知っている様で意外と知らなかった!小児科の疑問?

乳幼児の子育で小児科は目にし、かかりつけになっていると思いますが、何が専門分野で何歳迄小児科に受診可能でしょうか?又、体調不良で小児科病院が休診の時、救急病院へ行く?経過観察?を困惑時、医療従事者に直接相談できる公的機関もありますので、ご紹介します。

小児科は受診しているけれど、細かい事が分かりません。

小児科とは・・・?小児科の疑問

小児科は何歳まで受診できる?

「小児科」は新生児として誕生直後から中学校卒業までが一般的です。
その理由として、成長と共にかかる病気の種類の変化や、病状に合わせた投薬の種類・投薬量が大人とほぼ変わらなくなる為、卒業後は内科へ受診が一般的です。

小児科で診察して貰える病気は・・・?

「小児科」は子供の全部をまとめて診る科なので、キズ、打撲、骨折等創傷以外なら、「小児科」受診でOK!です。

又、「小児専門医」が常駐している小児科がありますが、2002年より実施され5年ごとの審査がある比較的新しい制度で、小児医療のスペシャリストの育成と、将来の小児医療を研究等を専門的に熟知していると、認知された医師に与えられる資格なので、より専門的に診て頂けるでしょう。

病気外の小児科との関係はあるの?

予防接種

小児科は病気の治癒以外にも、病気の阻止も小児科の役目です

  • 公費接種・・・麻疹・風疹・三種混合等
  • 任意接種・・・インフルエンザ・水痘・おたふく風邪等

健康診断・乳児健診

新生児1ヶ月健診は出産した産婦人科じゃなくても可能です

  • 新生児1ヶ月健診・乳幼児健診(集団又は個別)
  • 小学校の健康診断・指定校医・・・学校の近くで、学校等がそれぞれの専門分野の指定校医を決定します。

育児相談

少しの事でも気軽に相談しよう!ママの味方です

  • 初産の育児の困惑や悩み事
  • 乳幼児の発達・成長に関しての心配事
  • その他子供の事なら何でも・・・

どうしよう・・・子供が高熱を出した!のに小児科は休診、そんな慌てふためいて困惑している時に・・・

見つけた!ママたちの急な困ったを相談できます!

小児救急電話相談 #8000

短縮番号#8000は全国共通の番号になりますので、現在の最寄りの都道府県の窓口に自動転送し、休日・夜間の急な体調の変化の対処法や、今すぐ受診??の判断を相談出来る公的事業で、小児科医療従事者から症状により的確なアドバイスを受けられます。

都道府県により実地時間が違う場合がありますので、下記のリンクサイト『ONLINE-QQ こどもの救急』に#8000の詳細情報がありますので、合わせて御利用下さいませ。

ONLINE-QQ こどもの救急

小児科はママの味方(^-^)

改めて小児科の仕事や関わりについて知る事が出来て、『#短縮番号8000』や『ONLINE-QQ こどもの救急』が、少しでもママさん達の味方であり助けになればと思いから、効果的に活用して赤ちゃんにもママさんにも、心配・不安・負担の軽減になれば幸いです。

「小児科」「病院」「新生児」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!