「『育児疲れで晩ご飯が作れない』って妻が言うから実際に検証してみた」で大反響。ブログ筆者の三十路男さんってどんな人?

昨年秋、ママたちの間で話題になったブログ記事「『育児疲れで晩ご飯が作れない』って妻が言うから実際に検証してみた」。この記事は、当時多くの反響を呼びました。私自身も昨年、記事をリアルタイムで拝見し、「この記事はより多くのパパに見てもらいたい」と思ったのを今でもよく覚えています。筆者の三十路男さんってどんな人?反響のあった記事の内容ってどんなもの?知らない方、気になる方のために、詳しくご紹介いたします!

まさか実際にやってみるなんて…!と話題のブログをご存知ですか?

ブログ記事「『育児疲れで晩ご飯が作れない』って妻が言うから実際に検証してみた」で一躍有名となったブログ「三十路男の悪あがき」。

話題となったブログ記事の他にも、子育て中のママを夢中にさせる記事が沢山☆その後もちょくちょくブログの更新をチェックしている方も多いのではないかと思います。

そんな話題のブログを書いているのが「三十路男」さん。実はNHKのあさイチに出演したこともあるそう!

一躍人気ブロガーである三十路男さんをまだ知らない方のために、まずは三十路男さんのプロフィールをご紹介したいと思います。

すべてがミステリアス…!家族構成や年齢は?

システムエンジニアの三十路男さん(31)、専業主婦の奥様(36)、息子さん(1)の三人家族です。

そもそもブログを始めたきっかけは?

パソコン

実はブログを始めたのは「副業」がきっかけだったそうです。

当時不妊期間が2年を越え、一度は親になる事を諦め、奥様と二人でも幸せに暮らしていくつもりで戸建て住宅を建てることにしたという三十路男さん。

しかし設計が終わり、着工まで残り数週間という時に妊娠が判明!

ひとりの稼ぎでは家族を養いながら住宅ローンを払っていくことが難しいと判断し、家族との時間を最も犠牲にしなくて済む方法としてブログをスタート。

愛する我が子に出会った瞬間…方向転換

誕生

もちろん最初は育児のことには一切触れていませんでした。しかし、子供の誕生を機にお金を目的としてブログを書くことに嫌気がさしたという三十路男さん。

可愛い我が子のことを好きなように発信する「親バカブログ」として好き勝手書いていく場所としてブログを方向転換!

結果、思いをそのまま文字にする形が読者に受け入れられ、現在の人気に至るそうです。

話題のブログ著者としてNHK「あさイチ」にも出演

ブログの反響はネットだけに留まりませんでした。

なんと三十路男さん、NHK朝の情報番組「あさイチ」にも2016年3月に出演されています。その時取り上げられたテーマは「イクメン」や「父親の産後うつ」。

三十路男さんが書いた「男性の産後うつ」という記事がNHKのディレクターの目にとまり、声をかけられたそう。

取材を受けるメリットはない、と思っていた

ハッキリ言って、テレビ出演するメリットは微塵も感じ無かったので、取材の依頼を戴いた時点では、取材を受ける気など微塵もありませんでした。 出典: 30sman.com

しかし声をかけられた当初はこのように思っていた三十路男さん。

けれども奥様から言われた一言でハッと気が付いたことがあったんです。

「伝えたい事があるんじゃない?」

いつもと変わらず、冗談めかして「ブログが有名になり過ぎたせいで、NHKさんから取材依頼が来たけど、ブログには何のメリットも無いし断ろうと思っている」と笑いながら話す私に対して妻は

「ブログだけでは、伝えられない事もあるんじゃない?」と言った。 出典: 30sman.com

最初は副業目的で始めたブログ。

けれども、ブログを続けていく中で送られてくる子育て中のパパやママからのコメントを通して、いつしかブログの目的が

『育児ブログを通じて、世のパパ・ママに【何かしら】を伝えたい』という思いに変わっていったそうです。

自分のブログが同じ育児中の悩みを抱えているパパやママたちの助けになれれば、その家庭の子供たちの笑顔が増えることにもなる、という夢と希望を持ってブログを続けている三十路男さん。

ブログに込められたそんな想いは奥様には言っていなかったそうですが、奥様は全て理解してくださっていたのかもしれません。

それは、誰にも話していなかった核心だった

男性 後姿

「笑顔の子供を増やしたい」という理由で育児ブログを続けている事など知り得る訳が無い妻から出た核心を突くひとことに

黙り込む私に対して、妻は

「誰にでもチャンスがある物では無いし、やりたいと思う気持ちが少しでもあるなら、とりあえずやってみるのも良いと思うよ」と笑いかけてくれた。 出典: 30sman.com

テレビに出演するというのは、匿名でブログを続けておられた三十路男さんにとって、葛藤があったことと思いますし、ご自身もその時の心情をブログにも書いておられます。

けれども、奥様の理解ある励ましと、一人でも多くの子供を笑顔にできるのであれば、という思いから取材も引き受けようという考えに変わっていったそうです。

話題のブログ…知らない方のためにあらためてご紹介します

育児疲れ

そもそも「三十路男」さんが一躍話題になったそのブログ、まだ読んだことないというママ達のためにあらためてこちらで紹介します。2015年秋に公開されるや否やSNS上でリツイートやシェアの嵐!

タイトルは「『育児疲れで晩ご飯が作れない』って妻が言うから実際に検証してみた」という記事です。

育児1年目のパパのリアルな本音、苦戦する様子等が詳しく記載されたこの記事は当時のママたちの心を鷲掴みにしました。

なんで「検証してみよう」と思ったのか…

汚い 台所

今日も子供が全然寝てくれない、子供がグズるから…といった理由で夕飯が作れない日々が続いたと言う三十路男さんの奥さま。しかしながら、コンビニで飲み物やチョコなどを買ってきてくれという要求だけは一丁前にしてくる。

こんなやりとりが2ヶ月も続いた頃

「育児疲れを理由に妻はだらけてしまったのではないか!?」そう思った三十路男さん。(これを読んでいるママ、怒らないでください!)

1日だけ朝から晩まで一人育児をして検証することにしたんだそうです。

いざ検証。結果は…

検証当日。なかなか子供が寝てくれなかったり、ウンチは背中まで漏れたり、ご飯を食べようとしたら起きられたりと、うまくいかないことばかり。

トイレに行くことすらままならない状況なので、自分時間なんてそうそう持てるものではありません。

三十路男さんが1人育児体験中に出来た事

以下、育児をしながら普段の私がやってる行動をどれだけできたのか。

食事の回数:1回
空けた缶コーヒーの数:2本
煙草の本数:0本
晩ご飯の有無:無
ブログ更新の有無:無
ツイートの回数:4~5回(全て泣き言)
ソシャゲ攻略:2分(ダンジョン1回)

その他、トイレに行った記憶すら無い。 出典: 30sman.com

でも、ママは24時間365日子供につきっきり。それがどんなに大変なことか身をもって実感した三十路男さん。その後の心境の変化はいかに?

結論:晩ご飯なんて作ってる暇無い、他の家事をこなしているだけで凄い

疲れ

『産後間もない子供の育児は仕事よりも遥かに大変、嘘だと思うなら1度試してみて。私がそうだった様に、経験して始めて妻への感謝・子供への接し方を学ぶ事が出来ると思います。』

人を育てるという事の大変さを身に染みて学んだ有意義な1日。『自分なら出来そう』という思い込みから、妻に対する不平不満を募らせて居るなら、是非1日妻体験をしてみて下さい。 出典: 30sman.com

そうブログに綴る三十路男さん。

パパも毎日仕事で大変だと思いますが、ママだって大変なんです。それをわかってくれているだけでも、ママは救われますよね。

ママだけではなく、このブログ記事は是非多くのパパたちにも見て欲しい内容となっています。

共感するママ続出!勿論、私もそのうちの1人でした

ブログ

このブログ記事を見て、共感するママさん続出!私も当時この記事を見ながら、何度も「うんうん」と頷きました。

実際、この記事を読んだママさんたちはどんなことを思ったのか、みなさんの感想をご紹介したいと思います!

育児の大変さ、身をもって知ってもらえるとママも救われます。

パパ

まさに、百聞は一見に如かず!

ママがどれだけ育児が大変か訴えても、パパの心には届きにくいもの。でも、実際に手伝ってもらうことでパパはその大変さを実感できます。

育児の大変さを実感したパパは、ママに対して思いやりやねぎらいの気持ちが芽生えることも。ママは、その気持ちを受け取るだけでも「報われた」「夫は私の良き理解者だ!」「大変だけど頑張ろう」と、前向きな気持ちになれると思います。

夫に是非とも読ませたい!

この方の他にも、この記事をパパたちに読ませたいと思っているママさん多数!

パパたちには、できたら三十路男さんのように実際に1人育児を経験していただきたいところですが、無理なのであればせめて記事を読んで、育児の過酷さを少しでも理解して欲しいです。

産後、夕飯作りに一番苦労しています、というママの声も…

夕飯

ブログを読んで、ほんとに励まされました。
息子が生まれてから約2ヶ月、入院中を除き、育児と家事に追われた生活を送っていて、ここ数日、ほんとに息詰まっていたんです。
家事の中でも一番苦労しているのが『晩ごはん作り』。
今までなら30分あれば2~3品作れていものが、息子の要求に応えていると、1品作るのに半日かかることも…。
毎日毎日、旦那さんが帰ってくるまでに、『ちゃんと作らなきゃ…。』って焦っていましたが、三十路男さんのブログを読んで、『そうだよ、育児って大変なんだよ。晩ごはん作れないことがあったって良いじゃないか。』って、なんだか、肩の荷が降りた気がします。
たまには自分を甘やかして、今夜は出前でも取ってみようかと思います。 出典: 30sman.com

思えば私も、息子が生まれて間もないころは夕飯作りに四苦八苦していた気がします。

どの家事もそうですが、料理してるとき子供に呼ばれて中断しなきゃいけなくなるのって、凄くストレスなんですよね。

中断することで、火加減や味付けがまちまちになってしまって、完成した料理の味がイマイチだったりすると更にストレスになることも。

もっと多くのパパたちに理解してほしい育児の大変さ

育児疲れ

三十路男さんのブログを読むだけでも十分なのですが、パパたちには是非、ママたちの大変さを自分の身をもって実感してほしいなぁと思います。

最初は数時間でもいいです。子供の面倒をみるのは自分だけ、頼れるのは自分だけ、という状況で、お子さんと二人きりで過ごしてみてください。きっと、ママの大変さがわかりますよ。

実践した方ならわかると思いますが、育児は思うようにいかないことばかりです。予定していたことができなかったり、想定外の出来事が起こったりします。

でも、ママたちは毎日それに対応しようと頑張っています。時には自分のご飯やトイレ時間を後回しにしながら、子供の世話を優先して行っているのです。

そんな育児の大変さを、パパがちょっとでも理解しようとしてくれるだけで、ママたちは頑張れます。

パパの仕事も勿論大変だとは思いますが、「ママも大変なんだよね。お疲れさま。」といった気持ちでお互いを労わることが、子育てにおいてはまず大事なのではないかと思います。

育児ネタ満載!三十路男さんのブログは今後も要チェック☆

いかがでしたか?育児の大変さをなかなかわかってくれないパパに、是非とも見てもらいたい内容の記事でしたね。

このほかにも、三十路男さんのブログは育児に関する記事が満載☆同じ子育て中の身として共感できることや「なるほど」と思うことがあると思います。

是非ともパパもママもチェックしてみてくださいね♪

三十路男の悪あがき

※こちらの記事は、三十路男様に許可をいただいて執筆しております

「ブログ」「三十路男」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!