秋冬定番ムートンブーツの2大老舗ブランドUGG&emuのご紹介

寒くなってくるとファッションアイテムとして外せないのがムートンブーツです。ブーツの中はボアが敷き詰められていて防寒対策できますし、何よりデザインがとってもかわいくて、どんな格好でもコーディネートできちゃう便利なアイテムですよね。そんなムートンブーツですが2大ブランドがあるのはご存知ですか?南カリフォルニアで誕生したUGGとオーストラリアで誕生したemuです。UGGemuの特徴とあすすめアイテムをご紹介します。

あなたはもう用意した?秋冬の定番アイテムのひとつ「ムートンブーツ」

徐々に朝晩冷え込んできて、足元が寒く感じる季節になってきましたね。秋冬定番のシューズで思い浮かぶのはあったか&モコモコのムートンブーツ。

暖かいだけではなくてローヒールで歩きやすく、かつ、パンツでもスカートでもどんな服装にも合わせることができるので、ママ達を中心に女性に根強い人気があるアイテムです。

ところで、ムートンブーツに2大ブランドがあるのを皆さんはご存知ですか?

ムートンブーツの2大ブランド! 「UGG」「emu」をご紹介

ムートンブーツでよく聞くことがあるブランド、UGG&emu。ムートンブーツの2大ブランドとしても有名なUGG&emuですが、それぞれどのような特色を持っているのでしょうか?

そこで、どんなブランドでどのような商品があるのかをご紹介してみたいと思います。これまでチェックしたことなかったという方は要チェックですよ!

1.UGG(アグ)

1978年にオーストラリア人サーファーのBrian Smith氏が南カリフォルニアのビーチでUGG®ブランドを立ち上げたのがUGGの始まりです。

1980年代半ば、UGGは南カリフォルニアのカルチャーの象徴としてカリフォルニア沿岸にある多くのサーフショップで人気を集め、シープスキンブーツを確立していったのです。

1.UGGの定番!クラシックショートムートンブーツ

アグ オーストラリア クラシック ショート ムートンブーツ
アグ オーストラリア クラシック ショート ムートンブーツ

¥17,269

▼素材▼アッパー:天然皮革( スエード )ライニング:シープスキン( 羊毛 )アウトソール:ラバー(合成樹脂)筒丈【約20cm】ヒール高【約2cm】履口周り【約32cm】足首【約31cm】
販売サイトへ

足首もすっぽり隠れて寒さ対策も万全!そのままの状態でもかわいいですが、履き口を好きな長さで折り返してモコモコを出すともっと可愛らしさがアップします!

また、靴の内側はボアがぎっしりと敷き詰められているので足全体がほんわかあったか。靴底もグリップが効いているので路面が凍っていても安心です。

2.季節を問わずに履けちゃう!アグ ラティスカーディ ブーツ

アグ ラティスカーディ ブーツ
アグ ラティスカーディ ブーツ

¥20,952

■ 素材 ■ 表地/ニット 裏地/シープスキン ソール/ラバー ■ カラー ■ チェストナット/chestnut ブラック/Black チャコール/charcoal ネイビー/Navy
販売サイトへ

UGGのブーツの中でちょっと違った趣向のニットタイプのブーツであるラティスカーディブーツの特徴は3つのボタンがサイドについています。

また、シープスキンは中で使用されていて、冬は防水性が高いので氷点下の環境でもかなり使えて、 夏は湿気を逃がして中がムレないので季節を問わずに履けるブーツとして人気です。

3.女性らしいさがポイント!ウィメンズ ベイリー ボウ シープスキンブーツ

アグ オーストラリアウィメンズ ベイリー ボウ シープスキンブーツ/ムートンブーツ
アグ オーストラリアウィメンズ ベイリー ボウ シープスキンブーツ/ムートンブーツ

¥22,680

■素材アッパー:シープスキン(内側:ムートン)ソール:ラバー(合成樹脂)
販売サイトへ

ブーツの後ろ側にサテン生地のリボンが2つついていてとても女性らしいブーツです。可愛いのが大好きな女性にうれしいカラーバリエーションの豊富さが良いですよね!

UGGの特色である履き心地や機能性の良さをそのままに、スタイリッシュさと女性らしさがプラスされていて、一足は持っていたいなと思ってしまうブーツです。

4.気楽に履きこなしたいという方にお勧め!フラットシューズ ダゴタ

アグ オーストラリア フラットシューズ ルームシューズ ダコタ
アグ オーストラリア フラットシューズ ルームシューズ ダコタ

¥13,700

▼素材▼アッパー:天然皮革( スエード )ライニング:ウールアウトソール:ラバー
販売サイトへ

モカシンタイプでサッと履けちゃうのが良いですよね。それなのに、靴の内側はブーツと同じようにボアがぎっしり詰まっていて温かくて足元の冷え対策もばっちりです。

どんなスタイルにも合わせられるブーツもいいけれど、もっとカジュアルに履きこなしたいなというママには一押しのファッションアイテムの一つと言えます。

2.emu(エミュ)

1994年にオーストラリアで誕生したシープスキンブーツの有名ブランドがemuです。emuのムートンブーツは「世界で1番履き心地の良い靴」ということで品質やデザインに強いこだわりを持って作られています。

emuで使われているブーツの素材は、オーストラリアンシープでも特に柔らかく上質な子羊の革だけが使われていて、水が浸透しにくくて耐久性があり、柔らかい肌触りが特徴と言われています。

1. emuの定番!スティンガー ロー ムートンブーツ

emu スティンガー ロー ムートンブーツ
emu スティンガー ロー ムートンブーツ

¥17,500

■ブランド名/商品名 emu / STINGER LO ■カラー PURPLE RUST WINE ALMOND ASH OAK OLIVE SAGE COBALT GOLD CHAMBRAY ■素材 アッパー:天然皮革 シープスキン
販売サイトへ

emuの定番商品で人気が高いブーツといえばSTINGER LO (スティンガー ロー)です。ミドル丈なのでどんなファッションにも合わせやすいことが人気の秘密なのだそう。

シープスキンの肌触りも良くて、中のボアも詰まっているのでほわほわで温かく、寒い日でも防寒OKなブーツです。色が豊富なのも嬉しいですね。

2.防水&シーズンフリーで履けちゃう!パターソン ハイ

emu パターソン ハイ
emu パターソン ハイ

¥32,400

US6:約23cm US7:約24cm US8:約25cm
販売サイトへ

emuの防水シープスキンブーツとして知られているパターソンシリーズは、スタイリッシュなデザインなのにとっても機能的。

選び抜かれた防水スエードとオーストラリア産のソフトシープスキンを張り合わせて、防水性に優れているだけではなくて通気性にも優れているので、季節関係なく履くことができるブーツです。

3.かわいいデザインと撥水性がポイント! アルバ ミニ ミニ 

emu アルバ ミニ ミニ 
emu アルバ ミニ ミニ 

¥25,920

サイズガイド」 ☆゜・*:.。.:*・゜ こちらの商品は、そのままのサイズをおすすめいたしております。 足の実寸が、23cm〜23.5cmである場合は、23cm用のUS6をお勧めいたします。
販売サイトへ

後ろの2つのボタンで留められたベルトのワンポイントが可愛いショートブーツです。また、履き口のデザインも特徴的で可愛いですよね。

また、撥水加工がされているので、ちょっとした水気をはじいてくれるのも嬉しいポイントです。ちょっとぐずついた天気でも活躍してくれるブーツです。

4.女性らしいデザインのモカシンシューズ!アミティ カフ

emu(エミュー)【日本正規品】AMITY CUFF(アミティカフ)
emu(エミュー)【日本正規品】AMITY CUFF(アミティカフ)

¥16,200

emu エミュー表面はカウレザー(牛革)、内側は最高級のオーストラリア産シープスキンを使用しています。抗臭効果も高く通気性が良いので、靴内は湿気がこもりにくく、快適な履き心地をお楽しみ頂けます。靴底には、コルクフレークをインクルードし、反発性、クッション性、グリッ...
販売サイトへ

靴の表面のボアとリボンのデザインがどことなくラグジュアリー感と可愛らしさが合わさっていて、良く晴れたお出かけの時に履いてお出かけしたくなりそうなシューズです。

とても人気のデザインで、取り扱うお店によっては売り切れてしまっているカラーもあるようです。欲しいなという方は急いでチェックしてみてくださいね!

秋冬はUGG&emuで足元あったかコーデを楽しもう♪

今回はムートンブーツの2大ブランドとして知られるUGGとemuを取り上げて、それぞれのおすすめアイテムをご紹介しましたが、どの商品もデザインが素敵で思わず即買いしてしまいたくなるようなものばかりですよね。

また、ムートンブーツというと「秋冬」というイメージでしたが、UGGやemuの中には季節を問わずに履けるアイテムもあるということで、1年中履きこませちゃうというのはママとしては嬉しいですよね。

UGGやemuをまだ履いたことがないという方も今シーズン履き替えを検討している方も、ぜひUGG&emuで足元あったかアイテムをゲットしちゃいましょう♪

UGG

emu

「UGG」「ムートンブーツ」「emu」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!