ママパパにおすすめ!マリメッコのバックパックがママリュックに大人気!

マザーズバッグ」というものが存在するように、小さな子供を連れてのお出掛けはおむつ替え、お着換え、ミルク等々、必要なものが多く大容量のバッグが必要となります。しかし、その大きなバッグを肩に掛けて子供を抱っこしたり、動き回る子供を追いかけたりしなければいけません。その大変さはママなら誰しもが経験していますよね。そんな思いを軽減してくれ、ママやパパから大人気なのがマリメッコのバッグパック。詳しく見ていきましょう!

子供を連れてのお出掛け…リュックがお勧めな理由

小さなお子さんを連れてのお出掛け、気が重いママも多いのではないでしょうか?

泣いたらどうしよう、愚図って言うことを聞かなかったらどうしよう、走り回ったらどうしよう、という悩みに加えて、子供と共に連れて行かなければいけないのは大量の荷物。

着替えにオムツやおしりふき、哺乳瓶に離乳食、お気に入りのおもちゃまで…ママの荷物に加え、本当にたくさんのものを持ち歩かないといけないですよね…。

重たいバッグを持ちながらの抱っこは本当に辛いですし、あやしたり、あちこち動き回る子供を追いかけたり…もう考えたくないほど大変!

たくさん収納できるリュックが欲しい!

荷物

「たくさん収納できるリュックが欲しい!」まさにこれですよね!

ママ達の悩みは一気に解消されます^^両手も空いて、抱っこも楽々♪子供達との大切な時間も存分に楽しむ事が出来ます。お出掛けが苦痛になっている方、これからマザーズバッグを検討している方、是非リュックをお勧めします。

ママリュックで大人気!マリメッコのバックパック

最近、マザーズバッグよりもママリュックを使用しているママが増えているようです。今、ママリュックとしてママやパパにも大人気なのは、「マリメッコ」のバックパックです。

「マリメッコ」とは、1951年創立のフィンランドのファッションブランドで、マリメッコを知らない人はフィンランド国民に居ないと言われるほどフィンランドでは有名なブランドです。日本でも北欧雑貨が流行しだしてから今でもなお根強い人気を誇っており、ママ達の間でも大人気なブランドです。

そしてマリメッコの数あるリュックサックの中でも「Buddy(バディ)」と「Metro(メトロ)」の2つが、かなりの人気で品薄状態が続いているようです。その魅力の理由とは何でしょうか?

マリメッコ公式ホームページ

人気NO.1の「Buddy(バディ)」は驚きの大容量!

マリメッコ「BUDDY」ブラック・コール・グリーン・ベージュ・バーガンディー
マリメッコ「BUDDY」ブラック・コール・グリーン・ベージュ・バーガンディー

¥21,600

売り切れが続出するほど大人気!marimekkoのバックパック"BUDDY"...♪キュートなデザインなのに、ナイロン素材で汚れにも強く軽量で背負い心地もとっても良いのが人気の秘密です。バッグ口も大きく開きますので出し入れも簡単。ポケットも要所に配置されており、使...
販売サイトへ

1番人気の大きいサイズの「Buddy」人気の理由は男女問わない飽きの来ないデザインと並行して、収納力が抜群というところにあります。

フロント部に2つ、両側に各1つ、背面にも1つ収納ポケットが付いていて、A4サイズのノートもすっぽり収まるサイズです。

何か汚れた時にティッシュやタオルやさっと出せたり、愚図りだした時におもちゃをすぐに渡せたり、ポケットが多いのはママには有り難いポイントですね。

そして、マチが十分にあり、リュックの口がガバッと大きく開くので物の出し入れがしやすいのも嬉しいですね!

今季限定カラーはボルドー

定番カラーに加えて、2016年秋限定カラーの「ボルドー」が登場しました。こちらも落ち着いた色合いなので、年齢・性別問わず使えますね。

「限定」と言う一言は、とても魅力的に感じる筆者です。お洒落に流行に敏感なママに、大人気商品だけど他の人とあまりかぶりたくないママにおすすめです。

人気過ぎて「幻」?「Metro(メトロ)」は軽さと収納力が魅力

マリメッコ「METRO 」ブラック・ネイビー・グリーン・バーガンディー
マリメッコ「METRO 」ブラック・ネイビー・グリーン・バーガンディー

¥21,600

すっきりとしたスマートなフォルムが人気の《METRO》有名デザイナー リストマッティ・ラティアがデザインした、シンプルで丈夫なナイロン素材のリュックです。メイン収納口の大きく開くラウンドファスナーは、荷物の出し入れに とっても便利♪デイリー使いにはもちろん、レジャ...
販売サイトへ

「Boddy」よりも、一回り小さめサイズの「Metro」こちらも、マリメッコの定番のリュックサックです。

ナイロン素材なので、軽くて汚れにくいので、小さなお子さんが居るバタバタ追いかけ走り回るママにぴったりです。

一回り小さくても収納力は抜群で、フロントに1つ、両側に1つずつ、背部にはカードサイズのポケットが付いているのでおうちの鍵などを入れるのに便利ですね。

大人気で入荷してもすぐに完売になることから「幻」とされているリュックだとか。

2016年春限定カラーはベージュ

「Metro(メトロ)」の2016年の春限定カラーはベージュです。

明るい色味がシンプルなのに可愛らしさを感じます。こちらも年齢に関係なく、男女問わず使えるカラーですね。

こちら「Metro(メトロ)」も「Buddy(バディ)」と同じく、バッグの口が大きく開いて中身が取り出しやすく、とても使いやすい作りで人気の理由になっています。

SNSでも人気爆発中!

マリメッコのバックパックがどれだけ人気なのかは、街でどれだけたくさんの方々が使用しているのを見るとわかります。それだけでなく、SNSでも「欲しい!」「買った!」などの声で溢れ返っています。ここでも、その人気っぷりが伺えますね。

今回は、実際にマリメッコのバックパックを購入されたママ達の声を紹介します!

1歳の息子がたくさん歩きだしたのママリュックを購入

子供がたくさん動けるようになったら、重たい荷物を片手に追いかけまわすのは本当に大変ですよね。

いつ抱っこをせがまれるか分からないので、両手が空いているに越したことありません。

マリメッコのリュックサックは肩が痛くならないようにクッション材が入っているので、重い荷物を背負っての子供を抱っこしても肩への負担が減るので嬉しい限りです。

子供が居ると、どうしてもリュックが必要

マリメッコのバックパックはものがいいとはいえ、お値段が張るのでなかなか手が出せないもの。それでもこんなに人気なのは本当に使いやすいからですよね。

子供が居ると、どうしてもリュックが必要になるという声。とても共感出来ます。よいものを長く使うという、長い目で見て考えて購入される方が多いようです!

シンプルさ・容量・自立出来る

値段が高くてもマリメッコBuddyに決めた訳

男性でも持てるシンプルな見た目
容量(子どもと外出を想定しているのである程度の容量が必要)
自立する(自立するリュックはあまりない)
マリメッコと言えば、花柄が有名ですが、マリメッコには見えないシンプルさとタグでさりげなく主張しているところがお気に入り。 出典: akisan01.hatenablog.jp

男女問わず使えるシンプルなデザインと、たくさんの物が収容出来ること、自立できるリュックであること。

このリュックの魅力をまとめて頂けた意見です。

「自立出来る」とは、駅のホームなどで少しの間リュックを下におろした際に、下に倒れ込まずにちゃんと立つので便利だという事。確かにそれは便利です!実際、自立するリュックは少ないそうで、新たなマリメッコのバックパックの魅力を発見しました。

マリメッコのバックパックで素敵コーデ!

身に着けるだけでお洒落に見えてしまう「マリメッコ」の力。そんなマリメッコのバックパック、若者だけでなく、30代のママパパにも絶大な支持を受けています。

人気沸騰中のバックパックを取り入れた素敵なコーディネートを紹介します。お洒落ママ間違いなしのコーデ、是非参考にして下さい。

ボーダー好きママへ!お手本モノトーンコーデ×マリメッコのバックパック

ボーダー好き、モノトーン好きのママ必見のコーディネート。

ただボーダーTを着るのではなく、ただ黒いパンツをはくのではなく、Tシャツの着方・パンツの丈感・小物使い、アイテムの着こなし方で、同じものを着ていても、お洒落ママになるか普段着ママになるか、変わりますよね。

マリメッコのバックパックが全てをまとめている、着こなし方をお手本にしたいモノトーンコーデです!

シンプルスタイルな親子コーデ×マリメッコのバックパック

白のカットソーにデニムを合わせたシンプルなコーディネート。

お子さんも白Tにデニムを合わせ、真似しやすい親子コーデですね。

シンプルスタイルにシンプルなマリメッコのバックパックが映えます!シンプルなのにかっこよく決まるのは、マリメッコパワーでしょうか?

お洒落な小物使いも、とても勉強になるコーデです。

ユニクロパックT×GUスカンツ×マリメッコのバックパック

ユニクロのカーキのパックTシャツに、GUの花柄のスカンツを合わせた、ママに嬉しいプチプラに見えないプチプラコーデ。

花柄のスカンツの女の子らしい甘さをシンプルデザインのマリメッコのバックパックが抑えて、お洒落に見せてくれますね。

お子さんのいるお出掛けは走り回ることが多いので、スカートでは難しいけど、女性らしいコーデにしたい時にスカンツは嬉しいアイテムですね。

花柄とリュックサックが、意外にも好相性な素敵なコーデで、是非参考にさせて頂きたいです。

ママリュック・ママバッグにおすすめ!マリメッコ3選

今回ご紹介した、「Buddy(ボディ)」と「Metro(メトロ)」意外にも、マリメッコにはママリュック・ママバッグとして使えそうな可愛くて機能的なバッグがたくさんあります。

その中から3つ選んで、ご紹介します!

日本限定!マリメッコと言えば、やっぱりウニッコ♡

マリメッコ「UNIKKO NIPPU」日本限定
マリメッコ「UNIKKO NIPPU」日本限定

¥18,360

【サイズ】Free【横】31cm【縦(中央)】40cm【ショルダー】約52-97cm【マチ】13cm【重さ】390g【素材】コットン100%【生産国】エストニア
販売サイトへ

巾着デザインでコロンとしたフォルムが可愛い、人気の「NIPPU」。

日本限定デザインの「P.UNIKKO NIPPU JAPAN」リュックで、荷物がたっぷり入る上に、口が大きく広がるので出し入れもスムーズです。

中はポケットが1つしかないものの、ナイロン製になっているので汚れにくく、ママにも嬉しいですね。底にはクッションが付いているので床に直置きしても問題ありません!

そして、とても可愛いです!ウニッコは見ているだけで幸せ気分になれる柄ですよね。

購入はこちら

男女問わず持てる、シンプルさが魅力な「Enni(エン二)」

マリメッコ「ENNI REPPU」
マリメッコ「ENNI REPPU」

¥31,320

【サイズ】FREE【高さ】約41cm【横(底面)】約27cm【マチ】約15cm【持ち手長さ】約45cm〜約85cm【持ち手幅】約5cm【素材】コットン100%【生産国】エストニア
販売サイトへ

シンプルな無地のデザインで男女・年齢問わずに使えるこちらのデイパック。

フロントと背部に収納ポケットが1つずつあり、内側にはパソコン用の収納スペースがあります。マチ付きで荷物はたっぷりと収納可能です。内側にもポケットが付いていて、機能的です。

背面にクッション性を施しているので背中が痛くなりにくいデザインで、ママリュックにぴったりですね。

購入はこちら

「MINI WEEKENNDER(ミニウィークエンダー)」でカジュアルに

マリメッコ「ミニウイークエンダー」
マリメッコ「ミニウイークエンダー」

¥15,876

【原材料】コットン100%【横】48cm【縦】33cm【奥行】15.5cm【ショルダー】全長65-105cm【生産国】エストニア【シリーズ】WEEKENDER(ミニウイークエンダ)【デザイナー】Ristomatti Ratia(リストマッティ・ラティア)
販売サイトへ

しっかりとした丈夫なマリメッコのコットンキャンバスを使用していて、間口はファスナーとマグネットの二重構造です。

ファスナーが付いているのと、付いていないのとでは安心感が全然違いますよね。私のバッグはマグネットだけなので、目を離したすきにお財布をばらまかれる…たくさんやられました。いたずら好きのお子さんがおられる家庭にもおすすめです。

内側にはポケットが2つ、ファスナー付きのポケットも2つ付いていて機能的です。

ベルトも調整可能で、肩掛けバッグとしても斜め掛けバッグとしても使える為、状況に応じて使い方を変えられるママは助かりますよね。

購入はこちら

マリメッコのバックパックはママの味方

リュック

いかがでしたか?

たくさんの方々に愛される「マリメッコ」のバックパック。シンプルで飽きの来ない洗礼されたデザインであること、1度使ったら他のものが使えなくなるほどの使い勝手の良さ・収納力の高さ、まさにママがママバッグに求めているものですよね。まさにママの味方です!

お値段が2万円と張るので手を伸ばしにくいのが難点ですが、妊娠・出産を全力で終え、育児に全力の今、いいものを使って自分の負担・身体への負担を和らげるのは必要なことかもしれません。

苦痛だったお出掛けが楽しめるようになるなんて、1つママとして成長したような気もしますよね。

筆者は今、マリメッコのトートバッグをママバッグとして使用してますが、重い荷物と歩きたいし抱かれたい1歳児、走り回る4歳児を連れての外出は苦痛に感じていました。今回ママリュックに強く惹かれ、マリメッコバックパック貯金を始めようと考えています。

お出掛けで同じように悩んでいたママ達が、ママリュックデビューで少しで負担が軽くなりますように。憧れのマリメッコを身に着けると、モチベーションもアップするはず!ママがニコニコなことが1番大切です。

「マザーズバッグ」「ママリュック」「マリメッコ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!