簡単にレインボーアートが楽しめる!ダイソーで人気のレインボーペーパーシートの作品集

100円ショップのダイソーと言えば、100均ショップの代表格で食料品から生活用品などいろんなアイテムが売られていて、子供から大人まで多くの人が費用するお店ですよね。ダイソーでは本当に数多くの便利グッズが売られているんですが、その中でも「レインボーペーパーシート」という商品が話題になっているんです。黒い紙2枚と付属のペンがセットになっていて、そのペンで紙を削りながら描くことでレインボーアートが楽しめるんです。

ダイソーで売られている「レインボーペーパーシート」ってご存知ですか?

100円ショップダイソーは知らない人はほとんどいないくらい、年代や性別問わず多くの人が御用達のお店ですよね。特に、家計を握るママなら一度は利用したことがある人が多いと思います。

お菓子や文房具をはじめ、化粧品、生活雑貨、子供が喜ぶおもちゃ、そして、お店によっては衣類に至るまでお手頃価格で買うことができるので、買い物をできるだけリーズナブルに済ませたいという時には欠かせないお店ですよね。

そんなママの味方のダイソーですが、ダイソーで売られている「レインボーペーパーシート」が実はママと子供が一緒に楽しめるということでひそかに話題になっているんですよ♪

どうやって遊ぶの?レインボーペーパーシートの遊び方

ダイソーで売られているレインボーペーパーシートは2枚入りで専用のプラスチックペンがついていて100円(税込108円)です。

この専用のプラスチックペンで黒い部分を削るように動かすと、削った部分からカラフルな模様が出てくるところから「レインボーペーパーシート」と名前がついているのかもしれませんね。

黒い紙の端っこから5㎜ぐらいは削れないのですが、その他の部分は付属のプラスチックペンでも爪でも軽くなぞるだけで削ることができます。

筆圧によって線の太さを変えて描くことができますが、間違ってしまっても直しが効かないので、下地なくそのまま書く時は一発勝負になってしまうようです。

また、黒い紙を削る際には削った時のカスが出るため、後片付けの事を考えるとレインボーペーパーで遊ぶ前には新聞紙などを下に敷いておくと片付けが楽かもしれませんね。

どれも綺麗で可愛い♪レインボーペーパーシートで描かれた子供やママの作品をご紹介

使い方はとても簡単そうで、黒い紙を削るだけで下から綺麗な色が出てくるなら、子供も興味を持って遊びそうな気がしますよね。実際、ネット上では子供達やママ達がレインボーペーパーシートを使って描いた作品がいろいろと紹介されているんですよ。

そこで、様々紹介されているレインボーペーパーシートによる絵の作品の中からいくつかご紹介してみようと思います。子供もママもとても凄い絵が描かれているのにはビックリですよ♪

子供達の力作はこちら♪

まず、子供達によって書かれたレインボーペーパーシートの絵の作品をご紹介したいと思います。

どの絵もとっても可愛らしいのですが、年齢が小さい子でもとても可愛らしい絵が、ちょっと大きくなると「これ、子供が描いたの?」と驚くほどとても素晴らしい絵が描かれているんです。

1.2歳だって遊べちゃいます♪

2歳の男の子が描いたママのお顔です。2歳なのに滅茶苦茶上手に描いていると思いませんか?まるでママがちょっと下を見ながら微笑んでいるような感じに見えますよね。

プラスチックペンなので先端は尖っていますが、切れたりするような心配はありませんから、雨の日や天候がイマイチという時の室内遊びとして、ママと一緒にお絵描きのアレンジ版みたいな感じで楽しむのもいいかもしれませんね。

2.みんなが一つの輪になっていて「HAPPY♡」

真ん中に「HAPPY♡」と書かれていてその周りを多くの人が手を繋いでいる絵は、見ているだけで何だか心が温かくなるような絵ですよね。

たくさんいる人々もみんな一人ひとり特徴があって、とっても可愛く描かれています。5歳の女の子が描いた絵なんですが、一発勝負でこんなに描けるなんて驚きですよね。

3.花に囲まれた家族が可愛い♪

こちらも5歳が描かれた絵ですが、自分のお家とお庭に咲いている花と家族を描いたのでしょうか、こちらの絵も見ていてほんわかしてしまうような絵ですよね。

家族4人の絵の中で上の2人が自分と妹なのかな?2人の間にはハートが2つも描かれていて、妹さんの事が大好きなんだろうなという思いが伝わってきます。とても仲の良い姉妹なのかもしれませんね。

4.可愛い有名キャラクターがいっぱい♡

ミッキーやミニー、くまのプーさんにミニオン、そしてツムツムまで!ディズニーの可愛いキャラクター達がたくさん描かれていて見ているだけで楽しいですね。

一つ一つのキャラクターの表情などとっても上手に描かれています。普通の線画とはやはり雰囲気がちょっと違って明るくて色合いがとても可愛いですよね。

5.幻想的なラプンツェル♡

ちょっと大きくなると、こんなに素晴らしい絵を描いちゃうことができるんですね!下書きを使いながら削って描いたにしても完成度が高すぎると思いませんか?

物語のワンシーンに登場するようなこんな素敵な絵を子供が描いてプレゼントしてくれたら、貰ったママにとっては凄い宝物になりますよね。

ママ達の力作はこちら♪

続いて、ママ達によって描かれたレインボーペーパーシートの絵の作品をご紹介したいと思います。

どの絵もとっても素敵に描かれていて、絵の才能がほとんど無い筆者としては「こんなに絵が上手なママって良いなぁ」と羨ましく思ってしまいます。どうしたらそんなに完成度が高い絵が描けるのか教えてほしいような絵ばかりですよ♪

6.くまさんの宇宙旅行♪

宇宙空間で遊泳している宇宙服姿のくまさんがとっても可愛らしいですよね。レインボーなカラーが「宇宙ではこんな感じでキラキラ輝いて見えるんだよ」みたいな感じで面白いですよね。

右下にある地球はしっかり日本を見ることができて、魚なんかも泳いでいたりして。宇宙から地球を見てくまさんはどう思うんでしょうね。「地球はレインボーだった」なんて感想は聞けるのでしょうか?

7.今にも飛んでいきそうなペガサス♡

何となく気分で描いたそうなんですが…適当にイメージで描いたとおっしゃっていますが、絵の才能が無い筆者から見ると「イメージだけでこんな凄いの描けませんよ!」と思ってしまいます。

鬣や羽、尻尾の毛の流れ方とか細部もしっかり描かれていて、ついため息が出てしまいそうなくらい凄い柄じゃないかなと思うのは筆者だけでしょうか。

8.見ていてほっこり♡レインボーなリラックマ

いつものリラックマがレインボーペーパーシートで描かれると可愛さが一段とアップするんですね。何となく楽しさや明るさもプラスされているような。

コリラックマやキイロイトリも一緒なんですが、二人も可愛らしくて華やかさがあってみているだけで楽しいですよね♡そして、個人的にはリラックマの表情がたまりません。照れているのか笑っているのかどっちなんだろうと思ってみるのも楽しさがありますね。

9.まるできれいな海の中にいるよう♡アリエル

こちらはディズニーの名作の一つであるリトル・マーメイドに出てくるアリエルが描かれています。光り輝いているように見えてアリエルが一段ととても美しく見えますよね。

また、カラフルなレインボーカラーでどこか幻想的にも見えるせいか、太陽の光がたくさん注いでいる海の中で泳いでいるかのようにも見えますね。

10.色とりどりに鮮やかで美しい花♡

一瞬、水彩画かなにかじゃないかと思ってしまったんですが、こちらの絵もレインボーペーパーシートで描かれた作品です。太い線や細い線が丁寧に描かれていて、かつ細かな部分も綺麗に描かれていますよね。

レインボーカラーの見え方もこれまでにご紹介してきた絵とは違って、控えめなんだけれども鮮やかで女性っぽさを感じますよね。個人的に女性用の小物や洋服の生地にプリントされていたらとても素敵だなと思ってしまいました。

おまけ♡動画バージョンも素敵

今度は #whereveryouare に乗せて
描いてみました❤️
写真verのが色が綺麗に出てるから見てね❤️
#oneokrock #10969 #taka #和訳#drowning #お絵描き #大好きな曲 #docomo #頑張ったので #リポストしてくれると #嬉しいな✨ #レインボーペーパーシート #もちオク 出典: www.instagram.com

こちらはインスタグラムの@siyoco_69(shoko)さんの作品♡

動画で仕上がっていく様子をこのように映すのも素敵ですよね!大切な人へのメッセージや自分自身の想い出として挑戦してみたいレインボーペーパーシートの使い方です♪

是非動画もみてみて下さいね!

shokoさんの作品

親子でレインボーアートを楽しんでみませんか?

1枚の黒い紙の上で描かれる絵がカラフルな色を身にまとうといつものお絵描きとは違って「アート」作品になってしまうレインボーペーパーシート。

使い方もとても簡単なので、小さい子供からママ・パパ、そしておじいちゃんおばあちゃんとも一緒にいろんな絵を描いて楽しめますよね。

台風や長雨など、秋は天候が不安定な日が続くことも多いので、お外で遊べない日は、家族でレインボーペーパーシートでアートな絵を楽しんでみませんか?

「ダイソー」「100均」「レインボーペーパーシート」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!