七五三とは?男の子・女の子のお祝いはいつ?七五三の知っておきたい基礎知識

七五三とは子供の成長と健康を祝い、縁起の良い数字とされる3歳・5歳・7歳に氏神様(神社)へお参りをする行事のこと。お祝いの時期・日程は11月15日とされますが、家族の予定や体調などによっては時期をずらしても問題ありません。男の子は3歳と5歳(地域によっては5歳の1回のみ)、女の子は3歳と7歳にお参りをするのが一般的です。かつては数え年で行うものでしたが、現在では満年齢で行う家庭も多く、特に決まりはありません。お子さんの性格や成長度合いなどに合わせて日程を決めるとよいでしょう。

七五三の時期はいつ?

七五三のお祝いといえば「11月15日」に行うもの、というイメージを持つ方も多いでしょう。11月15日に七五三の参拝をするようになった由来には諸説あります。

11月15日は古い暦である「二十八宿」において鬼宿日(鬼が出歩かない日)にあたり、婚礼をのぞき、万事において吉日だと言われていました。また、徳川綱吉の長男、徳松の健康を祈る行事が11月15日に実施されたことで、七五三を11月15日に行うのが江戸から地方へ広まったという言い伝えもあります。

とはいえ、必ずしも11月15日に参拝しなければならないわけではありません。

毎年11月15日前後には、御祈祷を受け付ける神社や写真スタジオが非常に混雑します。子供の体調や機嫌はもちろんのこと、ママが下の子を妊娠しているなど、長時間の外出が厳しい場合もあるでしょう。混雑する時期は外して、10月上旬まであるいは11月後半以降などにお参りをするという考え方もあります。

11月15日にこだわる必要はなく、10月から11月にかけての土日や吉日など、家族や親せきの予定が合う日に行うとよいでしょう。しきたりやマナーに反することもありませんので安心してください。

七五三の家族写真は写真館で!東京のおすすめフォトスタジオ10選

関連記事:

七五三の家族写真は写真館で!東京のおすすめフォトスタジオ10選

子供の七五三に、記念写真をスタジオで撮影したいママにおすすめしたい東京…

男の子と女の子でお祝いする年齢は異なる?

七五三

七五三とは、子供が3歳・5歳・7歳になったとき、その成長を祝い、健康を祈る行事です。本来、3歳・5歳・7歳のお祝いには次のような名称と意味があります。

  • 3歳:髪置の儀(かみおきのぎ)=髪を伸ばし始める儀式
  • 5歳:袴着の儀(はかまぎのぎ)=初めて袴を着る儀式
  • 7歳:帯解の儀(おびときのぎ)=初めて帯を付けて着物を着る儀式

また、七五三のお祝いをする年齢は男の子と女の子で異なり、3歳・5歳・7歳の3回必ず実施するわけではありません。地域や家族の方針などによっても変わってきますが、だいたい以下の年齢で行うことが多いようです。

  • 男の子:3歳と5歳
  • 女の子:3歳と7歳

数え年と満年齢のどちらが正しい?

暦

七五三のお参りを数え年と満年齢のどちらで行うか迷う方も多いでしょう。数え年と満年齢とでは、年齢の計算方法に次のような違いがあります。

  • 数え年:誕生した年を1歳とし、元旦が来ると1歳プラスする
  • 満年齢:誕生した年を0歳とし、誕生日が来ると1歳プラスする

古来、日本では数え年で年齢を計算しており、七五三のお祝いも数え年で行っていました。ただ、現在では満年齢で数えるほうが一般的であり、七五三についても、数え年か満年齢どちらでお祝いしても特に問題はありません。

早生まれの場合はどうする?

七五三 お参り

特に子供が早生まれだと、数え年と満年齢どちらに七五三を行うか迷う方が多いようです。

3歳のお祝いの場合、数え年だと2歳代後半、満年齢だと3歳代後半にあたります。3歳の七五三で着せるのが一般的な被布(ひふ)は、まだ体が小さい2歳代のうちが可愛くて似合うという考え方もあります。もちろん、お子さん自身の性格や心身の成長度合いにもよります。兄弟姉妹がいて一緒に七五三やお宮参りなどのお祝いを済ませたいご家庭もあるでしょう。

すでにご説明したように、数え年でも満年齢でもまったく差し支えありません。お子さんの状況やご家庭の都合などに合わせて、無理のない日程を組むようにしましょう。

七五三のお参りの時期は?参拝の準備と初穂料の相場、お参りのマナーまとめ

関連記事:

七五三のお参りの時期は?参拝の準備と初穂料の相場、お参りのマナーまとめ

子供成長を祝うための家庭行事となっている七五三。いざお参りをするとなる…

七五三の由来

七五三

七五三のお祝いが現在のような形式になったのは江戸時代、一般に広まったのは明治時代ですが、そもそもの由来は平安時代までさかのぼります。

かつては乳幼児が飢えや病気で亡くなることが多く、7歳までは神の子、つまり神様からの預かりものとされていました。無事7歳まで生きられて初めて一人の人間になれると考えられていたようです。

平安時代にはすでに七五三の原形となる儀式はあったようですが、貴族や武家など裕福な家庭に限られていました。それが徐々に広がっていき、めでたい数字とされる3歳、5歳、7歳に神社へ足を運び、これまでの成長とその後の健康を願ってお参りするようになったといわれています。

千歳飴の由来

千歳飴

七五三と切っても切れないお菓子である千歳飴。細長い形状が特徴的ですが、この形状にも意味があります。子供が千歳(ちとせ)つまり千年にわたって健康で長生きできるように、という願いが込められています。長さは1メートル以内、直径15mm以内が一般的ですが、地域の風習によっては異なります。

千歳飴の由来には諸説あります。江戸時代の元禄年間に浅草で七兵衛という飴売りが売り始めた、あるいは神田明神の境内で「祝い飴」として売られていたものが発祥ともいわれています。

鶴亀や松竹梅などの縁起物が描かれた縦長の紙袋に、紅白の細長い飴が入っています。最近では袋にかわいい動物やキャラクターが書かれているものも。色も紅白に限らず、パステルカラーや模様入り、金太郎飴のように断面が可愛いものなど、さまざまな種類があります。

千歳飴は神社でお参りの後に配られたり、写真スタジオで撮影した際に記念品としてもらえたりすることもあります。基本的には子供が受け取るものですが、七五三のお祝い金をもらった場合、その内祝い(お返し)としてのし付きで千歳飴を贈る地域もあるようです。

七五三のお祝い金の相場は?お祝い返しのマナーとおすすめプレゼントまとめ

関連記事:

七五三のお祝い金の相場は?お祝い返しのマナーとおすすめプレゼントまとめ

七五三は、子供の成長を祝って11月15日に神社へお参りをする行事です。孫や…

七五三の地域差

日本 地図

七五三は全国各地で行われる行事ですが、地域によってはお祝いする年齢や時期、お参りのしかたが異なります。

たとえば、男の子の儀式を3歳と5歳の計2回行う地域もあれば、3歳は行わずに5歳の1回だけという地域もあります。北海道をはじめ、11月中旬だとすでに気温が低くなるところでは、10月など前倒しでお参りすることも多いでしょう。一般的な七五三の儀式は行わず、その地域特有の行事を行うところもあります。

関東地方と関西地方といった単純な分類でなく、その地域の氏神様や各家庭の方針などによっても変わってきます。七五三を行う年齢や時期を決める際は、家族や最寄りの神社などに確認すると安心です。

七五三で我が子の成長をお祝いしよう

七五三

子供が生まれると、お七夜(命名式)に始まり、お宮参り、お食い初め、初節句、初誕生(1歳の誕生日)、そして七五三とさまざまな行事がやってきます。

中でも七五三は子供の成長を喜ぶ大切な行事。今でこそ乳幼児期の死亡率はぐんと下がったものの、我が子の成長はやはりうれしいものです。お参りや写真撮影の手配などが大変かもしれませんが、七五三の由来を理解し、今後も長く健やかに過ごしていけるよう家族でお参りしましょう。

「七五三」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!