夏のマストアイテム「帽子」の正しい選び方&かぶり方

のマストアイテムと言えば「帽子」。でも、帽子は自分には似合わないからかぶらないという方も多いのではないでしょうか?しかし、それは自分に似合わないのではなく、自分の顔の形に合った帽子を選んでいないのが原因かもしれません。今回は顔の形別に、帽子の正しい選び方&かぶり方をまとめてみました。今年のは自分の顔の形にぴったりと合った帽子をチョイスして、帽子ライフを満喫してくださいね!

今年の帽子のトレンドは?ママにおすすめ種類は?

公園やピクニックなどに行くときに紫外線対策で帽子をかぶっているママも多いと思います。そんな帽子の2016年夏のトレンドはどんな種類なのでしょうか?

今期、流行する帽子の中でママにおすすめのアイテムをご紹介します!

カンカン帽

夏の帽子として定番となっているカンカン帽。上部が平らになっていて、周囲につばがついている麦わら帽子の一種です。

シンプルなカンカン帽はどんなコーデにも合わせやすいのがポイントです。いつものコーデにプラスするだけでおしゃれに見えるので、ちょっとしたイメチェンをしたいママにおすすめです。

キャップ

キャップとは、前面だけにつばのある帽子のことです。メンズライクなアイテムですが、子供と一緒に遊びたいママにぴったりです。

また、パパ・ママ・子供と一緒におそろいのキャップコーデをするのもいいですね♪

バケットハット

バケットハットは、短めのつばとバケツのような形が特徴の帽子です。防水加工が施されているものもあるので、キャンプや海などのレジャーでも大活躍します!

無地のバケットハットはいつものコーデに合わせやすいので、レジャーだけではなく普段使いにも◎

キャペリン

キャペリンはつば広ハットとも言われている女優帽です。つばが広いので顔や首を紫外線から守ってくれるため、ママからの人気が高いです。

かぶるだけでワンランク上のコーデになり、お出かけにも最適☆

また、ツバが広いことで小顔効果も期待できるためひとつ持っていると重宝しそう。

いくら流行っているからといっても…

帽子

「頭が大きいから、帽子をかぶると顔がでかく見える」「顔がでかいから帽子は似合わない」などと帽子に対する悩みを抱えているママもいます。

一方で、「似合わないからかぶらない」と宣言している方もいます。

しかし、帽子も服と一緒でいろいろな種類やデザインがあります。そのため、顔の形によって似合う帽子・似合わない帽子があることを知っておきましょう。

そのため、トレンドを意識しすぎるのではなく、自分の顔の型に合った帽子を選ぶことが大切なんですよ!

「丸顔」「面長」「四角」の3つの顔型タイプ別に似合う帽子は?

顔

丸顔、面長、四角顔の3つの顔の形に分類して、それぞれに似合う帽子をまとめました。あなたが似合う帽子はどれなのかをチェックしてみましょう!

丸顔タイプ

丸顔タイプとは、フェイスラインが全体的に丸みを帯びており、縦の長さに比べると横幅がやや広めです。日本人にもっとも多い顔の形と言われています。

丸顔タイプは帽子との相性が良く、比較的どんな種類でも似合うとされています。

キャップ

なかでも、特に丸顔タイプに似合う帽子はトップに丸みのあるキャップです。角ばった形を選ぶと顔の形が目立ってしまうため、角のない形を選んでください。

斜めにかぶったり、サイドの髪の毛を垂らしてかぶってみたりと、色々なかぶり方に挑戦してみてくださいね。

ポーラーハット

ポーラーハットとは、トップが山のように丸くなっているのが特徴の帽子です。

丸顔タイプの人は、トップが丸みを帯びているポーラーハットにもトライしてみましょう。かぶる際は、眉毛やおでこを見せるように浅めにかぶると顔の形が強調されにくくなりますよ!

面長タイプ

面長タイプとは、縦の長さが横幅に比べてやや長めのため、全体的に細長い印象のシャープな輪郭のことを言います。

面長タイプも比較的どんな種類の帽子でも似合うと言われていますが、背の高い帽子は面長が強調されてしまうためかぶり方に注意が必要です。

カンカン帽

面長タイプは頭部が平らな帽子が似合うため、顔の長さが強調されないカンカン帽がおすすめです。

顔の形を気にして、カンカン帽を深くかぶるのはNGです。カンカン帽は浅めにかぶると顔の形が和らぎます。

キャスケット

キャスケットとは前ひさしがついた帽子のことで、ハンチング帽の一種です。秋冬にかぶるイメージが強いキャスケットですが、夏はサマーニット素材や麦で編んだストロー素材のキャスケットがあります。

面長タイプは、ニュースボーイキャップと呼ばれるキャスケットを選びましょう。ニュースボーイキャップはトップのボリュームが少ないため、面長な印象が強調されにくくなります。

四角タイプ

四角タイプとは、全体的に直線的なラインが多く、少し張ったエラと広めの額が特徴の輪郭のことを指します。

フェイスラインを気にして、ツバの短い帽子を選ぶのは避けましょう。

キャペリン

四角タイプはボリュームのある帽子が似合うと言われています。なかでも、つばの広いキャペリンがおすすめです。つばが広いため、紫外線対策もばっちり♪

キャペリンは斜めにかぶったり、浅めにかぶったりすることで、雰囲気が変わるのでいろいろなかぶり方をしてみてくださいね。

カンカン帽

カンカン帽は、四角タイプの方も似合います。つばが短めのカンカン帽を選ぶと、顔の形が強調されるためつばが広めのものを選びましょう。

少し斜めにしてかぶると、より顔の形が目立たないのでおすすめです。

自分に似合う帽子を見つけて♡

帽子

顔の形別で似合う帽子の種類を紹介しましたが、いかがでしたか?

「帽子が似合わないな…」と思っていた人も、自分の顔の形にあった帽子を選べばよかったんですね。

自分に似合うと言われている帽子をかぶっているけど似合わないという人は、帽子をかぶった自分を見慣れるところから始めてみましょう!

最初は帽子をかぶっている自分に違和感がありますが、だんだん慣れてきますよ!

自分に似合う帽子と出会って、夏のおしゃれをさらに楽しみましょう♪

「帽子」「夏」「選び方」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!