スザンヌさんも悶絶?息子からの胸キュン行動にメロメロになったママたちの喜びの声♡

スザンヌさんが息子くんに、あごクイならぬ「くちびるクイ」をされたと、ご本人のインスタグラムにUPして話題になったのをご存知ですか?とっても可愛いエピソードですが、スザンヌさん以外にも息子くんとの胸キュンエピソードをUPしているママはたくさんいるのです!子供なのにどこでそんな胸キュンな行動を覚えてくるのか、まるで大人のようなそのませた行動に、ドキッとしたママたちがUPする息子くんとの胸キュンエピソードを紹介します!

スザンヌさんが息子くんに唇を奪われた!?ラブラブショットが羨ましい♡

以前スザンヌさんがインスタグラムにアップした息子さんとのラブラブショットが可愛すぎるとネットで話題に!見ているだけでとても癒される画像がこちら♡

#あごクイ ならぬ #くちびるクイ 💋💕💋💕 #ごういん #新幹線の中 出典: www.imgrum.net

壁ドンされるとドキドキすると話題になっていましたが、今はあごクイも人気なのです♡スザンヌさんが息子くんにされたのは、あごではなかったようで「くちびるクイ」と表現されていますね。

息子くんのことを、小さい彼氏って表現をするママが多いですよね。まさに、大人のようなちょっとませた行動ながら、ドキッとしちゃうのでしょうね。画像に写っているスザンヌさんも、うれしそうな顔をしていますよね♪

スザンヌさんのインスタグラムにはママたちの羨ましいという声が溢れています♡

スザンヌさんのインスタグラムには、他にも息子くんと楽しげに過ごしている画像もUPされているのですよ♪

今回、ご紹介したくちびるクイをしている画像には、フォローしているママからたくさんのうらやましいというコメントが寄せられています♡

強引でもイヤじゃないですよね

うれしい

かわいいですね😂💕くちびるクイ💋強引でもイヤじゃないですよね〜💖 出典: www.imgrum.net

相手が息子くんといえども、ママは女になっちゃう瞬間なのかもしれませんね。息子くんがママに対する愛情表現をしてくれたのですから、喜ばないママはいないでしょうね。スザンヌさんの息子くんは少々強引だったようですが、それでもうれしかったでしょうね♡

こんなことしてくれる息子も欲しい!

うれしい

いいなー!!うちは娘だからか、してくれません😭こんなことしてくれる息子も欲しいよー! 出典: www.imgrum.net

女の子しかいないママさんは、ぜひ体験してみたいと思っちゃいますよね。男の子のママからは、小さい彼氏ができたみたいと聞くことがありますが、こういうことをしてくれる息子くんだと、まさに小さい彼氏そのもの。

こんなエピソードを聞いたら、息子くんもほしい!と思うママの気持ちがわかりますね。

たまらなく可愛い♪

うれしい

男の子のこういう所が、たまらなく可愛いですよね♡(*^^*) 出典: www.imgrum.net

女の子もかわいいし、ママのことを大切にしてくれるのですが、息子くんのこういう仕草を見ると、また別の可愛さがありますよね。まだ小さいからとか、赤ちゃんだからとか思っているうちに、子供ってすくすく成長していくのですね~。

ママもそんなときは女性になって、照れちゃうこともあるかもしれませんね♡

スザンヌ親子にもひけを取らない!息子くんからの胸キュンエピソード10選♡

ママなら息子くんから壁ドンやあごクイなどちょっと大人びた、ませた行動と言われても、ドキッとしてしまうでしょうね。ネットには、スザンヌさんの息子くんにもひけを取らない胸キュンエピソードをUPしているママがたくさんいるのです!

息子くんがいるママなら、そのドキッとする気持ちに共感できるでしょうし、娘さんがいるママは小さな彼氏がほしくなっちゃったなんて感想が聞こえてきそうですね。

それでは、息子くんからの胸キュンエピソード10選をご紹介します♪

1.起きてきて私の手をひいて早く一緒に寝ようと催促

手つなぎ

息子くん、まだ熟睡できてなかったのですかね?起きているママをわざわざ連れ戻しに来て、一緒に寝ようと催促されたらママもメロメロですよね。そして、ベッドに行ってみるとちゃんと布団で待っていてくれたなんて、さらに胸キュンですね!

息子くん、なんとしてもママと一緒に寝たかったんでしょうね♡

2.ママ、さみしいしないでー!

息子

ご主人がいない日に、息子くんに寂しい?と尋ねたら、ママのことを心配してくれたようですね。息子くんだって寂しかったり、頑張ったりしているでしょうに、いつも頑張っているママを知っているから、気遣ってくれたのでしょうね。

思わぬ形での返答に、ママは心を打たれたことでしょう。

3.ほっぺを口に寄せてちゅーしてくれた!

普段の生活の何気ない時間に、息子くんからほっぺにちゅーされたというママ。しかも、ママのほっぺを口に寄せてちゅーしてくれたっていうのですから、胸キュン間違いなしの行動ですよね!

でも、ほっぺにちゅーだけではなく、壁ドンやあごクイまでできちゃう息子くんの将来を心配するママの気持ちも分かりますね。

4.手伝ってあげるよ

トイレ

息子くんはママのお手伝いがしたかったのでしょうか?トイトレを開始したばかりだと、トイレに行くのを嫌がる時期があるそうですが、自ら手伝いのために言ってあげるといえる息子くんは、もうトイレに慣れているのですね。

ママが普段、息子くんにしていることなのか、かわいらしい声かけをしてくれたらうれしかったでしょうね♪

5.泣いていたママに息子くんがとった行動がかわいい!

泣く

育児中、頑張っているのにうまくいかず、泣きたくなっちゃうこともありますよね。そんな姿を発見した息子くんがとった行動は、頭ぽんぽんやぎゅっぎゅっとすることでママを慰めたかったようですね。

息子くんのイヤイヤに悩んでいたママも、こんな風に優しくされたらそれまでの悩みなんてどこかへ行ってしまいそうですね!

6.寝かしつけのときに言われたひとことにキュン♡

寝顔

寝かしつけているときって、ママも疲れていて眠くなってしまいますよね。それを悟っていたかのように、息子くんはママに対して自分の顔を見ながら寝てほしいと言ってくれたなんて、ママを独り占めしたい気持ちの表れなのかかわいいひと言ですよね。

寝顔を見る楽しみもありますが、寝る前の寝ようと努力しているときの顔もかわいいでしょうね♡

7.前かがみで顔を近づけてくるその仕草にやられた!

歩く

ママを見つけられてうれしかったのかな?ニコニコしながら前かがみで、顔を近づけてくるなんてかわいいですね!それまでの疲れも、吹き飛んでしまいそうなくらいの笑顔だったかもしれませんね♡

ママはそんな仕草を見たら、キュンとなってしまいますよね♡

8.帰宅したらしがみついて離れようとしなかった息子くんにキュン♡

いつも一緒にいるはずのママが見えなくて、息子くんは心配な5時間を過ごしていたのかもしれませんね。

ママが帰ったのが分かった瞬間、こうしてお出迎えしてもらえるなんて、とってもきゅんとしてしまいますよね。また離れ離れになるのが嫌だったのか、留守番を頑張った反動なのか、息子くんのこの仕草にはいろいろな意味が込められていそうですね。

9.一時保育を利用したら息子くんの頑張っている姿にキュンとした

保育園

一時保育を利用する時って、ママは心配の方が先に立ってしまいますよね。なんてことなく預けられたとしても、預けられている間に息子くんはいろいろな感情を抱いていたことでしょう。ママがいないことが分かるということは、ママとしてちゃんと認識されているという表れでうれしいですよね。

この後はママに、きっとたくさん抱っこしてもらったのでしょうね♡

10.初めてそう呼ばれてキュンとときめいちゃった♡

お母さん

いつも息子の寝かしつけは、本を読んで電気を消して、しばらくギューっと抱き合いながら(というか息子が私の首に腕を回して離さない!)ある程度眠気がくるまで一緒に添い寝しています。そして、落ち着いたころにおやすみ~とビズをして部屋を出ます。

この間のこと。おやすみ~とビズをしたらはじめて、

「おやすみ、おかあしゃん」

お、お、おかあしゃーん♡♡♡キュ~ンとしました~!

っていうか普段はママと言っていて、お母さんはまだ難しいかなと教えていなかったので、お母さんと言われ、かなりズッキュンきました~!笑

やっぱ「お母さん」だよな~って!

その日以来、おやすみ、おかあしゃんと言ってくれるので毎回ときめいてます♡ 出典: d.hatena.ne.jp

寝かしつけで素敵な時間を過ごせれているのですね。ゆったりとした時間が流れて、傍にはママがいて安心できる環境ですね。そんな穏やかな時間が流れているときに、初めてお母さんと呼ばれたということですが、感動的だったでしょうね。

ママはお母さんと呼ばれたかったのですね。これから、そう呼ばれる楽しみが増えたみたいで毎日キュンとときめいちゃいそうですね♪

まだ味わったことがないママも息子くんから突然ちゅーされちゃう日が来るかも♡

キス

スザンヌさんも味わったというあごクイですが、他にも胸キュン行動に頭ぽんぽんや壁ドン、ぎゅっとしてくれるなどがありますね。

男の子のママに限らず、女の子のママでも胸キュンエピソードの1つや2つあるかもしれませんね。大切に、優しく子育てしているからこそ、子供からはそうしたかわいい行動が生まれるのかもしれません。

まだ味わったことがないというママでも、ある日突然、息子くんから胸キュンな行動を見せつけられちゃうことがあるかもしれませんね♡

「スザンヌ」「息子」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!