赤ちゃんも一緒に電車のお出かけ。車内で子供と静かに楽しく過ごす方法って?

夏休みに入り、田舎に帰ったりイベントに行ったりと、子供たちと一緒におでかけする機会も増えますね。でも、みんな苦労するのが赤ちゃんを連れての電車での長時間移動。車だと様子を見ながらDVDを見せたり、休憩したりとなんとかなるものですが、電車での移動はそうはいきません。騒がせて迷惑にならないようにと気を遣うので、それだけでママはくたくたですよね…みんなの工夫を参考にしてこの夏は楽しくお出かけしましょう!

みんなもそう?電車でのお出かけには苦労がいっぱい!

夏休みは子供と一緒に電車でお出かけする機会も増えますよね。でも、ここで大変なのが、電車の中で静かに過ごすこと。特に30分を超えるような長い時間静かに乗っていなければならないようなときは、電車の中の事を考えるだけでママにはけっこうなストレスだったりします。

特に0歳から3歳の時期は周りの人を気遣って静かにしようなんて理屈がなかなか通用しません。

乗るまえからドキドキ!

電車

子供と一緒に電車に乗るのは、ただでさえハードルが高いものなんだということが伝わってきます。でも、周りも温かい目で助けてくださることもあって、子育ては一人じゃできないなぁと、心温まる経験になることも。

小さい子供がいて大変だから騒いでも仕方ないとあきらめせず、できるだけ快適に電車でのお出かけができるように頑張ってみましょう。

ママはいつも悪戦苦闘…どんな工夫をしたらいい?

ベビーカー

こうして見ていると苦労はみんな同じなんだなぁとちょっと安心しますね。

でも、電車にはいろんな人が一緒に乗っています。「これだから子供はいやだ」とか、「今どきの親は子供を静かにさせることもできない」なんて言われたくないですよね。

どんな工夫ができるんでしょうか。子供に合ったアイデアが見つかるといいですね。

スマホ頼みはしない。窓から言える景色には発見がいっぱい!

電車

始めの数分くらいは、特に何にも頼らずシンプルに窓の外の見て過ごすのはどうですか?

2~3歳くらいなら、窓から見えるものを使って探し物ゲームもできます。「次の駅までに赤い色の物、何個見つけられるか」とか、読めるようになっている数字の看板を探す、など簡単だけど子供の「負けたくない!」を刺激しながら勉強にもなることがたくさんあります。

靴が椅子に触れるようなら、靴をきちんと脱がせるようにすると周りの方への配慮もバッチリ!子供もリラックスできます。

発見は電車の中にも隠れてる♪

外が飽きたら、電車の中もじっくり見てみましょう。

子供を連れて出かけるときはたいてい、ベビーカーを持ち運びやすいラッシュを避けた時間帯を選ぶものです。電車の中も適度な込み具合。近くにいる人の事も活用しちゃいましょう。

男の人、女の人、眼鏡をかけている人などを数えるだけでも盛り上がります。人を指さすわけにはいかないので、「ドアの前に立ってる人」「赤い服の人」など、言葉で伝わるようにします。単純なことだけど、子供には言葉のトレーニングにもなり、一石二鳥です。

見たものをつなげて、お話を作ろう☆

電車

ここまでは、材料集め。ここまで来たら、だいたい10~20分近くつぶれているでしょうか。コツは会話を楽しむことです。家にいるとほかの用事にさえぎられてしまうこともありますが、電車の中では、子供ときちんと向き合ってあげられます。この時間を大切にしましょう。

ここまでに見たことを集めて、子供と交互にお話を作りつなげていきます。うちの息子はこれだと、しりとりよりも飽きずに長続きしました。

さっき窓から見えた赤くて丸いタンクは実はトマトの国の王子様で、いまからこの電車に乗ってお姫様を探しに行く…とか。電車が目的地に着くころには、電車の中で大冒険が繰り広げられています。ママも楽しいですよ♪

電車の中で食べてもいいお菓子も活用して。

本

即効性が高いのはやっぱり、大好きなお菓子を食べること。その間だけは静かになりますよね。電車でのお出かけに限らず、外出の時はぐずらないようにいつも持ち歩いているというママも多いはず。

0歳ならミルクや軽い離乳食の時間を電車に乗るタイミングに合わせておくこともできます。

でも、ここでもマナーは大事です。ガサガサと大きな音が出るものや、子供が食べながらこぼしてしまいやすいものは出来るだけ控えた方がいいでしょう。棒付きのキャンディーやグミなど、静かに食べられるものがおススメです。

電車を降りるときは、周りを汚していないかチェックも忘れずに!ゴミはきちんと持ち帰りましょう。

お出かけにピッタリの絵本もどうぞ♡

本

揺れる乗り物の中で細かい字を読むのはたいへん!子供のために絵で楽しめてなおかつ、電車に乗っていることが楽しいと思えるような絵本があったら、一緒に絵を見ているだけでも楽しく過ごせます。

騒がしさにそわそわしていた赤ちゃんも、ママの優しい声を聴いているうちに落ち着いてくれるかもしれません。

バムとケロのそらのたび [ 島田ゆか ]
バムとケロのそらのたび [ 島田ゆか ]

¥972

ISBN:9784894236806 小型絵本 島田ゆか 文渓堂 発売日:2010年03月
販売サイトへ

これは、バムとケロが手作りの飛行機に乗って大好きなおじいちゃんに会いに行くお話。途中で起きるハプニングも笑えます。今、電車の窓から見えている景色と重ねながら、一緒に旅を楽しみましょう。

大変なことも多いけど、心配しすぎなくていいですよ♡

お出かけ

子連れで電車というだけで周りから冷たい目で見られるという話も聞きますが、本当に残念なん事ですよね。でも、ママのマナーにも問題が多く、非難されても仕方ないかも…というのが実態です。

その分かれ道は、ママの頑張る姿勢。迷惑をかけないように一生懸命にあやす姿を見ると、周りにもちゃんと誠実さが伝わって、子供が多少ぐずっていても温かい目で応援してくれることが多いようです。頑張るママを見て、子供も電車の中では静かに過ごすものなんだと学んでくれるといいですね。

「子供」「電車」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!