内膜症を発症。

さらに追い打ちをかけるように次々とわかる病状

31歳では更年期と同じような症状が現れる「若年性更年期障害」にもなったと告白しています。

さらに、2015年には脳に動脈瘤(りゅう)があることも公表。

動脈瘤とは脳内の動脈にできたコブのことを指します。動脈瘤が破裂すると、くも膜下出血で死亡する危険性がある病気と言われています。

医師から「妊娠は難しい」との診断

先日ホルモン検査してみたら
女性ホルモンの一種であるエストラジオールの数値が
全くなかった 出典: ameblo.jp

今から3年前、川村さんが33歳の時。何気なく受けたホルモン検査で、結果を見た医師から
「卵胞の数が少なく、妊娠は難しい」と診断されたそうです。

川村さんは検査結果にショックを受けたそうですが、同じ悩みを持っている女性もいるかもしれないと思ってブログに綴ったと明かし、この日のブログには

若くても仕事や人間関係のストレスで体調を崩している女性に対して、自身の女性ホルモンについてぜひ調べて欲しいとメッセージを送っています。

婚活の前に「妊活」をスタート!

婚活の前に
いつか私も
妊娠出来るカラダを作る為に
妊活します!

妊活とは
妊娠出来るカラダを作る為にすること。

もともと色々してるけど
意識してする事にさらに意味があるもんね! 出典: ameblo.jp

そして、川村さんはこの検査結果をきっかけに婚活の前に「妊活」をスタートすると宣言。

婚活の前に妊活するというのは衝撃ですが、川村さんにとっての妊活とは「妊娠しやすい体を作るための行動」を指すものでした。

妊娠って簡単なことじゃない

芸能人が30代後半や40代で妊娠や出産というニュースをよく見るので、『妊娠って簡単にするのかな』って思っている方もたくさんといると思うのですが、実際はそんなことはなくて。

妊活は体力的にも精神的にも、経済的にも大変なこと。『結婚してから始めればいいや』という考えの女性も、自分の体をしっかり見つめて、不安のある方は独身時代からスタートを考えていただきたいと思います 出典: headlines.yahoo.co.jp

川村さんはインタビューで、年齢が上がるにつれて妊娠することは難しいことを話しています。

ご自身もそうだったのかもしれませんが「結婚してから妊活すればいい」と考える女性は多いと思います。

しかし、自分自身の身体としっかり向き合って、不安があれば独身時代からの妊活スタートを考えて欲しいというメッセージが伝わりますね。

川村ひかるさんの始めた「妊活」って?

妊娠しにくい体ということが分かった川村さんが始めた「妊活ライフ」。

ブログに綴られていた川村さん流の妊活スタイルは、今後妊娠を考えている女性に参考になるような発見がたくさんありました。

川村ひかる提案・妊活ABC論

川村さんが妊活を始めるにあたり自ら考案した妊活のスタイル、それが「妊活ABC論」です。

川村さんの言うABCとは、

  • (A)当たり前のことを
  • (B)バカにせず
  • (C)ちゃんとする

ということのようです。

では、実際に川村さんが行った「当たり前のこと」とは…?

「身体を休ませる」につながる「当たり前」のこと

  • 1時間でも多く寝る
  • 夜にスマホやPCを見ない
  • 電気はダウンライトにする
  • 冷たい飲み物は控えるなど

日常生活において、身体や脳に刺激を与えると言われているものはできる限り控え、身体を休ませたそうです。

たしかにかなり日常的…そして当たり前に思えることですが、これを(B)バカにせず・(C)ちゃんとする
ということなんですね。

朝もしっかり!食事のコントロールも始めました

プルコギ風に味付けしたお肉と鶏ガラベースのスープなど、朝からしっかりと栄養のあるものを作って食べていますね。

朝ごはんをしっかりと食べることは意外と難しいですが、そこも妊活の一環!と、川村さんはきちんと食べるようにしていたそうです。

朝昼晩・バランスよくしっかり食べる

仕事が忙しくても、自炊をしっかりとされている川村さん。野菜や魚、肉などをバランス良く食べているのが分かりますね。

妊活中は特に、玄米や発酵食品など、和食中心の食生活を心がけていたそうです。

妊活開始から3年・待望の妊娠!しかし…

妊活を3年ほど前から続けていた川村さん、2016年には結婚・そして今回の妊娠と一見順調に見えますよね。

しかし、今回の妊娠。実は一卵性の双子でしたが一人の子の心音が確認できず、流産したそうです。

一卵性は血流を共有しているため、一人の子が流れてしまうと、二人ともなくなってしまう可能性もあったため、
入籍発表時に妊娠を公表できなかったと言います。

さらに、持病の動脈瘤が脳梗塞を引き起こす危険性もあり、妊娠初期は絶対安静の時期も。

妊娠したことがゴールではなく、苦しくて大変な時期を過ごしましたが、それを乗り越えた川村さんは妊娠6ヵ月になってようやく今回の妊娠を発表することができたのです。

「当たり前」のことを続ける努力が大切なのかもしれません

(A)当たり前のことを、(B)バカにせず、(C)ちゃんとするという妊活ABC論。
簡単そうに見えて実際に継続するのは大変なことです。

医師から「妊娠は難しい」と言われた川村ひかるさんは、生活習慣を見直し、食生活をコントロールするという一見「当たり前」すぎて特別なことではないようなことに思えることを3年の間続けてきました。

自身の身体としっかりと向き合い、パートナーと出会う前から意識を持って妊活を行っていたことが
今回の妊娠に関係しているのかもしれませんね。

まだ若いからとか、元気だからということではなく
当たり前のことをやってみる、といった積み重ねが大切なのかもしれないと、川村さんを見ていて思わずにはいられませんでした。

川村ひかる 公式ブログ

「川村ひかる」「妊活」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!