新米ママの不安を一掃!マンガエッセイ「まめこの赤ちゃんといっしょ!」

はじめての出産・育児って誰もが不安。赤ちゃんが母乳をうまく飲めない、ママの疲労のピークに関係なく泣きじゃくる我が子。何か画期的な神アイテムは無いか探したり、だいぶ慣れてきたかと思えば人見知りが始まり…離乳食もスタート。そして気づけばもうすぐ1歳…。本当に出産から1歳までの1年間って目まぐるしいですよね。そんなはじめての子育てを笑って乗り切るために!笑えて、ためになる。あるマンガエッセイをご紹介します。

はじめての子育ては不安でいっぱい。新米ママにささげたい1冊

はじめての出産・子育ては本当に「大変」の一言では言い表せないくらい大変なもの。

10ヶ月の間、不安に押しつぶされそうになれながら楽しみと不安を抱える妊娠生活を過ごし、出産したその日から待ったなしの目まぐるしい「母」としての生活が始まります。

誰だって楽しく子育てしたい、でもそれだけが子育てじゃない

楽しく子育てしたい、でも楽しいばかりが子育てじゃない。

はじめての子育てには心配や不安がつきものです。なぜ泣いているのかわからない…、睡眠不足やストレスでどんどんネガティブになっていく…。

はじめてだらけの子育てをママたちがもっと気楽にかまえられるように、上手に気分転換できるようになる、そんな1冊を紹介します。

ハッピーになるヒントがいっぱい「まめこの赤ちゃんといっしょ!」

この本を書いているのは

まめこさんというマンガや絵本も手がけるイラストレーターさん。現在4歳になった娘さん(本書ではワピちゃんと呼ばれています)と、顔の濃いめの旦那さん♡と3人暮らしのママさんです。

もくじ

  • 0ヶ月~オッパイが飲めない!?
  • 1ヶ月~育児疲労ピーク!あせも?乳児湿疹!
  • 2ヶ月~明けない夜はない!アイテム導入で生活ガラリ!
  • 3ヶ月~人見知りが始まった!
  • 4ヶ月~外の世界へ
  • 5ヶ月~産後半年、お母さんの体
  • 6ヶ月~涙、涙の中離乳食スタート!
  • 7ヶ月~ウンチとオムツ
  • 8ヶ月~ベビーサインで世界が広がる!
  • 9ヶ月~衣類の98%はお古です
  • 10ヶ月~お父さん、がんばって!
  • 11ヶ月~もうすぐ、1歳!
  • その後…1歳すぎて、またあわわ!?

はじめての出産から、1歳までの1年間を1ヶ月ごとに分けて紹介する中身ギッシリの濃密なマンガエッセイ。

各もくじを見ただけでも気になる項目が多いママや妊婦さんも多いのでは…?

気になる本の中身をちょ~っとだけご覧ください♡

新米ママに贈る知恵袋とも言えるこの1冊。子育てのヒントがいっぱい詰まっています。

これから出産を迎える妊婦さん、今まさに0歳児育児真っ只中というママ達にちょっとだけご紹介しますね^^

①はじめての出産…妊婦って運が強い?

まめこさんの旦那さんはマンガからも伝わるように、かなり楽観的なタイプのようです。

陣痛の波を縫ってコンビニに立ち寄り、クジが当たればこのはしゃぎっぷり。怒りをこらえたまめこさん、偉すぎます。。

そして、一コマ目の痛そうな「内太もも踏み」なる所業は陣痛(お産)がすすむので正産期に入ったら家でもやってね!と言われていたんだとか。でも力加減が難しそうですね…そして痛そうです。

②陣痛本番…姉からの教えを忠実に守った!

陣痛が進み、いよいよ声にならない苦しみがやってきたまめこさん。

そんな中、実のお姉さんから注意されていたのが、「眉間のシワ」と「歯を食いしばらないこと」だったそうです。

産後気が付いたら歯がボロボロになり眉間に深いシワが刻まれていたというお姉さんの体験を、陣痛で苦しい最中も思い出し、気を付けていたそうです。

③なかなか治らない乳児湿疹

母乳が出ても赤ちゃんが上手く吸えない、ママも赤ちゃんもはじめてだらけの怒涛の産後1ヶ月をなんとか過ごし、

ようやく授乳にも慣れ始めたそんな頃に新しい悩みが出始めます。それは…

そう、乳児湿疹です。

乳児湿疹に悩まされるママは多いと思いますが、

症状や治る次期なども個人差があるためちょっと情報収集…のつもりで人に聞いたり調べたりすると

逆に混乱。。どれを信じていいのかわからない、なんてことにもよくなります。

洗剤を変えるなどちょっとした変化で良くなった

私が原因?と頭を悩ませたこともあったようですが、

まめこさんの場合は赤ちゃん用の衣類と大人の衣類を同じ洗剤で洗っていたので

赤ちゃんの衣類は赤ちゃん用の洗剤で洗うようにしてから湿疹の症状が徐々に良くなっていったそうです。

④赤ちゃんのウンチ…いつもと状態が違ったら?

赤ちゃんの体調のチェックとして日々のウンチの状態をみるのは欠かせません。

でも実際「あれ、いつもと違うかも?」と気付いたら、病院に電話?すぐに連れて行った方がいいの?なんて悩んでしまいますよね。

病院に電話→写真orオムツごと持っていく

いつもと違うなと思ったら、小児科か産院に電話して状態を説明し、オムツを持って行くまたは写真に撮って行くなどの指示をもらうと良さそうです。

この時まめこさんの赤ちゃんは7ヶ月だったので、アイスやプリンにお薬を混ぜてと勧められたそうですが

アイスやプリンはまだ早いかな~?と心配になり、冷ましたおかゆに混ぜてあげたそうです。

こんなに必死にこんなに子供と一緒に過ごす時期は今だけ!

赤ちゃんの成長を見る健診でのこの一幕…。私もやったな、、なんてママもいるのでは?

はじめての子育てで新米ママ達が通るであろう悩みがたくさん詰まったこの一冊。まだまだご紹介したいものは尽きないのですが…

続きはぜひ本書でご覧ください^^

※なお、掲載にあたってまめこ様・主婦と生活社様より許可をいただいております。

まめこの赤ちゃんといっしょ!

「まめこの赤ちゃんといっしょ」「マンガ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!