エアコン掃除は自分でできる?掃除の頻度やカビを防ぐ使用方法

年末の大掃除、せっかくだから普段しないところも綺麗にしたいもの。エアコンの汚れは目につきづらく、普段なかなかしっかりと掃除することがありません。しかしエアコンの汚れは室内の空気や、電気代にも影響を及ぼします。見えないからって放っておけませんね。この記事では、自分でできるエアコン掃除方法や普段からのカビ対策についてお伝えします。フィルターの掃除だけでなく、前面パネルや室外機の掃除のコツも載せているので、自らの手で本格的に掃除をするチャンスに生かしてみてください。

エアコン掃除は自分でできる?

エアコンは、自分で掃除することができます。特別な道具や洗剤も必要ありません。やる前は難しく感じるかもしれませんが、一度やってみると簡単なんです。

専門の業者に頼むと1~2万円程度かかることも。自分でやると安くなるばかりか、電気代の節約にも繋がります。エアコンを掃除せず、カビが繁殖した場合、そこから送られてくる空気がアレルギーやアトピーの原因になることもあります。子供がいる場合は尚更気を付けて掃除をしたいものです。

それでも、「ホントに自分達でできるものなの?」と疑問に思われる方のために、実際に自分で掃除したという方の声を集めてみました。

エアコン掃除の頻度は?

疑問

エアコンをよくフル稼働する夏や冬には、2週間に1回、月に2回程度掃除するのがベストです。フィルターのほこりを掃除機で吸い込むだけでも、カビの繁殖防止になります。

ほこりやゴミが溜まるとその分稼働するときに負荷がかかるため、電気代もかさみます。カビはエアコンから流れてくる臭いの原因でもあるので、こまめな掃除を心がけたいところです。

エアコン掃除の方法

掃除

エアコンの掃除は業者じゃなくても自分たちでできるということはわかりましたが、実際にはどんな順番で掃除をするとよいのでしょうか?

以下ではフィルターのほこりを取るだけでなく、そのあと水洗いする方法、またフィルタだけでなく全面パネルを洗う方法なども紹介します。基本的なエアコンの掃除方法なので、市販のエアコンの洗浄スプレーを使って作業をする場合は、洗浄スプレーの取扱説明書を読んで正しく使用するようにしましょう。

エアコンの掃除をする前にやっておきたいこと

掃除 道具

エアコン掃除に取り掛かる前には、掃除に必要な道具を準備しておくようにしましょう。掃除機、雑巾または布、布を巻き付ける棒や割り箸、中和洗剤があると便利です。

掃除中にエアコンのある付近が汚れないように、ゴミ袋やレジャーシートなどを使って濡れたり汚れたりしては困るものを保護する必要もあります。

また、掃除をする前には掃除をしている間にエアコンが動いて怪我などをしないようにするため、必ずコンセントを抜いておきましょう。

エアコン上部についている埃やゴミを雑巾で拭き掃除する

エアコン

最初にエアコンの外側やパネル部分のほこりを、ほこり取りなどではたいて落とします。汚れがひどい場合は、そのあと水で濡らして固く絞った雑巾で拭き掃除をします。

雑巾に水分が残っていると、拭き掃除の最中にエアコン本体に水分が入り込んでしまい、故障の原因になってしまうのでよく絞ってから拭き掃除をしましょう。

フィルターに掃除機をかけ、水洗いする

水分

次に、前面のパネルを開けてエアコンの内部の掃除をします。エアコンのフィルターはプラスティック樹脂でできているため、無理に外そうとすると破損してしまう場合があるのでできるだけ静かに外すようにしましょう。

フィルターに溜まっているほこりやゴミは掃除機で吸い取りますが、その際フィルターの外側から掃除機をかけるようにします。フィルターの内側からだと、フィルターの目詰まりを起こしてしまう可能性があるからです。

ほこりが取れたら、水洗いをします。ぬるま湯に中性洗剤(台所用洗剤などで可)を入れ、スポンジで優しく洗います。そしてしっかり乾燥させて、フィルターに水分が残らないようにします。水分が少しでも残っているとエアコンの故障や、せっかく掃除したのにカビが発生する原因になってしまいます。

吹き出し口やルーバーの汚れを拭き取る

雑巾

内部の掃除が終わったら、今度は吹き出し口を掃除します。吹き出し口にあるルーバーと呼ばれる部分を指で回して角度を下げると、内部が見やすい状態になります。手で動かすことも可能です。

雑巾や布を指または割り箸に巻き付けて、汚れを取っていきます。汚れが酷い時は中性洗剤を薄めたものを使いますが、使った後は必ず雑巾を水で洗って仕上げ拭きをして洗剤が残らないようにしましょう。

前面パネルを水洗いし、送風運転をする

エアコン

前面パネルが取り外せるなら、取り外してフィルターと同じ要領で水洗いします。取り外せない場合は、吹き出し口と同様、洗剤を付けた雑巾で拭き、水拭きと乾拭きで仕上げます。

フィルタや前面パネルが乾いたら、装着して電源を入れ、送風運転にします。30分を目安に、水気が残らないようしっかりと乾燥させましょう。

エアコン室外機は掃除が不要?

室外機

エアコンの掃除というと室内機ばかりが浮かびますが、室外機はどうなんでしょうか?結論から言うと、室内機ほど掃除の必要性は高くありません。

室外機の汚れが室内機に伝わることはなく、衛生面での影響がないからです。とは言え、室外機にほこりがたまると室内機と同様負荷がかかるため、電気代がかさむ原因となります。

室外機の裏面にほこりがびっしり付いていた場合は掃除が必要なサインなので、掃除機のブラシなどで丁寧に取り除きましょう。ついでに、表のファンの中に大きなゴミが入っていないか確認し、入っていたら掃除機やブラシでかき出します。

室外機の下部には水を外に出す水抜き穴、また傍には結露水を排出するホースがあります。可能であれば、割り箸などで汚れを取り出しましょう。

室外機は掃除がしにくく、無理に汚れを取ろうとすると故障の原因にもなります。自分で掃除をするとしても年1~2回で問題ないので、汚れ具合やゴミの大きさに合わせて掃除してみましょう。

エアコンのカビを防ぐ方法

カビ

せっかく綺麗に掃除したからこそ、なるべくならカビが繁殖しづらいような使い方をしていきたいもの。特に冷房としてたくさん稼働する夏は、エアコン内部で結露が発生し、カビができやすいです。

対策としては、冷房のあとに送風機能を使うこと。内部乾燥や内部クリーンモードがあればそれらを選択し、30分~2時間ほど稼働させます。そうすることでエアコン内部が乾燥し、湿度が低くなります。特に気にならなければ、シーズン中に月二回くらい行う程度で十分カビ対策になるでしょう。

暖房を使い始めると、今度はエアコン内部が高温になります。それもカビにとっては都合の良い環境なので、暖房を使い始める前に夏に溜まった汚れを取り除くと効果的です。

あなたも一度エアコン掃除をやってみませんか?

エアコン 赤ちゃん

エアコン掃除が自分で簡単にできるということがわかって、これまでのエアコン掃除のイメージがだいぶ変わった方も多いのではないでしょうか?

ステップが多くて面倒そうに見えますが、いざ始めるとみるみる汚れが取れて快感でもあります。普段はフィルターのほこり取り、エアコンを使わない秋、大掃除をする年末などには上記で紹介したように本格的に掃除すると効果的です。掃除をして気持ち良くエアコンを使っていきたいですね。

「エアコン」「掃除」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!