こまめに消すはもう古い?つけっぱなしの方が節電になる家電特集

ママたちの悩みの種である、光熱費。特に、夏はエアコンが必需品で、電気代が高くなりがちですよね。そのため、少しでも負担を減らしたいとこまめに電源を消したりして、工夫をしていませんか?しかし、こまめに消すことで、逆に電気代が増えている場合がある家電がいくつかあるんですよ!知らなかったでは、とてももったいないですよね。ぜひ、つけっぱなしの方がお得家電について知り、少しでも節約してみませんか?

こまめに消すのは逆に損!つけっぱなしの方がお得な家電たち

毎月かかる、光熱費。少しでも抑えたいママたちは、こまめに電源を消して、節電していませんか?

しかし、実はこまめに消してしまうよりも、つけっぱなしの方が電気代が安く済む家電が多いんですよ!せっかく、節電しているつもりが、逆に負担になってしまっているなんで、とてももったいないですよね。

これを機に、ぜひつけっぱなしの方がお得な家電について知り、少しでも電気代を安くしませんか?

つけっぱなしの方がお得な家電を紹介します!

では、どの家電が、つけっぱなしの方がお得なんでしょうか?

つけっぱなしの方が、節電できる家電について、紹介します。

①エアコン

エアコン

夏と冬の必需品である、エアコン。夏と冬はエアコンで、いつもよりも電気代が高くなってしまいますし、だからといって、つけないと熱中症になってしまったり、風邪をひいてしまったりと、悩みが尽きないですよね。

そんなエアコンはこまめに消すよりも、いっそのことつけっぱなしにしてしまったほうがお得なんですよ。まだまだエアコンを使う機会が多い夏。ぜひ、賢くエアコンを使ってみましょう。

つけっぱなしの方がお得な理由

エアコン

エアコンが最も電気を使うのは、起動したときに設定温度まで、気温を下げているときと外気気温との差が大きいときなんです。

そのため、設定温度まで、気温が下がれば、安定運転となり、エアコンが使う電気量も少なくなり、節電につながります。

電源をオンオフすることで、毎回設定温度まで、下げなければいけない状況にしてしまうことは、逆にエアコンが使用する電気量を増やしてしまいます。

つけっぱなしにする際の注意点

温度

エアコンをつけっぱなしにして、節電する際、ただつけっぱなしにすればいいわけではありません。

まず、設定温度は快適に過ごせるといわれる28度にしましょう。もちろん、ペットを飼っていたりして、温度を下げないといけない場合は、その環境に合わせた、適温と言われる温度にしましょう。エアコンの温度を1度あげることで、電気代が10%安く済むといわれています。

また、運転のモードは低風よりも、自動運転モードの方が、エアコンが自動的に温度や風量を管理してくれるので、電気代が節約できます。

つけっぱなし以外にも節電になる方法

エアコン

エアコンはつけっぱなしにする以外にも、節電になる方法があります。

まず、エアコンのフィルターは2週間~4週間の間のうち1回は掃除をしておくことです。最近は自動的に掃除してくれるものもありますが、ほこりはどんどんたまっていくもの。ぜひ、エアコンの負担を減らしてあげるためにも、掃除をしましょう。

さらに、室外機の取り扱いについても注意しましょう。室外機は直接日光を当てないようにし、風通しを良くしておくことが大切です。室外機もエアコンの一部ですから、きちんと管理することが大切です。

②テレビ

テレビ

コミュニケーションツールともなっている、テレビ。子供たちの大好きなアンパンマンや、Eテレを観ているため、毎日つけているご家庭も多いのではないでしょうか。

そんなテレビもまた、つけっぱなしの方がお得なんです。テレビの場合、画面をつけっぱなしにするのではなく、主電源を抜かないほうがお得なので、ずっと画面を見ているのはと思ってしまったママも安心してくださいね。

つけっぱなしの方がお得な理由

リモコン

テレビを節電する際、ママたちが注目しているのは待機電力ではないでしょうか?リモコンでテレビを消したときに使われる、待機電力が心配で、主電源のコンセントを抜いているママもいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、現在では待機電力はあまりかからず、1年間つけっぱなしでも、約6円しかかからないテレビもあります。そのため、主電源を抜いたからと言って、節電になるとはいえなさそうです。

また、テレビが電気をもっとも使うのは番組表などのデータを受信する際なので、主電源を抜いてしまっては、毎回一気に大量のデータを受信することになってしまうため、余計に電力を消費してしまいます。

つけっぱなしにする際の注意点

テレビ

テレビをつけっぱなしにする際、ただ画面をつけておくということではないので、注意しましょう。

テレビをつけっぱなしとは、テレビの主電源を切らずにリモコンで画面をOFFしている状態の事。つまりそうやって待機電力を残したままにしておくという事です。

画面をつけっぱなしにしていたら、子供たちが見続けてしまうのでは?と心配してしまうママも安心ですね!

また、主電源を消してしまうと、番組表の受信ができなくなってしまったり、せっかく録画予約したものが録画できなくなってしまったりするので、主電源を消して節電することは様々な問題が発生してしまうので、注意が必要です。

つけっぱなし以外にも節電になる方法

テレビをより節電するためには、テレビの明るさと音量が大切です。

テレビの音量はなるべく小さくすることが重要です。音量が大きすぎると、耳にも影響が出ますから、適度に音量を調節しましょう。

テレビの明るさについても、明るすぎないように設定しましょう。テレビを設定する際に、好みの明るさに調節することができるので、ぜひリモコンを確認してみてください。うまく設定できない方はテレビの設定の中にエコモードがある場合があるので、それを利用するといいでしょう。

③パソコン

パソコン

仕事以外にも、買い物や家計簿をつけるときにも便利なパソコン。そんなパソコンもつけっぱなしの方がお得なんですよ。

とても便利なので、消費電力が多いのではなと思いがちですが、短時間使わない場合は、電源を切るよりも、スリープモードにしておいたほうが安く済みます。

ぜひ、頻繁にパソコンを使う方はつけっぱなしにしておくことも検討してみてはいかがですか?

つけっぱなしの方がお得な理由

パソコン

パソコンが最も電力を消費するのが、起動するときと、シャットダウンする時なんです。起動時は想像できますが、シャットダウンをする時も電力を消費するなんて意外ですよね。

起動時とシャットダウンする時に使う電気は、パソコンを2~3時間起動したままと同じ電力を使うそうなので、短時間、席を離れる場合、シャットダウンせずに、スリープモードにしておくといいでしょう。

つけっぱなしにする際の注意点

パソコン

パソコンはただつけっぱなしにしておいてもいいわけではありません。

パソコンは、長時間つけっぱなしにしてしまうと、フリーズの原因となったり、熱がこもってしまったりする場合があります。

そのため、90分以上のパソコンから離れる場合は、パソコンをシャットダウンしたほうがいいでしょう。

つけっぱなし以外にも節電になる方法

パソコン

パソコンをさらに節電する際に、テレビと同様、画面の明るさと、音量を小さくすることが大切です。

さらに、パソコンは熱がこもりすぎると、冷却ファンが作動し、ずっと稼働した状況になります。そのため、パソコンの周りには、ものをあまり置かず、通気性を良くしておくことが大切です。

また、バッテリーを充電する際は、電気代が低い時間帯に充電しておくと、さらに節約することができます。

④床暖房

床暖房

近年導入されている家も多い、床暖房。冬になるととても便利ですよね。

そんな床暖房も、つけっぱなしの方が、お得なんですよ。これからの季節の参考にしてくださいね。

つけっぱなしの方がお得な理由

床

床暖房は、エアコンと同様、立ち上げたときの30分~1時間の間が最も電力を使います。

立ち上がりに使う電力は、温度が安定した時に比べて、数倍かかるそうです。

そのため、何度も消したりつけたりすることは、節電には繋がらないといえます。

つけっぱなしにする際の注意点

とはいっても、床暖房をつけっぱなしにするだけでは、あまり暖房の効果が現れません。

特に、窓の状況がとても重要と言われています。窓はきちんと断熱フィルムなどを使い、熱を逃がさないようにしましょう。

きちんと断熱をしていれば、床暖房はすぐに寒くはなりませんので、設定温度はなるべく低温で設定しましょう。低温でつけっぱなしにしたほうが、高温で一気に暖めて消してしまうよりも、節電効果がみられます。

つけっぱなし以外にも節電になる方法

節約

床暖房を利用する際、さらに節電になる方法があります。

まず、つけ始めは、エアコンと併用することで、早く部屋が暖まります。設定した気温に近づける際も電力を使用するので、エアコンを活用することで、負担を減らすことができますよ。

さらに、長時間外出する際は、早めに電源を消すことも有効です。床暖房はすぐに寒くなりにくい、暖房器具なので、長時間外出するため、床暖房を切る際は、出かける20分前に消すとよいでしょう。

つけっぱなしを活用して、賢く節電しよう!

節約

いかがでしたか?つけっぱなしにすることで、うまく節約できる家電がいくつもありましたね。

臨機応変に対応し、うまく家電を使いこなして、少しでも電気代の節約に結び付けられるといいですよね。

つけっぱなし節電は、いざやってみようと思ってもなかなか本当にできるのか、心配で勇気がいりますが、まだまだ暑いこの夏。ぜひエアコンから挑戦してみてはいかがですか?

「お得」「つけっぱなし」「家電」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!