育児にかけるお金はどのくらい?ママリQでママに聞いたリアルな月の消費額

ママリQアプリ内で実施した、育児にかけるお金に関するアンケートママリQを利用するママ達からはたくさんの回答が寄せられました。子育てにはさまざまな場面でかかるお金がありますね。おむつやミルクなどの必需品はもちろん、習い事や教育、また将来のための保険など、ママやパパにとっては「どこにお金をかけたらいいのか」と悩む場面も多いのではないでしょうか。ママリQを利用するママ達に、お金の使い道に対する生の声を聞きました。

ママリQでママに聞いた「子育てにかけるお金は月額いくら?」

ママリQのアプリ内で実施した「子育てにかけるお金に関するアンケート」。ママリQユーザーのママ134人から回答をいただきました。

その回答をもとに、ママ達が子育ての中でどんな風にお金を使っているのかをまとめました。すると、ママたちの意外なお金に関する考え方や、気になる予算が見えてきました。

各家庭によってさまざま!育児でお金をかけるところ、節約したいところ

ベビーグッズ

今回ママ達にお伺いしたのは、「おむつ関係」「洋服」「習い事」「保育園・幼稚園」にかけているお金。

その中身を見てみると、各家庭によってさまざまな「子育て予算」が存在することがわかりました!

おむつの平均月額予算は4390円

おむつ

ママリQママへのアンケートでは、おむつを使っている子供がいる家庭の、おむつにかける平均予算は4390円。これはおしりふき代も込みでの平均金額です。

完全におむつを使っている赤ちゃんの家庭では5000円くらいでしたが、年齢が高くなって「夜のみ」のおむつになる場合や、布おむつを使っている家庭では少額になっていて、この平均額になりました。

布おむつの家庭では1ヶ月に1000円~2000円

布おむつ

家にいるときは布おむつ・ぬるま湯を使うので、おむつとおしりふきを節約しています↵おむつを買うのは1ヶ月に1パックです
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

布おむつを使っている家庭では、おむつはだいたい1ヶ月に1パック程度で足りるのだそうで、おむつ代は低額になっていました。

その代わり、おむつを洗う手間や干す手間がかかってしまうので、忙しいママには難しいかもしれませんね。しかし、布おむつだと早めにおむつを卒業できるとも言われているので、トータルでかかるおむつ代を考えてもかなりお財布には優しい方法です。

ミルクの平均月額予算は約7080円(ミルクを使用しているママのみ)

ミルク

ミルク代安い時にまとめ買いしてるけど、月に分散すると5000円くらいです。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
ミルクは3万以上かかります↵アレルギー用なので高いんです(●・̆⍛・̆●)
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

ミルクを使っている家庭では、平均月額予算は7080円。月齢が小さいうちはこれより低額になっていましたが、離乳食で完全に栄養補給できるようになる前の赤ちゃんがグングン飲んでいることや、アレルギー対応ミルクを使っているママも居たため、平均額は少し上がりました。

また、離乳食が進み、ミルクを飲む回数が減ってくると、一旦上がったミルク代もだんだん下がっていきます。

離乳食期以降は、離乳食代やおやつ代がかかる

せんべい

離乳食が始まった後のお子さんがいるママからは、ベビーフードを購入するお金や、おやつやジュース代がかかり始めたという声もありました。

おやつやジュースの予算を答えていただいた方の平均値は約2000円/月。ベビーせんべいやアンパンマンジュースなど、子供が大好きなものはついついスーパーで手にしてしまいますよね。

洋服の月額予算は80%のママが1万円未満と回答

洋服の予算に対しては回答が分かれました。

プチプラブランドを活用する、必要最低限を揃えるなど、月額で5000円未満と答えたママが50%。10000円までというママでほぼ8割になりました。

逆に、好きなファッションブランドにお金をかけたいというママの回答もあり、最高額は月20~30万円を洋服に使うという驚きの声まで寄せられました。

フリマアプリを活用!売ったお金で次を買う!

子供服

男の子と女の子なので服やオモチャがお下がりできないのでサイズアウトした洋服や遊ばなくなったオモチャをフリマアプリで売ってその売り上げ金で新たに買ったりするようにしてます
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

洋服を買うお金は、フリマアプリで売ったお金を使うという声も。確かに子供の服はすぐにサイズアウトしてしまい綺麗なまま、ということも多いので、フリマアプリを上手に活用するとお得になりそうですね。

売上金を使って買うようにすれば、ついつい家の収納スペースを圧迫してしまう子供服もスッキリ。断捨離も兼ねてしまうという素敵なアイディアです♡

古着ショップやアウトレットを活用して費用を抑えています!

アウトレット

洋服はGAPのoutlet50%引きの時を狙ったり、西松屋の品や新古品を買うので安くすんでます(◍ ´꒳` ◍)
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

アウトレットや古着ショップを利用して洋服代をおさえているという声もありました。

子供達は外で遊べば泥だらけになり、家の中ではカレーやミートソースを食べこぼすなど、なかなか落ちにくい汚れをつけてしまうことも多いですよね。

また、保育園で使うお着替えなど、あまりこだわらない部分で着せるお洋服には古着を使っているママも多いようです。今は古着ショップも色々なところにあるので、有効活用できると便利ですよね。

きょうだいがいる場合はおさがりがあるため低額に

きょうだい

下の子の服は基本、おさがりです!
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

きょうだいがいるママからは「おさがりがあるのでほとんど買いません」という声も。筆者の家では異性のきょうだいですが、シャツなどの下着類はおさがりで十分まかなっています。

上の子がきれいに着ていたお洋服や、すぐにサイズアウトしてしまったお洋服は、おさがりでも十分可愛く着られますよね。「これ、すごく気に入ってたなあ」と下の子が上の子の服を着るのを感慨深く眺めることもありますね♡

きょうだいがいる場合「2人だから洋服も2倍」という風にはならないようです。

おじいちゃん・おばあちゃんや親戚からのプレゼントで足りる♡

ベビー服

洋服は保育園に行っているので西松屋で季節に合わせて15000円分を使い回してワンシーズン物という感覚です↵保育園以外で着用する衣類はじじばばがGAPやデパートで買ってくれるものにして分けてます
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

おじいちゃんやおばあちゃんは、かわいい孫にお洋服を買ってあげたいと張り切っている方も多いですよね。おじいちゃんやおばあちゃんが買ってくれた素敵なお洋服はお出かけ用、保育園用にはプチプラアイテム、という家庭も多そうです。

おじいちゃんやおばあちゃんとお出かけする時、買ってもらったお洋服を着せていくと喜ばれますよね♡

習い事の予算は5000~10000円が40%

習い事にかける予算については、考え方によってかなり意見が分かれました。

今回は134人のママに回答をいただき、習い事をしていると答えたのは35人。赤ちゃんを育てるママからの回答が多かったため、まだ何も習わせていないママもたくさんいました。

一方で、習い事をしているというママだけに絞って金額を見ていくと、5000円~10000円と答えたママが40%と最も多い結果に。たいていの習い事は5000円~8000円程度の月謝になることから「習い事を1つしている」という状態だと、たいていこの金額になのかもしれません。

10000円以上と答えたママも34%と、5000円未満のママを上回りました。なるべく多くのことを経験させたいと、2つ以上の習い事をしている場合や、受験用の塾など、月謝の高い習い事をしている場合もあるようです。

中学生以上になると塾などで高額の費用がかかる場合も

塾代45000円+夏期冬期講習は別途。中学以降は手は掛からないけどお金がかかるんだよーと先輩ママ達から聞いてたので、それを実感してます。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

中学生以降の塾は、小学生までの塾と比べて比較的高額になりがち。受験を意識して夏期講習や冬期講習があり、その費用は別途になるとかなり家計を圧迫されます。

でも、子供の進学や将来のため、なんとか通わせてあげたいと感じるのも親心ですね。子供が中学生になる前に、教育費を貯金しておくのがおすすめです。

「教育は投資」あえてお金をかけているという声も

学習

スイミング月謝8千円、秋からお受験の塾で月謝5万が加算予定です💦↵↵うちは、夫婦の教育方針で教育にお金かけてますしかける予定です。かかったお金は主人が働くからいいよ!投資だよ!と言ってるので
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
子供の習い事に関しては、やりたいというものには、お金を惜しまないです。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

子供の習い事、どのくらいお金をかけるのか悩むところですが、コメントの中には「子供のやりたい事には節約しない」「教育は投資」という声も。

その分ママたちの欲しいものを削ったり、食費やお出かけ費用を節約したりしているという声がありました。子供の「やりたい」という気持ちはなるべく尊重してあげたいもの。でもその分家計をなんとかするママは大変ですよね。

家庭の状況に応じて、パパとじっくり相談のうえ予算を決定しましょう。

保育園、幼稚園の費用は月額平均48270円

幼稚園

幼稚園、保育園の費用平均は48270円。幼稚園や保育園は、公立、私立によって大きく費用に差がみられました。

公立園、認可園はリーズナブルな一方、無認可園やスクールは高額になりやすい

公立の幼稚園や、保育園の認可園は比較的費用が低額になりやすく、3万円台程度までという声が多かった一方、私立園やプレスクールに通わせている場合は5万円~10万円台という声まで。

教育に力を入れている園を選んだ場合、習い事と同時にできるというメリットもありますが、こちらも家計とのバランスが重要ですね。

学資保険は月額10000円~15000円程度

入学

学資保険は、2つ入りました。1つは、13000円/月。↵ 1つは、7000円/月のを母が払ってくれてます
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

また、子供が生まれてから学資保険に加入したという声もありました。

学資保険とは、子供が小さい時から月額で保険料を納め、将来教育資金が必要になった時に保険金として支給されるというもの。自分で貯金をするよりも利率が少し良く「引き落としにしないと貯金できないかも」という方に選ばれています。

また、保険料の支払者が万が一死亡してしまった場合、保険料をおさめなくても将来の保険金は保証される学資保険も多いです。もしも家族になにかあっても子供を守る手段としても使えるのですね。

保険料は、加入している方のほとんどが10000円~15000円と答えています。加入年齢が低い方が納める月額保険料は安くなるので、加入を考えている方は早めに検討したいですね。

中学生以降はどんどん教育にお金がかかっていくので、もしもの時の為に保険加入するのも一つの手段です。

育児はやっぱりお金がかかる!パパママで相談をして、使いどころの選択を

夫婦

ママリQアンケートにご回答いただいた方々、本当にありがとうございました。

こうして見てみると、各家庭によってお金のかけどころはさまざまだなと気づかされます。もちろんすべての部分にお金をかけられたらいいのですが、そういうわけにはいかない家庭がほとんどですよね。

どこにお金をかけ、どこは削るのか。そして「今」だけのお金のことではなく、将来どんな場面でお金がかかり、それをどうやって貯金しておくのか。お金の世界は奥が深いです...。

こうしたことはぜひパパママで話し合いの機会を持ち、家族が安心して生活できるよう、計画的に暮らしていきたいですね。

「ママリQ」「お金」「アンケート」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!