あんなにセレブなのに…?!ベッカム家の驚くべき教育ルール3箇条

世界的に有名なセレブファミリーであるベッカム家。今や親であるヴィクトリアやベッカムだけでなく3男1女の子供たちも超有名!子煩悩なパパとしても知られるベッカムですが、そんなベッカム家のある驚くべき教育ルールがネットで話題に!さらに教育に関しては意外と厳しめなベッカム家のルールが共感できるとの声も上がっています。今回はちょっと意外?なベッカム家の驚くべき子育てルールをご紹介します。

世界的に有名なベッカム&ヴィクトリア夫婦♡

今や知らない人はいない世界的に有名なベッカムファミリー!サッカー界の貴公子とも呼ばれていたベッカムは、イングランド代表のキャプテンを務めるなどサッカー選手としての実力は世界が認めるほど。

日本でもその甘いマスクや独特なヘアスタイルなどが人気となり、ベッカムの人気はイングランドにとどまらず日本や世界の女性を虜にしました。

ベッカムが一目ぼれをしたヴィクトリアとは

ベッカムの妻であるヴィクトリアは、世界的に有名なポップガールズグループ「スパイス・ガールズ」のメンバーの一人でした。そんなヴィクトリアをテレビで見たベッカムが一目ぼれし、結婚まで至るという大胆っぷり!

現在は子育てをしながらファッションデザイナーとして企業し、ワーキングママとしても多くの女性から尊敬されています。また、親善大使として国連総会でHIV撲滅運動へのスピーチをするなど社会貢献活動も行っています。

子供たちも超有名!

ベッカム家は、3男1女と4人の子宝に恵まれました。末っ子である愛娘のハーパーちゃんにパパであるベッカムはメロメロ!長男であるブルックリンくんはベッカム同様サッカーの実力があるだけでなく、モデルとしても活動中!

次男のロメオくんも同じくバーバリーのイメージキャラクターを務めるなどモデルとして活躍しています。三男であるクルースくんは俳優の道を目指すなど、兄弟それぞれ親譲りの抜群のセンスと甘いマスクを活かして活躍しています。

カリスマ美男美女❤ベッカムファミリー仲良しスナップ❤

関連記事:

カリスマ美男美女❤ベッカムファミリー仲良しスナップ❤

サッカー界のカリスマ、デイビッド・ベッカムと、モデル界のカリスマ、ヴィ…

意外?ベッカム家の厳しい子育てルールとは

ベッカムといえば華やかでセレブな生活をしているイメージですが、私たちと同じ子を持つ親。それぞれ各家庭に合った教育ルールというものがありますよね。

そこで気になる!セレブファミリーであるベッカム家ならではのちょっと意外な子育てルールとは一体どんなものなのでしょうか。

1.SNSは親の許可がないと使用禁止!

「16歳の息子には、いつもうるさく言っているよ。まず俺達(デヴィッド&ヴィクトリア夫妻)が確認してからじゃないと、写真をインスタグラムにはアップしないんだ。息子は何でも俺達に話してくれるから、その点はラッキーだね。」 出典: japan.techinsight.jp

日本同様、海外でもスマホや携帯電話を持つ年齢が年々低くなっていますが、普及すればするほどトラブルも付きものです。そんなベッカム家の子供たちもSNSを楽しんで行っていますが、なんと親がきちんと管理をしているそう!

例えばインスタグラムにアップする写真は、アップする前にベッカムかヴィクトリアの許可を取らなくてはならないというもの。年頃の子供たちからすれば嫌がりそうなルールも、子供たちもしっかりと親とのルールを守って楽しんでいるという点は見習いたいですね。

2.就寝時間は徹底!ゲームは1日1時間まで!

「特に子どもたちがきちんと宿題をやることと、決められた時間にベッドへ行くことには厳格よ。子どもたちには基本的なルーティンが必要」 出典: www.celebtimes.net

ベッカム家の子供たちは意外と早寝!毎日決まった時間に就寝するだけでなく、テレビゲームは1日1時間までときっちりとしたルールも決めています。

これはパパであるベッカムが、息子たちの躾や健康のためにゲームばかりだけでなく運動をさせることが大事だという考えから決められたルールでもあります。

外を走り回って遊ぶことは子供のうちしかできません。でも、時間をきちんとコントロールするのは簡単なようでとても難しいことなんですよね!こういったルールを作って守らせる親もしっかりと守る子供たちもとても賢いと思います。

3.お金の価値は自分で学ぶべし!

ロンドンのコーヒーショップで働き始めたと伝え、デイヴィッドとヴィクトリアの両親が、労働によって得られるお金の価値を教えるために、アルバイトを始めるよう促したと伝えた。

また、イギリス紙『デイリーメール』は、ブルックリンが受け取る時給が2.68ポンド(約460円)だと報じている。 出典: www.soccer-king.jp

セレブ家庭に生まれた子供たちが一番困らないといえば金銭面ですが、ベッカム家ではそういった考えではなくきちんと子供たちが労働をしてお金の価値を学んでほしいということ。

欲しいものがあればきちんと自分で稼いだお金で買うことなど、セレブファミリーとは思えない一般庶民型のベッカム家の考えには感心しますね。

ちなみに時給は450円という低賃金。それでもお金を稼ぐということの大切さを身をもって知ってほしいというベッカム&ヴィクトリアの考えに共感を得た親も多いのではないでしょうか。

他にもまだまだある!ベッカム家のこんな子育て事情

まだまだある!セレブとは思えないベッカム家の世のママたちも共感できるエピソードやむしろ尊敬したい、自分もこういった考えで子育てしたいと思える子育て事情をご紹介します。

これからベッカム夫妻を見る目が180度変わるかも♡

苦労してでも、経験をたくさん積んでほしい

デヴィッドとヴィクトリアは、「自分たちがその年のころ、販売やアシスタントの仕事をしてきたように子どもたちにはたくさんの経験を積んでほしい」と考えているのだそうだ。 出典: www.tvgroove.com

セレブという家庭に生まれていれば沢山物を与えられて何不自由なく育つこともできます。しかし、ベッカムもヴィクトリアもそういった考えではなく、むしろ苦労をしてでもたくさんの経験を積んでほしいという考えを持っています。

長男であるブルックリンくんは、そういった親の気持ちを踏まえ低賃金でもしっかりとアルバイトをしたり、映画配給会社でのインターンシップを行ったりするなど頑張っています。

息子には「地に足の着いた」人間になってほしいと望んでいるようですが、子供たちにもちゃんと伝わっているようですね!

どこへ出しても恥ずかしくない!礼儀作法はきっちりと!

「ベッカム家の子供達は、どこの家の子よりも行儀が良いの。誕生日パーティに行くと、手書きでお礼状を書くような子達よ。」
「言葉づかいも丁寧で、とても礼儀正しいわ。他の親御さん達も、ベッカム家の子供達の話し方にはビックリしているの。」 出典: japan.techinsight.jp

海外の映画に出てくるようなセレブの子供たちとは全く違うベッカム家の子供たち。人を尊重したり、他人を敬ったりする気持ちは決して忘れず、周りの家庭がその礼儀正しい姿勢に驚くほどなんだそう!

ヴィクトリア自身もセレブであることは認めつつ、子供たちも成長するにつれ自分たちがそういった環境にあることも理解はしているそうですが、それでも道を外れないのは小さい頃からの厳しい躾によるものなのかもしれませんね。

熱心に仕事を頑張る姿を子供に見せる!

「仕事と家庭との両立はとても大変で、睡眠時間は足りないし、特に一番下のハーパー(3歳)はなかなか眠ってくれない。仕事ではコレクションの準備のため、一晩中スカイプでスタッフと会議をすることもありました」 出典: dual.nikkei.co.jp

セレブなら仕事をしなくても悠々過ごせるのでは?と思いがちですが、ベッカム夫妻は違うんです。特にヴィクトリアは4人の子育てをしながら自身のブランドを立ち上げるワーキングママ。

仕事が忙しい時には、自分の睡眠を削ってでも子育てと仕事を両立させる素晴らしいママ!子供たちはそんな母の姿をしっかりと見ており、ヴィクトリアを称賛しています。

ヴィクトリア自身、世のワーキングママは心のどこかで、子供に悪いなという思いで仕事に行っている。でも子供もとても大事!自分は仕事も子育ても最大限のベストを尽くすだけ、と語っています。

どんなことにも全力投球のヴィクトリアの姿は世のワーママにとって心強い味方でもありますね。

子育てと仕事の両立どうしてますか?ワーキングママの一日☆

関連記事:

子育てと仕事の両立どうしてますか?ワーキングママの一日☆

ママになったら、ゆっくり子供と向き合いたい…そう思っている方も多いでしょ…

どんな家庭であろうが親の躾は大事!

海外ドラマや映画に登場するセレブは我が強いというイメージが強かったのですが、ベッカム家の躾の仕方や教育方針を知れば知るほど、どの家庭に生まれた子供でも親の躾次第で変われるということがわかります。

例えお金に困っていない生活だとしても、賃金を稼ぐという方法を自分で身を持って経験すること、そして何より相手を敬う気持ちや礼儀作法をもしっかりと子供たちに教えるベッカム家の子育て事情は素晴らしいですね!

育児書なんていらない、と断言しているヴィクリアですが、ヴィクトリアの子育ての仕方をぜひ見習いたいものです♡

「子育て」「ベッカム」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!