音楽プロデューサー・つんく♂さんと奥さま・加奈子さんとのおしどり夫婦エピソードをご紹介♡

つんく♂さんは、様々なアーティストやアイドルに楽曲提供をしている音楽プロデューサーで、かつて、シャ乱Qというバンドのボーカルとして活躍していたことも。つんく♂さんは、2006年に妻・加奈子さんとご結婚され、双子と女の子の3人の子宝に恵まれました。2014年2月に喉頭がんと診断されて以降も、支えとなったのは奥さまと子供だったとか。そんなつんく♂さんと、奥さま・加奈子さんとのおしどり夫婦エピソードをご紹介します。

音楽プロデューサー・つんく♂さんのプロフィールや奥さまとの馴れ初めは?

つんく♂さんの活躍ぶりは、ママ世代であれば知っている方も多いでしょう。今の日本の音楽界は、つんく♂さんなしでは語れないくらい、つんく♂さんがプロデュースした楽曲がたくさんありますよね♪

そんな大活躍の日々を送っていたつんく♂さんを、喉頭がんという病魔が襲います。幼子3人をどう育てていこうと奥さまに詫びていたと振り返るつんく♂さんを、献身的にサポートしていたのが奥さまでした。

つんく♂さんのプロフィール

  • 本名:寺田 光男
  • 生年月日:1968年10月29日(現在47歳)
  • 出身地:大阪府
  • 血液型:B型
  • 1988年シャ乱Qというバンドを結成し、1992年にメジャーデビューしミリオンセラーを記録したこともある
  • その後、モーニング娘。のプロデューサーしたところ大ヒットし、他アーティストにも数々の楽曲をプロデュースしている
  • 元モデルでタレントの出光加奈子さんと、2006年6月に入籍
  • 2008年4月には双子(二卵性双生児、男の子と女の子)が誕生
  • 2011年3月には第3子となる女の子が誕生
  • 2014年2月に喉頭がんと診断され、放射線治療などで一度は寛解したと発表
  • その後、声帯にがんが再発し、声帯全摘出術を受けたため、発声できないことを公表

奥さま・加奈子さんとの馴れ初めはつんく♂さんの一目惚れ!?

博多のローカル番組でタレントをしていた彼女を僕が偶然見つけ、この子と見合いがしたいと友人に頼み込んだんです。メールのやりとりのあと初めての電話で「私、もう年齢的にもモーニング娘。にはちょっと無理があると思うんですよ~」とボケられ、妙な新鮮味を感じ、さらに興味をもちました。二度目の電話でもう「俺たち結婚するんやろ」と口走るほど、吸引力がありました。 出典: www.dailyshincho.jp

あれほど大活躍しているつんく♂さんから、奥さまに一目惚れしたのがきっかけで友人にお見合いできるように調整してもらったなんて、ロマンチックですね。

でも、当の奥さまの反応はというとスカウトだと思っていたなんて、お茶目な方なんですね。その後は、遠距離恋愛で寂しい思いをさせてしまったこともあったそうですが、出会って1年以内につんく♂さんからプロポーズし、2006年に入籍となりました。

つんくの奥様の手料理がすごいと話題に!美味しそうな手料理をご紹介☆

関連記事:

つんくの奥様の手料理がすごいと話題に!美味しそうな手料理をご紹介☆

2014年から自身の喉頭がんを公表し、治療に専念していたつんく♂。2014年10月…

つんく♂さんと奥さま・加奈子さんの素敵な夫婦仲エピソードをご紹介します♡

2006年にご結婚されたつんく♂さんと奥さま・加奈子さんは、結婚10周年を迎えられました。3人の子供に恵まれ、喉頭がんと診断された後も、家族のサポートがあって乗り越えられたようです。

そんなつんく♂さんと奥さま・加奈子さんの素敵な夫婦仲エピソードをご紹介します!

1.一緒に子供のお弁当を作ることも!?

実はこのコロッケの部分、お父ちゃん作!
・・・ってたからかに言いたいところですが、実際は女房がしこんだ種をまるまる~っと丸めただけ・・・

それでも、今日は子供達に持たせる時、女房は「今日のお弁当はお父さんが作ったコロッケが入ってるよ~!」って説明してくれてた・・・

泣けるね。 出典: ameblo.jp

料理上手だという奥さま・加奈子さんは、子供のために幼稚園のお弁当を手作りしていました。第3子である娘さんは、食物アレルギーがあるということで、食材にも気を遣っていることでしょう。

そんな奥さまをサポートすべく、つんく♂さんもこの日はお手伝いをしたそうです!仕事でも忙しいつんく♂さんですが、こうしてお弁当作りも手伝ってくれるなんて、奥さまも助かったことでしょう。

普段の何気ない気遣いがうれしいものですよね。つんく♂さんは、子供のことを気にかけて料理してくれる加奈子さんに、何かできることでサポートしたかったんでしょうね。

2.家族で訪れたハワイの教会で挙式もどきをしてきた♡

5年程前に京都の本願寺で仏前式で挙式をした時もそれまでの仕事の速度のままで
行ったのでバタバタと終了~って感じでした。

そんな中で「だったらハワイの教会で記念写真でも撮ろうっか」って話になり、
「なら、どうせなら教会で挙式もどきをやろう!」って話になり、
なので結婚式をしてきました。 出典: ameblo.jp

女性にとって結婚式は特別ですよね。今でもパパと挙げた結婚式がどんなだったか、思い出すと自然と口元が緩みませんか?

つんく♂さんからの感謝の気持ちの表れだったのか、奥さま・加奈子さんもウエディングドレスを着て、最愛の人と過ごせたのはとてもうれしかったでしょうね。

こうしたつんく♂さんからの配慮ある行動は、このときばかりではなく、誕生日や結婚記念日などのイベントのときにもあるようで、奥さまは本当に大切にされているんだなぁと思わせてくれます。

3.これからも何万回も呼べると思っていた妻の名前を何度も呼んだ

気管切開の手術をしたらもう話すことはできないとわかっていたので、最後にどうしても子供たちと妻に、自分の声で話がしたかった。(中略)妻にもいくつかのメッセージを伝え、最後にいろんな口調で妻の名前を何度も呼びました。これからも何万回も呼べるものだと思っていた妻の名前ですが……。妻は泣きながら聞いていました。 出典: www.dailyshincho.jp

2014年2月に喉頭がんと診断され、医師から説明を受けた際につんく♂さんは、一方的に説明を聞いているだけになってしまったそうです。加奈子さんが寝る間も惜しんで、治療法などを調べてくれたので、前向きに治療ができたとつんく♂さん。

その後、喉頭がんが再発し、気管切開や声帯摘出術を受けることになったつんく♂さん。手術施行前には子供や加奈子さんと話をしたそうです。この先、何度でも呼べると思っていた加奈子さんの名前を、何度も呼んだなんて、加奈子さんを愛しているからこその行動だったのでしょうね。

でも、つんく♂さんは家族のために生きる、手術することを選んだといいます。加奈子さんや子供との今後を、大切にしたいからこその選択だったのでしょう。

4.母校の入学式に出席するまでも加奈子さんが必死にサポート!

本番直前まで舞台袖で家族と一緒にいました。僕が入学式に元気な姿で登壇できるように、妻は、本当に一生懸命、僕を支え、励ましてくれました。もっと食べなきゃだめ!と真剣に叱られたことも。というのは術後、食べることに時間がかかるようになり、食べること自体を面倒がっていた時期があったからです。僕の体重が増えるように、元気になるように、少しでも食欲が湧くようにと見栄えの良い料理を作って僕の体調管理をしてくれた妻や、いつも励ましてくれた子供に、元気になった姿で復帰を宣言する姿を間近で見てもらいたかった。 出典: www.dailyshincho.jp

術後、食べること自体を面倒がっていた時期があったなんて、声を失っただけでなくいろいろな苦難が待ち受けていたのですね。そんなときに激を飛ばしてくれたのが、ほかならぬ加奈子さんだったんですって。

入学式というおめでたい席で、弱った姿で登壇するようなことは避けてほしかったんでしょうね。病は気からといいますが、精神面のサポートはもちろん、身体面のサポートとして加奈子さんのように食事にも気を遣ってくれる奥さまがいらして、つんく♂さんも前向きになれたようですね。

5.節目の記念日を2人でお祝い♡筆談ではないコミュニケーションがとれている!?

この日は夫妻の10回目の結婚記念日だった。

つんく♂といえば、喉頭がんのため14年10月に声帯を全摘出。歌手の“命”ともいえる声を失った。そんな夫のことを1年8カ月に渡って支え続けてきたのは、ほかでもない加奈子夫人だった。

そんな“夫婦共闘”の結果迎えた節目の結婚記念日だけに、感慨もひとしおだっただろう。
(中略)

すると、つんく♂が加奈子夫人の耳元に近づいて何かを囁いている!声帯摘出後は筆談やLINEなどでコミュニケーションを取っていた彼だが、夫婦で会話ができるようになっていたのだ。 出典: jisin.jp

ご夫婦の10回目の結婚記念日は、都内にあるレストランで過ごされたようです。つんく♂さんが、笑顔で過ごしているのがわかりますね。

闘病生活中は加奈子さんから、精神的にも身体的にもサポートしてもらえて、つんく♂さん自身とても心強かったでしょうね。

つんく♂さんが習得に向けて練習をしているという発声法が少しずつ分かるようになってきているのか、つんく♂さんが加奈子さんの耳元でささやいている様子があったということですから、加奈子さんや子供のために努力を惜しまず頑張っていらっしゃるんでしょうね。

つんく♂さんと奥さまは結婚10年が経過した今もおしどり夫婦そのもの♡

音楽プロデューサーとして、大活躍中のつんく♂さんを襲った喉頭がんという病魔は、つんく♂さんの声をも奪ってしまいました。がん治療は本人だけではなく、家族も辛い時間を過ごすことがあります。

そんな中、つんく♂さんは最愛の奥さまからのサポートを受け、生きることを選択して声帯摘出という手術に臨みました。こうしている今も食生活や精神的なサポートを受けながら、夫婦二人三脚で過ごされていることでしょう。

つんく♂さんが笑顔で活躍していられる陰には、奥さまからの愛情たっぷりなサポートがあるからこそなんですね♡

「つんく」「夫妻」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!