「私、負けるのが嫌いです」ドラマも私生活も"ワーママ"な、松嶋菜々子のリアルな子育て&理想の夫婦

2016年夏クールドラマ「営業部長 吉良奈津子」で主演を務める"松嶋菜々子"さんの今回の役は、"ワーキングマザー"。仕事をバリバリこなしていたキャリア女性が、育休後に仕事復帰するも、業績不振の部署に移されてしまった…という、ワーママあるあるを熱演します。私生活でも二児の母である彼女は、ドラマでの役と自分を重ねてしまうこともあるのだそう。そんな松嶋さんのリアルな子育てと、理想の夫婦像をご紹介します。

公私共にワーママ♡2児ママ女優・松嶋菜々子

2016年夏クールの新ドラマ「営業部長 吉良奈津子」を主演し、今年で芸能デビュー25周年を迎える松嶋菜々子さん。

42歳とは思えない若々しさと美しさが健在ですが、さらに2児のママというから驚きです…。


今回のドラマでは、出産を経て仕事に復帰するワーキングマザー・吉良奈津子を熱演。実は、彼女は私生活でも、夫の反町隆史さんと共に9歳(2007年出産)と12歳(2004年出産)の2人の娘を育てるママなんです!


奈津子役は、自分の境遇と近いこともあり、「素に近くなってしまったかもしれません」とドラマのインタビューで答えて言います。

(松嶋菜々子さん)
「奈津子は仕事がしたくて職場復帰しています。

そこで受けるストレスはたくさんあると思いますが、そういう時に、向かってくる何かと戦うことがメインになるのではなく、自分が本当にやりたかったのは何かと初心に立ち戻ってほしいですね。

せっかく仕事をする選択をしたのだから、そこを楽しめるようなマインドを持って楽しんでほしいなと。松嶋から吉良さんへの思いは、そういう応援です。」 出典: news.livedoor.com

「営業部長 吉良奈津子」あらすじ

ドラマは、40歳手前で結婚し、出産と育児休暇を経て3年ぶりに職場復帰した、やり手のクリエイティブディレクター・奈津子が主人公。

復帰先は、以前と同じ部署…かと思いきや、業績不振の営業…。仕事復帰で問題となる「マミートラック」が題材です。

DAIGO、中村アンといった会社の後輩とともに、次から次へと勃発していく問題に向き合い、仕事と家庭を両立させるため奮闘する“女の戦いと再生”を描きます。

育休明けにキャリアがストップ!?「マミートラック」・・・働くママが気になるキャリアの問題と対処法

関連記事:

育休明けにキャリアがストップ!?「マミートラック」・・・働くママが気にな…

マミートラックという言葉をご存知ですか?子供を持つ女性の働き方のひとつ…

奈津子の夫役には、原田泰造が抜擢。

原田さんの"夫あるある"や、バリキャリママにとって共感するポイントが多く、続きが気になるドラマです。

特に、仕事復帰を願うママにとっては、「こういうこともあるんだ」という参考に、観ておいた方がいい作品かもしれません。

第一話(7/21)への反響

初回放送は、7月21日。Twitterをはじめ、ネットでは様々な反響がありました。

そんな、気になる第1話の感想をご紹介します。

ママの姿に共感!

ママの折れない姿勢が好感

ベビーシッターがいい味をだしてます

奈津子の夫に気があるそぶりを見せるベビーシッター・坂部深雪。今後サスペンスな展開もあるのかも…?

ダメパパあるあるにも共感…?

今回のドラマはバリバリ働くキャリア女性に焦点を当てていますが、職場と家庭で奮闘する姿に、共感できる部分が多いようですね。

夫役・原田泰造さんの"勘違い夫"ぶりも、見ものです。

松嶋菜々子の子育て

松嶋さんは、子役・壮太との触れ合いのなかでも、ママとして自然な立ち振る舞いを見せています。

そんな彼女のリアルな子育てシーンは、どんなものなのでしょうか?

松嶋菜々子、母としての日常

1.頑張って笑顔を作り「行ってきます」

 「仕事へ出かける時に子どもに後ろ髪を引かれる感じはありますね。

頑張って笑顔を作って、こっちも不安だけれども、“行ってきます”なのか、“行ってらっしゃい”なのかを言う感じ。」 出典: headlines.yahoo.co.jp

松嶋さんは、子供の不安な気持ちを少しでも減らせるよう、頑張って笑顔を作っている模様。

子供を預けて仕事に行く時の心境は、葛藤に近いものがありますよね。

働く目的は人によって違えど、子供を預ける不安、仕事への不安を抱え、なかなか毎日笑顔でいることは難しいことです。

2.母に世代や年齢は関係ない

「子どものお母さんたちは、世代や年下も年上も関係ないんですよね、そこでは○歳児を持つお母さんとしての日常のあいさつなので、地が出やすいなと思いました。“こんにちは~”というひと言の言い方とか、頭の下げ方とか」。
出典: headlines.yahoo.co.jp

出産した時の年齢が何歳であろうと、子供の年齢=ママ年数。

自分が何歳であっても"ママ一年生"の頃はどんなママも子育ての不安は一緒ですし、自然と子供と同学年のママさんと付き合うことが多くなります。

そんな"ママあるある"を、松嶋さんは挨拶でママの年齢を表現しているのだそう。

3.次に会える日を共有

「職業柄、朝が早くて夜が遅いこともあるので、次に会えるだいたいの時間を知らせておいてあげるというのは気にかけているところです。

撮影に入ると1日顔を見られない日も出てくるので、そういう時にはわかりやすく“明日の夕方には会えるからね”と伝えています」 出典: headlines.yahoo.co.jp

多忙を極める芸能人ならではの、我が子とのコミュニケーションの悩みですね。

一般的なママとしても、登園など子供と離れる時は「〜時には会えるからね」と伝えてあげることが、子供も理解しやすいかもしれません。

松嶋菜々子の「夫婦の理想像」

「営業部長 吉良奈津子」の役柄は、ハキハキタイプのママと、優しいパパのご夫婦。

松嶋さんにとっての理想の夫婦像は、確固たる意思と優しさ、どちらも併せ持つことが理想だと語っています。

「頑張って突っ走っている時って、自分は正しいと思って一生懸命突っ走っていますよね、けど絶対いつか、あれ?これで正しかったのかなと、ふと立ち止まる。

そんな時、そこで「いいんじゃない」と言葉をかけてくれたり、もしくは「方向が違うよ」とビシッと言ってくれたりしてほしい」 出典: news.livedoor.com

「働く」を考えているママへ

松嶋さんはこのドラマで、これから仕事復帰を考えているママ、または仕事復帰をしたママに「自分が本当にやりたかったことは何か?」を改めて考えるきっかけにして欲しいのだとか。

「(今回演じる)奈津子は仕事がしたくて職場復帰しています。

そこで受けるストレスはたくさんあると思いますが、そういう時に、向かってくる“何か”と戦うことがメインになるのではなく、自分が本当にやりたかったのは何か?と初心に立ち戻ってほしいですね。

せっかく仕事をする選択をしたのだから、そこを楽しめるようなマインドを持って、楽しんでほしいなと」 出典: headlines.yahoo.co.jp

「保育園に行きたくない、ママといたい」と泣き叫ぶ我が子を前に、「仕事と子供、どちらが大切なの…?」と一度は悩んだママさんは少なくないはず。

そうなった時に、自分が仕事をする理由をしっかり考えておく必要があります。

そのきっかけに、このドラマは考えを巡らせるキーになってくれそうですね。

木曜日22時フジテレビ系列で放送!

ワンクールのドラマは撮影スケジュールがとても忙しいのですが、実は松嶋さんは秋から始まる10月クールのドラマにも出演することが決まっているのだとか。

2クール連続のドラマ出演は、子育てママにとってかなりのチャレンジ。松嶋さんなりに、自分が仕事を行う理由を、しっかり持っているようですね。

フジテレビ系「営業部長 吉良奈津子」は、毎週木曜22時から放送中!

「ママにとっての仕事」を考えたい方は、ぜひ一度視聴してみてください。

「松嶋菜々子」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!