2016年上半期、赤ちゃんの名づけトレンド10選~女の子編~

2016年もあっという間に過ぎ、もうすぐ8月になります。1年も半年を過ぎると様々なサイトや雑誌などでその年の上半期の名づけトレンドが掲載されます。今年も素敵な名づけトレンドが発表されました。赤ちゃんの名づけはママとパパからの最初のプレゼントです。どんな名前にしようか考える時間は、とても幸せなものですよね。そこで赤ちゃんの名づけにお悩みのプレママ必見!今年の女の子の上半期トレンド名づけ10選をご紹介します。

2016年上半期~女の子名前はどんなものが人気?~

どんな名前にしようかな、どんな漢字を使おうかな、ママとパパの愛情がたくさん詰まった名前は、赤ちゃんにとって一生ものです。

今年も、赤ちゃん名づけ実績No.1のサイト『赤ちゃん名づけ』より、2016年上半期女の子名前ランキングが発表されました。こちらのサイトでは、姓名判断も行うことができます。

今回は、『赤ちゃん名づけ』で発表された女の子の名づけトレンドをランキング形式で10選ご紹介します。

これから産まれる赤ちゃんの名前に悩んでいるプレママさん必見!名づけ本だけではなく、こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか?

赤ちゃん名づけ

プレママ必見!2015年生まれ女の子の名前ランキング♡

関連記事:

プレママ必見!2015年生まれ女の子の名前ランキング♡

2015年も残すところわずかとなりました。赤ちゃん名づけサイトにて2015年に…

第1位「心桜」ちゃん♡

桜

栄えある第1位は「心桜」ちゃんでした!こちらの漢字の読み方は「こころ」「こはる」「ここあ」「しお」「しおん」など、たくさんの読み方がありました。

実は2015年のトレンド名づけでは惜しくも第2位だった漢字なのです。今年は人気No.1に!とても素敵な漢字ですね。

名づけの由来では、「桜のように大きな心を持つように」「桜のようにみんなから愛される優しい子に」など、様々な意味合いがありました。

たくさんの愛情を持って育ってほしいというママとパパの願いが込められた名前です。

第2位「葵」ちゃん♡

赤ちゃん

第2位は「葵」ちゃん。読み方は「あおい」「そら」「あかね」「ひまわり」など。なんと「めろん」という読み方もあるそうです。この漢字は2015年の名づけトレンドでは第5位と、今年は人気が急上昇しました。

筆者の周りにもこの漢字を使っている女の子がとても多いので、人気な漢字だということを実感しています。

名づけ由来では「まもるとも読めるので、周りに守られながら成長してほしい」「向日葵のように明るく真っすぐ育ってほしい」という意味合いがありました。

素直で真っすぐな女の子に成長してほしいという気持ちが込められた名前です。

第3位「心陽」ちゃん♡

太陽

第3位は「心陽」ちゃん。読み方は「こはる」「みはる」「ここや」「このは」など。やはり「心」を使った名前は人気が高いようです。

「心」は感情や、気持ちといった意味を持ち、「陽」は明るいという意味があります。そのため、この名前をつけた方たちは「心が太陽のように周りを明るく照らしてくれる、温かい女の子になるよう」という意味合いをこめて名付けたそうです。

太陽のように明るく、元気で、優しい女の子に成長してほしいという素敵な願いが込められた名前です。

第4位「碧」ちゃん♡

海

第4位は「碧」ちゃん。読み方は「あおい」「ああす」「しおん」「ひかる」「みどり」など。第2位の「葵」同様に「あおい」と読むことができる漢字ですが、当て字でつける方が多いようです。

中には「あくあまりん」と宝石の名前で名付けた方もいるようです!名前の由来は、やはり宝石の意味から「偉大で純粋、意志の強い美しい子になってほしい」「宝石のような輝かしい人生を歩んでほしい」という願いが込められているそうです。

澄みきった美しい透き通る心をもった女の子の成長を願う名前です。

第5位「陽菜」ちゃん♡

菜の花

第5位は「陽菜」ちゃん。読み方は「ひな」「はるな」「はな」「ひなた」「ひなな」「ひなの」など。2015年トレンド名づけでは第6位だった「陽菜」ちゃんでしたが、今年は順位が一つあがりました。

この漢字を使っている芸能人といえばAKB48の小嶋陽菜さんですね。「陽」は明るい、「菜」は食に関する漢字のため、「食に困らず、元気で明るく育ってほしい」という願いが込められている名前です。まさに小嶋陽菜さんにぴったりの名前ですね!

また菜の花のように綺麗で明るい女の子になってほしいという気持ちも込められています。とても素敵な名前ですね。

第6位「結心」ちゃん♡

結

第6位は「結心」ちゃん。読み方は「きづな」「ほのか」「みこ」「ゆい」「ゆっこ」「ゆな」「ゆゆ」など。こちらの漢字は2015年トレンド名づけではランキングに入っていない新しい名づけです。

「結」は結ぶ、「心」は感情・気持ちという意味で、心や気持ちを結んでくれるという意味が込められた名前になっています。

人と人をつないでくれる、絆を大切にする女の子になってほしいという温かい気持ちが伝わる名づけですね。

第7位「桜愛」ちゃん♡

桜

第7位は「桜愛」ちゃん。読み方は「さくら」「おとめ」「さくらあ」「さくらな」「さら」「もあ」など。この漢字はたくさんの読み方があり、当て字で使われていることが多いようです。

「桜」は日本を代表するお花で、「愛」は愛情、愛おしいという意味。まさに桜のように美しく愛情あふれる女の子に育ってほしいという思いが伝わります。

どちらの漢字も人気が高く、女の子の名前に多く使われていますね。

第8位「唯愛」ちゃん♡

赤ちゃん

第8位は「唯愛」ちゃん。読み方は「いちか」「あい」「ゆあ」「ゆい」「ゆいな」「ゆうな」「ゆめる」など。「唯」はただひとつの、オンリーワンという意味があります。

真っすぐな愛を大切に育むという素敵な意味が込められています。SMAPの曲にあるように、「No.1ではなく、only1」。

ママとパパの愛情が詰まった名づけですね。

第9位「向日葵」ちゃん♡

ひまわり

第9位は「向日葵」ちゃん。読み方は「ひまわり」「あおい」「すみれ」「なたり」「ひびき」「ひまり」など。

向日葵は、見ているだけで明るい気持ちにさせてくれる夏の花です。「向日葵」も、第2位の「葵」と同じように、「ひまわりのように明るい」という意味があります。

あの人気アニメ「クレヨンしんちゃん」のしんちゃんの妹もひまわりちゃんですね!とても明るく、活発で可愛らしいキャラクターなのが印象的。

お日様に負けないくらい、明るく、元気な女の子になってほしいという願いが込められている名前です。

第10位「結月」ちゃん♡

月

第10位は「結月」ちゃん。読み方は「ゆづき」「ゆるる」「ゆつき」など。「ゆるる」という読み方はとても珍しいですね!「結」は結ぶ、「月」は夜空に浮かぶ美しい月の意味があります。

この漢字を名づけした方は「人とのつながり・絆を大切にしてほしい」という願いと、月が綺麗な日に出産をしたということで決めたそうです。

美しい意味を持つ漢字はたくさんありますが、「月」はとても神秘的な美しさを持つ印象がありますね。

名前は人の「人生」そのものを表す大切なもの

赤ちゃん

名前とは、最初のプレゼントであり人の「人生」を表す大切なもの。その一つに込められた多くの意味や思いを背負い歩いていきます。

漢字だけではなく、読み方、字画、様々な角度から考え、ママもパパも納得いくまでゆっくり考えてみましょう。もちろん生まれた赤ちゃんの顔を見てから決めるのもいいですね。

赤ちゃんが大きくなり、いつか「なんでこの名前にしたの?」と聞く日が来るかもしれません。その時、胸を張って愛情いっぱい込めた名前の由来を教えてあげてください。

「名付け」「赤ちゃん」「2016上半期」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!