インスタグラムの「#ちっちゃいママ」「#ちっちゃいパパ」の姿にキュンキュン♡が止まらない!

お子さんが1歳を過ぎると、きょうだいができたり、おままごとが楽しめるようになったりと、下の子やお人形のお世話をするようになってきますよね。小さいながらにもママのように振る舞う姿を見ていると、本当に可愛らしくてほっこりします。そんな小さいママやパパたちの姿が、今インスタグラムで話題となっていますよ。「#ちっちゃいママ」と「#ちっちゃいパパ」には胸キュンしまくりの可愛い写真がいっぱい!愛らしいママたちをご紹介します。

画像:www.instagram.com

ちっちゃくても母性を発揮!ちっちゃいママになっちゃいます。

兄弟が増えると、上の子が下の子をお世話する姿が見られて思わずキュンとしてしまうようなことってありますよね♪そんな姿を見ているとついつい頬が緩んでしまいます。赤ちゃんだったのに、大きくなったなぁなんて成長を感じたりするものです。

子供って、ママがやることを本当によく見ているんですよね。弟や妹を可愛がってくれる姿は見ていてほっこり♡嬉しいですし頼りになります!ママのまねっこ姿も面白おかしくてついついクスっと笑えてしまいます。

我が家の場合

人形

我が家の2歳の娘も、まだ一人っ子ですが、自分より小さい親戚の子や友達の子を見ると、「赤ちゃ~ん♡」と言っていい子いい子したり、泣いていると心配して呼びに来たりと、お姉さん風を吹かせています。

また、お人形相手に「クマさんがおしっこ出ちゃったって~!」「はい、人参よ♡食べる?」とオムツを替えたり、ごはんをあげたりと、ちっちゃいママごっこ。お気に入りのお人形にお布団をかけて一緒に寝かしつけまで!

さらには、我が家の愛犬のごはんやトイレ、お散歩なども張り切ってお世話をしてくれます!まだまだ甘えん坊なくせに、やることはママの真似ばかりでほっこり笑えます♡

インスタで見つけた「#ちっちゃいママ」より下の子お世話バージョンをご紹介♡

そんな可愛い、ちっちゃいママ・パパたちは我が家だけではないはず!全国の「#ちっちゃいママ」、「#ちっちゃいパパ」をインスタグラムで見つけちゃいました♡

どれもと~っても可愛い写真ばかりなのでキュンキュンすること間違いなし!まずは下の子お世話バージョンからご紹介いたします。

口移しの愛♡

こちらのちっちゃいママは、なんと男の子!ちっちゃいパパですね。弟溺愛のちっちゃいパパ君は、愛しさのあまり牛乳を飲んだお口でチュー♡弟君にも美味しい牛乳を飲ませてあげたかったのかな?

ハッシュタグからもわかるように、ちっちゃいパパはとにかく弟君のコトが大好きなよう。お世話大好き、男の子なのにおっぱいも飲ませたいとは、立派なママですね♪

お世話って楽し~い☆

こちらのママちゃんの様子は動画です。ニッコニコの笑顔でベビーカートを押す姿は、ママになりきるのが楽しくて仕方ないようです☆危なっかしくてドキドキですが、この満面の笑みにやられちゃいますね!

2~3歳頃は何でも自分でやりたい!という気持ちが強まります。私に任せて!という感じが伝わってきますね。女の子は特にお世話好きですもんね~♪

頑張るリトルママ!

後ろ姿がとっても頼もしい頑張り屋のお姉ちゃん!ではなくて、ちっちゃいママ!ですね。実は、このちっちゃいママとベビーはいとこ同士。きょうだいではなくても、小さい子が下の子をお世話している姿って可愛いですよね♡

背中から張り切っている様子が伝わってきて、リトルママ頑張れ~!と応援したくなると共に、ついつい頬が緩んでしまいます。

ちっちゃいママ&パパの様子を写真に撮ろう♪

兄弟

インスタグラムには「#ちっちゃいママ」「#ちっちゃいパパ」で、ここでは紹介しきれない素敵な写真がまだまだたくさん!ママと子供の様子を収めた写真ももちろんほっこり、あたたかい気持ちにさせてくれますが、ちっちゃい子同士の写真や、ちっちゃい子がお人形さん相手にお世話をしている様子って本当に可愛らしいですよね♡子供ならではの魅力があります。

きっとあなたのお子さんたちもこんな風にちっちゃいママ、ちっちゃいパパになっている瞬間があると思います。そんな素敵な瞬間を、せっかくなら写真に撮って「#ちっちゃいママ」「#ちっちゃいパパ」で紹介しちゃいましょう!

写真って、後から見るとその時の思い出がよみがえりますし、可愛い瞬間を逃してしまうのはもったいないですよ☆インスタグラムに投稿しなくても、是非家族の思い出として写真や動画に収めておくのも良いのではないでしょうか?是非素敵な1枚をカメラに収めてみてくださいね♪

※記事内の写真・動画はすべて掲載許可を得ております。

「#ちっちゃいママ」「#ちっちゃいパパ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!