どこの家にもある食材で秀逸すぎるキャラ弁♡4人のママ「家政婦のムダ」さんがスゴい!

流行の波が途絶えることがない「キャラ弁」。作ってみたいけれど、どんなキャラ弁からチャレンジしていいかわからない新米ママたちも多いのではないでしょうか。そんなママたちにおすすめしたいインスタアカウント「家政婦のムダ(@kaseifu_muda)」さん。手に入りやすい食材を使って、初心者でも真似できそうなものからスゴすぎるアート作品までたくさんの投稿をしています。4人のお子さんを育てるママのスゴテクをどうぞご覧ください!

毎日のお弁当がママのアート作品!?家政婦のムダさんのキャラ弁がスゴい!

お弁当を持参するお子さん、パパがいるママたちにとって、毎日のお弁当の中身を考えるのは一仕事ですよね。毎日同じような中身ではなくて、何か新鮮なアイデアのあるお弁当にしたいけれどなかなか考え付かない...というママも多いのではないでしょうか。

そんなママたちにおすすめしたいインスタのアカウントがあります。その名も「家政婦のムダ(@kaseifu_muda)」さん。現在10代から2歳まで4人のお子さんを育てるママで、お手製のキャラ弁をインスタ投稿しています。

キャラ弁に使う材料は、どこの家庭にもありそうなものばかり。「キャラ弁のために買ったけど全然消費しきれない」という難しい食材は使用せず、工夫次第で誰でもチャレンジできる材料ばかりのキャラ弁は、一見の価値ありです。幼稚園、小学生ママから、高校生ママまで注目ですよ!

家政婦のムダさんインスタアカウント

真似したくなるものから、見惚れてしまうアートまで♡秀逸すぎるキャラ弁12選

インスタに投稿されている家政婦のムダさんのキャラ弁やご飯アートの中から、ママたちが「真似したい!」と思えるものから「スゴ過ぎる...」と見惚れてしまう作品まで、12作品集めてみました。

家政婦のムダさんのアートの世界をご堪能ください...♡キャラ部分以外のおいしそうなお弁当の具たちにも注目です!

ご飯もの:おかかご飯がモンチッチに♡

おかかご飯がモンチッチに大変身したキャラ弁!まさかおかかを髪の毛に使うなんて、誰が考え付いたでしょうか...!

モンチッチの小さなそばかすまで再現した完璧なお顔アートによって、おかかご飯がこんなに可愛らしく♡「可愛くて食べられない」というコメントに対し家政婦のムダさんは「可愛くて食べれなぃ~な~んて嬉しぃ事言ってくれる方は家族には存在しません」とのこと!

ご家族の方、うらやましいです!

ご飯もの:おいなりさんがミニオンに♡

最近流行りのオープンいなりずし。運動会やホームパーティのご飯モノでやってみた方もいるのでは?家政婦のムダさんは、オープンいなりをこんなに可愛いミニオンたちにしてしまいました♡

一つ一つ表情の違うミニオンたちは愛らしすぎて、なかなか箸をつけられない!

この日は運動会だったそうですが「昼一の出番に備えて早めに着替え準備する為、ゆっくり食べる暇なく慌てて去って行った次女…末っ娘だけがハイテンションで弁当荒らしてました」とのコメントが。次女ちゃん、もったいない~!と叫びたいのは筆者だけでしょうか...!

ご飯もの:丸尾君が新米をアピール!?

お弁当を開いた瞬間のインパンクトが半端じゃない、丸尾君弁当。さりげなく(?)新米であることをPRしています。この新米は自分たちで田植えをしたお米なのだそうです。

自分たちで植えたお米は、ズバリ、特別においしいでしょう!

それにしても、丸尾君の指の一本一本まで細かく再現されたハムアート...すごすぎる!

ご飯もの:結婚10周年記念は「TKG」!

こんなにも細かくレベルの高いキャラ弁を作る家政婦のムダさん、夫婦の記念日にはどれほどすごいアート作品を作るのか...!と思ってたら、なんと結婚10周年記念アートとして紹介されていたのはTKG(たまごかけごはん)。

チーズに海苔で「愛し 愛され 十執念(周年)」と達筆すぎる明朝体で刻まれたTKG。これを目にした時の旦那さまの反応が気になります。

「#二十執念も仲良く #TKG #食べてますように #いただきます」とタグがつけられたインスタ投稿からは家政婦のムダさんの愛を感じます♡10周年おめでとうございます!

ご飯もの:牛丼にまさかのロゴ入り!

吉野家とすき家のアルバイト面接を受けるといっていた長男のために作った、すき家のロゴ入り弁当。具は家庭用のすき家の牛丼の具(冷凍食品)なのだそうです。すき家の牛丼を間違えないようにロゴをつけたという家政婦のムダさん。その努力、素敵です♡

チーズの切り方についての質問には「型紙を書いて切ってチーズに乗せ、型紙に沿って爪楊枝でなぞり切ってます。 」と回答されていました。きちんと型紙をとっているんですね。丁寧でそして、器用すぎます...!

ベイマックス:海苔を一工夫するだけで、ご飯がベイマックスに♡

一見「素敵すぎるけど、不器用な私には何も真似できないな~」と思って家政婦のムダさんのインスタ投稿を見ていた筆者。このキャラの登場で、一気にマネする気を取り戻しました!

海苔を目と口に見立てて切って、ご飯に乗せるとほら...ベイマックスです♡丸みのあるお弁当箱やふだんの食事でも気軽にマネできる海苔アートですね。これならできそう!というママも多いのでは?

ベイマックス:ゆでたまごも簡単に変身♡

ご飯が白いご飯ではないときなら、ゆで卵をつくれば簡単にベイマックス弁当に変身させられます。

お弁当の中心にそっと存在しているベイマックス...かわいいですね♡こんなに可愛らしいお弁当、なんとパパの休日出勤のお弁当だったのだそう。「地味になってしまった」と語っている家政婦のムダさんですが、ハートとベイマックスが映える素敵なお弁当ですよね。

パパもこんなに素敵なお弁当を食べられるなんて、女の筆者でさえ羨ましいです...♡

ベイマックス:チョコケーキとおかゆも...♡

最後にキッズが喜ぶベイマックスシリーズを。

炊飯器で作るチョコケーキに目と口をつけて、ベイマックスチョコケーキ。そして右は、体調の悪いお子さん向けに作った、おかゆベイマックスだそう。ハートは梅干しなのだそうですよ。

胃腸炎だというお子さんも、おかゆにも一工夫されていたら思わず笑顔になれそう。こうした家族への心遣いが、本当に素晴らしいですね。

麺類:そうめんがムーミン谷の仲間たちに♡

素麺を消費するために、ムーミン谷の仲間たちを作った家政婦のムダさん。

まさか素麺でこんなアートができるとは...びっくりです!お中元でもらった素麺をなんとか消費したいと思っているママ、今年は素麺アートにチャレンジしてみませんか?

よく見ると、ムーミンの下の葉っぱはネギ、ニョロニョロの下はシソの葉でできています。さりげなく薬味も使ってアートをするなんて、さすがですね!

麺類:茶そばはお茶目なガチャピンに!

茶蕎麦を利用してガチャピンを作成♡傍らにはキュートなミニトマトのムックが。おなかの模様は、だし巻き卵とハムで再現されています。

いつもながらお顔のクオリティが素晴らしくて、今にも「ガチャピンだよ」としゃべりだしそうです。こんなにカワイイ麺アートなら、夏は食欲不振ぎみのお子さんもツルツル食べてくれるかもしれませんね!

麺類:名産「オリーブそうめん」でリトルグリーン”麺”

香川県某所にお住まいの家政婦のムダさん。特産品のオリーブと素麺を合わせた「オリーブ素麺」を使ってリトルグリーンメンを作ってしまいました!

かまぼこと海苔でアートしたという、キュートな頭のトンガリと、お目目。ちょうど目がみんなが見つめあうようになっているところも、仲良しグリーンメンらしくてかわいいですよね。

お皿も含めて夏らしいさわやかな色合いで、真似したくなります♡

麺類:黒ごまそうめん×普通のそうめんで、可愛いトトロが完成♡

深めの透明なお皿に、黒ゴマ素麺と普通の素麺を重ねて入れて、お顔をつけたらなんと...トトロのできあがり♡

コップの形がなんともトトロっぽく、食べるのがもったいないくらいの可愛らしいアート作品に仕上がっていますね。後ろにおいてある「のどごし生」と七夕飾りが夏らしくて、写真も含めてアートです♡

トトロが大好きな我が家の子供たちのために、ぜひ真似してみたい素麺アートです。こちらの作品はクックパッドにも投稿されています。気になる方は作り方をチェックしてみましょう。

トトロのコップ麺

愛情たっぷりのお弁当の数々は”ムダ”じゃない!

家政婦のムダさんのお弁当たちは、どれも愛情たっぷり。キャラ弁として完成度が高いだけではなく、おかずにもいつもたくさんの種類の食材が入った栄養満点のお弁当です。

細か~いキャラ弁を作り続ける家政婦のムダさん。時折自分のキャラ弁に対して「ムダムダ~」とつぶやいていますが、お弁当は一つもムダなんかじゃないですよね!4人のお子さんを育てながら、この努力は素晴らしいです。

不器用&料理は苦手な筆者ですが、家政婦のムダさんのキャラ弁は特別な食材を使うものではなく、クオリティはともかく真似ができる投稿も多く、簡単そうなものからチャレンジしてみようと思わせていただきました。まずはベイマックスから...チャレンジしてみたいと思います!

家政婦のムダさん、これからも素敵なキャラ弁投稿、期待しています♡

※写真は家政婦のムダさん(@kaseifu_muda)ご本人から掲載許可をいただいています。

「家政婦のムダ」「キャラ弁」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!