第三の生理用品、話題の「スクーンカップ」でママの生理は楽になる?!

産後、生理が再開すると、今まで以上にブルーになりませんか?出産前と生理のサイクルが変わってしまったという方も多いかもしれません。生理痛やイライラなど大変なことも増えてしまいます。最近話題の生理用品、スクーンカップをご存じですか?内側に装着するので、「ナプキンやタンポンを使わずに済み節約できる」、「長い時間使えるのでお出かけの荷物が減ってうれしい」などの声も多数。子育ての強い味方になってくれるかも♪

生理痛に悩むママの味方になる?スクーンカップをご紹介します

産後の生理の再開は、ママにとってブルーなことの一つ。出産前より周期が短くなったり生理痛がひどくなったりしたというママもいます。

何より、手のかかる赤ちゃんのお世話は休めないのに、生理痛や体のだるさは軽くならない!本当にストレスですよね。

生理はなくせないけど、生理の時の面倒や生理用品を使う不快感を少しでも軽くしたい。そんな思いから開発された「スクーンカップ」をご存じですか?

子育てに手のかかるママの味方になってくれるかもしれません。

日本にも入ってきた、アメリカ発の「スクーンカップ」って?

ナプキンやタンポンに次ぐ、第三の生理用品「スクーンカップ」。2002年に日本人女性がニューヨークで立ち上げたオーガニックコットンのブランド「sckoon」が開発・販売している月経カップです。医療用にも使われるシリコン製なので体内に入れても安心。

もちろん、「sckoon」社以外からも月経カップや生理カップと呼ばれるものは発売されているのですが、今回はアメリカのFDA(食品や医薬品の安全性をチェックする機関)によって承認されているので、安心してチャレンジしやすい「スクーンカップ」を取り上げてみたいと思います。

3年かけて開発され、2013年に発売を開始すると、「今までのような生理用品の不快感がない」と流行し、現在12か国で販売中。2016年3月からようやく日本でも発売されるようになり、新しい物に目のないユーザーたちによってネットで話題になっています。

使ってみると病みつきに!それとも失敗?ユーザーの口コミ

噂

ツイッターには、ぜひ使ってみたい!早速使ってみたというユーザーからの感想が寄せられています。使い方にコツがあるため、その感想は様々です。

個人差はあるものの、生理痛がマシに感じるとか、内側で経血をしっかりキャッチできるので生理が早く終わるなど、女性には「一度は試してみたい」と思う魅力があるようです。

生理の大変さを減らしたい

新しい物だから気になるというより、生理の大変さをなんとかちょっとでも楽にしたいという思いから、スクーンカップに興味を持っている女性が多いみたい。みんな同じ気持ちなんですね。

月に1度の生理の苦痛を軽くしたい人は試してみる価値ありそうですね♪

めっちゃ楽♪

気になってはいるけれど、使い慣れた生理用品があるのでなかなか新しい物にチャレンジできずにいる人も多いようです。

生理で感じるストレスはみんな同じ。ママは忙しい中、少しでも快適に過ごして、笑顔で子育てしたいと思っているんです。スクーンカップはそんなママにとって、強い味方になってくれるんでしょうか。

一度使ったらナプキンには戻れない!

うまく装着できない><

愛用者は、もうナプキンには戻れない!という声もあるほど。使い慣れるとその快適さに手放せなくなるようです。

毎日、子育てに走り回るママにとって、毎月必ずやってくる生理の煩わしさはストレスのもと。できる限り快適に過ごしたいものです。

産後、生理周期が変わってしまったとか、生理痛がひどくなったというママも少なくありません。

そんな生理の大変さをちょっとでも減らしたい。でも、スクーンカップにもやっぱり欠点はあるのもです。それが、うまく装着できていないと漏れてしまう事。人によっては、ナプキンやタンポンの方が交換が簡単でいいということもあるかもしれません。

スクーンカップのメリット・デメリット

女性

日本でスクーンカップが発売されて3年。まだまだ愛用者は少ないようです。それでもネットで話題になっっているのは、やっぱり生理の大変さや不快感から解放されたいから!ですよね。

ユーザーの声や口コミから、スクーンカップのメリット・デメリットをまとめてみました。使い始めるかどうか、検討の参考にしてみてくださいね。

慣れれば快適。スクーンカップのメリット

女性 スポーツ

使い慣れた生理用品より少し値段が高いこともあり、使い始めるにはちょっと勇気がいりますよね。でも、使ってみるとママにはうれしい、こんないいこともあるんです。

ちょっとチャレンジしてみようかなという気持ちになりませんか?

  • ナプキンの蒸れやかゆみ、臭いなどがない
  • 生理用品を買いに行く手間がなくなり、節約になる
  • 着けたままマリンスポーツやマッサージが楽しめる
  • 子供と一緒のお風呂の時にもバタバタしないですむ

初めて買うには勇気がいるけど、一度使い始めると生理用品の買い忘れをしなくてなります。使い始めに2~3個買っておくだけで十分。節約にもうれしいですね。

また、経血量にもよりますが、数時間の外出であれば生理用品をに持ち歩かなくてもよくなります。子連れのお出かけはオムツやミルクグッズなど、とにかく大荷物になりがち。荷物の軽量化は必須です。スクーンカップなら生理の時も自分の荷物は最低限にできて大助かり。

使い慣れて違和感がなくなると、生理のストレスも減ってくれそうです。

やっぱり気になる。スクーンカップのデメリット

女性

どんなものにもデメリットがあります。体の中に入れる物だからこそ、しっかり検討して購入したいですよね。

  • 慣れるまでは装着が難しい
  • 交換の度に手が汚れる。外出先では特に面倒
  • 爪の長い人は難しいかも
  • 洗面所で洗うのに抵抗感がある

デメリットについての声は主に、装着の方法やお手入れの手間についてなど、どれももっともに思えるようなもの。また、狭いトイレではうまく取り出せなかったという声も、日本の住宅事情ならではの課題かもしれません。

何でも、新しいからと飛びつかず、自分の体や生活スタイルにに合うかどうかで選ぶことが大切なようです。

体の中に入れる物なので、清潔感や安心感も大事にしっかり考えて選びたいですね。

気になるその使い方とお手入れについて

カップの上部を平たく細く折りたたんでから膣内に挿入します。普段からタンポンを使っている人や出産を経験しているママには、抵抗が少ないかもしれません。挿入して中で手を放すと、パカッと開き密着します。つまみが隠れるくらいの深さがベストポジションの目安です。

取り出すときはしゃがんで自然と指が届くところまで降りるようにするのがポイントです。カップの一部をへこませると密着していたカップと膣のと間に空気が入って取り出しやすくなります。

力が入っているとちょうどいいポジションに入りません。リラックスして装着しましょう。

12時間連続して装着することができます。手が汚れることに抵抗がある人は医療用の手袋などをつかってもいいかもしれません。

お手入れ法は?

毎回の手洗いが基本です。石鹸やハンドソープを使って、水やぬるま湯で洗い流すこともできます。

生理カップ専用の洗剤も販売されているので、衛生面が気になる方はそれを使うと安心でしょう。ただ、膣内や下着は決して無菌状態ではないので、お手入れについて心配するほどのことはないようにも思います。

空気穴には経血が入りやすいので、しっかり洗い流すようにしましょう。定期的な煮沸消毒なども効果的です。

自分に合ったサイズ選びが大切

女性 

スクーンカップは2サイズあり、出産経験があるかないかで選ぶようになっています。試着できないのが難点ですが…しっかりフィットすれば生理中であることも忘れるくらいに違和感なく使うことができるようになります。

メーカーによっては、大きめのサイズを「経産婦または、30歳以上」としているものもあるので、どちらのサイズが自分に合っているかどうかは、使ってみないとわからないという事のようです。

スクーンカップの寿命は?

スクーンカップの値段は、5000円前後と、ちょっとお高め。でも、一度購入すると2~3年ほど使い続けられることを考えると、実は経済的かもしれません。

通常は、挿入して12時間が交換の目安とされています。カップに入っている経血の量によって自分の経血量が分かるので、量の多い日は2~3時間ほどで交換した方がいい、などの判断もできるようになります。外出時に生理用品を持ち歩かなくてもよくなったら楽でいいですよね。

シリコン製で丈夫なので長く使えますが、少しずつ色がくすんで見えてくるので、気になってきたら買い替え時かもしれません。

便利グッズを活用して、忙しい子育てを快適に過ごそう♪

女性 

家事や育児に便利はグッズはたくさん開発されていますが、女性の生理の大変さはなかなか解消されないものですね。ブルーな日でも笑顔を絶やさず家族のために頑張るママは、みんなエライ!

自分の事はつい後回しになってしまがちだけど、ママがきちんと自分を大切にできていると、それが家族の元気になります。大変なときやしんどい時は我慢ばかりせず、便利な物の力も借りて、家族の笑顔を守りましょう。

「流行」「話題」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!