生命保険を見直したい!タイミングや見直しのポイント、損しない方法まとめ

生命保険見直しを考えるタイミングは結婚、出産、住宅ローンの開始などさまざまあります。重要なのは保障の内容や保険料が、今の自分や家族に合ったものかどうかということ。保険を解約する、特約を外す、保障額の減額、転換など保険料を安くする方法は数多くありますが見直しによって損をする場合もあるので注意が必要です。ファイナンシャルプランナーなど専門家に相談する前に、知っておきたい生命保険見直しについての基礎知識を解説します。

生命保険の見直しをすべきタイミング

既に加入している生命保険がある場合、ライフステージの変化によって見直しをすることをおすすめします。なぜなら保険の種類や保障の内容、支払う保険料などは、家族や環境の変化によって最も適しているものが変わっていくためです。

例えばどのようなタイミングで見直しが必要となるのかについてまとめました。

結婚したとき

独身時代に自分で払っていた保険がある場合、結婚したときに見直しが必要となります。まずは夫婦でお互いにどのような保険に加入しているのか、これからどういった保障が必要となるのかについてきちんと話し合いましょう。

例えば既に加入している死亡保険があれば、受取人を自分の親から妻や夫に変更しましょう。また妻が結婚を機に専業主婦になる場合には、万一のことを考えて夫が加入している医療保険の保障内容を厚くしたり、死亡保険の保障金額を増やしたりすることを考えましょう。

そのほか結婚してすぐに妊娠を希望しているときは、妊娠前に医療保険に加入しておくことをおすすめします。

子供が生まれたとき

出産

子供が生まれるということは、親にとっては養っていくべき家族が増えるということです。残された家族が困らないよう、保障内容を厚くしたり、保障金額を上げたりすることを検討しましょう。

見直しにあたっては、子供が小さいうちに親に万一のことがあった場合も想定します。預かってくれる家族が近くにいない家庭は、専業主婦であっても妻の死亡保険なども検討する必要があります。

また学資保険への加入を考える人も多いかもしれません。学資保険は子供の年齢が低いほど保険料が安くなりますので、生まれる前からどの保険に加入するか検討しておき、誕生と同時に加入するのがおすすめです。

住宅を購入したとき

住宅を購入して住宅ローンを利用する際に、団体信用生命保険(団信)に加入することがあります。これに加入するとローンの借主が死亡したときに、その死亡保険金と住宅ローンの残りが相殺されます。

しかし住宅ローンでもフラット35を利用するときには団信への加入義務がありません。その場合にはローンの借主に万一のことがあったケースを想定して死亡保障額を増額する、新たに収入保障保険などに加入するなどの必要があります。

子供が独立したとき

親子

子供が大学を卒業して就職したときには、経済的な援助が不要となります。子供が残されることを前提とした死亡保険について、保障金額を減らすなどの見直しをするのが良いでしょう。

また親自身も歳をとっています。健康なうちに医療保険の内容や金額について見直しておくことをおすすめします。

そのほか、退職後に年金がいくらもらえるかについて計算し、不足しそうであれば個人年金保険の加入を検討する必要があるかもしれません。

そのほか見直しをすべきタイミング

  • 起業したとき
  • 離婚してシングルマザーとなったとき
  • 親の面倒をみることになったとき
  • 保険の更新のとき

起業や独立をした場合に、公的な保険による保障が少なくなることが多くあります。健康保険や年金の給付について調べたうえで、足りない部分は民間の医療保険や個人年金への加入を検討しましょう。

またシングルマザーとなったときには一家の大黒柱として、厚い死亡保障が必要となります。親の面倒をみることになったときも、子供が生まれたときなどと同じく保障金額の増額などを検討しましょう。

定期型や満期のある保険は、更新のタイミングが見直しに最適です。外交員やファイナンシャルプランナーなどと相談し、そのときの環境や収入に最も合った保険に変更しましょう。

生命保険を見直す方法

夫婦

生命保険の見直しの方法にはいくつか種類があります。解約はどの保険でも可能ですが、特約の解除や転換などは保険会社や商品によってできないものもあります。代表的な方法について、以下のとおり解説します。

解約・乗り換え

現在加入している生命保険を解約する、あるいはそれに代わる新たな保険に加入するという方法です。加入している保険の保障内容が厚すぎると感じている、支払う保険料を安くしたいという人におすすめです。

解約すれば保険料を支払う必要はなくなります。給料が減額になった、独立して家計が苦しくなったなどの場合にこうした見直しをするパターンが多いようです。

特約の解約・減額

加入している生命保険に特約が付いていればそれを解除するという方法もあります。解約するほどではありませんが保険料を多少安くすることができます。

複数の特約を付けている場合には、そのうち1つだけの解約が難しいこともあります。保険商品にもよりますが、特約の解除によって解約返戻金がもらえることもあります。

受け取れる保険金や給付金を減額することで保険料を安く抑えるということもできます。しかし保険会社や商品によって最低の金額が設定されていることもありますので確認が必要です。

転換

比較

既に契約している生命保険の積立金などを利用して新しい保険に安く加入できる場合があります。こうした方法を転換といいますが利用できるかどうかは保険会社やその商品によります。

また保険の転換は新たな保険契約となるため告知が必要です。しかし配当を受け取る権利などについては、転換前の保険から期間が継続しているとみなされます。

転換したことによるメリット・デメリットや新旧の比較については、書面による説明が義務付けられています。転換をする場合には保障の金額や支払う保険料などの説明を良く聞き、疑問があればクリアにしておきましょう。

払い済み

現在加入している死亡保険の支払いを止めて、その時点での解約返戻金を保険料にあてるという方法です。元の保険と期間や種類は同じで、より保障金額の小さい保険に変更することとなります。

この方法は解約返戻金がある、つまり貯蓄性の高い保険でしか利用できません。解約返戻金を受け取れなくとも、保険料の支払いを減らしたい人、今後の保障をある程度保ちたい人などにおすすめです。

また払い済みにすると元の保険に付けていた特約がなくなってしまいますので、その点は注意が必要です。

生命保険の見直し手順

手順

生命保険の見直しを行う際の手順について紹介します。ここでは元の保険を解約し、新しい保険商品に乗り換えを行うとしてその手順を説明します。

  1. 今加入している保険の契約内容を確認する
  2. 自分や家庭に必要な保障について考え、今の生命保険と比較する
  3. 新しく入る生命保険を選び、契約する
  4. もともと入っていた生命保険を解約する

乗り換えをする場合には新しい保険を無事に契約してからもともと入っていた保険を解約しましょう。断られたり、審査に時間がかかったりすると保険がない期間ができてしまうためです。

また、この中でも特に2.の必要な保障について考える際のポイントを詳しく解説します。

必要な保障について考える際のポイント

お金

生命保険の見直しをする場合に、やはり気になるのはいくら支払っていくらもらえるのか、ということでしょう。

保険料や保障額はもちろんですが、見直しをする際に気を付けたいポイントは他にも多くあります。具体的に次にあげる点を気にしてみましょう。

保障額

  • 必要な死亡保障額、医療給付額はいくらか
  • 特約や、入院日数など給付条件は問題ないか
  • 他の保険や手当でまかなえる部分はないか

保険期間

  • 保険期間は希望と合っているか
  • 定期保険の自動更新時期を把握しているか

保険料

書類

  • 支払う保険料は収入に見合っているか
  • 払込期間は希望と合っているか
  • 今後の収入の変更などによって見直しをする予定はあるか

解約返戻金

  • いくら払い戻し予定か把握しているか
  • 契約時と現在の予定利率は、どちらが得か

被保険者・受取人などの見直し

  • 被保険者は正しいか
  • 受取人は正しいか

専門家へ相談することも検討して

上記のように、必要な保障について考えるときに気にすべきことは多くあります。全てを自分で考えて最も合った保険を探すのはとても大変です。

今は無料でファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談できる窓口があります。この機会に色々と相談してみましょう。またファイナンシャルプランナーに言われたことを一方的に信じるだけでなく、自分で勉強して知識を得ておくことも必要です。

保険ショップで無料相談したい!メリット・デメリットや相談の流れ

関連記事:

保険ショップで無料相談したい!メリット・デメリットや相談の流れ

保険ショップなどの保険代理店では、生命保険に関する相談を無料で受け付け…

生命保険の見直しで損をしてしまう場合も

検討

生命保険の見直しは保険料を安くするために行うという人が多いかもしれません。しかし見直しによって逆に保険料が高くなってしまったり、長い目でみると損をしてしまったりする可能性もあります。

生命保険の見直しで損をしてしまう場合には、どのようなことが考えられるのでしょうか。

  • 昔の保険は利率が良いため、解約すると損となる可能性がある
  • 見直しをしたくとも、健康状態によっては新しい保険に入れない
  • 転換を行う場合には解約返戻金が戻ってこないため、損となる可能性がある

特に2000年以前に加入していた生命保険を見直す検討をしている人は注意しましょう。2000年以前には現在より予定利率が高い保険商品が多くありました。

そうした保険は支払う保険料に比べて受け取る保険金が高かったり、解約返戻金が多かったりする可能性が高いのです。このような保険はそのまま契約しておく方が得になる可能性がありますので、必ず解約する前に確認しましょう。

また被保険者の健康状態によっては新しい保険への加入に制限がかかることもあります。繰り返しになりますが、保険の乗り換えを行う際は必ず新しい保険へ加入してから元の保険を解約するようにしましょう。

生命保険の見直しは、自分や家族に必要な保障をしっかり考えて

家族

ライフステージの変化のタイミングが生命保険の見直しの時期です。結婚や出産はもちろんですが住宅を購入したとき、親の面倒をみることになったとき、収入に変化があったときなど、さまざまなタイミングで見直しましょう。

また紹介したとおり、見直しをする際には気を付けたいことや注意すべきポイントが多くあります。保障内容はもちろんですが現在入っている保険に比べて損とならないように良く考える必要があります。

ファイナンシャルプランナーなど専門家に相談したり、自分でも勉強したりして保険の見直しを行いましょう。そして必要な保障をできるだけ安い保険料で得られるような生命保険を選びましょう。

「生命保険」「見直し」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!