ベネッセの進研ゼミ小学生講座の特徴から料金まで

学習習慣を身に付けさせたい人から中学受験対策をしたい人までを対象にした通信教育が進研ゼミ小学講座です。小学生利用者数が多い通信教育で多数の難関校への合格者を輩出していることで有名です。「進研ゼミ」はどんな特徴?どんな学習方法でどのような人に向いているのか?金額は?さらに、新しく始まったハイブリッドスタイルについてご紹介します。「進研ゼミ」に興味を持つママたちに向けた記事としてまとめてみました。

進研ゼミ小学生講座の特徴

進研ゼミ小学生講座の特徴は「自主的に学び続ける力」を養えることです。

それぞれの学校の教科書にあった教材を選択できる上、標準コース、挑戦コースは2つあるコースの中から1つ選択できます。一人一人のレベルにあった内容に取り組めるので、学習の理解度を上げることができます。進研ゼミの教材内容は子供の興味、関心をくすぐるように工夫されています。見て、触れて体験する体験型教材は子どもからの人気度も高いようです。

また、学力診断テストでの学習アドバイス、月に1回の丁寧な個別添削とお手紙で子供のつまずきを早期に発見でき、苦手克服から成績アップの期待、やる気の継続につながります。

子供を難関中学校へ進学させたいと考えている方も安心。家庭でも学習習慣を身につけながら、対象校の受験対策のサポートもばっちりです。小学生の間に確実な英語力と話す自信をつけさせたい方、英語学習プランもオプションとして選択できます。

進研ゼミの学習方法

勉強

進研ゼミにもタブレット教材が導入されたの知っていますか?今までの紙教材を使用した「オリジナルスタイル」、タブレット教材を中心的に使用した「チャレンジタッチスタイル」、どちらの教材も使用した「ハイブリッドスタイル」の3つのスタイルに分かれています。子どもに合わせた学習スタイルを選びましょう。

オリジナルスタイル

進研ゼミオリジナルの紙媒体で学習スタイルです。問題設定、解説にこだわっているので「なぜそうなるのか」子供が納得できるようなテキストなので、自ら考え、解く力が付きます。子どもの頑張りを赤ペン先生がしっかりキャッチしてくれるので、次のやる気を引き出してくれます。

  • テキスト教材
  • 体験型教材
  • 個別指導

一人で学習する習慣がついている人、子供の学習を一緒に進めたい人、テキストを読んでしっかりと理解し、書く力もつけてほしい人におすすめです。

チャレンジタッチ

子供 タブレット

タブレットを中心に使用して理解も定着もデジタルで行います。音音声、動画を生かした授業、自動丸付けと解説ですぐに見直しが特徴的。デジタルだけで終わらず、紙教材と赤ペン先生のサポートがあるから安心なんです。Wi-Fi環境がなくても利用可能なのでいつでもどこでも学習ができ、「今、やりたい」の気持ちを逃しません。

  • デジタル教材
  • 一部テキスト教材
  • 個別指導

学習する習慣をつけて欲しい人、「聞いて」「見て」理解を深めてほしい人、子供の学習の様子をみる時間があまりない人は是非。

ハイブリッド

デジタルの授業と紙媒体の演習で学習するスタイルです。音声、動画での授業で難しい内容でも理解しやすく、紙媒体で演習することで知識が定着させます。体験型教材には、連動するアプリも配信しているのでより深い学習が可能です。

  • デジタル
  • テキスト教材
  • 体験型教材
  • 個別指導

一人で学習できるか不安な人、自主的に学習をしてほしい人、視覚、聴覚を使ってしっかりと理解してほしい人は試してみてください。

進研ゼミ小学生講座の料金

お金

できるだけいい教材を使いたいけど、ママとしては金額が一番気になるところ。進研ゼミの小学生講座の料金を学年別にご紹介します。

  • 1年生 2,930円
  • 2年生 2,930円
  • 3年生 3,580円
  • 4年生 4,290円
  • 5年生 4,640円
  • 6年生 4,990円
  • 入会金 0円

6か月払いでの1月あたりのオリジナルスタイル、チャレンジタッチスタイルの料金を表示しています。お支払い方法は1か月払い、6か月払い、12か月払いを選択することができます。オリジナルスタイル、チャレンジタッチスタイルの料金は変わりませんが、ハイブリッドスタイルは少し料金は上がります。しかし、数百円ほどなので大きな金額の差はないです。

実績ある進研ゼミで家庭学習しましょう!

勉強

進研ゼミ小学生講座は、学習習慣を身に付けさせたいひとから中学受験対策をしたい人まで幅広いニーズに対応した通信教育です。「100点をとれた」「勉強が楽しくなった」「宿題が早く終わるようになった」等の声が多く、確実に実績を残せるとママたちの間で大注目されているんです。子供の家庭学習を検討している方、進研ゼミをはじめてみてはいかがでしょうか。

「進研ゼミ」「小学講座」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!