最新!2016年秋冬のトレンド大集合!今年絶対に真似したいママコーデ12選

9月に入って日も短くなり、涼しいと感じる日も増えてきましたよね!街中のショーウインドウもすっかり秋の装い。今回は2016秋冬ファッションのトレンド・傾向、ママにぴったりなキーワードアイテムを使用したおすすめコーディネート例を紹介します!ポイントを把握しておけば手持ちの服でも秋冬コーデになりますよ!是非自分のクローゼットの中身を確認しながらコーディネートの参考にしてみて下さいね♪

2016年秋冬ファッションのトレンド・傾向は?

まだまだ残暑が厳しいですが、街を歩くとマネキンの装いは早くも秋の装いに変わっています。

子育てしながらだとなかなかゆっくりトレンドチェックをしたり、実際にお店で商品を手に取ったりする事が難しいですが、それでも流行をしっかり押さえてお洒落なママでいたいもの。

今回は2016年秋冬ファッションのトレンド・傾向、そしてキーワードになるアイテムを使ったコーディネート例を紹介します。是非参考にしてみてくださいね!

2016年秋冬ファッションのポイントはココだ!

2016年秋冬ファッションのポイントを挙げると以下の3つ。

70~80年代レトロの流れは継続

70~80年代レトロの流れは今季もそのまま継続しそうです。

レトロとは「ノスタルジック」「古風な」という意味で、洋服のデザインや着こなしで言うとオフショルダーやラッフルスリーブのトップス、チェック柄や幾何学模様、ロングスカートにトップスイン、ニットをスカートやボトムスにインなどが挙げられます。

ビッグシルエット、Iラインシルエットの流行りも継続

今年の春から夏にかけても同じようなデザイン・着こなしは流行っていたので、色や素材を秋冬っぽいものに変えるだけで十分ポイントはおさえられます。

同様にビッグシルエットやIラインシルエットの流行りもそのまま継続しそうなので、少し大きめデザインのトップス、コーディガンやロングジレなどを使ったコーディネートも活躍しそうです。

トレンドカラーはテラコッタ、マスタード、カーキ、ブラウン、スモーキーブルー

トレンドカラーは既にじわじわ人気が出ているテラコッタを始め、マスタード、カーキ、ブラウンの他に少しくすみがかったスモーキーブルーなどをうまく取り入れれば一気にトレンドに乗れるでしょう。

ママにもピッタリな秋冬コーデ12選♡

先程挙げたポイントを踏まえたママにもピッタリな秋冬コーデをファッションコーディネートアプリWEARから選りすぐって12種類紹介します。

すぐ真似できそうな着こなしばかりですので是非実践してみてくださいね!

1.テラコッタカラーを差し色に!秋色コーディガンコーデ♡

こなれ感が出るコーディガンコーデは今年の秋も流行中。秋らしいコーディガンを羽織るだけで一気に秋らしい装いになります!

トップスを着て抱っこ紐を装着した後にコーディガンを羽織れば見た目がもたつきがちな乳幼児ママコーデも幾分すっきりした感じになり、また腰回りなどの気になる部分を隠して縦長の綺麗なシルエットを作れます。

2.MA-1を羽織って甘辛MIXコーデ♡

今年の春にも流行ったブルゾンは防寒性があるので秋冬コーデにも大活躍!

丈が短いので、公園に行っても裾を砂などで汚してしまう心配もなく子供と沢山走り回れます。元気な男の子のいるママはゲットしたくなっちゃいますね。

またMA-1自体はボーイッシュな見た目ですが、女性らしいコーディネートに合わせるだけで甘辛コーデが出来上がるので使い勝手が良いのも嬉しいポイントです。

3.ロングTを使って縦長綺麗シルエットコーデ♡

ロングTは夏から人気が続いていますね!写真の様に横に長いスリットが入ったデザインの物だと、横から見ても女性らしさが感じられます。

ロングTは裾が長い分、前・後ろ・横360度の体形カバーになるとってもお役立ちなアイテムです。

しゃがんだ時背中が丸見え・・・!という事も無いので、立ったりしゃがんだりの上下運動が何かと多いママには助かりますね。

4.ロングジレですっきりIラインコーデ

長いジレにロングボトムスを合わせるLong&Longスタイルは縦ラインがスラッとしたシルエットが魅力的ですね。

1枚羽織るだけで雰囲気が変わる以外にも、気になるお腹や腰回りの目隠しにもなるのでお役立ち度は高めです!

気づいたら毎日カットソーとデニムの組み合わせばかり着てる・・・というママは是非取り入れてみてください。

ジレの中に合わせる服にシャツを選べば授乳中でも着こなせますよ。

5.組み合わせ無限大!秋のレイヤードコーデはこれ♡

レイヤードキャミコーデは春から夏にかけて着こなしを楽しんだ方も多いのではないでしょうか?

色味や素材を変えれば秋冬にも楽しめるコーデなのでまだ試したことない方はチャレンジしてみてもいいかもしれません。

秋のレイヤードはワンピで重ねると可愛い♡女性らしさを出せて且つウエスト回りやお尻を上手にカバーできるので、おススメのコーディネートです。

キャミソールのみをニット素材などの秋冬向けの物にしても十分季節感が出ますが、ニットオンニットにするとお洒落度UPです!

6.1枚でトレンド感抜群!ラッフルスリーブトップスコーデ♡

子育てをしているといつの間にか二の腕が逞しくなってしまった・・・というママも多いのでは?

そんなママには二の腕をうまくカバーしつつ女性らしさも出せるラッフルスリーブのトップスがおススメです!

流行りである70~80年代レトロの流行を取り入れつつ、手先に向かって袖口が広がるデザインのおかげで二の腕の形を綺麗にカバーできます。

店頭には秋冬色カラーの物や、秋冬向けのスエード素材の物などが並んでいるので一度チェックしてみるといいかもしれません。

7.ワンピースにも羽織にも使える!ロングシャツワンピコーデ♡

ロングシャツワンピは一枚でワンピースとしても、前ボタンを全て開け袖まくりをして羽織物としても使えるので、ママにはありがたい&ゲットしておきたいアイテムの一つ。

授乳中だとワンピースを着るのを諦めてしまいがちですが、シャツワンピならボタンを開けられるので心配することなく着られますね。

ワンピース付属もしくは手持ちのベルトをウエストマークで追加するかしないかでも雰囲気が全く変わってくるので、テクニック次第で何通りでも着こなしを楽しめるのも魅力的ですよ!

8.キレイめママコーデなら断然ニットセットアップコーデ♡

ニット素材のセットアップはこの秋冬要チェックなアイテム!

上下で着れば適度に体のラインが出て女性らしい縦長のすっきりしたIラインシルエットが完成します。

またセットアップの強みはトップスとスカートが分かれているところ。これなら授乳中のママでも安心してワンピーススタイルを楽しめます。

上だけもしくは下だけニットを着て、手持ちの服やスカート・ボトムスと合わせて着れば着こなしの幅も広がるのも嬉しいですね。

9.色や素材を秋冬仕様に!プリーツスカートコーデ♡

幅広い年代の女性に支持されてブームとなっているプリーツスカートは、ウエスト部分が総ゴムになっているデザインの物が多いので、産後の体形を戻し中のママや、デニムなどだと帝王切開の傷に当たって痛いと言うママにもおススメ!

春先~夏にかけては透け感のある素材や涼しげな色味の物が人気でしたが、秋冬らしさを出したいならスカートの素材や色をシフトチェンジしていきましょう。

10.動きやすさとスタイリッシュさを両立できるジョガーパンツコーデ♡

デニムよりゆったりしていて、履きやすいと評判のジョガーパンツはこの秋冬もママにぴったりのアイテムです。

少しゆとりのあるデザインなのでウエスト回り、お尻回り、太もものシルエットを強調しすぎません。

それでいてつま先にかけてはほっそりしたシルエットなので、着ぶくれしたようにも見えないのも嬉しいですね!

合わせるトップス次第でカジュアルにもスタイリッシュにも着こなせます。

11.トレンドカラーのスモーキーブルーニットで爽やか秋コーデ

毎年秋冬のトレンドになるのはカーキやマスタード、ブラウンなどの少し重ための色味ですが、今年はそれらに加えてスモーキーブルーもおすすめです。

写真の様なワインレッドの他に、ブラウンや、黒とも相性がいいので取り入れやすいです!

なかなかお買い物の時間が確保できないママは面積が広いトップスで取り入れてみてはいかがでしょうか?

少し重ためな色味の中に爽やかさをプラス出来て今年らしさが出ますよ。

12.レトロ柄は小物で使えば一気に70~80年代レトロコーデ♡

レトロな柄のチェック柄、アニマル柄、幾何学柄などはこの秋冬トレンドな柄ですが、なかなかトップスやアウターなど目立つ部分に取り入れるのは勇気がいる・・・というママは小物で取り入れてみるのはいかがですか?

トップスやアウターを新調するよりもお得に、且つ主張しすぎない程度にトレンドをアピールできて一石二鳥です!

例えば写真の様に幾何学柄のストールをアクセントとして追加すれば、万が一寒い場合子供にストールをくるんとしてあげることもできますよ。

秋冬も目指せ!お洒落ママ♡

今年の秋冬のファッショントレンドは春夏シーズンから大きな変化やニューアイテムの登場があるわけではないので、慌てて新しい服を買わないと!という事にはならなさそうです。

気になる商品をリサーチしつつまずは上だけ秋仕様に、もしくは下だけ秋仕様に・・・と少しずつ段階を踏んでいってもいいかもしれませんね。

ポイントさえ分かっていれば季節感&トレンド感抜群のコーディネートにすぐできるので是非自分のクローゼットの中身を一度確認してみましょう。

この秋冬も目指せ!お洒落ママ!

「秋冬」「トレンド」「2016」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!