いとうまゆさんも苦戦!赤ちゃんの顔をゴルゴにしない爪切りのアイデア5選

大人の爪と比べ、伸びるのがとても早い赤ちゃんの爪。しっかりケアをしないと赤ちゃん自身の顔や周りの人に傷をつけてしまうこともある爪は、こまめに切ってあげたいものですよね。しかし世の中のパパママは、赤ちゃん爪切りに大苦戦。元体操のお姉さんのいとうまゆさんも、ブログで爪切りへの悩みを吐露。そんな赤ちゃんの爪ケアをうまく乗り切る方法を集めてみました。赤ちゃんとママに合った方法で、上手にケアしてあげたいですね。

「爪がナイフのように...」いとうまゆさんも苦戦!赤ちゃんの爪切り

赤ちゃんの爪って、すごく伸びるペースが早いですよね。すぐ伸びてしまう上に爪自体が柔らかいため、すぐに欠けたり割れたりしてしまって、角が鋭利になってしまうことも多いです。結果的にママの顔をひっかいてしまったり、自分のお顔に傷をつけてしまったり。

爪切りをすることで爪の長さを短くしてあげることはもちろん大切なのですが、動き回る赤ちゃんの爪を切ること自体の難易度も高くママたちは苦戦しています。

現在11ヶ月の赤ちゃんを育てている、元おかいつの体操のお姉さんであるいとうまゆさんも爪切りには苦戦。ブログにこんなことをつぶやいていました...。

「赤ちゃんの爪切り 難し過ぎる。。」

ちょっと伸びると、顔を傷つけやすいし
親もむしられて、引っかかれて痛いし。。。

なるべくきっちり切ってあげたいけど、
皮膚も切りそうで怖いし、おマメちゃんも動くし、
寝てるときはだいたい暗いので見えづらいし。。。
うむ〜〜。。。

ちなみに私の爪切りが下手すぎて
先日おマメちゃんの
爪をちょっと斜めに切ってしまったらしく
かえって鋭くなってしまいました。

結果、

ゴルゴ13のほうれい線のような切り傷が!!

私が斜めに切ったらしい爪がナイフのように!!

ごめんなさい。。。滝汗 出典: ameblo.jp

いとうさんの爪切りの悩み、赤ちゃんを持つママのまさにあるあるの悩みですよね...。赤ちゃんの肌を守るために爪切りをしたはずが、返って断面が鋭利になってしまって、お顔にゴルゴのような傷が...。いとうさん、心中お察しします...。

ブログの全文はこちら

多くのママが抱える爪切りの悩み

爪切り

赤ちゃんの爪切りに関して、悩んだり疑問に思ったりした経験のあるママは多いはず。Twitterにも多くのママから爪切りに関する悩みや失敗談が投稿されていました。

爪切ったせいで眠りから覚めそう...

パパ

寝ているときしか切れない子も多いのですが、昼寝など眠りの浅いタイミングでは、爪切りの衝撃で起きてしまうことも。

せっかく寝かしつけた後のママタイムを無駄にしたくない!でも爪切りはしなくては...。それも赤ちゃんの爪が伸びるスピードが早すぎて、数日に1回はこの作業をしなくてはいけない...。

「今日切らなくては」「いや、明日でいいんじゃないかな...」と、ママたちの葛藤は続きます。

難易度高すぎなんです...

自分の爪しか切ったことがなかった出産前。まさか赤ちゃんの爪を切ることがこんなにも大変で緊張するなんて、誰があらかじめ予想できたでしょうか。

想像以上に小さすぎ、さらに薄く、すぐにまるごとはがれてしまいそうな爪を前に「これを切るのか...」と途方に暮れたママも多いはず。赤ちゃんの爪切りの難易度、高すぎます!

パパも死闘を繰り広げていた

赤ちゃん 泣く 父

赤ちゃんの爪切りに参戦しているパパからは「死闘レベル」という声も。ママたちでさえその難易度にギブアップ気味なのに、大きな手で頑張るパパは素敵です。

赤ちゃんが爪切りに慣れるまでは毎回泣かれたり暴れられたり大変ですが、なんとか慣れて切らせてくれるまで、白旗を上げずに頑張り続けてほしいですね。

これでもうゴルゴにならない!赤ちゃんの爪をカットするママたちのアイデア5選

赤ちゃん 爪

爪切りへの悩みを投稿したいとうまゆさんのブログには、多くのママからのアドバイスや体験談が寄せられました。その中でも上手に爪を切るためのアドバイスをしているコメントを5つ集めてみました。

爪切りに悩むママたちにとっては、どれも参考になるアドバイスです♡

同じ方向を向いて切ると切りやすい

赤ちゃん 爪

私は四人の子供がいます。赤ちゃんの時から、爪切りは私の仕事でした。赤ちゃんの爪切りは向かい合って切るより、赤ちゃんの背中側から抱っこして、自分の爪を切る感覚で切った方が簡単ですよ❗️抱っこする事で赤ちゃんが安定して、押さえてなくて良いのでパパ、ママ1人でもできます^_−☆ 出典: ameblo.jp

いとうまゆさんは、赤ちゃんと対面に座って爪切りに挑戦していましたが、この方法では"失敗した"という声や"赤ちゃんが暴れてしまい苦労した"という意見が多数。

多くのママから「対面ではなく、あぐらをかいたママの足に乗せて抱え込んで切ると良いですよ」という意見が寄せられていました。抱っこして同じ方向を向くことで、赤ちゃんも安心できますし、ママも自分の爪を切る感覚で楽に爪切りができるようです。

筆者も子供たちの爪を切る時には後ろから抱え込んで切っています。一緒にテレビを見ている時間など、子供が何かに集中している時間はさらに切りやすいですね。

切るときに効果音をつける

赤ちゃん 爪

切るときに効果音をつける(笑)♪
「チョキ、チョキ、チョキーーン!」とか、
「ギギギギギ…ジャーン!」とか、
「プ、プ、プ、プルーン!」とか、要はどんな音でもいいんです(笑)
ポイントは、最後の一切りで、オチのように音を変えることです♪
おまめちゃんの好きな音で、ぜひ試してみてください。 出典: ameblo.jp

起きているときに爪を切るなら、赤ちゃんにとって爪切りを「遊び」に変えてあげるのが一番。赤ちゃんが遊びとして楽しんでくれるように、爪を切るたびに効果音をつけるのも有効ですね。

このアドバイスをしているママのように、たくさんのバリエーションをつけて効果音を出してあげれば、赤ちゃんも爪切りの時間を楽しんでくれるかも。最初のうちは爪を切ることだけでも緊張してしまって、効果音どころではないかもしれませんが、慣れてきたらチャレンジしてみたい作戦ですね。

抱っこ紐から出た腕を狙います

抱っこ紐 寝る

うちも毎回苦戦していますが、最近良い方法を思いつきました!
旦那様と二人体制で、どちらかが抱っこ紐で寝かしつける→だらーんと紐から出た手足の爪をもう一人が切る
うちはこの作戦でうまくいきましたよ☆起きている時は、動くし危ないので諦めました。 出典: ameblo.jp

起きているときはどうしても切らせてくれない&明るい部屋では寝てくれないという場合には、抱っこ紐で寝落ちした赤ちゃんを狙う作戦も。2名体制でできれば、どちらかが抱っこ紐から出た手足の爪を切ることで簡単に切ることができそうですね。

「おんぶで寝かしつければママ1人でも手足の爪を切れる」という意見もありました。どうしても眠っているときしか無理!という場合にはこちらの方法を試してみてもいいかもしれませんね。

赤ちゃんのお腹にコンパクトライトを置いて...

赤ちゃん ねんね

私も爪切り苦戦した記憶が
っで私が落ち着いたやり方は

爆睡中にLEDのコンパクトライトを
子どものお腹に置いて(笑)
手元を照らしながら切る❗

いちど試してみて下さい‼
小2になって、やっと
私と同じ爪切りで切れるようになりました 出典: ameblo.jp

眠っているときは手元が暗くて切りにくいですよね。そんな時には「赤ちゃんのお腹にコンパクトライト」作戦。ぐっすり眠りこんでしまう赤ちゃんなら、おなかにライトを置かれても気が付かないかも。

しっかり照らされていれば爪切りも苦労なし。さらに、ライトを置かれて光っている赤ちゃんのお腹を見るのもなんだか笑えてしまって癒されそうです...♡

比較的深い眠りについてくれる赤ちゃんなら、こちらの作戦もおすすめです。

爪やすりを使って角を取る

爪切りは苦手です。
よく動くし、暴れるので…
ベビーヤスリ使ってますよ(^^)
これなら安心ですよ♪ 出典: ameblo.jp

気を付けても気を付けても、切った爪の断面が鋭くなってしまうことはあるものです。せっかく切った爪で赤ちゃんがお顔を傷つけることがないように爪やすりを使うのもいいですね。

切った爪の断面をきれいにするのはもちろん、伸びすぎていなければやすりだけで爪をケアすることも可能です。頻度は高くしなくてはいけませんが、こまめにやすりをかけてあげれば、爪切りで皮膚を切ってしまう心配もなし。

赤ちゃんの大切なお肌を守るために、爪が欠けたり割れたりしやすい赤ちゃんなら1つ持っておくと安心ですね。

月齢別にやすりを付け替えられる!電動ベビーやすり「Zoli 爪やすり」

赤ちゃんを起こさず電動で爪切り!ZoLi爪やすり
赤ちゃんを起こさず電動で爪切り!ZoLi爪やすり

¥840

Zoli専用の取替パット 本体裏のブルーのボタンを押して、パッドを外し パッドと本体の凹凸を合わせて差し込みます ピンク:0-3ヶ月 ブルー:3-6ヶ月 グリーン:6-12ヶ月 オレンジ:12ヶ月以上 対象年齢:新生児から
販売サイトへ

ベビーやすりの中で評判がいいのが、電動タイプのzoli爪やすり。新生児~1歳までを4段階に分けて、爪の柔らかさに合わせてやすり部分を付け替えられるようになっています。

電動なのに音が静かで、赤ちゃんが起きてしまうような大きな音はしません。購入者レビューでも「出産前に知りたかった商品NO1」「安全で使いやすい」とママたちから好評の商品です。

赤ちゃんの爪の鋭さに困っているママ、試してみてはいかがでしょうか。

上手に爪を切って、赤ちゃん自身も周りも安全に♡

爪切り

赤ちゃんの爪切りはやっぱり大変。でも、しっかりと爪を切ってあげることで赤ちゃんのお肌を守り、周囲の人が引っ掻かれたり、握られて痛い思いをするのを防ぐことができます。

特に保育園に行っている子の場合は、本人に人を傷つける意思がなくても、伸びた爪のせいで近くにいた子を傷つけてしまう危険性もあるので、爪の長さは常に適正に保っておきたいですね。

上手に爪切りを済ませてあげることで、赤ちゃんも家族も快適に生活していきましょう。

「いとうまゆ」「赤ちゃん」「爪切り」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!