あなたなら育児休暇取る・取らない?働くママ達の意見をご紹介

働いている女性が増えている中で、妊娠出産による産休や育休の問題もクローズアップされやすくなっています。働いているママの中には育児休暇を取得したいと考えているママも多い中で、産休のみで早く職場復帰したいと考えているママもいらっしゃいますし、育児休暇を取りたくても取れないママも多くいます。そこで、今回は働くママが考える育児休暇の在り方について、育児休暇を取りたい派・取らない派の意見をご紹介したいと思います。

これからママになる働いている皆さん、あなたは育休取りたいですか?

現在妊娠中、あるいはこれから将来的にママになる予定の皆さん、皆さんは出産後に育児休暇を取りたいと考えていますか?

筆者はといえば、「できればすぐに職場に復帰したい」と妊娠中は考えていました。しかし、出産後、日に日に赤ちゃんと過ごす時間が愛おしくなってきたこともありますが、現実的な理由で最終的には育児休暇を取りました。

現実的な理由とは今巷で何かと話題になっている「待機児童」の問題です。

妊娠中、周りの先輩ママからは保育園はいざとなったらどうにかなると聞いていたので、子供が生まれてから考えることにしていたのですが、産んでみてわかったのは「保育園はいざとなってもどうにもならない」という現実でした。

結果的に、育児休暇を取得して子供と過ごす時間が増えたことは嬉しいですが、育児休暇中に保育園が決まるかと言えばそれもまた別問題なので、いろいろ難しいなと感じています。

他の働くママたちの反応は?

それでは、他の働いているママの皆さんは育児休暇についてどのような考えを持っていらっしゃるのでしょうか?

ずっと楽しみにしていた初めての子育てだから

親子

職種によっては育休制度が充実していて、2年や3年といった長いスパンでお休みできるママもいらっしゃいますよね。

お仕事のことは気になるかもしれませんが、小さい時期のその子の子育ては一度きりで過ぎ去ったら戻れませんから、思い切って休んで子供と一緒に過ごす選択をするのもアリですよね。

育休取りたいという人はいても良い

考える

ひとり親の場合は状況によっては育休を取らざるを得ない場合もありますし、せっかくだから育休を取って子供と一緒に過ごしたいと思うママも多いと思います。

育休がきちんと取れて復帰したい気持ちを後押ししてくれるような会社が増えてくれると、少しは育休に関する多くの人の考え方が変わっていくのかもしれませんね。

入れる保育園があるなら育休取りたい

考える

会社や一緒に働いている周囲の理解も大切ですし、多くの働いているママが考えているであろう「確実に入れる保育園」があればなと思いますよね。

育休が取れても育休中に保育園が決まらなければ延長せざるを得なくなって、会社への負担がかかってしまい…というネガティブな方向に進んでしまいます。

待機児童が深刻な地域に住んでいるママほど子供が入れる保育園を作ってほしいというのが切実な希望だと思います。

育休は取らない

ワーキングマザー

育休取らない人の方が育休を取った人よりもキャリアを積みやすいというのはよく聞きますよね。そういう前例がある職場で働くママとしたらスキルアップやキャリアアップのために「休んでいられない」という結論に達するのかもしれません。

そのため、育児休暇を早々に切り上げて復帰するママもいます。しかし働き始めても、自身の産後の体調、子供の体調などに悩むことも少なくありません。

長く育休取ったら復帰できない

悲しい

育児休暇は取れるものの、その後職場に戻って妊娠前のようには働けない事の方が多い訳ですし、ブランクも空いてしまっているのでそもそも同じ職場に復帰できない可能性も出てきてしまうケースも多いようです。

職場の理解や今後の育休制度の変革によって良い方向に変わっていくのかもしれませんが、現状ではなかなか難しいのかもしれませんね。

育休は貰ったけれどそのまま退職

悲しい

育休を取る・取らないだけでなく、こんな辛い決断をせざるを得なかったママも。

本当は妊娠出産に関わることで会社側から退職をさせるのは禁止です。でも、退職せざるを得ないような雰囲気にさせて自主退職させるやり方も実は多いようです。

育休を取っていてもいざ復帰を考えた時に会社側がこういう態度だと、何も悪いことをしている訳でもないのですが何だか悲しくなっちゃいますよね。

ママたちが育児休暇を取りたい理由

働いているママが育児休暇を取りたいと考える理由にはどういうものがあるのでしょうか?

育休が取れる環境にある

育児

育休制度が充実している職場であったり、育休に理解があって取得している方が既にたくさんいたりする職場など、育休を取得しやすい環境にあると育休を取りたいなと自然と思われるママが多いようです。

職場によっては2年や3年など長期にわたって育休が取得できるところもあるようですから、期間いっぱい丸々取得して育児に専念される方もいらっしゃいます。

子供と一緒に過ごしたい

親子

可愛い我が子となるべく一緒に居たいと思うのはママ全員が思うこと。特に0歳から1歳になるまでの間は子供のめまぐるしい成長期間でもあります。

近くで子供の成長する様子をしっかりと見届けたい、一緒に長く過ごしたいと考えているママは妊娠中、早い人だと妊娠する前から育休取得を考えている人も多いようです。

産後の体力的な問題

体調

出産は想像できないほどの重労働で体力的にも精神的にも大変です。産後の体調の回復にも個人差があり、すぐに妊娠前と同じような状態まで回復される方もいれば、産後の体調が優れずになかなか回復できない方もいらっしゃいます。

そのため、育休を取得して1年の間で育児をしながらゆっくりと妊娠前の体力になるまで回復を考えるママもいらっしゃいます。

育児をしながら自分のスキルアップをしたい

勉強

育休を取得するママの中には、赤ちゃんが寝ている時間などを利用して資格取得の勉強や趣味に高じてみるなど自分のスキルアップの時間に充てているママもいらっしゃいます。

1年という普通だとなかなか取れない自由な時間ですし、赤ちゃんが小さくてまだ手がかからない時期はママにも自由な時間があったりしますから、そういった時間を有効活用するのも有りかもしれませんね。

のんびり過ごしたい

親子

1年間のお休みというのは普通に働いていたら出来ないですよね。育休中、育児はあるもののある程度の時間の融通は働いている時よりかはあります。

赤ちゃんが寝ている時間はママも一緒に寝て過ごしてみたり、好きな時間に子供と買い物に出かけてみたりということができます。

職場復帰したら仕事と子育ての両立でなかなかゆっくりとした時間を持つというのは難しいでしょうから、育休の時間をゆっくりする時間として取られてもいいのかもしれませんね。

ママたちが育児休暇を取らない理由

働いているママが育児休暇を取らない、あるいは取れないと考える理由にはどういうものがあるのでしょうか?

働きたいというママ自身の意思

オフィス

子供を産んでもすぐに復帰したいと考えて産休のみで職場に復帰しているママも勿論いらっしゃいます。

「すぐに働きたかった」「仕事を辞めたくなかった」「これまでのキャリアを考えて」というようにママ自身の意思で育休は取得しないという選択をされています。

中には、旦那様が育休を取ってママが職場に復帰というケースもあるようです。

生後2ヶ月ほどの子供が保育園あるいは子供の祖父母など保育してもらえる環境が整っていないと出来ないことかもしれませんので、この場合は周りの協力体制が不可欠ですよね。

会社が育休が取れそうな雰囲気ではない

働く 

育休は制度上は誰でも申告すれば1年間は取得できるものですが、働いている職場や業種によっては現場が忙しすぎたり、代替要員が確保できなかったりするというような場合、育休を申し出にくく産休のみで復帰するというママも少なくないようです。

そもそも育休が取得できない

働く 

パートや派遣社員などのいわゆる非正規社員であることによって、会社の制度として規定されておらず、育休がそもそも取得できないというママも多いようです。

産休は取れるけれども、育休が申告出来ずにやむを得ず復帰するという選択をせざるを得ないママも多く、選択の余地すらないという現状しかないというのもいろいろ考えさせられますよね。

経済的な理由から働かざるを得ない

お金

家庭の経済的な事情により、育休を取らずに働かなければならないという理由も存在します。子供が生まれれば、これまで以上に色々なことにお金がかかってしまいますから、必要以上に休みは取らずに仕事に復帰して働いているママも少なくありません。

育休休暇取得の条件に満たない

退職

育児休暇を取るためには条件があり、「今の勤務先で1年以上勤務」「週に3日以上勤務」「1歳未満の子がいる」「子供が1歳になってからも勤務先での雇用が見込まれている」場合に取得できます。

そのため、そもそも育休が取れず、これまでの職場や仕事内容などを考えた結果、育休は取得せずにそのまま退職を選択するママもいらっしゃいます。

働く女性たちの悩みの一つ、育児休暇…あなたならどうしますか?

質問

職場の環境、家庭の事情、保育園のことやご自身の意思、いろんな理由から育児休暇を取得しない・取得出来ないママたちもいますし、逆に育児休暇をしっかり取得できるママもいます。

育児休暇は取得するメリットもある一方でデメリットも残念ながら存在するものです。また、育休に対する制度や環境などが改善されるとまた状況が変わってくるのかもしれませんが、ママたちが願うほど簡単にはいかないのも現状です。

自分ならどうするか、どうしたいか、自分の希望だけではどうにもならないこともありますが、状況や会社の制度などを踏まえた上でしっかり考えていくことが大切なのではないでしょうか。

「育児休暇」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!