放電実験やプラネタリウムが一押し!千葉県立現代産業科学館

千葉県市川市にある千葉県立現代産業科学館は科学に関する常設展示や科学実験やサイエンスショーなどによって科学を身近に体験できる子供も大人も楽しめる施設です。中でも、放電実験室で行われる放電実験は、雷発生の際に鳴る大きな音をリアルに体験することができて大喜びするお子さんがいる程です。また、夏休み限定で開催されるプラネタリウムは、本物の夜空のような錯覚に陥るほど美しい星空に圧巻されること間違いなしです。

千葉県立現代産業科学館ってどんなところ?

皆さんは千葉県立現代産業科学館に行ったことはありますか?千葉県立現代産業科学館は科学に関する展示や科学実験等を通じて、小さい子供から大人まで楽しく科学を学ぶことができる施設なんです。

展示やサイエンスショー、科学実験の他にも、科学館わくわく教室やプラネタリウム、企画展なども行われていて週末には多くの人々が訪れています。

科学に関する展示が行われている創造の広場では、小さな子供でも楽しめる展示があるので飽きずに楽しんでくれることま違いなしです!

また、夏休み限定で行われているプラネタリウムでは、思わずため息が出る程美しい星空を眺めることができるので、子供のみならず大人も十分楽しめる上演内容になっているので、家族で、またはお友達と、勿論一人でゆっくりと眩く輝く星空を楽しむことができます。

千葉県立現代産業科学館の基本情報

  • 住所:〒272-0015千葉県市川市鬼高1-1-3
  • 連絡先:047-379-2000
  • 開館時間:午前9:00~午後4:30(入館は午後4:00まで) ※7月21日~8月31日は閉館時間が午後5:00(入館は午後4:30まで)
  • 休館日:月曜日(祝日または振替休日の場合はその翌日)、年末年始
  • 料金:一般300円、高・大学生150円、中学生以下・65歳以上は無料
  • アクセス:JR総武線下総中山駅下車徒歩15分、京成電鉄本八幡駅下車徒歩15分、 JR本八幡駅からシャトルバス(コルトンプラザ行き)無料、 京葉道路市川ICから5分
  • 授乳室:なし
  • おむつ替え:あり

千葉県立現代産業科学館

千葉県立現代産業科学館のおすすめはここ!

おすすめ

色々な科学イベントが体験できる千葉県立現代産業科学館ですが、その中でも特におすすめのスポットを皆さんにご紹介したいと思います。

夏休みに子供と千葉県立現代産業科学館に出かけてみようかなと思われていたパパ・ママ、是非千葉県立現代産業科学館のおすすめスポットを参考にお出かけの計画を立ててみてくださいね♪

1.実際に体験しながら科学を楽しく学ぶことができる!

千葉県立現代産業科学館に入って右手側にある「創造の広場」というコーナーでは、科学の現象や科学技術の仕組みなどについて参加体験型の展示で紹介されています。

このコーナーでは、実験装置を体験することができて33もの面白科学体験が出来ちゃうんですよ!また、1日に複数回サイエンスショーや実験カウンターなどが行われていているので、目の前で科学の不思議体験をすることができます。

小さい子供でも楽しむながら科学を学ぶことができる機会はなかなかありませんし、子供にとって、そして親にとっても良い経験になるはずです。

口コミ

駐車場が広く夏休みでも行きやすいです。
巨大シャボン玉が作れるコーナーがあるので幼児から楽しめます。
科学といってもロケットをとばしたりブランコみたいなものがあったりと小さい子から小学生まで十分楽しめます 出典: www.tripadvisor.jp

子供は面白くて楽しいこと大好きですよね♪このコーナーでは、実際に自分の目で科学実験などを観たり、体験したりすることができるので学校に行っている年齢の子供達にはとても勉強になると思います。

また、小さい子供でも楽しめるような展示も数多くあるので、小さいうちから「科学って楽しいんだ!」という気持ちを育てることができそうで良いですよね。もしかすると、子供の方がはまってくれて何回も遊びたがるかもしれませんね。

2.意外に楽しい!放電実験

千葉県立現代産業科学館では放電実験室というコーナーで約100万ボルトの雷を再現した放電実験を10分間見学することが出来ちゃうんです。

平日だと1日に4回、土日祝だと5回実施されていて、「アーク放電」「沿面放電」「雷放電」といわれている3種類の放電現象を見ることができます。

但し、放電実験を体験する時に注意しなければならないことがあって、実験ではとても大きな音がするため、小さな子供や妊娠中の方、そしてペースメーカーを使っている方は実験への参加はしないようにしましょう。

普段、なかなか放電って見る機会がありませんから、間近で「バチバチ」と火花を見ることが出来たら音にビックリするのと同時に、放電の際に放たれる光に魅了されるかもしれませんね。

ただ、雷は実際に聞いてもビクッとなるくらい怖いですから、それがもっと近くで聞こえるというのは確かにあまり心臓にはよくないような気もするので、参加しようかという場合は子供は大きな音でもびっくりしないくらいになったら、大人は自分の体調とよく相談をしながら実験に参加するようにしたいですね。

3.美しい夜空の再現に思わずうっとり!サイエンスドーム

千葉県立現代産業科学館の入り口入って左側すぐにあるのがサイエンスドームと呼ばれる直径23mの円型ドームです。ここではプラネタリウムや全天周大型映像の上映などが行われています。

8月は企画展が催されることとなっており、プラネタリウム・クリエーターとして有名な大平貴之氏が作るMEGASTAR-FUSIONによるプラネタリウムを鑑賞することができます。

口コミ

年中やっているか分かりませんが夏休みの期間限定でプラネタリウムが見られて
今年はスーパーメガスター?という何やらすごい装置で星々が見られるという事で
子どもを連れて行ってきました
普段は主に平日しか行かない事もありとても空いているのですが
土曜日だったためか、あとプラネタリウムがあるからか入り口近くは人がたくさんいました 出典: www.tripadvisor.jp

この夏も8月12日から31日までの期間でMEGASTAR-FUSIONによるプラネタリウムが鑑賞できるみたいですね。光学式のMEGASTARと十数台のデジタルプロジェクターを組み合わせて作られた超高精細な映像をが12Kプロジェクションシステムで上映されるので、本物の星空以上に圧倒的な美しい星空を眺めることができるそうです。

8月14日と21日には、MEGASTAR-FUSIONを作られた大平貴之さんがプラネタリウムの説明をして下さるようですよ♪夏休みの自由研究の題材としても良さそうですね。

この夏は千葉県立現代産業科学館へ親子で出かけてみませんか?

「科学」と聞くととても難しいイメージがありますが、千葉県立現代産業科学館では科学実験やショーなどを通じて、小さな子供にもわかりやすく科学の楽しさを教えてもらえるので、子供も興味を持って科学と触れ合うことができて良い経験になるのではないかと思います。

特に、放電実験とプラネタリウムは「圧巻」する素晴らしさがあるそうなので、是非夏休みに子供と一緒にその素晴らしさを体験しに千葉県立現代産業科学館にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

「千葉県立現代産業科学館」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!