「育児サロン 2ヶ月経てば 浦島太郎」 きたあかりさんが描く子育てあるあるに爆笑必至!

今、インスタグラムで多くのママたちを虜にしているきたあかり(@yukico.nikki)さんをご存知ですか?きたあかりさんがインスタグラムにアップするイラストは、子育てママたちにとってどれも共感できるものばかりで思わず「わかるわかる!」と叫びながら読んでしまうこと間違いなしです。まだまだ小さいムスメちゃんときたあかりさんの面白くもほのぼのするエピソードに癒されちゃってください。

画像:www.instagram.com

夢中になる面白さ!きたあかり(@yukico.nikki)さんの魅力

現在、インスタグラムで多くの人に支持されているきたあかり(@yukico.nikki)さんは、2016年6月にムスメさんを出産された一児のママ。きたあかりさんのインスタグラムにはムスメちゃんの日々の様子を綺麗なタッチで描いたイラストが多数アップされています。

しかし、きたあかりさんの魅力はその綺麗なタッチで描かれたイラストだけではないのです。実はきたあかりさんのイラストには必ず「一言」が添えられているのですが、その一言が私たちの心を掴む面白さを持っているのです。

特別なことは描かれていないのかもしれないけれど、子育てママたちから共感を得るには十分なその一言に夢中になるママが続出しています。

今回はそんな魅力たっぷりなきたあかりさんのインスタグラムからいくつかおすすめの育児漫画を紹介したいと思います。

共感しながら思わず笑ってしまうこと間違いなしのイラスト12選♡

きたあかり @yukico.nikki イラスト 画像:www.instagram.com

赤ちゃんを育てた経験のあるママたちなら思わず「わかるわかる!」と叫びだしたくなるほどの子育てあるあるが詰まったイラストの数々に笑いが止まりません。

ひとつ見たらもうひとつ見たくなって最後にはイラスト制覇しちゃって次の更新を楽しみに待っている、そんなママが沢山いるはず。どうしてこんなに子供って可愛いんだろう。そしてどうしてこんなセンスがいいの、きたあかりさん。

今回はそんなきたあかりさんがインスタグラムにアップしているイラストの中からおすすめを紹介します。是非皆さんもきたあかりさんの面白さに夢中になっちゃってください♡

1. とってもいい笑顔なんだけど・・

きたあかり @yukico.nikki イラスト 画像:www.instagram.com

なぜか口元へ寄せてくる 出典: www.instagram.com

ハンドリガードをしている子供の姿ってとても可愛くて成長を感じると共に癒される瞬間ですよね。この愛おしい姿をほっこりした気持ちで見ていたら突然口元によだれで濡れた手を・・・。

子育てあるあるですよね!どうして手についたよだれをママの口に持ってくるのか。愛情表現の一つなんでしょうかね?とっても笑顔で可愛いし愛情表現なら嬉しいけど受け入れるのはなかなか勇気が要ります。(笑)

2. あれ?生後2ヶ月のは、ず・・・?

きたあかり @yukico.nikki イラスト 画像:www.instagram.com

#授乳クッション#が醸し出す#圧倒的な#貴族感#でも#どう見てもおっさん 出典: www.instagram.com

生後2ヶ月目のときのイラストだそうですが、確かに貫禄がありますね!貴族・・いや、おっさん?に笑ってしまいました。しかし、この時期に「あれ、うちの子おっさんくさい」そう思うのはもう定番ですよね。

どうして赤ちゃんはある一定の時期におっさんくささが増すのか・・・。不思議です。でもこの時期はこの時期でとても可愛くて癒されます♪

3. 母の寝る場所は・・・?

きたあかり @yukico.nikki イラスト 画像:www.instagram.com

#親子で#添い寝#微笑ましい#川の字#のはずが#トに#寝れない#仕方ないので#丸まって角っこで寝ました 出典: www.instagram.com

川の字で寝る予定がちょっといなかった隙に「ト」に変わってしまった夜のエピソード。どうして子供って寝ているときでもこんなに動いてしまうのでしょう・・・。

頑張って寝かつけた後で「ト」を「川」に直す勇気はなかなか出ませんよね・・。ママの寝るところがなくなってしまって「丸まって角っこで寝ました」のタグに思わず笑ってしまいましたが、次の日はちゃんとお布団で温かくして寝られたのか心配です。

4. あれ、見ているの母だよね・・・?

きたあかり @yukico.nikki イラスト 画像:www.instagram.com

#母を#見つめる#その一途な瞳#明らかに#食べ物を見る目 出典: www.instagram.com

母を見つめる一途なその瞳に可愛いと思ったのも束の間。その口元は舌なめずりをしてヨダレを垂らし・・・あれ、もしかしてこれ食べ物を見る目!?この時期の赤ちゃんはママ=ご飯(母乳)ですから、ママを見ていたらお腹が空いてきてしまったのかもしれませんね。

それにしてもこのムスメちゃんの表情がとても面白くて吹き出してしまいました♪

5. 子供の成長は応援したいけど・・・

きたあかり @yukico.nikki イラスト 画像:www.instagram.com

#上に乗せると#よじ登ってくる#かわいい#けど際限がない#足がかりに#シャツの襟口を使うのはやめてください#もうビロンビロンです 出典: www.instagram.com

子供を膝の上にのせるとなぜか上によじ登ってくるの、わかります。けどシャツの襟ぐりを足がかりに使われるのは確かに困ってしまいますね!子育てしていると服はあちこち伸びていきますよね・・・。子育て中に良いお洋服を買うのはやめようと思ってしまう瞬間です。

この「上昇志向か!」という突っ込みがとても合っていて、いつか子供に言ってみたいななんて密かに思ってしまいました(笑)

6. 首すわりは嬉しいけど!

きたあかり @yukico.nikki イラスト 画像:www.instagram.com

そこ洗いたいんです!
#首のしわとしわを合わせて#首すわり#沐浴#お風呂#凛々しいけど#洗いづらい 出典: www.instagram.com

首が据わるのは親にとって、待ちに待った瞬間ですよね!でも首が据わると沐浴中も首を上げたがって首の後ろにあるしわとしわがくっついて多分とっても汚れが溜まっているであろう部分が洗えない・・・!これもきっと子育てあるあるですよね♪

「首のしわとしわを合わせて首すわり」。某CMを思い出しましたがクスリと笑える一言に言葉のセンスを感じます♡

7. 突然の、シンバ誕生

きたあかり @yukico.nikki イラスト 画像:www.instagram.com

何しても泣き止まない時。
みなさんどうされてるんでしょうか。。
#突然の#ライオンキング#シンバ誕生ごっこ#サークルオブライフ#効果は#数秒 出典: www.instagram.com

抱っこしてもミルクを飲ませても、何をしても泣き止まないときってどうしてもありますよね。そんなとききたあかりさんは「突然のライオンキング」をされるそうです。有名なシンバ誕生のシーンですね。綺麗な夕日が目に沁みます・・・。

効果は数秒と言うことですがこの後はどうやって泣き止ませたのでしょう。皆さんはどうやって泣き止ませていますか?是非何か効果的な泣き止ませ方があれば、きたあかりさんに教えてあげてください♪

8. 成長は突然に・・

きたあかり @yukico.nikki イラスト 画像:www.instagram.com

横抱きで 通れぬドアで 知る成長

#あれ#育っ!?#ドア#横抱き#夜泣き#明け方 出典: www.instagram.com

夜泣きで起きた明け方に突然感じる子供の成長。確かにいつも通れていたところが通れなくなったりすると、「ああこの子も大きくなったんだな~」と実感しますよね♪

成長を感じる素敵なシーンだけど、きたあかりさんの寝ぼけ眼を見るとまずはゆっくり眠ってもらいたいところです・・。

9. 胎児のポーズはお任せください!

きたあかり @yukico.nikki イラスト 画像:www.instagram.com

鼻血もの
#添い乳#離れると#胎児のポーズ#プロの技 出典: www.instagram.com

胎児のポーズは何歳になっても見ていたいほどの魅力がありますよね。子供が丸まって寝ている姿は本当に鼻血ものでいつまででも眺めていたいものです。けどそんな可愛いポーズの下に描かれたインタビュー姿に思わず笑ってしまいます。

確かに最近まで現役だったけど(笑)インタビューされている姿までプロの貫禄を感じますね。

10. 母もおじさんもみんな気まずい時間

きたあかり @yukico.nikki イラスト 画像:www.instagram.com

そんなに見ちゃいけません!
#電車#隣の人#じっと#ただただじっと#見続けるムスメ#隣の人ずっとソワソワキョロキョロしてました#すみませんでした 出典: www.instagram.com

子供ってとにかく人の顔をじっと見つめることありますよね。もちろんパパ・ママのことを見ているなら嬉しいし全然いいんだけど、電車とかバスとかで隣や目の前に座った人たちをじっと見るのはやめて欲しい・・・。

おじさんのきょろきょろ具合は確かに申し訳なさを感じてしまいますね。けどこういうときってママも気まずいんですよね・・・。どうしたらこっちに興味を持ってもらえるか必死で手を動かしたりしてしまいます。

11. ケンシロウ現る・・・!?

きたあかり @yukico.nikki イラスト 画像:www.instagram.com

夫が使ってたベビー服。両肩のイヌさんがポイントです。
#ベビー服#お下がり#かわいい#ロンパース?#これは#この肩パッド感は#あの世紀末の#You're shock 出典: www.instagram.com

確かに両肩のイヌを見ていると頭の中で「You're shock~♪」が流れてしまいますが、きっと旦那さんは自分が昔着ていた服を着るムスメちゃんの姿を見て嬉しかったのではないでしょうか♪

旦那さんが使っていたベビー服が今も着られるって言うのはお義母さまの管理がよかったということですよね。素敵なお義母さまのエピソードに癒されました♪

12. パパご乱心・・・・・!

きたあかり @yukico.nikki イラスト 画像:www.instagram.com

寝かしつけをお願いして10分後。

乳児の間はおっぱいがないと寝かしつけは難しいのかも。無理させてすみません。
#パパ#寝かしつけ#途中から#どうして良いやら分からなくなったらしい 出典: www.instagram.com

寝かしつけをお願いしたのにこんな姿を目にしてしまったら何が起こったの!?と驚いてしまいますね!きっとパパはムスメちゃん、ママのために頑張って寝かしつけようとしたのでしょうけど・・・一生懸命なパパの姿に思わず声を出して笑ってしまいました♪

パパの「フェーーイ」の言葉が「もうわかりませーーん」と言っているように見えるのは私だけでしょうか・・・。

きたあかりさんに魅了された方たちの口コミを紹介します♡

子育て ママ 子供 新生児

きたあかりさんのインスタグラムの投稿数はまだそこまで多いわけではないのですが、もうたくさんのファンがいらっしゃいます。

そんなファンの方たちの中から厳選して、きたあかりさんにハマっているママたちのコメントを紹介します。皆さんやっぱりきたあかりさんの独特な言葉のセンスに惹かれているようでした♡

絶妙な言葉選びが楽しい♡

絶妙な言葉選びをいつも楽しみに拝見しています!(ずいぶん前から無言フォロー失礼しました☺️ )乳児時代を懐かしみながらこれからも楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします✨ 出典: www.instagram.com

やっぱりきたあかりさんのイラストの魅力は素敵な言葉選びのようですね♡

きたあかりさんのファンにはきたあかりさんのムスメちゃんと同じくらいの月齢の子供がいるママが多くいらっしゃいましたが、子供が大きくなってもこのイラストを見て「懐かしいな~こんなことあったな~」と楽しんでいるママも多いようです。

インパクトのある文章がツボ!

ママ SNS インスタグラム

初めまして!可愛らしいイラストにインパクトのある文章がツボに入りました😂✨フォローさせてください💕😍 出典: www.instagram.com

きたあかりさんの文章が魅力、とずっと言ってきましたがもちろんイラストだって可愛くて癒されますよね!ひとつひとつの絵が丁寧に描かれていて旦那さん、ムスメちゃんへの愛も感じます♡

綺麗で見やすいイラストだから、ママたちも読みやすくてついハマってしまうのかもしれませんね。

共感必至のイラストにハマる!

はじめまして😉実は少し前からフォローさせてもらってます😊月齢が同じなのもあって、ホントに「まさに!」と笑ってしまいました😆毎回、絵に添えられる一言も秀逸でいつも楽しみにしてます✨ 出典: www.instagram.com

言葉選び、イラストはもちろん素敵だけどきたあかりさんが支持される一番の理由は、エピソードがどれもママたちにとって共感できるものばかりということにあるのかもしれませんね。

是非これからもムスメちゃんや旦那さんとの日々のエピソードをアップしていってもらいたいですね♡

きたあかりさんの魅力あふれるインスタグラムをチェック♡

きたあかり @yukico.nikki イラスト 画像:www.instagram.com

今回は、いま多くのママたちが夢中になっているきたあかりさんについて紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。ここに載っているイラストはまだまだ一部のものですので、是非きたあかりさんのインスタグラムで直接その魅力に触れてきてくださいね。

ムスメちゃんはまだまだ生後4ヶ月ということなのでこれからの成長がとっても楽しみですね。是非これからの更新もチェックしてみてくださいね♡

※なお、画像の引用についてはきたあかり(@yukico.nikki)様より許可を得ております。

きたあかり(@yukico.nikki)さんのインスタグラム

「きたあかり」「インスタグラム」「育児漫画」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!