七五三のお祝い金の相場は?お祝い返しのマナーとおすすめプレゼントまとめ

七五三は、子供の成長を祝って11月15日に神社へお参りをする行事です。孫や親戚にお祝いを渡したいと思っていても、相場やマナーが分からずに戸惑っている方も多いのではないでしょうか。今回は、七五三お祝い金の相場やお祝いのマナーについてご説明していきます。気になる費用の相場や、いただいたお祝いのお返しについてもご説明していきますので、これから七五三お祝いを控える子供や孫を持つ方は、あらかじめ知識を持っておくと安心ですよ。

七五三のお祝い金の相場

七五三は、子供が健やかに成長したことをお祝いする行事です。甥や姪、孫が七五三を迎えるにあたり、お祝いを用意しようと考えている方も多いでしょう。お祝い金の相場は、以下を参考に決めてみてください。

  • 孫に渡す場合:10,000円~
  • 親戚に渡す場合:5,000~10,000円
  • 知人に渡す場合:3,000~5,000円

こちらの例はあくまでも目安なので、相手との関係を考慮して決定しましょう。最近では、前撮りの撮影料金や晴れ着の購入代金を負担し、お祝いにかえることも多いといわれています。

既に七五三を終えている親戚がいれば、目安を相談してみるのも一つの手です。一番大切なのはお祝いの気持ちですから、贈る側・受け取る側双方の負担にならないよう、事前に話し合っておけると安心ですね。

きょうだい同時の七五三には人数分用意すべき?

七五三

昔は数え年でお祝いしていましたが、現在では満年齢でお祝いする家庭も増えています。子供が複数いる場合は、片方が数え年、もう片方が満年齢と、一度にまとめてお祝いすることも珍しくありません。

きょうだい同時にお祝いする場合、本来七五三は別々に祝う行事であると考えて、人数分のお祝いを渡すことが一般的です。一人ひとりの成長を祝うものですから、祝儀袋もそれぞれの子供の名前に分けて渡しましょう。

七五三のお祝いマナー

七五三

七五三は、本来であれば11月15日にお祝いする行事です。しかし、現在はあまり日にちにこだわることなく、10月中旬~11月15日前後の都合がよい日に神社へお参りをする家庭が多いようです。

お祝い金を渡す場合は、11月1日~15日の間に渡すとよいでしょう。本来の日取りである11月15日を越さないように気をつけてください。どうしても11月15日までに会って渡せない場合は、その旨を一言伝えておくと安心です。

祝儀袋・かけ紙の書き方

祝儀袋

  • 祝七五三:どの年齢・性別にも対応
  • 賀御髪置:3歳の子供
  • 賀御袴着:5歳の男の子
  • 賀御帯解:7歳の女の子

祝儀袋は、赤と白の蝶結びを選びましょう。蝶結びはほどけても結び直せることから、何度あってもめでたいという意味をもっています。表書きはさまざまですが、「祝七五三」やシンプルに「御祝」と記入される方が多いようです。

昔の習わしから、3歳で髪を伸ばし始めることを祝う「賀御髪置(おんかみおきをがす)」、5歳で男の子が袴をつけることを祝う「賀御袴着(おんはかまぎをがす)」、7歳で女の子が本式の帯をしめることを祝う「賀御帯解(おんおびときをがす)」という表書きもあります。

年齢や性別にこだわって記入するようであれば、それぞれに合った表書きを、心を込めて書きましょう。

七五三で人気のプレゼントは?

七五三

お祝い金を贈る祖父母が増えているとはいえ、形に残るものを選ぶ方も多いです。特に人気のプレゼントは、七五三の時に身に付ける晴れ着です。

晴れ着一式を両家で分担してプレゼントしたり、不足している小物のみ贈ったり、ケースはさまざまです。同性の兄弟姉妹がいる場合は、思い入れのある同じ晴れ着で撮影できそうですね。

そのほかには洋服やおもちゃ、本などが人気です。男の子にはスポーツ用品やゲーム、女の子は文房具や帽子、鞄などの服飾雑貨を贈ることが多いようです。

しかし、物品は子供の好みや家庭の都合などもありますので、贈る側は相手に希望を聞いてから決めるとよいでしょう。反対に、何が欲しいか聞かれた方は、遠慮なく子供の欲しいものを伝えましょう。

七五三にかかる費用と相場

お金

七五三は、成長を祝って神社にお参りをする行事ですが、お参りをする際にはお金を納める必要があります。また、晴れ着をレンタルするか購入するかによっても異なるため、個人差があるといえます。

初穂料や衣装代、写真撮影代、食事代を含めて、安い場合でも4~5万は見積もっておきましょう。お祝い事ですから、お金をかけようと思えばきりがありません。

地域の風習や家庭の事情によってさまざまですから、両家との関係や、七五三をどの程度重要視するかによって、家族とよく話し合っておきましょう。

初穂料(はつほりょう)

初穂

一般的に、七五三では神社にお参りをすることから、初穂料を納めることになります。農作物を神前に収め、豊作への感謝を表したことが起源となっており、今ではその代わりに納められるお金を初穂料と呼びます。

初穂料の相場は5,000~10,000円ほどで、神社によっては金額が決められているところがあります。祈祷の予約をする際にあらかじめ確認しておくと、スムーズにことが運びます。

衣装代

衣装

レンタルする場合は15,000円前後から、購入する場合は20,000円前後からかかると考えておきましょう。店舗によって品揃えや価格差がありますので、気になる晴れ着があった場合はレンタル可能か問い合わせてみてください。

レンタルする場合は着付け料金や写真撮影料金がセットになっているコースや、事前の前撮りの際にも借りられるコースなど、さまざまな料金体系があります。

衣装を購入する場合は、当日の着付けなどにかかる料金を調べておく必要があるので、まずはレンタルまたは購入のどちらがライフスタイルに合っているか、検討するところから始めましょう。

写真撮影代

写真

写真スタジオなどで撮影する場合は、スタジオの料金体系によって異なります。数枚のみの撮影で、アルバムやキーホルダーなどのグッズを購入しない場合は、5,000円前後になるでしょう。

最近では、自然に過ごしているなかでふとした瞬間を撮影するタイプのスタジオもあり、そういった場所は40,000円前後かかることもあります。七五三の撮影にどの程度重きを置くかによって、予算を決めていきましょう。

食事代

七五三のお参りが済んだあと、祖父母を含めて食事する方も多いと思います。昼の会食であれば、大人は3,000円程度から、子供は1,500円程度からと考えておきましょう。

食事についても、昼と夜とでは予算が異なりますし、料亭などを予約した場合は30,000円程度は必要です。祖父母がお祝いとして負担してくれる場合もありますので、家族でよく話し合って決めましょう。

七五三のお祝い返しはどうする?

赤飯

七五三は子供についてのお祝いごととなるため、お祝いに対するお返しやお礼は不要だといわれています。しかし、住んでいる地域の風習や、家庭のしきたりによっても異なりますので、まずは両家に確認するとよいでしょう。

千歳飴や赤飯、菓子折りなどをお返しすることがありますが、受け取った金額の3分の1程度を目安に用意するとよいでしょう。七五三のときに撮影した写真を添えると、より気持ちが伝わりますよ。

一番大切なのは子供が成長したことを祝う気持ちです

祖母

七五三は一生に数回の行事であるため、一度経験していても忘れていることがあったり、慣習が変わっていたりして、戸惑う方も多いと思います。

しかし、七五三の本来の意味は、子供が無事に大きく成長したことを祝うことです。最低限のマナーを守る必要はありますが、笑顔で「おめでとう」の言葉をかけてあげることが、一番のお祝いになることでしょう。

「お祝い」「七五三」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!