タオルがなんか臭う...あきらめる前に試したい簡単殺菌&予防術

お風呂上がりのバスタオルから嫌な臭いが漂ってくることはありませんか?実はその原因は雑菌。繊維の奥までもぐりこんでしまった雑菌は、洗濯しても取りきれず、タオルが湿るたびに臭いを発します。そんなタオルを「もうだめだ」と処分してしまう前に試したい、繊維の奥の雑菌を除去する方法と、雑菌の繁殖を予防する方法をご紹介します。お風呂上がりのバスタオルを快適に使いましょう!

お風呂上り、タオルが臭ったことはありませんか?

洗ったはずのバスタオルから嫌な臭いが漂っていることはありませんか?せっかく洗濯したバスタオルが消臭されていないと、なんだか残念な気持ちになりますよね。

タオルの臭いに悩んでいるTwitterユーザーの声

臭い

タオルの臭いには、多くの人が悩んでいます...。

部屋干しは臭う...

部屋干ししたタオルは乾きにくく、臭いが出やすいです。そのせいで部屋までくさくなってしまうと、泣きたくなりますよね。

首にかけたタオルが...

首 タオル

汗を吸収するために首にタオルをかける人も多いのですが、汗を吸って水分を含んだタオルから臭いがすることも。単なる汗の臭いではなく、なんだかカビ臭いような臭いがする場合もありますね。

首は鼻と近いので、臭ってくると不快です...。

洗濯したのに臭うなんて

せっかく洗濯したタオルが臭うと「せっかく洗濯したのに」と悲しくなりますよね。当日は臭うタオルを使わなくてはいけないのもつらいです。

どうして臭いがとれないのかと、イライラしてしまいます...。

臭いにおいの原因は「雑菌」でした

菌

バスタオルの臭いの原因は、雑菌。原因は、生乾きのタオルが長時間放置されることで、空中に浮いている雑菌が付着して、そこで増殖してしまうこと。

菌は根が深く、繊維の奥の方までいきわたってしまうため、普通の洗濯では除菌しきることができません。何度洗濯しても、濡れるたびに復活してくる嫌な臭いに「もうこのタオルはダメだ」と、処分したくなることも。

しかし、捨ててしまうのは少し待ってください!もしかしたらそのタオル、復活するかもしれません♡

殺菌していい香りが復活!忙しくても試せるタオル救済術

タオル

タオルの臭いはなんとかしたい!でもママの時間は少ないですよね。「手間のかかる方法は無理」というママでも試すことができる、タオル救済術を調べてみました。

雑菌がいなくなれば、タオルもあの頃の輝きを取り戻すはず。捨ててしまう前にぜひ1度試してみて下さい。

タオルを鍋で「煮洗い」する

まずはタオルを煮洗いする方法があります。家庭にあるお鍋に水を入れて煮立たせ、酸素系漂白剤を入れたあとタオルを入れ、3~5分程煮ます。

雑菌は熱に弱く、普通に漂白剤を入れただけでは浸透しきれない場所にある菌も、熱でなら一気に殺菌可能です。煮込んだ後は火を止めて、お風呂のお湯くらいの温度になるまで冷ましたあとに、普通の洗濯ものと一緒に洗濯します。

赤ちゃんに使うタオルなど、漂白剤の成分が気になる場合には重曹を使うこともできます。

この方法だと臭い戻りも少なく、一発で臭いが取れます。ただし、長く煮すぎてしまうと繊維を傷ませてしまうため、短時間でサッと済ませるようにしましょう。

粉末の酸素系漂白剤につけ置きする

つけ置き

みなさんは液体の酸素系漂白剤と粉末の酸素系漂白剤の違いを知っていますか?実は、同じ酸素系の漂白剤でも、粉末の方が漂白する力が強いのです。

液体の漂白剤は、漂白成分だけでできたものではなく、過酸化水素水に界面活性剤などの洗剤成分を混ぜたもの。一方粉末の酸素系漂白剤はほとんどが過炭酸ナトリウムという物質という漂白成分でできています。そのため、液体よりも漂白(殺菌)する力が強いのです。

そのため、強力に臭いがついてしまったタオルの場合は粉末の酸素系漂白剤を使うのがおすすめ。また、漂白剤はお湯に溶かして使った方が格段に効果がアップするので、40~50℃程度のお湯を使って漂白しましょう。

かなり頑固な臭いでも取ることができ、お湯と違ってつけ置き中は目を離していても大丈夫なので、子供が起きている時間でもササッとつけ置きしておけますね。放置する時間は取り扱い説明をよく読んで、放置しすぎないようにしましょう。

コインランドリーの「高温ガス乾燥」を利用する

コインランドリー

意外と知られていないのが、コインランドリーにある高温ガス乾燥機能。60℃以上の熱風を使用して乾かすため、雑菌を除去することができるのです。

コインランドリーだからこそ、シーツやタオルケットなど、汗が染み込んだ大物も乾かすことができます。「最近タオルケットが臭う」「季節の終わりにはスッキリさせたい」という方は、ぜひちょっと足を伸ばして利用してみてはいかがでしょうか。

ちなみにコインランドリーでタオルなどをなるべく早く乾かすためには、乾いたバスタオルを1枚混ぜて乾燥させるのがおすすめ。乾いたタオルが周りの洗濯物の余分な水分を吸い取り、早く乾燥させることができますよ。

一度取れた臭いを復活させない!タオルの臭い予防法

タオルが臭わないようにするには、まず雑菌が繁殖する環境を作らないこと。

雑菌が繁殖する条件は、水分(湿度)があることと、温度が雑菌の繁殖に適していること。一般的に菌の繁殖に適した温度は10℃から45℃で、特に30℃~36℃で最も活発に活動すると言われます。こうした環境にだいたい20分程度放置されると、すぐに雑菌は繁殖を始めてしまうのです。

そのため、家庭では以下のようなことに気を付けましょう。

使用後のタオルの保管に注意

洗濯籠

まずは使い終わったタオルの保管方法が大切です。お風呂上りに体をふいたバスタオルを、そのまま洗濯カゴに丸めて入れて放置してしまっては、お風呂のお湯で温度が高い上に、水分もたっぷりの状態。さらに体の皮膚についた汚れやたんぱく質もエサになってしまうため、どんどん菌が繁殖するきっかけに...。

使用後のタオルは広げておいて、洗うまでの間でできるだけ乾燥させるようにしましょう。

洗濯したタオルはすぐに干す

干す

洗濯した後のタオルも要注意。洗濯が終わったのに洗濯槽の中に入れっぱなしにしておくと、湿度と温度がどんどん上がり、菌が繁殖してしまう原因に。

「洗濯したから無菌じゃないの?」と思われてしまいそうですが、繊維の奥には取りきれない菌が残っていて、放置される時間にそれを種に繁殖してしまうのです。

洗濯が終了したタオルはすぐに干して、菌を増やさないようにしましょう。

洗濯槽をお掃除してカビを除去

毎日使っている洗濯機。洗濯槽の中はお掃除していますか?

洗濯が終わった洗濯機の中には、洗濯で取れた汚れと水分(湿度)が残っています。その状態で周りの温度があがってくると、カビなどの菌が繁殖する状態になってしまうのです。

できれば1~2ヶ月に1度は、洗濯槽用の洗剤を使って掃除をしたいですね。

家族の快適さのために…雑菌臭からタオルを守ろう!

タオル

毎日洗濯物を外に出せればよいのですが、天候が不安定な日も多く、部屋干しになってしまうことも多いですよね。

そんな毎日でも、日々使うタオルは気持ちよく使いたいもの。臭ってしまったタオルは殺菌で復活、そして臭わないタオルはこのまま気持ちよく使えるよう、菌予防をしていきたいですね!

「タオル」「カビ」「臭い」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!