聖路加産科クリニック(東京都中央区)体験談

東京都中央区は、分娩可能な病院が少ないことで有名。なんと聖路加国際病院と、そして今回紹介する聖路加産科クリニックの2ヶ所のみなんです!助産師さんの丁寧なケアを受け挑む出産は、医療の力を最小限に借りるスタイルながらいざというときは隣接する聖路加国際病院のサポートがあるので安心です。検診から産後のサポートまでこまやかで嬉しいポイントがいっぱい!ぜひ産婦人科選びの参考にしてみてくださいね。

大病院に隣接する安心の聖路加産科クリニック

分娩を行う施設には大きく分けて病院と助産院のふたつがあります。

そのいいとこどりをしたのが、この中央区にある聖路加産科クリニック。頼れる助産師さんは小さな不安も解消し、自分なりのお産のサポートをしてくださる大きな味方!心穏やかに出産準備ができる場所です。

基本情報

検診

  • 住所:104-0044 東京都中央区明石町1-24
  • 電話番号:03-5550-7177(代表)
  • アクセス:東京メトロ日比谷線築地駅より徒歩7分、東京メトロ有楽町線新富町駅より徒歩8分
  • 助産師外来診療:月・火・水・金
  • 医師のポイント健診:水・金(金は午前中のみ)
  • 診療、健診時間:9:00~11:00、13:00~16:00(完全予約制)
  • HP: http://hospital.luke.ac.jp/guide/maternity/birth_clinic.html

聖路加産科クリニックのメリット

検診

たくさんあります!以下の通り。

  • 完全予約制で待ち時間が少ない
  • 担当の助産師さんチームが健診から出産、入院中もケアしてくれる
  • 診療時間を長めにとってくれるからゆっくり相談事が出来る
  • バースプランが自由に組める(選択ではなく完全に自由に記入。相談や話し合いも気軽にできる)
  • 旦那さんはもちろん、上の子や家族の立ち合いが可能
  • 完全個室で母子同室(お願いすると預かってももらえました)
  • 母乳にいい優しい食事と柿の葉茶
  • マタニティビクスやベビーマッサージなどクラスが充実(マタニティエステもあり)
  • いざというときに安心の医療体制
  • 頼れる母乳外来(乳腺炎や断乳の相談にも優しくのってくれます)
  • カードキーによるセキュリティ完備

聖路加産科クリニックのデメリット

  • 初診が14週以降なのでそれまでは違うところにかかる必要がある
  • 身長制限や過去のお産経験の内容によっては分娩を受けてもらえない
  • 医療行為が必要なら転院
  • エコー診察が毎回はない

ただしこのデメリットはすべてクリニックや助産院を選ぶなら当たり前のこと。

聖路加産科クリニックではたとえここでの出産が難しくても、転院先はすぐ隣の聖路加国際病院で連携も安心。また、産後の状態が良ければ退院までの間をクリニックで過ごすことが出来ます。

エコー診察は毎回はありませんが、心音を聞きながら助産師さんのテクニックにより頭の位置や向きなどを触診で教えてもらうのは貴重な体験です。

助産師さんに絶大な信頼!私の体験談

2014年に聖路加産科クリニックで第1子を出産しました。最初は単純に家の近所であること、大病院よりは小さなアットホームな雰囲気がいいなというくらいで説明会へ参加しました。

14週までは分娩はできないレディースクリニックで健診にいっていたのですがわりとドライな先生だったこともあり、聖路加産科クリニックの助産師さんの親身にお話を聞いて下さる姿勢に個別相談の時に思わず涙。

それも温かく受け止めていただき、帰り道にはもうここで産みたい!とすっかりファンになっていました。

待ちきれない検診日

検診

本当に健診の日を待ち望み、手帳をみては指折り数えるほどでした。

まずクリニックに着くとやること。血圧や体重はもちろん、尿検査も自分でおこないます。自分の体と向き合い管理することの大切さを、回数を重ねるごとに身を持って感じることが出来る、貴重な体験でした。

助産師さんとのお話の時にはいつもお茶をだしていただき、頼れる先輩に相談しに来たという気持ち。腰痛改善の体操を教えてもらうこともあれば、些細な気持ちの不安を聞いてもらうこともあり、身体も心も支えてもらうことが出来ます。

入院と出産、そして母子同室のはじまり

出産

たくさんのイメージを助産師さんと一緒に重ね作成したバースプランに沿い、空間づくりやスタイルを出来る限りあわせてくれます。陣痛が始まるとナーバスな気持ちになってしまう中、健診からずっとチームで担当してくれるのでそんな中助産師さんの顔を見るだけでほっとしたのを今でも思い出します。分娩台に移動することなくそのままのフリースタイル出産なので、気持ちが途切れることなくお産に向かえたのもよかったです。

主人の立ち会いやカンガルーケアも行い、記憶に残るお産になりました。

少しの時間医師にみてもらうため子供を預けましたが、すぐに部屋に戻ってきてそのままダブルベッドで並んで横になり生まれたばかりの我が子の顔を見ながら自分の体を休めた時間は宝物です。

常に一緒にいる母子同室は体が休まらないという意見も聞きますが、添い寝したままあやすことが出来たり正しい添い乳を志度王してもらうことが出来たりと、かえって体の負担は少なかったのではと思います。なにより家に帰ってから急に赤ちゃんと二人きりになって初めて体験することが少なかったので、家に帰ってからの練習になって心強かったです。

毎日のおっぱいケアなど、こまやかなお世話は本当に有難かった。退院の日が淋しいくらいでした。

感動の声多数!口コミ

ここで、実際に聖路加産科クリニックを受診した事がある方の口コミをいくつか紹介したいと思います。

食事は体に優しく、ありがたいものでした。

産後の助産師さんによる産婦へのケアも充実しているし、無農薬の野菜や玄米を取り入れた入院中の食事は体に優しく、ありがたいものでした。産後すぐから個室で母子同室なのですが、必要なときは助産師さんが子どもを預かってくれますし、不自由しません。分娩に以上があってもすぐ近くに聖路加病院があるので、安心です。 出典: caloo.jp

入院中の楽しみといえばなんといっても食事。「自然回帰」さんのオーガニックにこだわった食事は、美味しいだけでなく産後の体に嬉しい母乳にいいとされる食材がたくさん。毎日のおやつまでぺろりと完食。お夜食のおにぎりも温かみがあり、退院後も懐かしく思い出しました。

もう少しいてもいいかなあ・・・と毎回思っていました。

退院 出産

出産は、まるで家にいるような安心感で臨むことができました。毎回立ち会ってくれた夫は、第2子の時へその緒を切るという貴重な体験をさせてもらいました。
そして産後の入院は、おいしいご飯といたれりつくせりのアフターケアのおかげで、とてもリラックスして過ごせる5日間でした。もう少しいてもいいかなあ・・・と毎回思っていました。 出典: hospital.luke.ac.jp

安心できる空間と気を許せる人に囲まれてのお産。出産は気持ちの面もすごく影響すると思うので、そこに不安なく臨むことができることがいいお産につながると思います。

第一子の出産はもちろん、上の子がいる場合にも良さを感じることが出来るクリニックです。

聖路加産科クリニックは本当におすすめ!まずは利用者相談会へ

赤ちゃんのペースとお母さんの産む力をよい方向に導いてくれる助産師さんの助けは、出産がゴールではなく大変な子育て中にもふと思い出す心強い存在であり、母親になることに自信をくれる一生の出会いです。

まずは利用者相談会にぜひ行ってみてください。気さくでアットホームな雰囲気と、頼れる人柄の助産師さんのお話に引き込まれます。

「聖路加産科クリニック」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!