大きな噴水のシーソーに冒険遊び場まで!東京都町田市にある芹ヶ谷公園の魅力をご紹介

東京都町田市にある芹が谷公園は約11.4haもの広さがあり、せりがや冒険遊び場や虹と水の広場、冒険広場など15もの施設があります。中でも、2014年に開設されたせりがや冒険遊び場は自然を活かした遊具などがあり、週末には様々なイベントなども行われており子供から大人まで楽しむことができます。また、虹と水の広場では水遊びをすることができ、巨大なシーソーのような噴水のオブジェから流れ落ちる水しぶきに子供達は大興奮間違いなし!

芹ヶ谷公園ってどんなところ?

芹ヶ谷公園は、東京都町田市にある町田市立の都市公園です。1982年に開園し、これまでに3回ほど公園東側の拡張整備が行われ、開園当時は約4haだった公園の広さも現在では約11.4haまでになっています。

園内には、多目的広場や芝生広場をはじめ、噴水と巨大なシーソーが目印の虹と水の広場や小さな子供達が遊べる遊具がある冒険広場、町田市立国際版画美術館など様々な施設が設けられています。

また、最近では2014年に公園の北側にせりがや冒険遊び場が新たに設けられ、自然を活かした遊具やイベントなどが大人気で休みの日にはたくさんの子供達で賑わいます。

芹ヶ谷公園の基本情報

  • 住所:東京都町田市原町田5-16
  • 電話番号:042-724-4399
  • 開園時間:午前6時00分から午後6時00分 (6月~8月は午前6時00分から午後7時00分)
  • 休園日:年中無休
  • アクセス:小田急線町田駅より徒歩約13分、JR横浜線町田駅(中央口)より徒歩約13分
  • 入園料:無料
  • 授乳室:なし
  • おむつ替え:なし

芹ヶ谷公園

芹ヶ谷公園のおすすめはここ!

おすすめ

それでは、芹ヶ谷公園のおすすめスポットをいくつかご紹介したいと思います。これまで芹ヶ谷公園に行ったことが無いという方、これから芹ヶ谷公園へ家族でお出かけしようかと計画を立てている方は是非参考にしてみてくださいね。

1. 公園の敷地が広い!

芹ヶ谷公園は敷地面積が約11.4haもある広い公園で、東西に細長く分布しています。芹ヶ谷公園の西側には、芝生広場や大池、冒険広場などがあり、東側には虹と水の広場や森の丘、国際版画美術館などがあります。

とにかく広い園内なので、子供と一緒に歩き回って子供も大人も良い運動になりますし、1日中遊んでも遊び尽くせないかもしれませんね。

利用者の口コミ

あまりの広さに、そして、あまりの緑の濃さに驚きました。まるで森の中。公園内を一周歩くだけでも良い運動になります。平日のせいか人影もまばらで、水たまりで遊ぶ鴨を眺めながら、あずまやでのんびりしてきました。町田駅からちょっと歩いただけで、こんなに豊かな場所があるんですね。大発見です。 出典: www.tripadvisor.jp

駅前から10分ちょっとで自然豊かで広い公園があるなんてとても恵まれた良い環境ですよね。芹ヶ谷公園をネットで検索してみると木々が多く緑豊かな公園の写真がたくさん出てきます。

虹と水の広場や国際版画美術館前のせせらぎでは水遊びが楽しめるそうで、自然と触れ合える場所で子供を遊ばせたいと思うパパ・ママも多いでしょうから、子供も大人も行きたいなと思う人は多いかもしれませんね。

2.自然一杯の遊び場!せりがや冒険遊び場

実は今、芹ヶ谷公園で一番おすすめかも知れないエリアがこの「せりがや冒険遊び場」です。2014年9月に設けられた施設ですが、開設当初からたくさんの親子連れで賑わっているスポットなのです。

芹ヶ谷公園の東側エリアの中でも一番北側に設けられているせりがや冒険遊び場では、大きな木々に囲まれながら、その場に植えられている木や竹などの自然の植物を活かして作られている遊具で遊ぶこともできるし、木工作やキャンプのようなこと(かまど体験)も楽しめるのだそう。

毎週金土日は色々なイベントが開催されているので、子供と一緒に行って親子で楽しんでみてはいかがでしょうか?

利用者の口コミ

山の斜面の木の間に、木の遊具が置いてある・・・って感じです。

かなり急な斜面です。

体幹が鍛えられそうです。

木のブランコとか竹の木琴とかいろいろあります。

木が鳴る音と、鳥の声と、遠くであの大きな噴水の音が聞こえます。
癒されますな。。 出典: ameblo.jp

小さい子が遊ぶには難しいかなと思っていましたが、調べてみると小さい子供でも滑り台や手作りの楽器、手作りの遊び道具などで十分遊べるみたいなので、親が思う以上に小さい子供でも楽しんでくれそうな感じですね。

本当に「森の中」という感じなので、虫と遭遇しやすい今の時期などは虫よけ対策などをしっかりとして遊びに行くと安心かもしれませんね。

せりがや冒険遊び場

3.小さい子供におすすめ!冒険広場

芹ヶ谷公園の西側エリアと東側エリアの境目付近にある冒険広場は、緑豊かな広場の中にロープウェイやブランコ、スプリング遊具、丸太の平均台などの遊具がいろいろ設けられていて、小さな子供でも楽しく遊ぶことができる広場となっています。

また、砂場も設けられているので、自宅からおもちゃを持参して親子でお砂場遊びを楽しむというのも面白いかもしれませんね。

利用者の口コミ

日曜日、坊と町田の芹が谷公園へ行きました。
冒険広場でおままごとをして遊びました(^-^)
竹の滑り台もあって楽しく遊べました。 出典: www007.upp.so-net.ne.jp

小さい子供でも安心して遊ぶことができる遊具があるのは嬉しいですよね。冒険広場の中には遊具だけではなくて、なんと土俵まであるようです。遊具で遊び疲れたら、お友達と一緒にお相撲さんごっこをして遊ばせても面白いかもしれませんね。

また、砂場もありますから、スコップなどのお砂場セット持参で遊んでも良いかもしれませんね。砂で手などが汚れたとしても、近くに水飲み場があるのでササッと洗えるので安心です。

4.暑い日におすすめ!虹と水の広場

芹ヶ谷公園の東側エリアのちょうど中心にあるのが「虹と水の広場」です。虹と水の広場の中央にある噴水の池がプールのような感じで、夏の時期は水遊びを楽しむ小さい子供達とママ達の姿が多いようです。

巨大なオブジェのような噴水のシーソーから流れ出てくる水に興奮して浴びに行く子供や逆に水に当たらないように逃げて遊んでいる子供など遊び方は様々。池の深さは浅くなっているので、小さな子供でも水遊びしやすくなっています。

池の周りの淵は少し高めになっていてそこへ腰かけることができるので、パパ・ママは一緒に池で遊んでも良いですし、腰かけながら遊んでいる子供を見守ることもできます。

利用者の口コミ

時間ごとにこの噴水から水がダバーと落ちてきて面白い

浅いのでちびっ子向け。流れがある水路もあって、こちらも楽しかったようです。2-4歳くらいが一番、楽しいかな。

でもムスメもかなり楽しかったようで(水路のほうが)暑い中うろうろとしていました。 出典: serendipity-kao.cocolog-nifty.com

暑い時期に水遊びできるのはただでさえ面白いのでしょうし、時々上から水が流れてくるのは子供にとってはとても楽しめるスポットとなるでしょう。

水遊びに不慣れな月齢だと水の中を歩くだけでも楽しめますし、手で水をパシャパシャするだけで大満足かもしれませんが、遊びが楽しくなり始める年齢ぐらいになると、噴水から落ちてくる水で遊ぼうなど面白い遊び方を見出してくるかもしれませんね。

とりあえず、ママはここに遊びに来る時はタオルと子供の着替えは忘れないようにしないといけませんね。

芹ヶ谷公園に親子で遊びに行ってみませんか?

子供達が遊びに夢中になれる施設がいっぱいの芹ヶ谷公園。自然いっぱいな公園なので、子供のみならずパパ・ママも気分転換したり体を動かしたりするのに丁度いい公園かもしれませんね。

まだまだ暑い日は続きますが、緑の中で過ごしたり、虹と水の広場の噴水で子供と水遊びしたりしながら涼んだりする夏もまた楽しいと思います。まだ芹ヶ谷公園へ行ったことが無いという方は是非子供と一緒にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

「芹ヶ谷公園」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!