グローバルな女性になって欲しい!海外でも通じる名前~女の子編~

お腹の赤ちゃんは女の子!古風な名前も素敵だけれど、海外でも通じるような、国際色豊かな名前をつけてあげたい・・・名付けで悩んでいる夫婦も多いかもしれません。海外からの旅行客の数も過去最高、2020年には東京オリンピックも開催と、日本は更にグローバルになっていきます。そして海外で活躍する女性もさまざまな分野で増えています。今回は、欧米でも通じやすい女の子名前と名付けの際の注意点をいくつかご紹介します。

海外でも通じる名前をつけたい!気をつけることは?

めでたく妊娠!さぁ、名前はどうしよう・・・?と、まず、赤ちゃんに付ける名前で悩む夫婦は多いのではないでしょうか。

古風な名前から、キラキラネームと呼ばれる今時の名前まで、子供の名付けは本当に人それぞれです。最近では、子供に国際人になってほしい!と、男女問わず、海外、特に欧米で通用する名前をつける人が増えています。

付けたはいいけれど、実は外国人には読みづらい名前だった、ネガティブな意味があったなどという可能性も。そうなると一番困るのは子供ですよね。後悔しないためには、どんなことに注意したらいいのでしょう?

発音が難しい名前は要注意

日本人にとって苦手な発音があるように、どの国の人でも不得意な発音はあります。

例えば、英語圏の人は「つ」「りゃ、りゅ、りょ」「ん」の発音が苦手と言われています。なぜなら、英語には存在しない音だから。日本語を学ぶ外国の方は、これらの音の入った日本語にはとても苦戦するそうです。

また、日本人にとっては「L」と「R」の発音は似たようなものですが、海外では全く異なります。日本で使われているヘボン式ローマ字は「R」ですが、日本人のラリルレロの発音は、外国人からすると「L」に近いようです。そのため、名前がきちんと名乗れない、呼ばれない、なんてことも。

え・・・そんな風に聞こえてしまうの?

意味

日本語ではとても素敵な響きで可愛らしい名前なのに、実は海外に行ったらとんでもない意味だった!ということもしばしば。また、発音の仕方で名前ではない言葉に聞こえてしまうケースもあります。

例えば「アユミ」、可愛い名前ですが英語圏では「Are you me?」と聞こえてしまったり「サオリ」は、自己紹介で「I'm Saori」と名乗るとかなりの確率で「I'm sorry」と聞こえてしまったりと、なぜ謝るの?と疑問に思われるなんてことも。

あまり神経質になっても仕方がありませんが、もし実際に海外に住む予定があるのならその国での意味や聞こえ方くらいは調べておいたほうがいいかもしれません。

男の子と間違われる名前もあります

男の子 女の子 外国

「オ」の音で終わる名前は、ラテン語圏では基本的に男性の名前とされています。

筆者の知人の「マリコ」さんは、イタリアに住んでいる頃に、オンラインの申し込みや書類などでいつも男性と間違われ、実際に会うと女性だったということで頻繁にびっくりされていたとのこと。ラテン語圏でメジャーな男性名、マルコさんやマリオさんと近い名前だからかもしれません。

逆に「ア」の音で終わる名前は、全部とは言いませんが女性の名前であることが多いです。

英語圏でも発音しやすい!海外でも通じるかっこいい名前 ~男の子編~

関連記事:

英語圏でも発音しやすい!海外でも通じるかっこいい名前 ~男の子編~

小学校から英語の授業が必須になったり、4年後には東京でオリンピックが開催…

欧米でも通じやすい女の子の名前20選

ひとくちに海外と言ってもそれがアメリカなのか、ヨーロッパなのか、アジアやアフリカなのかでも変わってきますがここでは英語とラテン語の国の名前をベースにご紹介します。

名前の由来はもちろんですが音の響きの好みや苗字とのバランスを考えながら決めていくのが良いかと思います。

1. アリス(Alice)

外国 女の子 お茶

物語「不思議の国のアリス」や、ディズニーキャラクターとしてのイメージから、女の子らしく可愛らしい名前として付ける方が多いようです。もともとはドイツ語で「高貴」という意味がありますが、現在は英語圏やフランス語圏で非常にメジャーな名前で、不思議の国のアリス以外にも、さまざまな物語や歌に使われています。

最近では、女優の広瀬アリスさんの影響もあって、主に若いママの間で人気が上昇しているようです。

2. アンナ(Anna)

外国 女の子 雪

日本での読み方は「アンナ」ですが、英語圏での発音は「アナ」。あの大ヒット映画「アナと雪の女王」の主人公と同じですね♡

もともとはヘブライ語の「恩恵」を意味しています。イエスキリストの母・マリアの母親として聖書にも登場していて、欧米では伝統的な名前です。日本では「杏奈」「杏南」など、あんずという字を使うのが流行しています。

梅宮アンナさん、土屋アンナさんなどに見られるように欧米系のハーフの女性にも多い名前です。

3. エミリ(Emily)

外国 女の子

「エミリ」という名前は、英語圏では「エミリー」と発音します。ラテン語で「賞賛する、賛美する」という意味があります。また、古代ヨーロッパの部族の言葉で「勤勉」という意味もあり、アメリカやオーストラリアで、現代も人気のある名前です。

可愛くて女の子らしい名前なので、日本でもよく見かけますよね。ハーフやクォーターの子にも人気がある名前です。日本人にも発音しやすいのがいいですね。

4. エリカ(Elika/Erica)

外国 女の子 ピンク

日本でも馴染み深い名前のエリカ。男性名「エリック」の女性形で、海外でもよく使われている名前です。日本では、可愛らしいイメージの「エリカ」ですが、欧米では、元気で活発なイメージのようです。

アフリカ大陸や地中海地方で咲くツツジ科の花「エリカ(Erica)」から付ける人もいます。沢尻エリカさんは、アルジェリア生まれのお母さんが、この花にちなんで名付けたそうですよ。とても似合っていますね。

5. エレナ(Elena)

女の子 アップ

「エレナ」という名前は、ギリシャ神話に登場する絶世の美女・ヘレネーに由来していて「輝くもの」という意味があります。主にロシアやヨーロッパで広く使われている名前です。英語圏では「ヘレン(Helen)」となります。

由来や意味も素敵ですが、エレナという名前の響きが綺麗で素敵ですよね。漢字をあてても3文字になり、また画数が多くなりがちな名前ではあります。苗字とのバランスを考えて、素敵な字をあててあげたいですね。

6. カレン(Karen/Caren)

女の子 可憐

カレンはラテン語で「純粋」という意味があり、欧米では幅広く人気の名前です。日本でも「可憐」という言葉があるので、愛らしい女の子になって欲しいと、こちらの意味で付ける方が多いのではないでしょうか。

日本ではスタイリッシュなイメージの「カレン」ですが、もともとは「キャサリン」という名前の略称ということもあり、ヨーロッパでは逆に、伝統的なイメージの名前なようです。

7. ケイ(Kay)

女の子 笑顔

アルファベットの「K」と同じ発音であることから、海外でも親しみやすい名前の「ケイ」。日本では、男女問わず使われている人気の名前ですね。呼びやすく、凛とした印象があります。

爽やかで中性的な名前ですが、漢字によって印象が大きく変わる名前のひとつです。例えば「京」や「佳」の字を使うと、ぐっと女性らしい名前になりますね。女の子と分かりやすくするために、敢えて「衣」などの漢字を後ろにつけて、2文字にする方もいるとか。

8. サラ(Sara/Sarah)

女の子 花

ヘブライ語で「淑女」「王女」の意味を持つサラ、欧米でとっても人気の名前です。日本でも「沙羅双樹の花」から名前を付ける人もいますね。漢字も当てやすいので、近年人気の名前です。

女子スキージャンプの高梨沙羅選手と、アメリカ人のサラ・ヘンドリクソン選手がライバル関係にあり「ふたりのサラ」として話題になりましたね。

9. ジュリア(Julia)

女の子 アップ

ヨーロッパ系の女性に多い名前の「ジュリア」。ローマのユリウス氏族に由来し、若々しく、優しいという意味があります。国によっては「ユリア」と発音することも。

日本でも、外国的な名前にしたいという方から人気があります。漢字では3文字になることが多いようです。「ジュ」の漢字は、樹や珠など、良い意味の漢字も多いので、難しそうに思えますが、意外と名付けしやすい名前です。

10. ナオミ(Naomi)

女の子 モデル

ナオミは旧約聖書にも登場する伝統のある名前で、「楽しい」という意味があるそう。英語圏だと「ネオミ」という発音に近くなります。

日本でも「直美」「尚美」などメジャーな名前ですし、海外でもスーパーモデルのナオミ・キャンベルや、女優のナオミ・ワッツなど著名人も多いです。日本的な名前でもあるので年配の方の受けもいいかもしれません。

11. ハナ(Hanna)

女の子 花

2015年の名前ランキングの読み方部門で1位になった「ハナ」、今大人気の名前です。「はなちゃん」という響きはとても可愛らしく親しみやすくしかも呼びやすい。1位になるのもうなずける気がします。

海外では主にヨーロッパで使われている名前です。読みは「恩恵」「恵み」を意味するヘブライ語の人名カンナハに由来しています。

12. マアサ(Martha)

女の子 遊び

「マアサ(マーサ)」はもともとは「マルタ」という女性という意味を持つラテン語からきていて、中世の宗教画にも登場する、由緒ある名前です。

「マアサ」と言えば、まず一番に浮かんでくるのは、フリーアナウンサーの高橋真麻さんではないでしょうか。彼女のイメージもあり笑顔の似合う明るくて親しみやすい名前という感じがします。ただヘボン式ローマ字「Maasa」では海外では通じないのがデメリットかも。

13. マヤ(Maya)

女の子 畑

マヤはローマ神話に出てくる豊穣の女神の名に由来しています。また、お釈迦様の母親も「摩耶(マーヤー)」といいう名前です。メキシコのマヤ文明もありますので割とどこの国でも馴染みがあるかもしれませんね。

海外では女性らしい名前として人気があります。日本でも響きが可愛らしくてかつ呼びやすい名前であることから年代を問わず好まれている名前です。

14. マリエ(Marie)

女の子 花

「マリエ」という名前には、ハワイ語で、穏やかな、静かなという意味があります。ハワイ語には素敵な意味のある言葉が多く、最近では木下優樹菜さんの娘さんやはしのえみさんの娘さんなど有名人でもハワイ語にちなんだ名前をつけるのがブームになっていますよね。

日本でも馴染みがあり漢字もつけやすく全く浮く心配のない名前ですが、欧米では「マリー」と発音されることもあります。

15. マリア(Maria)

女の子 外国

「マリア」という名前は、誰もが想像するように海外ではキリストの母である「聖母マリア」からつけられている非常にポピュラーな名前です。そのためか、清純な雰囲気がありつつどこか高貴な感じのする名前でもありますよね。

日本でも意外と馴染みやすい名前でハーフの子にも多くつけられているようです。海外でも発音しやすくどこの国でも女性の名前として通用するのもGOOD。

16. ミア(Mia)

女の子 友達

ラテン語で「私のもの」という意味のある「ミア」。最近、海外でも人気の名前で、特にオーストラリアでよく名付けられているとか。

呼びやすく、親しみやすいミアちゃん。漢字もさまざまですが、最近では「愛」を「あ」と読ませるのが流行っているので「深愛」「心愛」などもあるようです。

17. メイ(May)

女の子 風船

5月という意味を持つ「メイ」。日本では、新緑が美しく輝く、1年で最も良い季節で、5月生まれではなくても思わずつけたくなる意味の名前ですよね。

メイと言えば、やはり「となりのトトロ」のサツキの妹・メイのイメージが強いのではないでしょうか。実際に、となりのトトロを観てその名前に憧れ、生まれ月に関係なく、娘の名前を「メイ」にしたという方も多数いるようですよ。

18. メグ(Meg)

女の子 花

「メグ」は、マーガレットという女性名の略称でもともと「真珠」という意味があります。白く可憐な花の名前としても有名ですよね。

日本でも「メグミ(恵)」という意味の良い伝統的な名前があるので、海外だけではなく日本の幅広い年齢の方から親しまれる名前です。

19. リサ(Lisa)

女の子 走る

「リサ」は、エリザベスの略称で主に英語圏やドイツ語圏で使われているとても伝統的な名前です。日本でも漢字もバリエーション豊富で響きも綺麗、それでいてグローバルな雰囲気の名前であることからここ数十年ずっと人気の名前です。

ただヘボン式ローマ字で「Risa」と書くと、英語圏では「ライザ」「リーザ」と発音されてしまいリサとは発音されない、という問題はあるようです。

20. レナ(Lena/Rena)

女の子 外国

「レナ」はヘブライ語が語源で「喜び」という意味です。欧米のみならず、ロシアでも人気のある名前です。

「あまちゃん」で一世を風靡した女優・能年玲奈さんや、元SKE48の松井玲奈さんのイメージもあり、とても女の子らしく、可憐な雰囲気のする名前ですよね。ハーフの女の子にもよく名付けられているようですよ。全体的に、二文字で「◯奈」「◯菜」という名前は、まさに今の名付けのトレンドと言えるかもしれません。

ハワイ語由来のスピリチュアルネームが人気な理由とは?子供の名前に込められた素敵な言葉の意味と漢字の当てはめ方

関連記事:

ハワイ語由来のスピリチュアルネームが人気な理由とは?子供の名前に込められ…

木下優樹菜さんこと「ユッキーナ」の第二子の誕生が話題になりましたが、ハ…

名前は両親からの最初のプレゼント!素敵な想いを込めて♡

女の子 赤ちゃん プレゼント

女の子の名前を沢山ピックアップしましたが気になる名前はありましたか?

グローバルな社会になってきているとはいえ、まずは日本で呼びやすい名前であることが大切かと思います。また、外国でおかしな意味にならないかは、確認しておいたほうがいいかもしれませんね。

名前は両親から赤ちゃんへの最初のプレゼント。素敵な想いを込めて後悔のない名付けをしてあげたいですね。

「女の子」「名前」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!