子供の名前を考える前に、基本ルールを押さえましょう

大切な赤ちゃんには、愛情がたっぷりこめられた素敵な名前をつけたいですよね。できることならばオリジナリティあふれる名前をつけたい、でも奇抜すぎても浮いてしまう・・・名前はその人に一生ついて回るものだけに責任も重大です。ここでは、名前をつけるときにまず覚えておきたい、基本的なルールをまとめました。あわせて、ライターが名づけにおいて心がけていたこともご紹介します。名づけで迷ったときの参考にご覧ください。

名前は、親から子供への最初のプレゼント

産まれてくる子供に素敵な名前をつけたいというのは、親として誰もが願うことだと思います。

特に最近は、お友達とかぶらない、自分の子供だけの名前という点が重視されるようになり、個性的な名前が増えてきました。それだけ選択肢が広がったともいえますが、同時に、名づけで悩むことも多くなっているようです。

たとえば、下記のようなもの。

子供の名づけ、どんな悩みが出てくる?

出産

  • 旧字体ってどうなの?
  • ○○、××な文字は使ってはいけないって聞くけど・・・?
  • せっかくいい名前だと思ったのに、姓名判断で凶と出てしまった!

などです。

それでは、具体的に名づけを行うにはどんなルールがあり、どんな事に気をつければ良いのでしょうか。

名づけの基本ルールを押さえましょう

まずは、名づけをするうえで絶対に守るべきポイントを確認しましょう。

産まれてから14日以内に届けを出します

カレンダー

出生の日から14日以内(国外で出生したときは3か月以内。なお,国外で出生したときは,この期間内に出生届とともに,国籍留保届をしないと日本国籍を失う場合がありますので,留意してください。) 出典: www.moj.go.jp

14日以内というと長いように感じますが、病院で出産した場合、出産日からだいたい1週間近く入院していることが多いです。退院してからすぐ、または入院中にお母さん以外の人が出生届けを出せるように、名前はあらかじめ考えておいたほうがよいでしょう。

出生届の提出は、夜間・土日祝、365日24時間いつでも、どこの市町村役場でも受理してもらえます。祝祭日・年末年始・夜間に届出をした場合、出生届は預かりという形になります。そして休み明けに戸籍担当者が書類を審査した後、提出した日付で受理されることになります。

また、ご家庭によってはお七夜を行うこともあるでしょう。お七夜とは赤ちゃんが生まれてから7日目に行われる儀式で、赤ちゃんの名前を記した「命名書」を神棚や床の間に貼ったり、供えたりします。この命名書を見て、氏神様が赤ちゃんの存在を認知すると言われています。

もし行うのであれば、7日目までに赤ちゃんの名前を決めておかないといけませんね。

使用できる文字に決まりがあります

調べる

戸籍法50条 子の名には、常用平易な文字を用いなければならない。 出典: www.syushotodoke.com

子供の名前には、「常用漢字」2136種および「人名用漢字」632種、あわせて2768種が使用可能です。

これらはたびたび追加されます。法務省のホームページで検索が可能ですので、名づけの時にはチェックしましょう。

また、漢字以外にはひらがな、カタカナが使えます。ゐ・ゑ・を・ヰ・ヱ・ヲといった旧字体も使用可能です。また、以下のような記号も使えますが、名前の最初の文字としては使えません。

  • ー:のばし棒「リリー」「マリー」
  • ゝ:前の字を繰り返す「もゝこ」
  • ゞ:前の字を濁点をつけて繰り返す「みすゞ」
  • 々:すぐ前の漢字の繰り返し「奈々」

法務省:子の名に使える漢字

同じ名前は付けられません

双子

法務省によると、同じ戸籍内にある親や兄弟と同じ名前をつけることは、特殊な事情がある場合を除き認められていないそうです。

「同じ名前」とは、同じ漢字表記の名前のことをいいます。逆に、「結衣」と「唯」など、漢字が異なっていれば同じ読み方の名前をつけることもできます。

名づけの素朴な疑問・Q&A

名づけで気になる「あれ、これはどうなんだろう?」「これでいいのかな?」というポイントをまとめました。

旧字体を漢字に使うのはよくない?

必ずしもよくないとは言えません。

ただ、旧字体はだんだん消えていく傾向にありますから、画数や意味合いが良くてもこれからはなるべく使わないほうがいいでしょう。
本人は旧字体にこだわっていても、周りの人は新字体しか書いてくれない場合もあるかもしれません。

いずれにしても、現代社会に適応しやすいのは旧字体よりも新字体と言えそうです。 出典: nazukenotane.livedoor.biz

今は「『真』の旧字体です」という説明で伝わっていても、いずれ「旧字体って何ですか?」と聞かれるようになるのかもしれません。そうなると説明するのはかなり難しそうですよね。

字の持つ意味には違いが無いのですから、よほどのこだわりが無い限りは新字体を使ったほうがよさそうです。

自然現象を表す漢字を名前に使うのはよくない?

海

迷信のひとつなのですが、雨や霧、虹などの自然現象を表す漢字は、名づけにはあまり用いないほうが良いように思われます。
その理由は、雨・霧・霜・露をはじめ雪・霞・雷などははかなく、すぐに消えてしまうこともあるからです。

もちろん、これら雨・雪・虹に特別の想いや思い出があるから使いたいという場合はそれほど神経質に考える必要はないでしょう。 出典: nazukenotane.livedoor.biz

雨、雪などの文字から連想されるイメージは「おとなしい」「物静か」といったものが一般的なように思います。人によっては、はかなさなどを感じることもあるかもしれませんね。

子供に力強く・たくましく育ってほしい場合には、避けたほうがいいのかもしれません。

花や植物を表す字を名前に使うのはよくない?

花

これも迷信のひとつで信じる必要はないでしょう。

「散る」という意味合いで花や植物の名前がいけないと言うことなのかもしれませんが、花をあらわす字こそ名前に向く字が多いのです。

女の子の名前ですと、花・華・桜・菫・実など使ったら可愛い漢字がたくさんありますよね。 出典: nazukenotane.livedoor.biz

特に花に関連した漢字には、女の子にぴったりの、かわいらしさ・華やかさを感じさせるものが多いですよね。昔からよく使われている字ですし、今でも人気の高い感じが多いと思います。

散ってしまうことよりも、「美しく輝く」という点を大切にして名づけに使うと良いかもしれません。

性別の区別がつかないような名前は、よくない?

書類

現代では「男らしさ」や「女らしさ」を感じさせる名前をつける必要はないように思いますが、将来その子どもが不便な思いをする可能性がないとは言えません。

名前を呼ばれたときに男女の区別がつかない名前だとしても、名前を書いたときには男女の区別がつく字を使ったほうが良いと思います。

例えば、「ひろみ」は男女につけられる名前ですが、男の子の場合は「広巳」、女の子の名前は「広美」とするなど字で判断できたら不便に思うことも少なくなるでしょう。 出典: nazukenotane.livedoor.biz

確かに「広巳」で女の子、「広美」で男の子と言われると、なんとなく違和感をおぼえます。それだけ、漢字の持つ印象というのは大きいということですね。

ひらがなも女性的な印象を与えるので、男性にはあまりふさわしくないようです。

夫婦で名前の好みが違い意見が合いません、どうしたらいいでしょう?

けんか

納得のいくまで話し合ってください。

他人に口出しされて苦労する人も多いのに、夫婦で好みの違いを話し合えるなんて最高ですよ。

相談がまとまらない場合に備えて、男の子なら父親が決定権を、女の子のなら母親が決定権を持つというように約束をするのもいい方法です。

ひとつだけ言わせていただければ、母親が絶対にイヤだという名前だけはつけないほうが無難です。

子どもの名前は、圧倒的に母親が呼ぶことが多く、呼ぶたびに母親が気分を悪くすると親子関係にもよくない影響が出るからです。
出典: nazukenotane.livedoor.biz

もしかしたら、名づけというのは夫婦の価値観の違いをはっきりさせ、子育てに対して考え方を統一するよい機会なのかもしれません。

どちらかが納得しないままに名前を決めてしまっては、子供の名前を呼ぶときにずっとそのモヤモヤがついて回ります。子ども自身のためにも、しっかり話し合いをしたほうが良いですね。

名前は変えられるの?

役所

名前を変更する理由にもよります。

出生届を役所に提出したあとで、「やっぱり気に入らないから変えたい」とか「字画が悪いことに気づいたから変えたい」という理由では変更できません。

名前を変更した理由が次にあげるケースに当てはまり、かつ「正当な事由」と認められた場合のみ改名が許可される仕組みになっています。

●奇妙な名である
●難しくて正確に読まれない
●同姓同名者がいて不便である
●異性とまぎらわしい
●外国人とまぎらわしい
●神官・僧侶になった、または神官・僧侶を辞めた
●通称として永年使用した
●その他

名前を変更したい場合の受け付け窓口は、原則として家庭裁判所です。

名前は子どもに一生ついて回る大切な無形の財産です。

一度つけた名前は変更できないと考え、慎重に選ぶ必要があると言えるでしょう。
出典: nazukenotane.livedoor.biz

挙げられている「正当な事由」を見ると、変更はかなりハードルが高そうですね。途中で名前が変わると、子ども自身も混乱してしまうことと思います。

「奇妙」「読みづらい」「まぎらわしい」というのは個人的な印象もありますので、夫婦だけでなく周囲の人に候補の名前を伝え、感想を聞いてみましょう。

ライターのリアルな名づけ体験談

ライターには3歳半の長男、1歳の長女がいます。

子供の名前を決めるのは楽しかったですが、とても難しい作業でもあり、夫と一緒にかなり悩みました。そのときに心がけていたことを簡単にまとめました。

3つの「やすさ」を大事にしました

書く

「よみやすい」「かきやすい」「よびやすい」の、3つの「やすさ」を大事にしました。

私の名前は、漢字自体はそれほど珍しくないのですがちょっと特殊な読み方をします。始業式では毎回のように先生に間違った読み方をされ、そのたびに訂正していました。また、夫の名前は画数が多く、特に漢字で名前を書くようになってからは面倒だなと感じることもあったそうです。

二人とも親がそれぞれに願いをこめてつけてくれた名前ですし、名前自体に不満は持っていません。それでもわずらわしさを感じないほうがいいだろうと思い、子供たちには、読みやすく書きやすい、そして親が呼びやすい名前をつけようと夫婦で決めました。

姓名判断はほどほどに

占い

いろいろ考えるうちにいくつか案が出てきたので、姓名判断をしてみることにしました。念のため複数のサイトや本で調べてみたのですが、何とそれぞれに違う結果が出るのです。

実は、姓名判断にはいくつもの流派があり、同じ漢字でも画数のカウント方法が異なることがあるのです。たとえば、「波」のさんずいは3画ですが、さんずいの元になっている「水」から4画と計算する流派もあります。また、総画数を重視するか、漢字ごとの画数のバランスを重視するか、など見るポイントもそれぞれに異なってきます。

全ての流派で吉とされる名前も存在するでしょうが、それを調べるには途方もない時間と根気が必要です。それだけの労力を姓名判断に使うのは、何となく違うような気がしました。

姓名判断はあれもこれも!と調べたくなりますが、1~2つに絞ったほうがいいと思います。私は図書館で借りてきた本で簡単に調べ、それ以外の本やサイトはあまり見ませんでした。

最後は子供の顔を見て決めました

新生児

夫婦で楽しみつつ悩みつつ、最終的に候補となる名前をいくつか絞り込んだのですが、そこからなかなか一つに決められませんでした。そこで、複数の中から、最終的には産まれてきた子供の顔を見て決めることにしました。

実際、出産後落ち着いてから顔を見ると、「あ、この子は○○だな」と思いました。どこがどのように、とはうまく言えないのですが、親の勘のようなものかもしれません。夫にも聞いてみたところ、やはり私と同じ名前を推したので、あっさりと決まりました。

親からもらった名前で生きていく、ということ

出産

名づけにおいて大切なことは、テクニックに走りすぎないこと、そして子供の一生を考えて決めることではないかと思います。親は子供の面倒を見ますが、子供はあくまで自分とは別の人格である、という意識を持つといいのかもしれません。

悩むのは、それだけ子供を大切に思っている証。悩んで悩んで、自分が納得できる名前を探し出してくださいね。

「赤ちゃん」「名づけ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!