巷で話題の「格安スマホ」実際どうなの?検証してみました!

スマホの月額料はどれくらい支払われていますか?今話題の格安SIM。あなたは利用していますか?家計を預かっている主婦としては、削れるところは削っていきたい!と思いますよね。しかし、大手3社のDoCoMo・au・softbankから離れる事はなかなか勇気がいるものです。電波はきちんと入るのか、料金は提示通りなのか…色々ありますよね!そもそも格安SIMとは一体何なのでしょうか?今回は格安SIMについてご紹介していきます。

格安SIMってなに?

格安SIMとは、MVNO(無線通信回線設備を開設せず自社で携帯電話などの通信サービスを行う事業者)が提供している料金で利用できるSIMカードのことです。

なんで安いの?

スマホ

総務省が携帯電話の料金が高額な件について以前から改善を検討していました。そこで、他社も参入できるよう大手3社であったdocomo・au・softbankに対し、他社にも回線を貸すように促しました。

そのため他社はもともとある大手3社の回線を借りて、消費者に提供することができるようになり、その分のコストが浮き格安価格で消費者にSIMカードを提供しているため格安なのです。

私が格安SIMにした理由

スマホ

私自身格安SIMについてよく理解していませんでしたし、大手3社を離れることが不安でなりませんでした。今まで長年お世話になった大手キャリアを離れ、無名のしかも格安のキャリアへ乗り換えて大丈夫なのか…

しかし毎月の携帯料金の高額さに悩んでいたところ、実際に使っている親族の勧めで乗り換える決心がつきました。料金プランもいたってシンプルで説明になんの疑問もなく納得できました。

実際の通信料の変化

スマホ

格安SIMにする前と後の料金をご紹介いたします。

大手キャリア(格安SIM前)

  • 基本使用料:934円
  • オプション使用料:6000円
  • 通話料:20円
  • 請求総額割引:-934円
  • 合計金額:6020円

格安SIM後

  • かけ放題ライト:850円
  • 基本料金:980円
  • 選べるパケット:600円
  • 合計金額:2430円

上記料金にそれぞれ自宅のインターネット料金4050円が毎月かかりますから、結果的に以下のようになりました。

  • 大手キャリア:計10070円
  • 格安SIM:計6480円

その差は7180円にも!とにかく安い

スマホ お金

我が家は固定電話がないため格安SIMは、電話を使用することも考えて通話利用を選択しました。固定電話があるおうちはデータ通信だけでもよいのでさらに安くなります。

上記の料金にそれぞれ主人分の使用料金もだいたい同じずつ支払いしますから、換算すると大手キャリアの場合12040円、格安SIMの場合4860円となります。スマートフォン本体の料金は別で7180円の差があることがわかりました。

格安SIMは「もしもシークス」!

もしもシークスとは、エックスモバイル株式会社がNTTドコモ社のネットワークを使用しているMVNO事業です。また、通信料の1%を途上国の通信事情の設備に貢献しています。

SIMは大きく分けて2種類

  • 音声プラン
  • データプラン

音声プランでもさらにかけ放題ライトかかけ放題フルを選択できます。

さらにパケットプランは選ぶことができますから1・3・5・7・10GBの中から決めることができ、自分の使用スタイルに合わせてカスタマイズします。

契約の仕方は?

インターネット

もしもシークスの申し込み方法は、店舗ではもちろん、インターメットでも簡単に手続きをすることができます。子供がいるとなかなかショップに出向いて手続きすることは面倒ですよね。ネットで済みますからとても簡単にできますよ。

インターネット申し込みの場合、プランを選び、自分の情報の記入、入力内容の確認をし、完了となります。

SIMカードの受け取り方法

インターホン

契約内容などを照会し問題ない場合は、自宅に郵送されます。スマホと同時購入の場合はSIMの入った状態で、SIM購入の場合は、SIMのみが到着します。

ナンバーポータビリティももちろん可能!

スマホ2台

手続きもいたって簡単ですし、今から番号を変えることは面倒ですよね。私ももちろん利用しました。おすすめです。

パスポートか免許証を手元に用意し、現在使用している携帯電話会社の電話番号ポータビリティを、予約窓口から申し込みをし、MNP予約番号を受け取ります。

店舗で契約する場合はそのまま予約番号を持って伝え、インターネット申し込みをする場合は、契約記入の際にある「MNP予約番号」「MNP予約番号取得日」「MNP転入電話番号」に取得した番号を入力します。

契約が完了すると番号はそのまま引き継いで使用することができます。

スマホ本体の種類

スマートフォン

もしもシークスで販売しているスマートフォンは以下の通りです。随時変更もあるかもしれませんから、参考までにご覧ください。

  • iPhone5s(中古)
  • iPhoneSE
  • Priori3 LTE
  • ZenFone GO
  • UPQ phone A01X
  • arrows M02
  • Xperia(TM)Z5 compact
  • iPhone6s
  • iPhone6s Plus
  • iPhone6
  • iPhone6 Plus
  • Desire 626
  • Desire EYE

スマホ本体の購入方法

スマホ2台

店舗購入ももちろんできますが、販売している店舗が限られていますから、確認してください。

近隣に販売店舗がなかった場合も、インターネットでSIMカードの購入手続き同様行うことができます。また、ここに使用したい端末がない場合は別で購入し、SIMだけ購入ということもできます。

私はもともとのスマートフォンでSIMだけ購入し使用していましたが、iPhone7の発売とともにSIMフリーのiPhoneをApple storeから購入し、差し替えて使用しています。

使用してみて感じたもしもシークスのメリット

スマホ

  • 通話し放題プランがある
  • 自分でプランをカスタマイズできる
  • iPhoneをセット購入できる
  • 平均より通信速度が多少早い

850円のかけ放題ライトプランで、五分以内の通話が回数無制限でかけ放題です。私のように固定電話がなく、事務的電話のみする場合五分もあれば十分ですから、料金がかからないことは魅力です。

またある程度プランをカスタマイズし使用でき、もちろん変更も可能です。

DoCoMoの通信をかりていることもあり、通信速度が遅いということはありません。

使用してみて感じたもしもシークスのデメリット

スマホ

  • 事務手数料がかかる
  • MVNOの中にはまだ安いところもある

購入手続きをする際に、事務手数料が発生します。最初の手続きのみですが大手キャリアではなかったため驚きました。

プランによってはまだまだ安いSIMもあるようです。大手キャリアの時から比べればはるかに格安のため、今のところ満足しています。

自分に合ったプランで家計費節約!

スマホ

いかがでしたでしょうか?格安SIM、おもに私が使用しているもしもシークスについてご紹介してきました。格安SIMに変更し、比べてみて歴然としましたが大きく支払額が変わってきます。

常に肌身離さず持ち歩く必需品となったスマホをもっとお得にしようすることにより、貯金に回すことができたり、外食費に回すことができたりしますよね。

ぜひ一度スマホ料金の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

「格安SIM」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!