エミー賞で妊婦姿が大注目された「スキャンダル」ケリー・ワシントン!マタニティウェアはみんなでシェア!

2016年のエミー賞関連のインスタグラムで最も多くいいね!されたのは、日本でも放送中のアメリカドラマ「スキャンダル」主演のケリー・ワシントンが魅せた美しい妊婦ドレス姿でした。ケリーは同作品中2度目の妊娠。プライベートでは友人のジェシカ・アルバたちとマタニティウェアをシェアしているそうです。強くて賢くて美しい女性を演じて注目を集めるケリー・ワシントンを通じて、妊娠しても輝き続ける秘訣を探ってみましょう。

ドラマ「スキャンダル」で美しく強い女性を演じて大ブレイク!ケリー・ワシントンの魅力とは。

アメリカの大人気テレビドラマシリーズ「スキャンダル」でオリビア・ポープ役を演じているケリー・ワシントン。実在する敏腕フィクサー(セレブたちの周囲で起こる様々な不祥事をもみ消しちゃう!)をモデルに、賢くて強く、美しいキャリアウーマンを演じています。

プロフィール

  • 名前:ケリーワシントン
  • 生年月日:1977年1月31日
  • 出身:ニューヨーク市 ブルックリン
  • 2013年 元NFLバスケットボール選手ナムディ・アソムーアと結婚
  • 2014年 長女イザベルちゃん出産

ドラマ中の衣装はプラダやドルチェ&ガッバーナ、クリスチャン・ディオールなど全てハイブランド!ケリー・ワシントンが見事に着こなすそのファッションも、ドラマの人気を支えています。

そのファッション人気は非常に高く、番組の衣装デザイナーとケリー・ワシントンがプロデュースしたファッションラインが発売になるなど、「オリビアみたいになりたい!」と願う女性が急増中なんです!

ミシェル・オバマ大統領夫人もファンを公言!

ケリーは2013年アメリカのピープル誌が選ぶ「世界で最も美しい女性」ではグウィネス・パルトロウに次いで2位。ベストドレッサー賞にも選ばれ、翌年はタイム誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれるなど一躍注目を浴びました。

2013年、2014年にエミー賞の主演女優賞にもノミネートされ、ファッションだけでなく女優としての才能も高く評価されています。

ドラマ「スキャンダル」での役柄オリビア・ポープ、実は大統領の愛人なんです。そんな役柄にもかかわらずあのミシェル・オバマ大統領夫人もファンを公言しているんだとか。ケリー演じるオリビア、本当に魅力的なんですよね〜。

妊娠中でもドラマ撮影を続けて、ファッションで賞まで取っちゃうそのすごさ。

2012年からアメリカで放送が始まったドラマ「スキャンダル」。日本ではWOWOWでシーズン5が始まるところ。Dlifeでは現在シーズン3が放映中です。

アメリカの敏腕ドラマプロデューサーのションダ・ライムズの作品で、シーズンを重ねるごとに視聴率が上がり、複雑になっていく人間関係から目が離せない展開にドキドキが止まりません。

そしてその人気を支えているのはやっぱりケリー・ワシントン演じるオリビア・ポープの素晴らしさ。

賢く、強く、信頼できる上司でありながら、女性としての幸せを掴みきれないのにモテモテ。アメリカ女性としては小柄ですが、ハイファッションを着こなすセンスは超一流です。

2016年エミー賞で最も多くいいね!されたのはその美しい妊婦ドレス姿でした。

クラウド・タングル社のSNSの分析によると、ケリーがインスタグラムに投稿した美しい妊婦姿写真は、エミー賞の写真を投稿したセレブの中で最も多くいいね!されたそうです。

現在第二子妊娠中のケリーが着ているのはブランドン・マックスウェルの黒いドレス。そのシックで優雅なドレスは、ケリーの大きなお腹を美しく演出し、ナチュラルでいてゴージャスなヘアスタイルも注目を集めました。生命の神秘を感じさせる素敵な写真ですよね。

もうすぐ出産予定日だというケリーですが、現在も「スキャンダル・シーズン6」の撮影中のようです。2014年のシーズン3(現在Dlifeで放送中)では第一子妊娠中で、その時にも衣装やカメラアングルでお腹を隠し、妊娠していることは全く感じさせませんでした。

妊娠していても仕事はできる!そんなメッセージも感じますね。

一人目の産後「以前の状態に戻すつもりはない」

ワークアウトをしない生活なんて想像もできないというケリー。イザベルちゃん出産後も週に数回ジムに通っているようですが、ジムに通うのは産後ダイエットのためでも若いころの体型を取り戻すためでもないようです。

彼女が体を鍛えるのは、自分が望む通りの生き方を続けるためには自己管理することが必要だと考えているから。そして同時に、休息する日をもうけることも大切だと語っています。

マネージャーから「妊娠前の体型に戻ったみたいね。すごくキレイよ」と言われた時も下記のように答えたようです。

奇跡前になんて戻りたくない

マネージャーは完全に褒め言葉で言ったの。でも、その後私たちは長く話し合ったわ。私は、その言葉(戻る)を使わないようにしているということを話したの。だって人生、過去に戻ってるワケじゃないんだから。私は何に関しても『戻らない』と決めているの。今の自分の中で、最も良い状態でいたいと考えてる。それに、私の体は奇跡を経験したの。奇跡前になんて戻りたくないわ 出典: kaigai-drama-board.com

出産を「奇跡」と捉え、それ以前の状態に戻る事に価値を感じていないというケリー。

ドラマ「スキャンダル」中のオリビアも同じように言ってくれそう!その力強いメッセージが、彼女の人気の源なんですね。

産後の食事は母乳に影響が出ないように脂肪分の少ないタンパク質を積極的に摂りつつ、新鮮な野菜とフルーツを中心に食べていたそうです。実はケリー、過去に摂食障害に苦しんだ経験がありました。そのため産後ダイエットには慎重だったということでした。

マタニティウェアはジェシカ・アルバやみんなとシェアすることにしたの。

ジェシカが友達間で回しているマタニティウェアが箱いっぱいにあるっていうの。だから『もらっていい?』ってお願いしたの 出典: www.brash.jp

現在第二子妊娠中であるケリー。今回の妊娠中、マタニティウェアは友人で女優のジェシカ・アルバから借りているのだとか。

イザベルちゃん妊娠中は好みのマタニティウェアを見つけるのに苦労したというケリーですが、今回は友人であるジェシカ・アルバのおかげで洋服選びがずいぶん楽になったみたいです。

みんなで箱にかわいい洋服を追加していくの。たくさんの人が着ると思うと、お金を使うことに対する躊躇が減ったわ 出典: www.brash.jp

ケリーは洋服をシェアすることを、マタニティファッションのバリエーションが増えるだけでなく、妊娠中の短い期間のみ着る洋服を買う際に自分も友人にとっても得になる方法だと考えているそうです。

セレブにもそんな気持ちがあってシェアしているなんてとっても意外。私たちも「お下がり」という言葉をやめて「シェア」にすればもっと前向きになれそう!

キャリア女性向けのハイブランドの服がないからカスタマイズしたの。

シーズン3の時も現在撮影中のシーズン6でも、ドラマで演じているオリビア・ポープはハイブランドのファッションしか着ていません。見ていても妊娠しているなんて誰も気づかないほど、いつでもカッコよく着こなしています。

お腹周りは大きなコートやバッグで隠したりカメラアングルの工夫で目立たないようにしたりしているとはいえ、実際に着ているのはやはりアルマーニなどのハイブランドです。

ドラマの雰囲気を保つため、ケリーは衣装デザイナーのリン・パオロと相談し、ハイブランドの洋服をマタニティ仕様にカスタマイズすることを選びました。

オシャレな女性が着られるハイブランドのマタニティウェアがないから。

私が演じたオリヴィアはかなりオシャレな女性だけれど、そういう役にふさわしい服には妊婦の体型に合うものがなかったから私とリンでいろいろと工夫したの。とても楽しい経験だったわ 出典: top.tsite.jp

日本でもキャリアウーマンとしてバリバリ働いているプレママが「ビジネスシーンでバリッときめられるマタニティウェアがほとんど無い」と困っているようです。

マタニティウェアって、ほんわかした優しい雰囲気のものばかりですよね。せり出したお腹を隠すためでなく、妊娠中の体をより美しく見せてくれるビジネスシーンで浮かないファッションがもっと生まれるといいなと思います。

あるいは洋服のリメイク屋さんに持ち込んでブランド服をマタニティ仕様にして、産後は元どおりに直してくれることができたら素敵ですよね。

妊娠中でも仕事はできる!2回の妊娠中も活躍し続けるケリー・ワシントンから目が離せません!

ハリウッド女優が妊娠した場合にはこれまでも、妊娠した役で撮ってしまう場合と妊娠を感じさせずに撮影を続ける場合がありました。日本でも上戸彩さんが妊娠中であることを感じさせない演技で人気ドラマを撮り切ったことが記憶に新しいですよね。

ケリー・ワシントンの場合は同じシリーズのドラマでなんと2回目の妊娠中。1回目のシーズン3は4話分少なくなり、今回のシーズン6も6話分短くなる見込みですが、注目度も上がり、美しさにもますます磨きがかかったように感じます。

女性は妊娠中でも仕事を続けられることや、妊娠前の体に戻すことより自分に起きた奇跡を大事に思うこと、マタニティウェアは友達とシェアしたっていいことを、ことさら声高に言わなくてもその存在感が十分に伝えてくれています。

そしてハイファッションにマタニティ仕様がないことをドラマでの経験を通じて声を上げてくれました。ビジネスの場でも通用するマタニティファッションがもっと広まるといいですね。

「芸能人」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!