離乳食におすすめ!カミカミ期からは簡単スティックパンを焼いてみよう

カミカミ期からの離乳食は、赤ちゃんの手に持たせて自分で食べられる喜びを体験させてあげたいですよね。市販のスティック状のパンを購入したり食パンを縦長にカットしたりしている方は多いと思いますが、自分で作ればもっと安心でアレンジも自在です。この方法なら夜寝る前にささっと生地を作り、朝起きてからカットしてトースターで焼くだけ。野菜やドライフルーツも混ぜ込めて、離乳食にもぴったりのスティックパンをご紹介します。

簡単手作り!離乳食に役立つスティックパンとは。

子育て雑誌などメディアで大注目の「スティックパン」を知っていますか?オーブントースターで焼けるとっても簡単なパンとして今大人気なんです。

忙しい子育て中のママでも気軽に焼ける作り方とアレンジの自在さ、それにスティック状で赤ちゃんが持って食べるのにちょうどいい形とサイズ感がポイント。

野菜やドライフルーツを混ぜ込んだカラフルなスティックパンをおやつに持って、児童館や公園へ出かけるのもおすすめです。ポロポロしないので片付けも楽ですよ!

子育て中のママに人気!そのわけは?

手作りなんて大変なんじゃない?と思っていませんか。でもこのスティックパン、ママたちが気軽に作れる工夫がたくさんあるので簡単にチャレンジできますよ。

どのようなところがポイントなのか、スティックパンにチャレンジしてみたママたちの感想を見てみましょう。

自分で作れば経済的!

1日で食べきれるし、簡単だし、美味しいし、経済的だし、、でこのパンはまる予感です!
今日はきな粉いれましたー
具をかえて、毎日の定番にしたいです! 出典: ameblo.jp

おいしくて手間もかからず経済的だなんて、忙しいママの強い味方ですよね。

基本のレシピを覚えてしまえばあとはアレンジ自在です。赤ちゃんは好きなものばかり食べたり急に食べなくなったりするので、食べきれる量を気軽に作れるというのはうれしいですよね。

基本の生地にレーズンやチーズ、枝豆などを加えたり、生地にきな粉やカレー粉を混ぜ込んだりするのもおすすめです。

育児の合間に作れて、朝から焼きたてパン!

スティックパン焼いてみましたぁ

ほんとに簡単でこれなら子供を寝かしつけた後にささっと作れて、朝には焼きたてパンが食べれて幸せです♡
ヘトヘトの育児の合間にも負担にならないですね!
出典: ameblo.jp

夜寝る前の5分で生地を作り、寝ている間に冷蔵庫で一次発酵。朝起きたら切り分けて焼くだけです。忙しくてヘトヘトのママでもこれなら朝から焼きたてパン生活ができちゃいます。

スティックパンの生みの親、吉永麻衣子先生も男の子2人を育てるママなので、どうすればママたちにもっと気軽にパンを焼いてもらえるかを考えて、このパンを開発したのだそうです。ママ目線がいかされています!

そしてもっとたくさん食べられるようになったら同じ吉永先生開発の「ドデカパン」がおすすめですよ。

スティックパンの基本レシピ(ミルクスティック)

とっても簡単に作れるスティックパン。まずは基本の作り方を覚えましょう。

材料

  • 強力粉 100g
  • 砂糖 5g
  • 塩 1g
  • 牛乳 50g
  • 水 20g
  • インスタントドライイースト 1g

作り方

  1. 大きなボウルに強力粉・砂糖・塩をはかり入れ、ゴムベラで混ぜておく。
  2. 小さなボウルに牛乳・水・イーストをはかり入れ、イーストを溶かす。
  3. 1に2を入れ、ゴムベラでよく混ぜこね、更にひとかたまりになるまで手でこねる。
  4. タッパーに入れて冷蔵庫の中で一晩(〜3日以内)おく。(一次発酵)
  5. 生地を取り出し、麺棒で5mm厚さに伸ばしたらピザカッターで切り分ける。
  6. オーブンシートを敷いた天板に並べて1200Wのオーブントースター(余熱なし)で7分焼く。

おいしく焼くポイント

切り分ける太さはお好みで大丈夫。ふんわり焼きたい時は、切り分けた生地をシートに乗せたまま20分ほど室温においてください。また、トースター以外では魚焼きグリルやフライパンでも焼くことができます。

冷蔵庫で一晩かけてゆっくり発酵させることで生地が熟成されておいしくなります。見た目で1.5〜2倍にふくらんでいればOK。ふくらみが足りないようならしばらく室温においてください。

使用する強力粉は国産小麦がおすすめです。もちもちとした食感が楽しめます。

スティックパン レシピ動画はこちら

野菜も入れたい!離乳食におすすめアレンジスティックパン。

基本の生地づくりがわかったら、好きなものを入れてアレンジしてみましょう。

副材料を加えるもの、配合をアレンジするもの、仕上げにひと手間加えるもの、と3種類に分けてご紹介します。

1. 基本の生地にプラスしてアレンジ!

  • レーズンやクランベリーなどドライフルーツ
  • コーンや枝豆などコロコロしたもの
  • チョコチップ

基本の生地の配合はそのままで、ドライフルーツや野菜を混ぜ込んでみましょう。歯触りのあるものを好むパクパク期(生後12~18ヶ月頃)やその後の幼児食におすすめです。

こねて冷蔵庫に入れた生地は3日以内に焼けば大丈夫なので、こまめにストックしておけば、市販のパンに頼らなくてもいつでも手作りおやつを作れます。

生地作りや切り分けをお子さんと一緒にやってみるのも楽しそうですね!

2. 生地の材料を置き換えてアレンジ!

  • すりおろした人参をプラス
  • 茹でて細かく刻み、水気を絞ったほうれん草や小松菜をプラス
  • 茹でてつぶしたかぼちゃをプラス
  • きな粉やココアをプラス

カミカミ期(生後9〜11ヶ月頃)の離乳食におすすめなのが、この野菜混ぜ込み生地で作るスティックパンです。

牛乳をすりおろした人参に代えたり茹でて刻んだ緑色の野菜を加えたりすると見た目もきれいな色になり、栄養もとれるのでおすすめです。その際は水分の一部を野菜に置き換えるので、生地が柔らかくなりすぎないように固さを調整しながら加えてください。基本の生地と同じ固さになるのが理想です。

きな粉やココアを加えるとまた違った味わいが生まれるのでおやつにもってこいですね!

3. 仕上げにひと手間でアレンジ!

  • 細く切った生地をウィンナーに巻いてミイラパン
  • クッキー生地をのせて模様をつけてから切ればスティックメロンパン
  • 太めにカットして切り込みを入れて手綱結び
  • 大きめに伸ばした後ベーコンやあんこを挟み込むように折りたたんでから切る

ミイラパンかわいいですね~。ハロウィンに焼いてみたい!目の部分はウィンナーにあらかじめ海苔を貼ってあり、上に小さな生地をつけ、黒目部分は黒ごまでできているそうです。

メロンパンのクッキー生地は別に作らないといけませんが、丸いメロンパンに比べて口に入れやすく食べやすいのでボロボロこぼさずおすすめです。

お食事系もおやつ系もフィリングを変えればアレンジも自在。いろいろ試してみたくなりますね。

手作りスティックパンで離乳食〜幼児食をエンジョイしよう!

ホームベーカリーがなくてもオーブンがなくても作れるスティックパン。朝食にもランチにもおやつにも大活躍間違いなしです!しかも赤ちゃんに持たせることができてポロポロしません。

これまでパン作りは難しそうと思っていたママもスティックパンなら気軽な気持ちで始められるはず。生地を軽くこねたら冷蔵庫に入れておけば3日以内ならいつ焼いてもOKと言うのがうれしいですよね。

安心の材料で作ることができ、自分で作れば経済的です。子供のおやつにももってこいなので、気軽に作って冷蔵庫に常備しておいてくださいね!

「流行」「話題」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!