これは絶対に買い!エルベシャブリエ ・マリメッコ ・ダントンなど、2016年もリュックを愛用するママが続出♪

マザーズバックの定番であるリュックが2016年も大人気となっています。リュックなら両手が空いて子供と手をつなぐことができるし安心して外出できます。手をつなぐことで良い親子関係を築くこともできちゃいます。最近はデザインや大きさもさまざまなリュックが出回っています。そんな魅力的なリュックを使ったコーデを10選ご紹介します!これからの季節のコーデ参考にしてみてくださいね。

どうしてリュックはママに人気なの?

マザーズバックといえば、大きくてポケットがある肩からかけるタイプのバックを連想しませんか?出産準備品でもマザーズバックの紹介例として多く掲載されています。

しかし、最近はマザーズバックとしてリュックを選択するママさんが多くいます。社会に出ると日常生活で登場しませんよね。そういった点から日常生活でリュックが活躍するイメージはないと思いますが、ママさんだからこその使い方があります。

リュックは意外にも便利なのです

なぜリュックが便利なのか。多数ありますが1番はやはり両手が空くということです。歩けるようになったら両手が空くのはマストです。しかし、まだ歩けない子を持つママさんにもメリットはあります。

抱っこ紐を使っていると抱っこ紐のベルトと鞄の持ち手が絡まってしまってすぐに鞄から取り出しにくくなってしまうことや、階段では両手が空いていればバランスを崩しにくいので転倒を避けることもできます。

コーデを参考にリュックデビューしてみよう!

それではママの強い味方である、リュックを使ったコーデを紹介します。

①PORTER(ポーター)

冬といえばニット帽ですよね。温かいだけではなくコーデとして年々愛用される方も多くみかけます。親子でニット帽お揃いに加えチェックでのチェックのリンクコーデがとても可愛いです。

子供たちだけではなくママさんもお揃いコーデに参加しているあたりが、とても仲良しの親子に見えます。寒くなると外へ出るのが億劫になりがちですが、これなら親子の外出も楽しみ増えそうです。

porter

とても軽量なのでたくさん荷物を入れられます。持ち手は太くなっているのでバッグとして持っても疲れにくくなっています。デザインは流行に左右されないシンプルさで長く愛用できます。

②FREDRIK PACKERS(フレドリックパッカーズ)

秋冬だからといってニット帽ではなくベレー帽を合わすことで上品さが出ています。トップスを明るい色にすることで髪が暗いカラーでも明るく映えますね。足元はハイカットにロールアップと細かい部分にもお洒落感が出ていてすごいです。

リュックはリュックに見えないタイプを合わせることでママさんらしさを消していますね!お子さんとのサスペンダーお揃いが上品さにプラスされた可愛さですね。

FREDRIK PACKERS

素材にこだわり、それぞれ丁寧にハンドメイドで作成されているので繊細なつくりが特徴です。口がとても大きく開くので取り出しも楽です。肩のベルトが内側からついているので一見リュックに見えないお洒落感があります。

③DONOBAN(ドノバン)

今冬流行のMA-1ジャケットでのコーデ。カラーも一番人気のカーキにリュックを合わせたコーデです。大きめのサイズが流行っていますがハイウエストでしめてメリハリがありますよね。

カッコイイコーデにぴったりのデザイン重視されたリュックを合わせていますが、赤のインナーと同系色のリップでボーイッシュになり過ぎない工夫がされています。

DONOBAN SELECT  多機能合皮デイパック

内ポケットやサイドチャックがついているので片手がふさがっていても簡単に出し入れ可能。フェイクレザーで合皮のようなデザインがお洒落です。

④anello(アネロ)

リュックをあえて手にさげていてスポーティな演出ですね。子供と公園に行く時はスニーカーをよく利用するので日常生活のコーデがランクアップして見えるデザインですね。

子供が小さいうちはリュックとして愛用しある程度大きくなったらこんなスポーティなコーデを楽しむことができそうで長期にわたり愛用できそうです。

anello

流行、年齢、性別にとらわれないをコンセプトにしています。リュックのデザインは豊富で幅広い方が愛用できるようにしています。しかも、口がとても大きく開くので出し入れ簡単でママさんにはもってこいのデザインになっています。

⑤marimekko(マリメッコ)

シンプルなコーデに派手すぎない色のアクセントですね。リュックの形が可愛いので地味すぎず派手すぎない可愛らしいコーディネート。

アクセサリーなどの小物アクセントは小さいお子さんを持つママさんは難しいと思うのでリュックをアクセントにするのも素敵に見えます!スマートそうに見えるので小柄な人が使いやすいコーディネートです。

マリメッコ

スマートな見た目ですがたくさん入るのでママさんにはぴったりです。中は仕切りがあるので鞄の中がごちゃごちゃになるのを防ぐことができます。

⑥DANTON(ダントン)

シンプルなコーデですね。ママさんの普段のコーデで多い感じです。肩ひもの所がシャープなつくりになっていて、長めに持ってもルーズ感がかっこよく見えますね。

パンツやスニーカーが多くなるママさんにはコーデしやすいリュックです。アウターを着てもルーズに持てるデザインなので動きにくい感じもなさそうですね。

DANTON

ユニセックスで利用できる商品開発をコンセプトにしているダントン。夫婦共有できるので共働きのマザーズバックにぴったりです。背面のほか、サイドポケットも便利です。

⑦GRAFEA(グラフィア)

ブーツと長めの靴下という組み合わせにチェックのスカートが女の子らしいコーデです。ニット帽を合わせることでアクティブな感じが出ていますね。

コーディネートの色は統一されているのでコーデは可愛らしいですが派手になりすぎていません。グレーというカラーも暗すぎず上品さを上手く出しています。

GRAFEA

 

⑧Herve Chapelier(エルベシャブリエ)

いたってシンプルなコーディネートですよね。しかしパンツは流行のカーキで合わせるなど今冬らしいコーディネートに仕上がっています。

こういったシンプルなコーデでバックをアクセントにする場合もありますが、あえてシンプルで統一されているので上品さがあります。丈の長いパンツでもスニーカーを合わせやすいコーデですね。

Herve Chapelier

シンプルさを追求されてデザインされています。ポイントになる所がない分、いろいろなコーディネートに合わせることができカラーバリエーションが豊富なので普段のコーデに合う色が見つけやすいです。

⑨LONGCHAMP(ロンシャン)

シンプルコーデが普段好きな人は冬って困りませんか?暗めの色が主流になって全体的に暗くなりがちですよね。しかしこのような可愛らしく小ぶりなリュックなら暗めのシンプルこコーデにも映えますね。

足元の適度な露出で暗すぎないようになっているのも効果的ですね。お洒落用のリュックも持っているとコーデの幅がとても広がりそうですね。

LONGCHAMP

ファスナーはサイド縦に大きく開くので大きめの物の出し入れが簡単にできます。また、折り畳みが可能なためマザーズバッグの後は旅行用などの使用用途もできます。

⑩EMODA(エモダ)

寒いとこういったルーズな感じになりがちですよね。そんな時合わせるバッグがない!ってよくあります。特に子供とちょっとした散歩とかに多いですよね。

このように小さめのリュックを合わせることでルーズ感をまとめてくれます。ちょっとした散歩に大きなリュックは重いし不自然…となったら参考にしたいコーデですね。

EMODA

小さく見えても中はわりと入ります。トレンドの発信をコンセプトにされているのでお洒落にリュックを使いたい!といった時に最適です。チャックなど細かな部分も上品に仕上がっています。

寒くてもお洒落で便利なリュックを活用しよう!

リュックといっても様々なデザインや用途がありますよね。冬でも子供は元気です。寒くて体が動きにくい時でも両手の空くリュックでの外出なら少しは安心できますよね。

お洒落なリュックが出回ることでマザーズバックはリュックが定番!というように根付いたのかもしれません。いずれにせよ子供が歩くようになったらリュックは便利です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

「リュック」「WEAR」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧