ワーキングマザーの悩みを軽減する支援制度を紹介!働くママに子育て、仕事、家事のバランスを

専業主婦が多かった過去とは違い、今は育児をしながら働くママが大半とも言われています。仕事と育児と家事と、大変な働くママたちを支援してくれる制度がいろいろあるのをご存じですか?上手に制度を利用して、働くママの負担を少しでも軽減しましょう。今働いているママもこれから働こうと思うママもぜひ参考にしてみてくださいね!

ワーキングマザーのための制度にはどんなものがあるの?

ワーキングマザーのための制度は、いくつご存じですか。ママたちが安心して働けるよう、いろいろな法律が定められているんです。

ここではママたちが利用できるさまざまな支援制度をご紹介します。会社ごとに社内規定、就業規則として定まっているものもあるので、事前に会社に制度の確認をしておくことも大事です。

子供の年齢ごとに定まった制度がありますので、年齢別にご紹介しますね。

制度①満1歳未満の子供を養育する場合

満1歳未満の子供を養育する場合に活用できる制度には「育児休業制度」があります。働くママを支援する制度の中で一番認知度の高い制度です。

育児休業制度

子どもを養育するために子が1歳になるまでの間仕事を休業できるという制度です。期間は、出産日より子どもが満1歳の誕生日を迎える前日までの1年間です。

夫婦揃って育休を取得する際には1歳2ヶ月まで取得可能になり、また、保育所入所希望者で入所が出来なかった場合や子の養育を行うものが負傷等で養育できなくなった場合に限り1歳6ヶ月まで取得が可能です。

この間は、健康保険や厚生年金などの保険料が免除となり、雇用保険から育児休業給付金が支給されます。もしくは勤務先によってはさらに延長できる場合もあります。

適用は、下記に当てはまらない場合です。

・日雇い
・休暇中に雇用契約が切れてしまう労働者

制度②3歳未満の子供を養育する場合

3歳未満の子供を養育する場合に活用できる制度をご紹介します。

短時間勤務制度

3歳未満の子供を養育する労働者が、その会社が設けている短時間勤務制度を利用できる制度のことです。

適用は3歳未満の子供を養育する労働者であり下記に当てはまらない場合です。

・日雇い
・1週間の所定労働日数が2日以下もしくは1日の所定労働時間が6時間以下

また、その他にも業務によって取得が困難な場合は他の措置が取られる場合もあるため、会社との相談が必要です。

所定外労働の制限

3歳未満の子供を養育する労働者が申し出た際、所定労働時間を超えて労働させてはいけないという制度のことです。

適用は3歳未満の子供を養育する労働者であり下記に当てはまらない場合です。

・日雇い
・勤続1年未満もしくは週の所定労働日数が2日以下

制度③小学校就学前までの子供を養育する場合

働くママ

小学校入学前の子供を養育する場合活用できる制度をご紹介します。

子供の看護休暇

小学校就学前までの子供を養育する労働者が、子供が1人の場合は年に5日まで、2人以上であれば年に10日まで、1日単位で休暇が取得できる制度のことです。

適用は小学校就学前までの子供を養育するすべての男女労働者で、下記に当てはまらない場合です。

・日雇い
・勤続6ヶ月未満もしくは週の所定労働日数が2日以下

利用の目的としては、子供の看病や予防接種・健康診断を受けさせるためとなっています。

法定時間外労働の制限

小学校入学前の子供を養育する労働者を、1ヶ月24時間・1年150時間を超えて時間外労働させてはいけないという制度。

適用は小学校入学前の子供を養育する男女労働者で、下記に当てはまらない場合です。

・日雇い
・勤続1年未満もしくは週の所定労働日数が2日以下

深夜業の制限

小学校入学前の子供を養育する労働者が申し出た場合、深夜(午後10時~午前5時)の労働をさせてはいけないと言う制度。

適用は小学校入学前の子供を養育する労働者が対象で、下記に当てはまらない場合です。

・日雇い
・勤続1年未満

働くママが本当に望んでいる職場環境のポイントはここ!

関連記事:

働くママが本当に望んでいる職場環境のポイントはここ!

国をあげて女性の社会進出が叫ばれている今、子育てをしながら働くママは着…

各自治体ごとに実施している支援制度

企業や会社が定めている制度とは別に、地域の自治体が働くママたちへの支援制度を設けています。独自の制度を設け、地域全体で子どもを育む取り組みが積極的にされている自治体も多くみられます。

制度は各自治体によって異なりますので、役所や地域の子育て支援センターなどに問い合わせてみるといいでしょう。

1. ファミリー・サポート・センター

ファミリー・サポート・センター

ファミリー・サポート・センターとは、育児のお手伝いをしたい方と、お手伝いをしてほしい方の需要と供給を利用し、地域の中で助け合い子育てを支援するボランティア活動のことです。

子供の保育園や幼稚園、習い事や学童への送迎や、子供の一時預かりをしてくれるサービスです。ただしお住まいの各区市町村によってサービスが異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

2. 病児・病後児保育

子供が、病気にかかって保育所などに預けるのが困難なときに、保育所・医療機関等に付設された専用スペース等で一時的に預かってもらえるサービスのことです。

誰でも預かるわけではなく、医療機関診断を受けて判断する場合が多いようです。利用は先着順だったり、事前登録が必要だったりすることもあるので各区市町村の実施施設を確認しておいた方がよいでしょう。

ベビーシッターさんが直接病児の家に行って、預かるという形で病児・病後児保育を行っているサービスもあります。

夜中に突然の発熱!ママどうする?~子供救急~

関連記事:

夜中に突然の発熱!ママどうする?~子供救急~

子供が夜中に突然の発熱!子供は熱でぐったり、ママはあたふた。昼間に熱を…

3. 子育て応援券

「子育て応援券」とは、就学前のお子さんがいる家庭に対して発行されている子育て支援サービスチケットです。

サービス内容は、一時保育や子育て講座、親子参加型行事、またママのリフレッシュ時に使用できるマッサージなどさまざまです。なんと、インフルエンザ予防接種にも使えます!

働くママさんが助かる支援制度であるとともに、地域の子育て支援の活動が広がることで、地域の活性化にもなっています。

実際に制度を利用したワーキングマザーたちの体験談紹介!

ここからは、実際に制度を利用した方々の意見を紹介していきます。

体験談①育児休業取得

育児休業は1年取らせてもらいました。育児休業給付金ももらっています。保険料は、免除制度を利用して1年間は免除にしてもらっています。休業中は、離乳食、散歩、児童館デビューと今しか時間をかけてやってあげられないことを、できるだけやるように心がけています。・・・育児は仕事よりも大変です・・・。 出典: www.premama.jp

出産前に働いており、会社に制度のある方はこの制度をほとんど利用されている様です。育児休業を取得した結果、のんびり過ごせたという意見もある反面、このママのように育児よりも仕事の方が楽と思った人もいるようです。

復帰後のためにセミナーにいったり、資格を取ったりと育休をスキルアップに利用するママもいました。

体験談②短時間勤務制度

法律で決められた権利ですけど、同僚にフォローしてもらっているし、早く帰って当然という顔はしないようにしています。こちらの姿勢によって、相手も受ける印象は違うと思うんですよね。 出典: work-mother.com

会社で制度を設けている場合、進んで制度を利用されているママがほとんどで、利用したママたちはこの制度が助かっているという意見が多かったです。

短時間でいかに成果を出すか、集中して働くようにしているママや職場の周りの人に感謝の気持ちや配慮を当たり前のこととして受け止めないようにしているという気遣いママもたくさんいました。

体験談③子の看護休暇

午前中はパパが面倒を見て午後はママ、1日ママが休んだら次の日はパパが休むようにして、お互いの職場への迷惑が最小限になるようにしています。
子どものために休む日でも、パパがまだ家にいる朝5時〜7時に出勤して(無給ですが)できる限り仕事を頑張っているので、周りが「よくやってくれている」と好意的に見てくれているようです。 出典: baby.goo.ne.jp

看護休暇制度が会社にあることを知っているママは多かったですが、実際に利用される方は少ないようです。

会社で制度が設けられているならば正当な権利ではありますが、会社の同僚や上司などに迷惑をかけてしまうから、と遠慮してしまうのかもしれません。

子育てに理解のある職場勤務のママであっても、パパや実家やシッターさんなどと連携してなるべく休まないようにしているようです。

体験談④法定時間外労働の制限

子供がいるママ社員が、残業ありの仕事は難しいです。
というよりも、自分でその選択はできなくなります。
子供に負担を強いることになるので。 出典: komachi.yomiuri.co.jp

このママは子供が3歳になるまで、時短勤務し、3歳以降は19時までの保育園と1時間半のファミリーサポート利用をお願いしていたようです。

でもそれも厳しくなり、子供のことを考えて退職されたとのこと。退職しなくても、契約社員やパート勤務に切り替えたというママも多くいました。

産前と全く変わらず仕事ができる環境はまだ少ないようです。

体験談⑤病児・病後児保育

子どもが病気でつらい思いをしているときに、他人に預けて面倒をみてもらうことにはかなり後ろめたい気持ちになった。しかし、共働きをしている以上は今後もこのようなことは起こりうる。割り切れない思いを残したまま会社に向かった。 出典: ecopapa.cocolog-nifty.com

保育園では何度以上熱がある時は登園できない決まりを設けているところが多く、元気にも関わらずその熱を少しでも上回った場合に病児・病後児保育を利用するママたちが多いようです。

地域にこういう施設がない、定員数が少ないためすぐ一杯になってしまう、事前に予約が必要なので急な発熱などの時には利用出来ない、など利用したくても利用できないという声も聞かれました。

働くママへの強い味方!制度を上手に利用しましょう

ワーキングマザー

イクメンという子育てに積極的に関わるパパが増えてはいるものの、社会で女性が働くにはまだまだ難しいことも多くあるのが現状です。そのため仕事を辞めたり、キャリアアップを諦めるママもいます。

ママ一人で仕事も子育てもするのは本当に大変です!一人で抱え込まず、このような支援制度を上手に利用したり地域の方々の手を借りて、子育てとお仕事を両立させていきましょう!

「ワーキングマザー」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!