木下優樹菜もフジモンにキレた!旦那さんの理解できない癖10選

ある日のインスタグラムで、ユッキーナがフジモンのある行動に怒っていると投稿。それはフジモンの「スプレー缶の蓋をしめない」という癖による大失敗が原因でした。Twitterをみてみると、世の中には旦那さんの理解不能な癖に驚いたりイライラするママがたくさんいるようです。今回はそんなママたちが目撃した、旦那さんの理解不能な癖をご紹介します。あなたやあなたの旦那さんはこんな癖、ありませんか?

ユッキーナも怒り心頭!旦那の”理解できない行動”ありますか?

毎日一緒に生活している旦那さん。結婚して何年もたつと、お互い1人で生活していた頃の生活習慣同士が調和して、家族としての生活習慣に変化していきますよね。

しかし、そんな譲り合いの夫婦生活の中でも「どうしても変わらない癖」もあるもの...。

お互いさまとは思いながらも、ついつい「なんでそうなるの!」と理解に苦しむ行動もありませんか?

ムースとスプレーのふたを閉めないフジモンにユッキーナがキレた!

ばかすぎてやばい。
キャップやふたや棚やクローゼットなどを兎に角閉めないひと。ほんとここ7、8年でもうムカつく通り越して閉めれない病だとおもってたらとうとう自分に返ってきた模様👏🏼😂
大爆笑!!!
何故ムースとスプレーのふたを閉めずにリュックに放り込めるか。。
ほんとに理解不能!!!!!
ほんっとに理解不能!!!!
あと白のバスタオルかけてだしてあるからね?
てわざわざ言ったのに 何事なかったかのように全然違うバスタオルだして使ってたり。
基本話聞いてないのね、
世の旦那‼︎‼︎
塵も積もれば山となる
なりますよ?
ひとの話にかたむけろ。みみを。いやーを。 出典: www.instagram.com

木下優樹菜さんがある日のインスタグラムで投稿した写真。夫であるフジモンは「キャップやふたを閉めない」という癖があり、それが災いしてしまってリュックがこんな事態に...。

リュックの中に入れておいたムースとスプレーが、リュック内で漏れてしまい、フジモン愛用の電子たばこ「iQOS(アイコス)」の充電器も壊れてしまったのだそう。

ユッキーナの言うことをあまり聞いてくれないフジモンに怒っているユッキーナ。何度も注意したのに聞いてくれないと、イライラしてしまうこともありますよね。

ママ達からは「わかる!」のコメントが...

吹き出し

ママ達からはそんなユッキーナの思いに「わかる!」という共感の声が寄せられました。

子供がもう1人いるみたい

旦那 イライラ

うわ!すごい!わかります!なんでこうなるんですかね。ほんと人の話きかないし、覚えないですよね!子供を2人も育ててる気分になります!笑 でもこの写真みて、なんだかスッキリしました。笑 自業自得だ。的な。笑 出典: www.instagram.com

自分の旦那さんも同じように「人の話を聞かない!」というママからのコメントも多数。何度言っても「わかった~」と空返事をするくらいで、いつまでたっても治らないとイライラしますよね。

フジモンもこれからはムースのフタは閉めてくれるようになるといいですね。

よく言ってくれました!

よくぞ言ってくれました!!うちは飲み物出しっぱなし病(҂ ー̀дー́ )特に牛乳💥💥何度行ってもダメ!!アホなのか?いつか腐った牛乳にあたれーーーッ!! 出典: www.instagram.com

ユッキーナの「塵も積もれば山となる」という意見には、「良く言ってくれた!」というコメントも。このユーザーの方の旦那さんも、牛乳を出しっぱなしにしてしまうのだとか...。

いつか自分自身が痛い目に合わないと、出しっぱなし癖はなかなか治らないものですよね。

自分も気をつけようと思いました

スプレー

これゎびっくりですね(。>д<)逆に自分が蓋閉めずによくやらかすタイプなので気を付けよーと思いました笑っ 出典: www.instagram.com

コメントした人の中には、逆に自分が「閉め忘れ癖」があるという人も。実は筆者もこのタイプ...。

人のふり見て我がふり直せ、と、フジモンの失敗をそっと見つめていたユーザーもいるようです。

あなたの旦那さんは大丈夫?「旦那の意味不明な行動」10選

Twitter上には、世の奥さんから「旦那の意味不明な行動」がたくさん投稿されていました。

あなたの旦那さん、またはあなたはこんな行動していませんか?

1.空の容器を捨てない

歯磨き粉

旦那さんに限ったことではないのですが、空の容器を捨てられない人、いますよね。空の容器や「もうここまで減ったら捨てちゃおうよ」というものが残っているせいで、新しいものが棚に入らない現象が起こるとイライラしますね…。

「1つ買ったら1つ捨てる」というルールは大事です。

筆者は妻側ですが、我が家の場合は私の方が捨てずに怒られることもしばしば。気をつけたいと思います...。

2.スマホでゲームはしているのに、電話もLINEも無反応

携帯

ほとんど途切れる間もなくスマホのゲームをいじり続けているはずなのに、全く電話もLINEも反応しない旦那さん。

ゲームの攻略のために手を止めるわけにはいかないのかもしれませんが、電話に出てくれないがためにママの家事の段取りも止まっていることに気づいて欲しいものです…。

買い物リストの見忘れは困りますよね。ゲームをしようとしても買い物が終わるまで開けないようにしてほしい!と思うのは筆者だけでしょうか。

3.トイレで全裸で寝る

トイレ

トイレに入ろうと思ってドアを開けると全裸の旦那さんが…。便座のウォーマーが温かくて、ついつい眠気に誘われてしまったのでしょうか。

トイレはみんなで使うものなので、そこで力尽きることなくお風呂に入って布団で寝てほしいものですね。旦那さん、あともうひと頑張り!寝ないで頑張ってください!

4.食事中に謎の休憩を挟む

夕飯

自分の食事に子供たちの食事。ママたちの食事は休む間もなく終わってしまい、間髪入れずにすぐに片付けをしているママも多いのではないでしょうか。

そんな中、食事中に謎の休憩をはさみながらのんびり食べている姿を目撃してしまうと、イライラしてしまうかもしれませんね…。

せめてその「食事休憩中」の時だけでも、子供たちにご飯を食べさせるなどの行動をしてほしいものです。

5.カビの生えたお弁当箱をシンクに...

シンク

これは出された方は衝撃的すぎますね。お弁当箱を出し忘れる旦那さんは結構いるとは思いますが、これほど腐食が進んでしまったものをしれっと出されたら、ちょっぴり神経を疑ってしまうかも。

夏場の暑い時期、さらにお盆休みの間ずっと置いてあったお弁当箱は、さすがに開封することはできません...。旦那さん、お弁当箱を出し忘れたら、自分で洗うようにしましょうね。

6.干し場がないのに洗濯機を回す

洗濯機

旦那さんは家事を手伝ったつもりだったのかもしれませんが、干し場がないのに洗濯機が回っている時、焦りますよね。

そのままにしておけば匂ってしまうし、かといって干す場所もないと絶望的。乾燥機能がついていれば使えますが、電気代が痛いですね...。

洗濯機は、干し場の余裕を確認してから回すようにしましょう。

7.寝ぼけてリモコンを持ち運ぶ

リモコン

家庭の中で「よく探される存在No.1」ともいえるリモコン。

クーラーのリモコンがなくて冷房がつかない!テレビのリモコンがないのに、子供がテレビを見たいと騒いでいる!こんな時、リモコンが意味不明な場所から発見されるとイライラを隠しきれませんよね。

リモコンは決まった場所にしまいましょう。

8.洗濯機の給水蛇口を閉める

毎回、洗濯機の給水蛇口を閉めるおうちも確かにありますが、ここは普段洗濯をしているママに合わせて欲しいところですよね。普段自分が閉めない場合は、洗濯の度に蛇口の確認はしていないことが多いです。

洗濯機を回したつもりで見に行ったら全く洗われていなかった衝撃は、お察しします…。蛇口に「閉めないで!」と貼り紙をしたくなりますね。

9.帰宅~お風呂の間に一回着替える

Tシャツ

最近暑いので、旦那さんも帰宅後すっきりしたくなったのかもしれませんが...洗濯する立場からすると「じゃあ先にシャワー浴びてパジャマでいてよ~」と思ってしまいますよね。

子供が小さいうちは保育園のお着替えだけで洗濯物がものすごい量になっているので、洗濯ものはできるだけ増やしたくないですね。

寒くなってきたら、旦那さんの"お着替え"の頻度も改善されるかもしれません。

10.寝ぼけて自分のお尻を叩く

うなされる

これはちょっと笑ってしまう謎行動ですね。夢の中では誰に叩かれているのでしょうか。しかも、やられっぱなしで「やめてよ~」と言う旦那さん、どうやら逆らえない相手のようです。

いったい誰にお尻を叩かれているのか、旦那さんの脳内を覗いてみたくなりますね。でももしかしたらその相手は、そこで笑っているママかもしれません...。

人間「なくて七癖」。夫婦生活は忍耐力が鍛えられます...

夫婦

昔からの言葉ですが、人間「なくて七癖」。どんな人でも7つは癖を持っているといいますよね。

旦那さんの謎行動もそうですが、もしかすると旦那さんにも、奥さん側について謎だと感じている謎があるのかも。イライラしてしまう場面はお互いあるものですが、やっぱりある程度は忍耐が必要かもしれません。

全くの他人が"家族"になっていく難しさを感じる「七癖問題」。夫婦生活では忍耐力が鍛えられます。そんな中でもできるだけ"7つ"の癖よりも、良い部分をたくさん見つけていけると良いですよね。

「木下優樹菜」「夫」「意味不明」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!