ママの悩みに共感の声多数!パン耳さんが描く話題の育児ブログ「社畜の育児」が面白い

今アメーバブログで人気急上昇中の育児ブログ「社畜の育児」をご存知ですか?2児の母であるパン耳さんの育児絵日記には、たくさんのママたちから共感の声が多数寄せられています。その人気の秘密は、パン耳さんの飾らない子育てエピソードと、プロの漫画家のようなタッチで描かれる素敵なイラスト。子供が育つにつれ、どんどん現れるパン耳さんのお悩みエピソードがママたちには評判です。そんな「社畜の育児」についてご紹介します。

人気育児ブログ「社畜の育児」のパン耳さんってどんな方?

ご自身のことを「社畜」と仰っているパン耳さん、実は病院の放射線技師としてお勤めされているワーキングマザー。正社員の時短勤務で、お休みは日曜日のみという多忙な日々をお過ごしの中、このブログを描かれています。

8時から16時まで勤務し保育園にお迎え、17時30分ぐらいまではダンゴ虫をひたすら捕獲するなど外遊びを楽しむそうです。そのために、お休みの日に大量の作り置きおかずを作られている様子もブログで見ることができます。

そんな多忙な毎日をお過ごしのパン耳さんのブログは、2人の娘さんが巻き起こす驚きの出来事や育児の悩みについてが中心。毎日がバタバタなお母さんたちが共感してしまう内容となっています。

パン子ちゃんとミミ子ちゃん

パン耳さんのブログには、2013年9月生まれのパン子ちゃんと2015年5月生まれのミミ子ちゃんというお2人の娘さんが登場します。

長女のパン子ちゃんはすごく元気な子で、パン耳さん曰く「疲れることを知らない。外にでないと狂ってしまう」とのこと。お外遊びが大好きで、ダンゴ虫を捕まえたり、セミの抜け殻やBB弾を集めたりしている様子が見られます。

次女のミミ子ちゃんは、比較的手がかからないとのこと。断乳に成功してからは、食に目覚めてくれて二重あご気味になってきたとのこと。

2人の母親であるパン耳さんは本当に大変そうですが、ブログで描かれる2人の娘さんは本当に可愛いんです♡

2人のお子さんを溺愛する、母っぽいご主人

パン耳さんのご主人も時々登場します。パン耳さん曰くご主人は「私よりもお母さんっぽい」とのこと。

夜泣きがあり離乳食が進まないミミ子ちゃんのために「お盆休みの間に断乳しよう」と発案し、夜中の寝かしつけを担当し、七夕には短冊に「パン子のオムツが早くとれますように」「ミミ子がご飯をいっぱい食べますように」と書いちゃう素敵な父親っぷりです。

そんなご主人ですが、たびたび上半身裸にエルゴという姿で登場することも。何だかとても自由で楽しそうなご家庭ですね♪

ママ達が共感しちゃうお悩みエピソード7選

育児ブログ「社畜の育児」は何と言っても、パン耳さんの描く絵が素敵!クオリティの高すぎるイラストと面白い育児あるあるエピソードが人気の秘密です。

では、そんな「社畜の育児」でパン耳さんが描いた漫画の中から、子育て中のママたちが思わず共感してしまうお悩みエピソードを一部ご紹介します。

ママの悩み① 姉妹の荒っぽい遊び方

最近、パン子がミミ子と二人で遊んでくれるようになりました。

なのでその日も気軽にパン子にミミ子を託して夕飯作りをしようとしたら…
突然……

引き摺り回しの刑がなんの前触れもなく始まり
駆け寄ってミミ子を覗き込むと…… 出典: ameblo.jp

名付けて「市中引き摺り回しごっこ」!突然この光景を見たら、大人はびっくりしますよね!

ミミ子ちゃん、泣いてしまうかと思いきや、見たことがないぐらいの満面の笑み…。子供ってちょっと乱暴で雑な遊びが大好きですよね。後頭部は痛くないんでしょうか…?

でも、しばらくすると上の子が力加減ができず、下の子が泣いちゃうパターンも育児あるあるですよね。今後もとっても元気なパン子ちゃんとミミ子ちゃん姉妹の遊び方にもご注目です♪

ママの悩み② トイトレはパンツ選びから?

トイトレはパンツ選びから!!

なんか、名言というか格言というか
私には凄くカッコよく聞こえました(笑)

さっそく仕事が終わってパン子とミミ子を連れてパンツを買いに←仕事よりキツい

パン子の気に入ったパンツを買い
『これで全てが上手くいく……』
そう思った馬鹿な私……

世の中そんなに甘口じゃない… 出典: ameblo.jp

お子さんが2歳後半ぐらいになると、悩むママたちが多いトイレトレーニング。

職場の方からのアドバイスを受け、「お気に入りのパンツを買えばきっと上手くいくはず!」と思い、仕事帰りにパンツを買いに行ったというのに、パン子ちゃんは断固拒否。

最初にパンツでおもらしするとビックリして履きたがらない子っていますよね。その後、頑張って無理やりパンツを穿かせたらお漏らしされたんだとか…。

現在トイレトレーニングはしばらく休憩をとり、パン子ちゃんはオムツを履いて過ごしつつ、ゆっくりとトイレトレーニングを進めているそうです。いつかパン子ちゃんが「パンツ穿く!」と心の準備ができる日が来るといいですね。

ママの悩み③ 夜中に事件発生

全部、手で拾いました!!! 出典: ameblo.jp

パン子ちゃんとミミ子ちゃんが2人とも発熱し、お休みしていた日の夜の出来事です。

1日寝て2人とも翌日の夜に回復し、昼間寝てしまったため深夜0時半に2人とも起床してしまいました。そして2時半に事件は発生。枕の中身がばらまかれてしまいました。

夜中に掃除機はかけられませんよね…。ということで30分以上かけて、口に入れちゃうミミ子ちゃんを制止しながらのお片付けタイム。こんな日に限ってご主人は夜勤だったそうで、パン耳さんのこの日の就寝時間は1時間半となりました。風邪の看病に、夜中にお掃除まで…。お疲れ様でした!

実は結構同じような経験をされたママたちは多く、「枕を買い替える」「100円ショップで小さなほうきやちりとりを買っておく」等のアドバイスが寄せられていました。

ママの悩み④ 大事なものを忘れる

そう…パン子とミミ子の荷物!!!

二人分なので
・オムツ10枚
・お手拭きタオル6枚
・保育帳面2冊
・食事用エプロン2枚
・よだれ掛け 数枚
・手荒い用タオル1枚

だって、家に取りに帰ったら遅刻……

悲し気に微笑むことしか出来ない私…←笑ってる場合じゃない

いや、ちゃんと謝罪しまくりました…
人として!!! 出典: ameblo.jp

保育所の先生は
『いいですよ~こちらので対応しときますね~(仏顔)』

その笑顔が心に突き刺さる… 出典: ameblo.jp

雨の日の保育園の送り迎えって大変ですよね。年齢が小さいと抱っこしながら荷物も多い上に、傘もささないといけないため、さらに大変。

そんなある日、保育園グッズ一式を家に忘れてきてしまったパン耳さん。結局、パン耳さんは取りに帰ることができないので、夜勤明けのご主人が届けにきてくれたそうです。

意外にもこのエピソードも共感するママたちが多数。抱っこで送り迎えをする0歳児1歳児のお子さんのママたちは、靴を忘れることもあるんだとか。それぐらい働くお母さんたちは毎日バタバタで必死なんですよね。

ママの悩み⑤ ミミ子ちゃんの離乳食

ママたちが悩むことが多い「離乳食」。パン耳さんもその1人で、ミミ子ちゃんがトマトしか食べてくれず、机に乗ったり椅子に立ったり、ご飯をテーブルに塗りたくったりで、「ミミ子の離乳食が絶望的にしんどい」との呟きが。

「食べなかったら食べなかったで別にいいか…。」「いつかは食べてくれる日が来るはず!」と自分に言い聞かせつつも、一生懸命作った離乳食を全然食べてくれず、もしくは遊び食べで食卓をぐちゃぐちゃにされてしまうと、ママの疲労も倍増になりますよね。

この後日、断乳したことにより食に目覚めたミミ子ちゃん。随分離乳食も食べるようになり、ちょっと二重アゴになりつつあるんだそうです。よく食べてくれるとママは嬉しいですよね♡

ママの悩み⑥ パン子ちゃんの好き嫌い対策

最近パン子が嫌いな物を残すようになり
それを回避しようと、ある手段を試みました。

結果……
我が家の食卓風景 出典: ameblo.jp

森の食事会的な

森の食事会的な?

しかしキリンが食べさせると
嫌いなものも完食

母<父<越えられない壁<<<<キリン 出典: ameblo.jp

こちらの画像は漫画ではありませんが、パン子ちゃんの好き嫌い対策に臨んだご主人の姿です。キリンのお面をつけたご主人の姿がとてもシュールで笑えます…。

決してアプリで写真を加工したわけではありません!

100円ショップで購入したキリンのお面をつけて、パン子ちゃんにご飯を食べさせたら嫌いなものも完食したという不思議。108円のキリンさんの力…恐るべしですね。

ママの悩み⑦ 眠たさMAX時の帰宅

土曜日、私は午前のみ働いています。
何故なら土曜日は勤め先が半日なので…

よってパン子とミミ子を昼寝前の眠たさMAXの状態でお持ち帰りしないといけないのですが……

大体、ミミ子が車で寝落ち
普段なら問題なく帰れるのですが
この日は駐車場から5階の我が家に行く途中にパン子がぐずり出し

ナウシカで言うと王蟲暴走モード
しかし、仕事で昼御飯さえ食べれてない私は笑えなかった

そう、むしろ泣きたかった 出典: ameblo.jp

すると上の階に住む方が…

目をやると上の階に住む方……

そう言って私の荷物を持ち、
暴走するパン子をなだめて家の前まで来てくれました。

言葉にならないくらい
ありがたくて……

涙が溢れそうなくらい
嬉しくて……

お礼を言って、
家に大量にある茄子を渡しました。

その方は、自分も子育てが大変だった時いろいろな人に助けてもらったからって
懐かしそうに笑っていて……

私もいつか、
今の自分と同じように大変そうにしてる誰かが居たら『私も大変だったから』って笑いながら、この時もらった『優しさ』をバトンのように誰かに渡せたらいいな……っと…… 出典: ameblo.jp

上の子と下の子の年齢差が近くて兄弟姉妹が2人ともまだ幼い時って、2人同時に抱っこすることも難しく、思うように家に帰れずなだめても叱ってもダメ。途方に暮れる時ってありますよね。

そんな時に手を差し伸べてくれた、同じマンションの方。このような方が近くにいて助けてくれて、しかも笑顔で「大変よね」と共感してくれて…、行き詰まっていたママにとっては本当に嬉しい出来事だったのではないでしょうか。

子育てしていく中で厳しい意見や辛い出来事も多くありますが、このような場面に出くわした時、遠巻きに「大変だ」と見ているだけでなく、皆がこうしてお互いを助け合っていきたいものです。全ての人たちが「自分自身の子育てが落ち着いたら、いつか困っている誰かの力になろう」と思える世の中になれば素敵ですよね。

子育て中のママたちの心に響く、素敵なエピソードでした。

「社畜の育児」を読んだ方々のコメントを紹介

「社畜の育児」は、パン耳さんと同じくワーキングマザーの方を中心に、子育て中のママたちに人気急上昇中。毎日バタバタと仕事・家事・育児に大変頑張っていらっしゃる様子に共感の声が多数寄せられています。

「社畜の育児」を読んだ方々のコメントを一部ご紹介します。

大変なのは自分だけじゃないと励まされた

いつもブログ楽しく、共感しながら拝見さしてもらってます。私も働く一児の母です。うちは1人で毎日発狂しそうになりながら寝かしつけまで毎日怒涛の日々です。立ち仕事で子供がねるまで帰宅した後、座るまもなく家事育児をして、せっかく作ったご飯も投げられテーブルに塗りたくられると心が折れそうになりますが…
ブログを拝見してると大変なのは自分だけじゃないと思って励まされます。 出典: ameblo.jp

仕事は大変。だけど、仕事から帰った後の家事育児はもっと大変。ワーキングマザーの1日はめまぐるしく過ぎていきます。疲れた日にはママだって人間ですから、心が折れそうになる日もありますよね。

そんな働くママたちに勇気をくれるのがパン耳さんの育児絵日記ブログ「社畜の育児」です。同じ思いや経験をしているママ仲間がいると思うと、それだけでとても心強く励まされます。そんなコメントが、パン耳さんのブログには多数寄せられています。

作り置きが凄すぎて尊敬

二時間半で1週間分のつくり置き作りとか凄すぎますΣ(゜Д゜)尊敬します(;_;)
私は作り置きは必須だとアドバイスをもらっていたにも関わらず、手際が悪いためかいまいち休日にも時間が作れず毎日バタバタと手間のかからない料理で済ませてしまっている日々を送っております(;´_ゝ`) 出典: ameblo.jp

パン耳さんのブログやTwitterには、食事風景や作り置きおかずについての記事もよく登場します。

平日仕事の後に夕方お子さんたちとせっせとダンゴ虫拾い等の外遊びをするため、夕飯作りが楽になるよう作り置きおかずは必須とのこと。そこで、ご主人がお休みの日曜日の午後、娘お子さん2人をご主人に託し、作り置きおかずを2時間半で調理したという記事がありました。

その限られた時間に、1週間分のおかず(ポテトサラダ・もやしと小松菜のナムル・ひじき・切り干し大根・ハンバーグ・鶏そぼろ)を作り、その中からミミ子ちゃんの離乳食も取り分けて冷凍。

「手際が良くて凄い!」「うちも頑張らないと…」と尊敬コメントがたくさん寄せられました。

旦那さんの母親っぷりに羨ましい

旦那さん素敵すぎます!!
うちの旦那も協力的で私よりママっぽい事も多いですが、さすがに断乳を勧めるなんてなかったな。いつがタイミングかとかはわかってないし。
しかも勧める理由がご飯をちゃんと食べてほしいからだなんて! 出典: ameblo.jp

育児に協力的なご主人が増えてはいる昨今ではありますが、「ご飯をいっぱい食べてほしいし、いっぱい寝てほしいから」とご主人から断乳を勧められたり、断乳と卒乳の違いまで分かっていたり、ここまで母親的なご主人はなかなかいないのではないでしょうか。

毎日、仕事に家事育児に頑張っているパン耳さんも勿論凄いですが、ご主人も「育児に協力的で素敵すぎる!」「羨ましい!」との声が後を絶ちません。

「社畜の育児」で笑って、日々の疲れをふき飛ばそう!

仕事・家事・育児でめまぐるしい日々を過ごしている、お子さんたちが元気すぎて大変、激しいイヤイヤ期に突入、離乳食がなかなかうまく進まない、トイレトレーニングに苦労している、保育園にお子さんを預ける時に必ず泣かれてしまう、つい上の子を叱ってしまう自分に自己嫌悪…といった子育て中のママたちが必ずぶつかる壁。

そんな子育て中に必ずぶつかる悩みを、笑える漫画に変えて描いてくれるパン耳さんのブログは、同じく育児に悩みながらも奮闘するママたちの疲れを笑いでふき飛ばしてくれます。そして「悩んでいるのは私だけじゃない」「明日もがんばろう」と切り替えることができますよ。

ぜひ、いちおしの育児ブログ「社畜の育児」を読んでみてください。

※ママリの育児マンガ募集に応募してくださったマンガ家さんのイラストを記事にさせていただきました。

社畜の育児

「育児漫画」「アメブロ」「パン耳」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!