この夏のエアコン掃除はプロにお任せ!都内で評判の5社を紹介

エアコンの掃除って面倒ですよね。私も以前は掃除機や市販の洗浄スプレーを駆使していましたが、どうにもキレイになった感じがしない。そして昨年夏、子供と炎天下の中から帰って来て冷房をつけた時に、何とも言えないカビ臭い冷気が頭の上から降りてきた時、自己流の掃除の限界を感じて即プロに掃除を依頼しました!多少の出費をしてでも毎日吸う空気はクリーンでありたい。今年はエアコン掃除をプロに任せてお部屋をスッキリさせませんか?

夏には必須のエアコン。でも掃除が本当に大変!

日本の夏は湿気を帯びてジメジメむしむし。夜も熱帯夜になると寝苦しくてついついエアコンに手が伸びます。特に子供のいるご家庭では尚更エアコンの使用率は高いのではないでしょうか。

今では賃貸でもエアコンが完備されている事が多く各家庭に一台は設置されていると思います。暑い室内が一気に冷えるエアコンのパワーは、本当に頼もしい限り。

でも掃除がね・・・本当に面倒なんです!

1.なんせ設置場所が厄介

形状、機能上仕方のない事とは言え、エアコンは念入りに掃除がしたくても設置場所が高い!フィルターを取るだけでも台を用意して一苦労です。下にあったらあったで邪魔以外の何ものでもないですけれど・・・どうにかならないものですかね。

2.内部がどのくらいキレイになったのか解らない

市販のスプレーなどを利用して掃除をしてみるものの、果たしてキレイに掃除出来ているのか?内部のカビはどのくらい生えていて、どのくらい掃除によって除去出来ているのか?内部を分解して見るわけではないので、どの程度掃除が出来ているのか把握できません。

3.電化製品を壊してしまわないかの不安

失敗

なにぶん素人です。見える隙間には色々突っ込んで掃除してみたくなりますが、果たして危険はないのでしょうか?スプレーだって、だいたいの目安で吹きかけて良いものなの?安くない電化製品なので余計な作業をして使い物にならなくなっては困ります。

なぜカビる?掃除をしない夏のエアコンに潜む恐怖

ところで、自己流で掃除をしていても着々とホコリやカビが増えて行き、快適な空気に交じって頭上から降り注いでいるのをご存知ですか?そのままにして置くと、ホコリやカビを吸い込む事で病気を引き起こす場合もあります。

夏のエアコンに潜む恐怖って、一体なんでしょうか?

夏のエアコンはカビ天国

涼やかな空気で爽快感のある夏のエアコン。しかしこの夏のエアコンこそカビには繁殖天国なのです。ここでカビが発生する条件を簡単に説明します。

  • 温度は25度前後
  • 湿度は80%前後
  • エサ(ホコリやチリ、その他ほとんどの物が栄養素)がある
  • 酸素がある

上記が一般的にカビの発生が活発になる条件です。これだけでも十分夏の室内は条件を満たしていますが、なぜ冬よりも夏のエアコンに多いのでしょうか?

冷房のメカニズムが天国を作る

クーラー

簡単に言えば、熱交換器が吸い込んだ部屋の空気の熱を奪い冷やしてから部屋に戻して、奪った熱は室外機から部屋の外へ捨てられる仕組みとなっています。

この時エアコンの内部がひんやり冷たい事は想像出来ますね。そしてエアコンを止めるとどうなるでしょう?室内と一緒にエアコン内部の温度も上がり冷え冷えの熱交換器は結露します。そして温度も湿度も高いカビの発生にはもってこいの状態が完成する訳です。

隠れたカビが身体に及ぼす悪影響

病気

内部のカビやホコリを放置したままエアコンを使っているとどうなると思いますか?今一番問題とされるのは「夏型過敏性肺炎」と言うもの。知らぬ間に空気中のカビを吸い込んでアレルギー反応を起こして発症する肺炎です。

梅雨頃から咳が発症して中々治まらず、夏風邪が長引いていると思っていたら夏型過敏性肺炎だった、という事も多々あるようです。放置しておくと更に厄介なカビ肺炎になる恐れもあるようなので注意が必要です。

夏に必須のエアコン。掃除はこまめにしたいものですね。

プロのエアコン掃除で身体もお部屋もスッキリ!

そんな不安要素を残すならば、いっそのことこの夏はエアコン掃除をプロに任せてみませんか?自己流の掃除とは比べものにならないほど掃除後のお部屋の空気がクリアになるのが実感できます!やはりプロの機材と技です。

そこで、口コミでも評判の東京都内にあるエアコンクリーニング業者を5社を紹介します!

1.ブリエ ライフ サポート

一番のおすすめは天然植物エコ洗剤を使用しており、小さな子供やアレルギーのある方、ペットのいるご家庭でも安心して利用できることです。

店長の宮崎さんにも小さなお子様がいらして、洗剤を触ってしまうようなときに「触ってはいけない」と注意してしまうようなものを利用して良いのか?という疑問から、天然植物エコ洗剤を使用するようになったとの事です。

安心してお任せ出来ますね!お掃除機能付エアコンのクリーニングにも対応しています。仕上げに抗菌・防カビイオンコーティングを無料で行ってくれるのもうれしいですね!口コミでも、丁寧な作業と人柄、何よりその仕上げにとても高評価です。

基本情報

  • 住所:東京都江戸川区東葛西8-3-5-201
  • 対応エリア:東京都、千葉県
  • 出張費:対応エリア内は無料
  • 料金:10,800円(税込)~

ブリエ ライフ サポート

2.u-system

予約を入れると24時間以内に連絡がもらえます。年中無休、そして19時以降の予約の相談も出来るので忙しい方には何かとありがたい事ばかり。更に駐車スペースのない現場であっても駐車場代は無料というのもうれしいですね!

対応エリアが広範囲なのも特徴です。作業に関しては、単にクリーニングをするだけではなく汚れに関しての説明を丁寧にして下さること、身だしなみやマナーも良くて清潔感があることなど、口コミを見ても高評価です。

基本情報

  • 所在地:神奈川県大和市西鶴間6-25-5
  • 対応エリア:神奈川県、東京都
  • 出張費:対応エリア内は無料
  • 料金:8,000円(税込)~

u-system

3.T&A

対応エリアが限られているのですが、おすすめポイントはお掃除機能付きエアコン全機種対応可能という事。結構お掃除機能付きのエアコンは対応不可という業者さんも少なくありませんので頼もしいです。

洗剤もエコ洗剤を使用しているので小さな子供のいる家庭でも安心ですね。万が一に備えて損害保険にも加入されています。店長の高畑さんは「掃除能力検定士」という資格をお持ちだそうです。

口コミにも多くの声がありますが、とにかく丁寧でいて作業が効率的、何より店長の人柄がとても高評価です。作業について優しく丁寧に説明をしてくださり利用者に不安を残さないよう心掛けているとの店長の言葉がとても安心できます。

基本情報

  • 所在地:千葉県市川市相之川2-2-15
  • 対応エリア:千葉県、東京都の一部エリア
  • 出張費:対応エリア内は無料
  • 料金:10,800円(税込)~

T&A

4.東京エアワークス 練馬本店

エアコン クリーニング

こちらは家庭用エアコンクリーニング専門店です。専門店ならではのきめ細かいサービスと技術が期待できます。希望があれば女性スタッフが同行してくれるのも安心感がありますね!

クリーニング後に、風速・温度計測をして前後の違いを見せてくれたり、一連の作業に関しても丁寧に説明をしてくださるので、利用者としても目に見える効果がわかりうれしいです。

こだわりは、エアコンクリーニングの技術はもちろん、サービス業として技術以外の面、コミュニケーションや身だしなみ、持ち物の清潔感、室内を汚さぬ配慮にも力を入れています。口コミでもそのサービス面に関して評価が高いです。

基本情報

  • 所在地:東京都練馬区西大泉1-18-13
  • 対応エリア:東京都、埼玉県の一部エリア
  • 出張費:対応エリア内は無料
  • 料金:1台10,000円(税込)~

東京エアワークス 練馬本店

5.デンキのサンコー

エアコン クリーニング

電気工事業に30年携わり構造を詳しく理解していてエアコンクリーニング歴も30年!業者としてベテランの店長さんが訪問されます。クリーニングだけでなく、エアコンの構造自体をしっかり把握しているというのは非常に頼もしい。

非喫煙者と言うのもポイントが高いですね。無料訪問の対象地域が狭いですが、その他の地域も別途出張費を加算すれば対応してくれます。大規模な業者ではないので制限はありますが、店長ご本人が丁寧に対応してくださるというのは安心感が大きいですね!

基本情報

  • 所在地:東京都板橋区上板橋2-47-1サンライトマンション204
  • 対応エリア:埼玉県の一部の地域、東京都の一部の地域
  • 出張費:対応エリア内は無料、その他の地域は出張費2,000円~
  • 料金:1台7,480円(税込)~

デンキのサンコー

快適な空気で暑い夏も元気に乗り切りましょう!

楽しい

今まで自己流で掃除をしていて多少なりとも不安や不満があるのであれば、試しに一度プロにエアコン掃除を頼んでみる事をおすすめします。本当に空気がガラリと変わりますよ。

ホコリやカビがなくなる事で、効率も良くなりますし身体にもうれしい。多少の出費をしても損はないと思えるエアコン掃除。家族の健康のためにも是非検討してみてはいかがでしょうか?

※東京都以外の地域にお住まいの方は、以下のサイトから探してみてくださいね!

くらしのマーケット エアコンクリーニング

「エアコン」「業者」「清掃」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!