あの「ゴシップガール」ブレイク・ライブリーが産後ダイエットを「フェアじゃない」と非難

アメリカのテレビドラマ「ゴシップガール」でセレブな女子高生を好演して大ブレイクし有名になったブレイク・ライブリー。第一子妊娠時に着ていたマタニティドレスが即売り切れてしまったこともあるファッショニスタでもあります。そんなブレイク・ライブリーは現在第二子を妊娠中。産後ダイエットについてどれだけ早く妊娠前の体型に戻れたのかを競い合う風潮を批判し、ブレイクらしい!とママたちから賞賛の声があがっています。

「ゴシップガール」のセリーナことブレイク・ライブリーってどんな人物?

日本でも放送されて大人気のドラマ「ゴシップガール」。ニューヨークのアッパーイーストサイドで暮らす高校生たちのセレブな恋愛事情を描いて世界中で話題になりました。中でも主演のセリーナ役、ブレイク・ライブリーがバッチリ着こなすハイブランドのファッションは世界中の女性の憧れとなりました。

現在第二子妊娠中の彼女ですが、ELLE JAPON 9月号の表紙でも1児の母とは思えないハンサムな姿を見せてくれています。

ブレイク・ライブリーのプロフィール

  • 名前:ブレイク・ライブリー(本名 ブレイク・エレンダー・ブラウン)
  • 生年月日:1987年8月25日
  • 出身:カリフォルニア州ロサンゼルス
  • 職業:女優
  • 身長:178cm

1998年から女優として活動を始め、2007年から放送開始したテレビシリーズ「ゴシップガール」のセリーナ・ヴァンダーウッドセン役で大ブレイク。同ドラマで親友役だったブレア・ウォルドーフ役のレイトン・ミースターと共に一躍スターダムに躍り出ました。

私生活ではゴシップガールでも恋人役だったペン・バッジリーや、あのレオナルド・ディカプリオとも交際しましたがのちに破局。

2011年に俳優のライアン・レイノルズと交際を始め、2012年9月9日に結婚しました。2014年12月には第一子となる女の子ジェームズちゃんが誕生。現在は第二子妊娠中です。

夫婦仲の良さは有名。旦那様はあの「ピープル誌が選ぶ最もセクシーな男」

結婚生活は順調で、いつも仲睦まじい様子が目撃されています。

最近のインタビューでも、夫ライアン・レイノルズについてこう語っています。

「彼は一生私の親友であり続けると思ったから。それが一番の決め手だったわ。彼との友情はこれまで感じたことのないようなものだった。彼のことを愛してるのと同じくらい好きなの」 出典: www.cosmopolitan-jp.com

世界で最もセクシーな男に選ばれた男性が旦那様で、しかもおしどり夫婦と呼ばれているなんて本当にすてき!憧れちゃいますよね。

実はブレイク、ジェームズちゃんを出産後すぐに女優業にカムバックしています。

しかも産後10ヶ月でパパラッチの前に姿を見せた時にはもう、お腹も引き締まって腹筋まで確認できるほどでした。役作りのために2ヶ月間かけて週5~6回のトレーニングを行って美ボディに。仕事のためとは言え、あっという間に産後ダイエットを終えていたのです。

産後の女性は美しい。エンタメ界の産後ダイエットを痛烈批判!

そして今回の第二子妊娠。

そんな中、最近出演したオーストラリアのテレビ番組「Sunrise」での発言に注目と共感が集まっています。

インタビューの中でブレイクはこうコメントしました。

「すぐに痩せることがそんなに褒められるなんて、フェアではないと思う」「出産後の女性の体は本当に素晴らしい」 出典: ellegirl.jp
「産後すぐにヴィクトリアズシークレットのランジェリーが着られなくてもいいでしょ? だって出産は生命が起こせる、信じられないような奇跡なのよ」「人間を生むってそういうこと。ダイエットより出産したことを祝うべき」 出典: ellegirl.jp

と、どれだけ早く妊娠前の体型に戻れたかどうかを競い合うような、エンタメ界の産後ダイエット事情を痛烈に非難しました。レッドカーペットでもお腹のふくらみを隠さずにプレママ姿を披露しているブレイクらしい発言ですね!

芸能人がすぐ元の体型に戻ることを羨ましく思ってしまうのは、もしかすると「体型を戻せた人は偉い」という勝手なレッテルを貼られていたからなのかも。

今回のブレイクの発言で「出産は奇跡」ということに多くの女性、そして男性が共感し、ブレイクが言うところの「フェアな」価値観が認識されるのではないでしょうか。

ブレイクだけじゃない。アン・ハサウェイからもエールが届いています。

かわいらしさと妖艶さ、賢さや神々しさを持ち合わせ幅広い役柄をこなせる魅力的な女優、アン・ハサウェイ。

アンは今年3月に第一子となる男の子を出産しています。そして自身のインスタグラムに産後の体型変化を前向きに捉えたメッセージを投稿しています。

おしゃれな背景にデニムをカットオフしてリメイクしている様子のわかる写真付きで

「妊娠中に(もしくは、常に)体重が増えても恥ずかしくない。減量に思ったよりも時間がかかっても、恥ずかしくない(もし体重を減らしたい、と思っているならだけど)」 出典: ellegirl.jp
「去年の夏に履いていたデニムのショートパンツが、今年になったら太ももに合わなくなってしまって、自分でショートパンツを作るはめになっても恥ずかしいことなんてない。体は変わる。大きくもなるし、小さくもなるの。すべてが愛よ(他の人に口を挟ませないで)」 出典: ellegirl.jp

と投稿。最後につけたハッシュタグには

#noshame(恥ずかしくない) #lovewhatyouhavebeengiven(あなたが与えられたものを愛して)

というポジティブなメッセージが!

産後に起きる体の変化は、体重だけでなく体型にも表れますよね。それを受け入れられる心が自分や周囲、世間にあればもっと楽な気持ちで、頑張りすぎない育児を楽しめるのだと考えさせられます。

ママになるって「命を産む」ということ。あなたはそのままで美しい。

命

海外セレブや日本の芸能人が出産後、以前と変わらぬ姿で仕事に復帰するのを見るとつい、自分もそうしないといけないとプレッシャーに感じていませんか?

もしあなたのママ友が「あと3キロが戻らなくて」と悩んでいたらどんな風に声をかけますか?

産後ダイエットを頑張って、元の体型に戻ったママはすてきだと思います。でももし「早く元に戻したいのにうまくいかないし、妊娠前の服が入らないことが悲しい」と感じているようなら是非伝えてみてください。

「子供を産んだあなたはとても美しい。」

「ブレイクライブリー」「産後ダイエット」「批判」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!