実物の鉄道車両を間近で見て触れることができる!青梅鉄道公園のご紹介

東京都青梅市にある青梅鉄道公園は、鉄道開業90周年記念事業として開園された鉄道公園で、これまでに活躍した実物の鉄道車両などが保存・展示されています。屋外に展示されている鉄道車両には明治や大正時代に活躍した蒸気機関車や電気機関車などをはじめ、0系の新幹線も展示されていて中に入って見学することもできます。施設内では鉄道ジオラマや運転シミュレーターが展示されており、ミニSLなど子供が喜ぶ乗り物もたくさんあるんですよ。

青梅鉄道公園ってどんなところ?

青梅鉄道公園は、1962年に鉄道開業90周年記念事業として東京都青梅市に開園された鉄道公園です。青梅鉄道公園では、過去に実際に使用された鉄道車両11両が屋外展示されています。

その他に記念館があって鉄道ジオラマの運転や企画展示なども行われています。

展示だけではなく、小さな子供も楽しめるような乗り物など園内に工夫がされているので、鉄道好きなファンだけでなく家族連れでも十分楽しめる施設です。

青梅鉄道公園の基本情報

  • 住所:東京都青梅市勝沼2-155
  • 電話番号:0428-22-4678
  • 開園時間:3月~10月:10時~17時30分(入園は17時まで)、11月~2月:10時~16時30分 (入園は16時まで)
  • 休園日:月曜日(国民の休日・振替休日の場合は開園し、火曜日休園)、年末年始(12月29日~1月2日) ※新年(1月3日~7日)、春休み期間(3月26日~4月6日)、ゴールデンウィーク(4月29日~5月5日)、10月1日が月曜日の場合は特別開園
  • 入園料:100円(小学生以上)
  • アクセス:青梅駅から徒歩15分
  • 授乳室:なし
  • おむつ交換:あり

青梅鉄道公園

青梅鉄道公園のおすすめはここ!

それでは、青梅鉄道公園のおすすめスポットをいくつかご紹介します。これまで青梅鉄道公園に行ったことが無いという方、これから青梅鉄道公園へ家族でお出かけしようかと計画を立てている方は是非参考にしてみてくださいね。

1.本物の機関車が展示されている!

青梅鉄道公園では、今ではもう走っていない蒸気機関車が実物展示車両として屋外展示されています。

展示されている機関車の中には、1872年に新橋~横浜間に開業した日本初の鉄道に使われた3号機関車と呼ばれる110形蒸気機関車や明治時代に活躍した蒸気機関車、大正時代に作られた日本で製造された蒸気機関車など歴史を感じるものばかり。

その当時活躍していた機関車を間近で見ることができます。

また、蒸気機関車だけでなく、電車や新幹線など11種類もの車両が展示されています。昭和6年に作られた国産のED16形電気機関車や東海道新幹線開業の際に活躍した0系新幹線の先頭車両もありますよ。

色んな種類の機関車があって、しかもそれぞれ入って中を見ることができるそう!電車が大好きな子供はもちろん、普段機関車を見る機会はめったにないのでママたちも貴重な経験ができて楽しめますよね。

男の子は特に乗り物好きな子が多いですよね。運転席に入ったら目をキラキラさせて喜ぶこと間違いなし。運転手になった気分を楽しむにはもってこいですよ。

2.大きな鉄道ジオラマが大人気

青梅鉄道公園の入園口入ってすぐにある記念館の1階にはジオラマ室があり、大きな鉄道ジオラマが展示されています。こちらは子供から大人まで大人気!

毎日正午を除く午前10時から午後3時までの間の毎時0分にジオラマ模型が一斉に動きます。それ以外の時間は、100円を入れると、鉄道模型を1車両動かすことができる仕組みになっているんですよ。

お昼の時間帯を除いて、1時間に1回ジオラマショーが行われるのは魅力的。ジオラマの中を電車の模型が走っていく様を間近で見ることができるので、子供も喜ぶでしょうね。

一斉に動く時間以外でも100円で動かすことができるということですから、「もっと動く模型が見たい!」と子供が駄々をこねてもその場で困らずに動かせるので良いですね。

3.運転を疑似体験できる!

記念館の2階には東海道線の藤沢~国府津区間の電車の運転を疑似体験できる運転シミュレーター装置があります。

ここに置かれているシミュレーターは、運転席の機材が本物と同じものが使われているので、本物の電車の運転士になったつもりで動かすことができます!

子供も喜んで貴重な体験ができますし、鉄道好きの方にとっても嬉しい体験ができますよね。

利用者の口コミ

大宮の鉄道博物館や、横浜の原鉄道模型博物館などに比べると見劣りしますが、園内では、0系新幹線に乗車する事ができます。 記念館の中では、1階では、模型鉄道パノラマが時間ごとに模型の運航が見られます。 2階には、シュミレーターがあり、電車の運転を味わう事が出来ます 出典: www.tripadvisor.jp

実際に使われている電車の機材に触れることなんて滅多に無いでしょうから、記念館に足を踏み入れたなら運転シミュレーターは体験していきたいですよね。

子供でも簡単に操作できるということですし、シミュレーションでは実際に反対方向からも電車がやってくる臨場感あふれる体験ができると評判ですよ。

4.ぜひ乗って欲しいミニSL

青梅鉄道公園内には、ミニSL弁慶号やミニSLなどに子供が乗って遊べるエリアがあります。また、バッテリーカーをはじめ動く乗り物がたくさんあります!

いずれも1人100円で乗ることができ、2歳以下は無料で利用できます。

子供は展示品を見ているだけだとすぐに飽きやすいことも。実際に乗って楽しめるものがたくさんあるのは子連れにとっては嬉しいですよね。

利用者の口コミ

古い鉄道の実車が置いてあります。 建物の中には、ジオラマがあり、100円で運転できるシステムです。 他にも乗れるミニ列車や遊園地などのに置いてある100円式の自動車など、小さな子供が楽しめるつくりになっております。 出典: www.tripadvisor.jp

100円で動く乗り物がたくさんあり、このエリアだけでもかなり時間を忘れて遊ぶことができそうですね。ジオラマや展示を見るだけでは飽きてしまう小さい子供でも、こういう乗り物を通して電車などの乗り物に親しめるので連れてきやすいですよ。

動く乗り物を楽しみにやってくるお子さんも少なくないのではないでしょうか。ちなみにミニSLは1回の乗車につき2往復するのだそうです。

5.実際に動く踏切がある

青梅鉄道公園の中には踏切が設けられているんですが、実際に自分達で動かすことが出来ちゃうんです。

踏切は備え付けのボタンを操作することで動きますが、そのボタン操作の仕方も丁寧な説明書きが付いているので、誰でも動かすことができます。

ボタンを押すと遮断機が下がってカンカンカンと警報機が鳴ります。小さい子供だと音が鳴るので喜ぶかもしれませんね。

家族で青梅鉄道公園へ遊びに行ってみませんか?

実物の機関車や電車、新幹線を見たり、大きな鉄道ジオラマや運転シミュレーターを体験できたりなど、青梅鉄道公園は鉄道が大好きな家族にはうってつけの公園だといえます。

また、小さい子供でも楽しんで遊べるようになっているので、子連れで来ても1日中ゆったり過ごせると思います。

鉄道博物館など他の鉄道関係の施設よりもこじんまりしていますが、大きくて広い施設は小さい子供がいるとなかなか移動が大変なこともあります。

この規模は、小さい子供がいる家族向けにピッタリだと思いますよ。

まだ青梅鉄道公園へ行ったことが無いという方は、是非一度ご家族で遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

「青梅鉄道公園」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!